マツエク セーブル と は。 マツエクセーブルの持ち期間はどのくらい?|マツエク専門サイト『Eye Lash』

マツエクの「セーブル」とは?シルクやミンクとの違い、メリットなどをまとめて紹介

マツエク セーブル と は

マツエクのセーブルは自然な質感で付け心地も抜群! まつ毛エクステの毛の種類は色々あるのですが、 一 番自然で軽めな仕上がりを求めるのなら、 セーブルという毛が人気です。 まつ毛エクステは、人工的に作られた毛なので、 人によっては装着感に違和感があったり ごわつきを感じるのではないでしょうか? しかしセーブルですと、 仕上がりも自まつ毛に近い物に仕上がり、 まつ毛エクステの中でも持ちが良く軽い装着感が特徴です。 まつ毛は、繊細ですので重いまつ毛エクステが付くと、 負担がかかり抜ける原因になることがあります。 しかし今回紹介している セーブルですとその心配はありません。 セーブルの毛質はまつ毛に対しての負担が少ない軽い質感だからです。 実は、まつ毛エクステを付ける前と、 付けた後の重量は負担を1年分に換算すると、 約61キロもの物を1cm持ち上げる重さに比例するそうです。 重さを聞くとびっくりしますよね。 マツエクのセーブルは本物まつ毛のように付けられてソフトな肌当たり その他にもセーブルの毛は、 まつ毛エクステをしている事を周りの人に知られたくない… という人にはぴったりです。 まつ毛エクステを知られたくない理由の一つに、 まつ毛エクステをしている事自体が 恥ずかしいと思うならば、 自まつ毛が伸びたように見えるセーブルはおすすめです。 軽いつけ心地で付けていても全く違和感がなく、 肌へのあたりがソフトですので きっと満足できると思います。 今までまつ毛エクステを付けてみたくてトライしていなかった人も、 セーブルなら満足いくかと思います。 まとめます。 軽量の毛でもデザインを変えれば、 細めのまつげエクステでも多めに付けた印象に見せられますし、 付け方次第ではナチュラルから付けまつげ風のデザインにも変えれます。 逆に少なめの本数でも、 上品でナチュラルんな見た目で自然な目元を作れますので、 付けたことない人も挑戦しやすいです。

次の

マツエクの持ちってどれくらい? みんなが気になることをプロのアイリスト に聞いてきました!

