アーサー ボイル 過去。 【炎々ノ消防隊】中二病の色男!?イケメン担当!アーサー・ボイルのプロフィールまとめ!

【炎炎ノ消防隊】一番強いキャラクターは誰だ?強さランキングトップ10をまとめてみた!

アーサー ボイル 過去

【炎炎ノ消防隊】強さランキング第1位 最強の消防官『新門 紅丸』 第1位は第7特殊消防隊の大隊長『新門 紅丸』です。 第二世代と第三世代の煉合能力者であり、自ら炎を生み出し自由に操ることが出来ます。 その規模と精度は群を抜いており『最強の消防官』と言われています。 非常に強力な鬼の焔ビトを一人で鎮魂したり、聖陽教の手練れを軽くなぎ倒すほどに作中では圧倒的な実力を見せています。 浅草の破壊王 炎炎ノ消防隊は皇国と呼ばれる国家による専制君主制ですが、紅丸たちの住む浅草の地域では皇国に忠誠を誓わず独自の文化を育む『原国主義者』たちが集まって暮らしています。 紅丸の鎮魂は独特で、ド派手に周囲を破壊しながら行います。 焔ビトになった者の暴走がちっぽけになるくらいの破壊をしてやることで負い目なく送ってやること、そのお祭りのようなド派手な破壊で送ってやることが紅丸にとっての鎮魂歌のようなものなんでしょうね。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第3位 灰焔騎士団団長『象 日下部』 主人公であるシンラの弟であり、12年前の火災事故で死んだと思われていましたが伝道者の一派に誘拐され、現在は伝道者の中の組織『灰焔騎士団』の団長になっています。 その実力と才能はかのジョーカーから化物扱いされるほど。 斬リ離シタ宇宙 アドラの世界の伝道者と深くアドラリンクできるショウは時間を止める能力を持っています。 その原理は超スピードだとかチャチなものでは断じてなく、その原理は『宇宙の膨張熱を操作して自分以外の時間を止めることができる』第三世代能力者です。 兄のシンラも弟のアドラリンクを通して伝道者と繋がり、同じ時間を止めるタイプの能力に目覚めます。 ただし、シンラが時を止める原理は超スピード。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第4位 謎の男『ジョーカー』 新人大会でシンラの前に姿を現した謎の男。 一度はシンラを殺そうとするものの、窮地で不気味に笑うシンラを気に入り、シンラにとって重要な情報を与えて姿を消します。 その後もシンラの前に現れ、情報を渡したり各所で暗躍しているキャラクター。 能力者ではあるものの世代は明言されていません。 砂や煙を操り炎を生み出したり、幻覚作用のある煙を戦闘で使うなど搦め手も得意。 身寄りがなく幼少の頃から洗脳ともとれる過酷で過激な戦闘訓練を繰り返される環境の中でも反骨心を失わず、焔ビトと対峙したときアドラリンクによって、世界の真実を追い求める存在となり機を見て組織を抜けた過去があります。 過去には第1特殊消防隊のレオナルド・バーンズとも関わりがありました。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第5位『秋樽 桜備』 第8特殊消防隊大隊長で元一般消防官。 明るく面倒見がいい性格でシンラやアーサーにとっては良き兄貴分です。 人格者であり、焔ビトによって家族を失った被災者にも気を配ることもあって信頼が厚いキャラクターです。 無能力者!? 無能力者であり、焔ビトへの対処や救助活動の際には重い装備を着込んで行動します。 しかしながら、暇さえあれば筋トレに励み作った筋肉は飾りではなく危険な任務にも臆せず突っ込みます。 無能力者でありながら最強の消防官である新門 紅丸と対等に渡りあったことから戦闘能力は非常に高いです。