マツエク セーブル と は

アイメイクをしなくてもぱっちりとした 綺麗な目に見えるマツエク。 マスカラが落ちて汚れてしまう恐れも ないので、 メイク直しも時短できて とっても便利ですよね。 でもマツエクを付けるときに悩むこと のひとつに、 何本付けるのがベスト なのかということがあります。 今回は マツエク60本と80本の違いについて 以下の内容で検証してみました。 マツエク60本と80本を画像で比較!• 60本のデザインでオススメなのは?• 80本のデザインでオススメなのは?• 60本と80本の値段相場は?• 60本と80本の施術時間の違いは?• 80本のほうが持ちがいいって本当? 本数によって印象も違ってきますので オススメデザインを参考に自分に合った マツエクスタイルを見つけてくださいね!• マツエク60本と80本の違いを画像で比較!差はどれくらい出るの? ナチュラルに決まる本数として 60本から80本という目安があります。 この20本という差でどれくらいの違いが 生まれるのでしょうか。 実際の画像で比較してみました。 マツエク60本の仕上がり 片目30本ずつ施術した場合、 仕上がりは本当にナチュラルです。 ナチュラルすぎて付けているのかな? と思うくらいの仕上がりになります。 画像で見ても すっぴんに近い仕上がり ですね。 飲食店など、 清潔さが求められる場所や、 化粧があまり推奨されないような場所では 瞳の綺麗な人という印象を与えられるので 良いかもしれません。 あとはデザインで目尻の毛を長くするなどの 工夫をすることで ナチュラルでありながら 綺麗な印象を与えることができます。 マツエク80本の仕上がり 片目40本ずつ施術した場合、 仕上がりはナチュラルでありながら、 ある程度メイクをしたような仕上がり になります。 画像で見ても仕上がりとしてはちゃんと ビューラーでまつげをあげてマスカラを 塗ったようなナチュラル感です。 仕事柄あまり華美になるのが困るという方や、 すっぴんでも浮かないくらいの綺麗なまつ毛 が欲しいという方にはオススメの本数です。 マツエク60本のデザインでオススメなのは? すっぴんキレイな印象のマツエク60本、 どんなデザインが良いのでしょうか。 DカールとJカールで比較してみましょう。 Cカール ナチュラルなクリンとしたカールのCカール。 60本は本数が少ないので、Cカールをつける と 程よくパッチリとした印象の目になります。 黒目の上につけるとよりクリクリとした目に 見えますよ。 Jカール Jカールは1番緩めのカールになります。 60本をJカールだけだとはっきり言って 目立ちません。 つけてるのかつけていないのかよくわからない と思われるかもしれませんね。 ただ 目尻に付けるとタレ目に見えるので、 アクセントとしては良いですね。 マツエク80本のデザインでオススメなのは? キレイめメイクの80本にはどんな デザインがオススメなのか調べて見ました。 Dカール Dカールをつけると 割としっかりメイク をした印象になります。 毛の密度が高くなるので、60本より80本 のほうが多く付けられるので、目元は アイラインを引いたようにくっきりして 見えるでしょう。 黒目の上につけるとより黒目が大きくみえる のでかわいらしく見えるでしょう。 Jカール Jカールを目の全体につけてしまうとカールが 緩めで黒目に若干かかるので、 全体的に伏し目 がちな印象に見えてしまうかもしれません。 Jカールをつけるなら目尻が良いでしょう。 80本ですと60本より多くつけられるので、 黒目より外側から始めると アクセントもつき、 なおかつ自然なタレ目に見えます。 又、マツエクの本数でよく見かける 【3Dマツエク】って何?と気になる 方はこちらの記事を参考にしてください。 マツエク60本の値段の相場 マツエク 60本での値段の相場は 3000円〜4000円くらいのお値段で 施術してくれるようです。 ただ60本でのメニューの用意はあまり確認 できなかったので、 お店での一本単位の計算 となるところが多いのかもしれません。 マツエク80本の値段の相場 マツエク 80本での値段の相場は 3500円から6000円でした。 80本ではコースでの用意が多く、 お得に利用できるサロンが多いようです。 マツエク60本と80本の施術時間の違いはどれくらい? マツエク60本と80本の施術時間の違い はどうでしょうか? 60本での施術で20分程度、 80本での施術で30分程度で施術して くれるサロンが多いようです。 やはりつける本数が多くなれば時間が長く なってしまうのは仕方がありませんが、 そんなに大きな時間の違いはありません。 マツエク80本の方が持ちがいいって本当!? つけた本数が少ないと、取れた時の隙間が 目立ってしまうため、 60本より80本の方が 持ちが良くなります。 リペアする間隔は、 60本の施術で2週間程度、 80本の施術では3〜4週間ほど持つようです。 マツエクを長持ちさせる方法については 以下の記事も参考になりますよ。 メイク時短分をしっかりケア時間に あてて、より綺麗に保っておきたい ものですね。 まとめ マツエクの60本と80本の違いを比較 してきましたが、いかがでしたか? 60本はかなりナチュラルですっぴんに近く、 あまり施術をする人がいないからか、 メニューも80本からのものが多かったです。 60本でも目尻だけの施術で印象も変わって きます。 60本でも80本でもしっかりと カウンセリングを受けて、なりたい イメージを伝えるようにしましょう。

次の

マツエクの持ちがいい種類は?シルクとセーブルを画像付きで比較!