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第6位『森羅 日下部』 本作の主人公で三白眼で若干人相が悪い新人消防官。 12年前の火災事故により母親と弟を失った挙句、その事件の原因だと言われ後ろ指を指されながら生きていました。 そのことが原因でストレスを感じると不器用に笑うクセがあり、緊迫した場面でも不気味に笑うことから悪魔と呼ばれています。 ヒーローはキックで戦うもの 第三世代能力者であり、足から炎を生み出し攻撃や移動手段にも応用が効く能力。 ヒーローに憧れており、ヒーロー=キックで戦う者というイメージから蹴りを主体として戦います。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第7位『アーサー・ボイル』 シンラと同期の消防官で騎士に憧れ、騎士っぽく戦う新人消防官。 騎士に憧れ騎士こそ一番カッコいいものと信じて疑わないアーサーは、ヒーローこそ一番カッコいいものと信じて疑わないシンラとは相いれない存在でいつも喧嘩しています。 気分屋であり、騎士っぽいものを装備すると火力が上がり、騎士っぽくないと弱体化します。 でもモテる。 でもバカ。 騎士は剣で戦うもの 第三世代能力者で、刀身のない剣に超高温のプラズマによって刀身を作って戦います。 前述の通り、騎士っぽくないと弱体化してしまいますが基本的に高火力。 頭脳労働はとても苦手で控え目に言ってもバカ。 バカでバ火力。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第8位『ハウメア』 謎の多い伝道者の一派で白装束を纏ったキャラクター。 マインドジャック 電気信号を操り、他人の精神に介入するマインドジャックを使います。 直接的な戦闘能力は未知数ですが一瞬にして気絶させたり、操ったりすることが出来る即死攻撃的な能力を持っています。 ただし、原理的に介入されると無力で超高温のプラズマで電気信号を阻害してしますアーサーとは相性が悪い。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第9位『プリンセス火華』 第5特殊消防隊大隊長。 灰島重工がバックに付いており、灰島に取り入ったことで今の地位を手にしています。 元は修道女でありアイリスの義理の姉。 元は教会で祈りを捧げる敬虔な修道女でしたが、火災事故によりアイリス以外の修道女たちが全滅したことから、祈りは何の役にも立たない者だと考え非人道的な研究データを元に灰島に取り入ります。 熱失神 周囲を熱を操ることで故意に熱失神を起こしたり、花の形の炎を生み出すことが出来ます。 熱失神を起こす能力は一撃必殺の即死技に近い攻撃手段ですが、シンラの『熱失神の原理は思い込み』という考えで無理矢理意識を保つことによって破られ、顔面パンチを喰らってしまいます。 その力技によってシンラに惚れてしまい、以後は第8とも協力するようになります。 【炎炎ノ消防隊】強さランキング第10位『カリム・フラム』 第1特殊消防隊の中隊長で神父の姿をしています。 同僚である烈火 星宮が事件の首謀者であったことから自らケリをつけ、以後は第8と協力する機会が増えます。 熱音響冷却 第二世代能力者で大きな楽器のような特殊な装置を使うことで熱を冷気に変えることが出来ます。 自らの能力で烈火 星宮を氷漬けにした他、鬼の焔ビトが出現した際には第8と協力してそれを撃破しています。 強さランキングまとめ 今回は現在登場しているキャラクターの強さランキングを作成してみました。 まだまだ謎が多い作品であり、登場キャラクターが増えるにつれ変動する可能性も大いにあるでしょう。 今後、意外なキャラクターがランクインするかもしれませんね!.

次の

炎炎ノ消防隊 第弐拾四話 「燃ゆる過去」

アーサー ボイル 過去

アーサーの思考回路とか頭の構造について、ちょっと自分なりに真剣に考察してみた結果生まれた小話。 彼はバカとは言われているけれども、ちゃんと森羅の正気を取り戻すために投げかけてやれる言葉を知っているし(原作12巻)、決してただ「バカ」の一言では片づけられないことを森羅もきっと分かってるんだと思います。 わたしが少しだけ感じているアーサーの危なっかしさとか、本人が気付いていないとはいえ両親に捨てられたという悲しい過去を背負っている、どこか心の深いところにある闇とか、ときに誰かが守ってやらなければ壊れてしまうことすら有り得るほどの純粋さとか、そういうシリアスな部分がどうしても書きたくて…。 アーサーが言ってる「お前を護るために生まれてきた」云々のセリフは、他作品で既に登場してるアーサーの設定を踏まえたうえで言わせてるので、一応繋がってるっちゃ繋がってる。 いつもの第8の午後だった。 平和であたたかいひと時だった。 始まりは何気ないマキさんの一言、「…みんなはさ、もし、ここにいる誰かが、この世界に最初から存在していなかったら…って、考えたことありますか?」。 それぞれの作業をしていた全員が顔を上げ、視線は一斉にマキさんに注がれた。 「…何だ、急に物騒なことを」 火縄中隊長の怪訝そうな問いかけに、マキさんは慌てて顔の前で両手を振る。 「あっ、いえ、全然、そんな深刻なことじゃなくて、例えばですよ、もし、中隊長がいなかったら、もしかしたら代わりに大隊長が凄まじい筋トレメニューを森羅とアーサーにやらせてたかもしれない……、みたいな…」 「げえっ」 俺は思わず呻き声を上げた。 「桜備大隊長の筋トレとか、もはや常人レベルじゃないっていうか……マキさん、嫌なこと想像しないでくださいよ」 「あはは、ごめん、でもさ、そういう風に想像してみると、やっぱり今いるこのメンバーがベストだなあって思って、みんなのことすごく大事なのが自分で実感できるんです。 シスターがいなかったら、ここなんてもっとむさ苦しくて癒しの時間が無くなりそうだなあとか、わたしがいなかったら、アーサーと森羅の面倒を見る大隊長と中隊長が大変そうだなあとか…」 「そうだなあ、確かにこの中の誰が欠けても、第8は第8じゃなくなってしまうだろうな」 桜備大隊長も筋トレの手を休めて感慨に耽るように頷き、少し場がしんみりとした。 この中の誰かがいなくなったら。 俺は、マキさんが軍に帰ってしまったときのことや、アーサーが迷子になったときのことを思い出していた。 確かに、一人減るだけで物足りない淋しさがあったのは間違いなかった。 それはこの第8特殊消防隊の人数が少ないからという単純な理由からだけでは決してなく、それぞれの存在をみんなが大切に思い、全員が揃った状態こそが完全なのだと誰もが認識しているからだろう。 俺がここにいて感じることのできる居心地の良さも、誰か一人、たった一人でも欠けてしまえば乱されてしまうのだ。 マキさんがいないと思うと淋しかったし、アーサーが迷子になったときだって、正直なところ、何だかんだ言っても馴染みの存在がいなくなって、どこかぽつんとした物足りなさを感じていたのは確かだった。 一度など、それこそさっきのマキさんの「もしも」の話ではないが、「もしこのまま帰って来なかったら?」など縁起の悪いことを考えてぞっとしたこともあった。 「じゃあアレだな、もし森羅がいなかったら、誰もアーサーを上手く扱えなくて持て余してたかもしれねえよな、おいおい、こいつの頭ん中どうなってんだ、って」 ヴァルカンのこのセリフにはみんなが笑った。 「確かに! 森羅っていう理解者がいてくれなかったらアーサーに相当苦戦してたかも!」 「いやいや、マキは大丈夫だろ! そんなこと言って、森羅を除けばお前が一番アーサーの面倒見てやってるし」 「ちょっと大隊長! 俺をアーサーの面倒見る係みたいに思ってるでしょ! 勘弁してくださいよ!」 みんながわっと盛り上がる中、当の本人はさすがにここまで言われちゃ何か反撃してくるだろうと思い、横目でアーサーの方を見たが、さっきから黙りこくっているアーサーは相変わらず何の反応も示さなかった。 机に積んである事務仕事はいつもの通りちっともはかどっていないが、どこか様子がおかしかった。 前髪で隠れている眼の焦点が定まらず、みんなの話を聞いているのかも微妙だった。 「でも、そんなアーサーがいなかったらみんなこんなに早く仲良しになってなかったかもしれませんよ。 アーサーのキャラってけっこう場を和ませてくれますし」 「まあそうだよな、俺だってアーサーには工房で助けてもらってるし。 お前らがバカやってくれたおかげでお前らへの敵対心が薄れたってとこあるしな」 そう話を続けるマキさんもヴァルカンも、他のみんなも俺が見て取ったアーサーの違和感には気がついていない。 アーサーがぼーっとしていることはよくあることだし、何も考えていないいつものアホ面と見分けがつくのは多分、つき合いの長い俺くらいなのだろう。 でも今のアーサーは絶対に何かおかしい。 