マツエク セーブル と は

マツエクの素材!セーブル・ミンク・シルクの違いを比較! マツエクサロンで必ずといって扱っているのが セーブル・ミンク・シルクのマツエクです。 他の種類を扱っているサロンもありますが マツエクの主流はまだまだこの3つです。 ここからはこの表を元に 毛質についてもっと詳しく ご説明していきます。 マツエクセーブルとは? セーブルは 自まつげに一番近いと言われてます。 触ってみるとその質感はふわふわで柔らかく、 とても軽いのが特徴です。 そのため、自まつげになじみやすく、 ナチュラルに仕上げたい時に向いています。 自まつげが増えた・伸びたように見えるので、 マツエクをしていても周りにバレにくいのも セーブルの特徴であり、良いところなんです。 マツエクセーブルのメリット・デメリットとは? 出典: 表から見てもセーブルは 全体的に高評価になります! しかし、セーブルにもデメリットがあります。 セーブルのメリット・デメリットについて 詳しく書いていきますね。 セーブルはエクステの中でも細く 特有のしなやかさがあるため、 マツエクに触れてしまっても 取れにくいといわれています。 コットンや綿棒への引っかかりも 少なくなりますよ。 エクステなどの人工毛によくある ゴワつきが少なくなります。 ゴワつきが少ないため 目元にエクステが刺さること少なく 違和感がでにくいです。 エクステ自体の重さもないため まつげが下がる心配がなく 切れ毛なども抑えられます。 セーブルで1番のデメリットが 他のエクステに比べて値段が高いことです。 シルクエクステ付け放題だと 5000円以内でできるところ セーブルの付け放題になると 1万円以上するところもあります。 毎月の出費が大きいのはつらいですよね。 マツエクセーブルの値段相場はどれくらい? セーブルの値段相場は 100本で7000円~9000円と言われています。 シルク、ミンク、セーブルと 全ての毛質を扱うサロンになると ミンクのプラス1000円~2000円ぐらいで 設定されています。 マツエクのセーブルにリペアする場合の値段は? 出典: リペアの場合は本数によって 金額が異なってきます。 60本だと3000円~5000円ぐらい といわれています。 あまりにもたくさんのエクステが 取れてしまっている場合は フルでの付け直しがお得な場合もあります。 セーブルとプレミアセーブル・プラチナセーブルの違いは? 出典: セーブルと言っても サロンによってプレミアセーブルや プラチナセーブルなど色々なエクステを 取り扱っています。 その違いについて説明します。 まず、 プレミアセーブルは柔らかく柔軟で 自まつげにフィットしやすいエクステです。 しっかりしたカールが特徴になります。 次に プラチナセーブルは本物のまつ毛に近く しなやかでとにかく柔らかい毛質が特徴です。 とことん自然な目元にしたいという方に おすすめになります。 セーブルの特徴でもある ナチュラルで軽量なところは どちらの種類も同じになりますが、 プレミアもプラチナも セーブルの特徴をより増した形の 毛質になっています。 マツエクのセーブルでもかたい素材もある? 出典: 柔らかいと言われているセーブルを選んだのに 硬くてゴワゴワするということはありませんか? セーブルといってもエクステの ブランドによっても硬さが異なります。 また、規制もないのでセーブルと 勝手に名前をつけることもできるのです。 高品質なエクステだと違和感などもないのですが、 安価なエクステになると どうしてもゴワつきなどがでることもあります。 その辺りはサロンによっても異なるので 確認してみましょう! セーブルの持ちなどを詳しく知りたい方は こちらの記事をご覧ください。 マツエクミンクとは? 出典: ミンクのマツエクは自まつげに 密着しやすいという特徴があります。 柔らかさの中にもしっかりとしたハリがあり、 セーブルよりも根元が太いので、 付けただけで アイライン効果も出せます。 また、フサフサとしたボリューム感も出るため ゴージャスに仕上げたい時にもおすすめです。 マツエクミンクのメリット・デメリットとは? 出典: では、マツエクのミンクについて メリットとデメリットをお伝えします。 ミンクのエクステを取り扱っている サロンもかなり多いとは思いますが、 シルクやセーブルに比べると 少し聞きなれないかもしれません。 セーブルで7000円ぐらいのサロンだと ミンクは6000円ぐらいと少し安くなります。 最近ではミンクの付け放題もあり 比較的取り入れやすくなっています。 毎月の出費なら少しでも安く・・・ っと思いますよね。 セーブルには劣りますが、 しなやかなエクステになります。 マツエクに触れた場合でも柔軟なため エクステがはじけ飛ぶこともありません。 先ほど柔らかいとご紹介しましたが、 エクステを付けたときに 目元に刺さったり違和感が出たりしにくい と言われています。 程よい軽さなので 目元が重たくなることもありません。 目元をあまり触らない方なた 長持ちするかもしれませんが、 触る癖のある方はおすすめしません。 柔らかい素材となるため エクステ自体に型がつきやすくなります。 そのため、カールの形状が変わりやすく 寝方などで気を付けなければなりません。 マツエクミンクの値段相場はどれくらい? ミンクの値段相場は 100本で5000円~7000円と言われています。 シルク、ミンク、セーブルと 全ての毛質を扱うサロンになると シルクのプラス1000円~2000円ぐらいで 設定されています。 シルクだと光沢感苦手・・・ でも、安いのが良い! っという方にはミンクがおすすめです。 マツエクシルクとは? 出典: シルクは固めでしっかりとしたハリと、 濡れたようなツヤがあるのが特徴です。 ハリがあるからカールの持ちが良いんです。 また、ツヤ感によって存在感が出て、 目もとの印象をはっきりとさせられます。 パッチリメイクが好きな人におすすめです。 お値段が一番手ごろなのも特徴ですね。 マツエクシルクのメリット・デメリットとは? 出典: では、最後にシルクのメリットと デメリットについてお伝えします。 シルクは付け放題に良く使われており 1番お手頃なエクステです。 ボリュームアップも可能なので 付けまつげからマツエクに変わる人でも 違和感なく取り入れやすくなります。 付け放題で最も取り入れられているエクステになり、 取れたときにも躊躇なく リペアが行えるのが良い点です。 初めてエクステをする方のお財布にも優しく、 お試ししやすいのも良い点ですね。 1本1本が太いエクステになり 色や艶がしっかりしています。 アイラインを引いたような印象にしたり 濃いメイクをする方には シルクのようにしっかりしている エクステを選んだ方が馴染みが良いです。 しっかりしているという点では メリットになりますが、 硬くなると指が当たった時に エクステをはじいてしまいます。 弾力があるからこそはじいて取れてしまったり 引っかかりやすいので外れることも。 エクステ自体が硬くなるため まぶたに触れるとどうしても取れやすくなります。 そのため、短い期間で取れてしまうこともあります。 しかも、ヨレたときに目元に違和感が出て 刺さったような感覚になることも。 一重や奥二重の方はより持ちが悪くなるので おすすめできません。 マツエクシルクの値段相場はどれくらい? シルクの値段相場についてですが、 付け放題で3000円後半~5000円ぐらい になっています。 付け放題だとマツエクできるまつ毛全てに エクステをつけることができるので ボリュームのある派手なデザインができます。 シルクエクステをたくさんつけた場合の 違いが知りたい方はこちらをご覧ください! マツエクのセーブル・ミンク・シルクを画像で比較! 出典: こちらの画像はセーブルのマツエクが120本 付いてるんですが、 とても軽く見えませんか? 自まつげのような繊細さが出ていますよね。 セーブルは本数を増やしても派手にならず、 ナチュラルに仕上がるのが良いですね。 出典: ミンクのマツエクは根元が濃くなり、 アイラインを引いたように見えますね。 また、 目もとにゴージャス感が出るので 華やかな印象になります。 普段使いはもちろんですが、 イベントの時などにもおすすめと言えますね。 シルクのマツエクの特徴である、 ツヤ感がとハリがあるのがよく分かります。 カール感が出るのもシルクマツエクの特長です。 ぱっちりと可愛らしいデザインになりますね。 付け心地の良いのはどの種類? 付け心地の良さで評価が高いのはセーブルです。 セーブルのマツエクはとにかく柔らかくて、 付けてるのを忘れるぐらい軽いんです。 ただ、柔らかすぎてへにゃってなりやすく、 それが嫌って人もいたりします。 そういう人たちから人気なのはミンクです。 セーブルよりハリがあってへたりが少ないけど それなりに柔らかいので付け心地も良いんです。 シルクに関してはマツエクの向きが変わったり 落ちた時にまぶたに刺さると痛いです(苦笑) 付け心地という点ではセーブルかな? と思いますが、柔らかすぎるのが苦手な人なら ミンクが付け心地も良いのかも知れませんね。 マツエクでボリュームを出すならどの種類がいいの? ボリュームという点ではミンクがおすすめです。 ミンクのマツエクはセーブルと比べると 根元がほんの少し太くなってるんですね。 根元が濃くなるのでボリュームが出て見えます。 シルクもハリがあって良いんですが、 マツエクが全体的にしっかりしてるので、 ボリューム感はあまり出ないように思います。 セーブルは自然な仕上がりになるので、 ボリュームを出したい時には向かないですね。 自然な仕上がりに向いているのはどの種類? マツエクで自然な仕上がりを求めるなら、 絶対にセーブルがおすすめです。 他のマツエクでも太さを自まつげに合わせれば ナチュラルに仕上げることはできます。 でも、 セーブルは自まつげに近い毛質なので 自まつげが伸びて・増えた感じになります。 すっぴんの時でも違和感があまりなく、 周りにもバレにくいと言えますね。 ちょっと他の毛質よりはお値段がかかりますが この 柔らかさとナチュラルさは 一度体験すると病みつきになるかも知れません。 マツエクが取れにくい・長持ちするのはどの種類? マツエクが 長持ちする・取れにくいといえば、 セーブルが一番だと言われています。 やはり自まつげに素材感が近いので、 目もとにかかる負担が少ないんでしょうね。 また、根元が太いミンクや、全体的にハリのある シルクの場合、取れたら目立つんです。 そのため、 余計に持ちが悪く見えると言えます。 ただ、これは個人的な見解ですが… どの種類のマツエクを選んでも取れやすいか、 長持ちするかはケア次第な気もします。 セーブルだから絶対に持つとは言えないので ケアをしっかり頑張ってくださいね。 まとめ マツエクは素材によって見た目や 金額などかなり違いますよね。 ナチュラルが良いのか ボリュームを出したいのか パッチリ可愛く見せたいのか。 なりたいイメージに合わせてセーブルを選んだり ミンクやシルクをチョイスしてみてください。

次の