結局こいつを放っておけない俺は、みんながまたテキトーな話題でやいやい言い合っている中で頃合いを見計らい、「ちょっと頭を休ませに散歩して来ます」などと言って、不自然に思われないようアーサーを廊下に連れ出した。 こういうとき、こいつの頭の悪さは便利だ。 俺がわざわざ一緒に引き連れて退出しようとしても、何も疑われずに済む。 実際、アーサーの顔は事務仕事で参っているようにも見え、桜備大隊長は「おー、行ってらっしゃい」と呑気な声を掛けてきた。 廊下に出ると、「散歩」とはとても形容できない早歩きで、俺はアーサーの腕を掴んだまま自分たちの部屋に直行した。 怪訝に思ったアーサーが途中で何度も「森羅」「おい」「どこに連れていく気だ」などと声を掛けてきたが、全部無視した。 部屋に着くと問答無用でアーサーを椅子に座らせ、俺はいきなり「どうした?」と投げかけた。 「…さっき何か考え込んでただろ。 死んだみたいな顔になってたぞ」 「……」 俺がそう言うとアーサーは黙り込み、僅かに表情を曇らせた。 やっぱり思い過ごしではなかった。 「あの様子はいつものバカな妄想とかじゃねえよな。 ぼーっとしてたワケでもねえし、事務で死にかけてたわけでもねえよな。 どうした? 何考えてた?」 「………」 「俺に言いづらいことか? 言っとくけど、俺には話しておいてもらわないと困る。 俺すらお前のこと把握してねえんじゃ、第8の連携に関わるからな」 言いながら、自分が随分焦っているのを感じたが、仕方のないことだった。 訓練校時代に長くこいつと関わってきて、俺は周りの奴らが分からないアーサーの精神的な性質を知ってしまっていた。 アーサーの能力とも関係のあることなのだが、こいつはバカなわりに想像力がいやによく働く。 ありもしないことをあたかも現実であるかのように思いこみ、そしてそれを一度自分の中で納得してしまうともう疑うということをしなくなる。 アーサーは言葉を言葉通りに受け取り、解釈や変換というものを知らない。 それはアーサーがそうやって育ってきたからで、子供の頃の無垢で純粋な勘違いを正しく訂正してくれる存在に恵まれなかったからだ。 俺はアーサー以上にアーサーの生い立ちをよく理解しているつもりだ。 そして「バカ」と一言で片づけてしまえばそれまでだが、アーサーのそのあまりに単純な思考回路と、普通以上に豊かになってしまった想像力のせいで、誰かの軽率な一言がいとも簡単にこいつを破滅させてしまいうるということも知っていた。 俺は不安でたまらなかったのだ。 こいつは今何か恐ろしいことを考えて、その想像世界から抜け出せなくなっているのではないか、と。 「アーサー!」 「……お前がいないとしたら、俺は何でこの世界に存在してるんだ?」 「……は?」 名前を呼ぶとようやくアーサーは口を開いたが、深刻な顔でそんなことを言うので俺は面食らってしまった。 「俺はお前を護るために騎士王の称号を授かったんだ。 そのためにこの世界に生まれてきた。 なのに、お前がいなくなったら、俺がここにいる意味は何だ? 俺は何のために生きればいい?」 「……アーサー。 ちょっと待て」 「マキは何であんなこと言い出した? 第8はこのままじゃいられないのか? 俺は…」 「アーサー! 落ち着け!」 俺は思わずアーサーの両肩を掴んでいた。 がっちり合った目、その青い瞳が明らかに恐怖で縮んでいるのを見て取り、尚更慌てた。 「いいか、マキさんの話はただのたとえ話だ。 『もしも』の話だ。 事実でも未来予知でも何でもない。 分かるな? ただの冗談だ!」 「……何…? ただの……」 アーサーの表情がふっと緩んだ。 「…なんだ…マキの奴、驚かせやがって……」 「……」 疲れてるんだな、と俺はほっとしながらも思った。 さっきみたいなたとえ話をここまで深刻に捉えるなんて、アーサーにしても単純すぎる。 「…アーサー、ちょっと立て」 「……?」 不思議そうな顔をしながらも素直に椅子から立ち上がったアーサーを、俺は無言でぎゅっと抱きしめた。 「!! しん…」 「こんなのじゃ効果薄いかもしれねえけどっ! ……でも、ちょっとは落ち着くだろ」 「……」 …いつか、何かの本で読んだことがあったのだ。 「大好きな人とのハグは心の疲れを癒してくれる」。 これじゃあ「俺はこいつの大好きな人だ」って堂々宣言してるようで傲慢かもしれないが、自惚れでないことは確かだ。 今や俺はこいつにものすごく好かれているということを知っているし、さっきのアーサーのセリフが何よりの証拠だ。 もう、「お前がいなきゃ生きていけない」と言われたのも同然だ。 少なくとも俺にはそう聞こえた。 そして、俺が思うアーサーの言葉の解釈は、ほぼ100%の確率で当たっているのだ。 みんなのところへ帰る道すがら、すっかり落ちつきを取り戻したアーサーは、俺に向かってこんな問いを投げかけてきた。 「…なあ森羅、たとえ話だぞ。 もし…もし俺がこの世界に存在してなかったら、お前はどうなってたと思う?」 「え……」 俺はちょっと真剣に考えてみた。 でもすぐにやめ、しかめ面を浮かべて答えてやった。 「…そんな人生、面白くなさ過ぎて想像したくもねえな」 「…ふーん」 アーサーは分かりやすく嬉しそうな笑顔を浮かべた。 ああ、なんて単純で真っ直ぐでバカ。 そしてあまりに愛おしい。

次の

炎炎ノ消防隊で『アーサー』が話題に!

アーサー ボイル 過去

引用元:Twitter 名前: Anthony Boyle(アンソニー・ボイル) 生年月日: 1994年6月8日(年齢25歳) 出生地: 北アイルランド・ベルファスト 活動分野: 俳優 出身校: De La Salle College、 St. その後「St. そして2013年から、ウェールズの首都カーディフという街にある「Royal Welsh College of Music&Drama」という学校で演技の勉強を始めます。 アンソニー・ボイルのデビューと過去出演作品 続いてアンソニーのデビュー作品と過去出演作品のご紹介をしていきます。 彼は、2013年に 『Onus 原題 』という映画に出演しました。 この映画はミステリー映画で、目覚めると血まみれで銃を持ち、知らない男性とチェーンで繋がれているという物語です。 アンソニーと同じ北アイルランド・ベルファストを拠点に活動している監督によって撮られました。 引用元:Another Man 彼は、2019年に公開のアメリカの映画 『トールキン 旅のはじまり(原題:Tolkien)』に出演しています。 これは、世界中で大ヒットしたファンタジー小説 『指輪物語(原題:The Lord of the Rings)』を執筆したJ・R・R・トールキンの少年時代を映画化したものです。 日本ではまだまだ知名度の低い俳優さんですが、「ハリー・ポッター」シリーズに出演したことからどんどん有名になっていくでしょう。

次の