中村 哲 功績。 中村哲医師の経歴・功績がすごすぎる!活動内容や家族についても

中村哲医師の名言からの学び。[受け入れる生き方]

中村 哲 功績

中村哲医師経歴学歴! 中村哲医師はなぜ狙われた? 内戦続くアフガニスタンで、突然命を奪われた中村哲(なかむらてつ)さん。 事件の一報が伝えられた際には、「亡くなった」という情報と 「命に別状はない」と情報が錯そうしていました。 それだけ現地は混乱していたことが伺えます。 犯人グループは、当初から中村哲さんグループを狙っていたと 現地関係者は考えているようです。 最初の一撃の時点では、中村哲さんは まだ意識があり動けていたようですが、 犯人グループは中村哲さんが生存していることを確認して 続けざまに襲撃したようです。 どうしてこんなに悲しいことが起きてしまうのでしょうか。 犯人グループは未だ確保されていません。 しかしアフガニスタン政府は、政府をあげて 犯人グループの確保に全力をあげると発表しています。 中村哲医師学歴小学校:古賀市立古賀西小学校 中学校:西南学院中学校 高校:福岡県立福岡高等学校 大学:九州大学 小学校、高校、大学と公立(大学は国立)に進学している中村哲医師。 中学校だけは私立の西南学院に進まれたようです。 現在は、共学になっている西南学院中学校ですが 当時は男子校で、キリスト教の学校。 偏差値は53です。 大学まである西南学院ですが、中村哲医師は 内部進学せず、高校は、福岡県で進学校として知られている 福岡高校に進みます。 偏差値は72。 出身有名人は、小松政夫さん(コメディアン)福岡堅樹さん(ラグビー日本代表) などです。 中村哲さんも出身有名人として、にも掲載されています。 経歴 中村哲医師は、福岡市出身。 父親や母親の職業は分かっていませんが、 幼少期は、現在の福岡県北九州市にある若松区で6歳まで過ごしました。 その後、古賀市に移り、大学卒業まで過ごしました。 5)を卒業後、 国内病院に勤務した後、38歳の時にパキスタン・ペシャワールに赴任。 以来、医師として現地のハンセン病を中心とする医療活動をしています。 パキスタン・アフガニスタン地区での活動をしていましたが パキスタンでは政府の圧力などもあり活動が困難に。 それ以降は、アフガニスタンで活動をしていました。 スポンサーリンク 海外の反応やクリスチャン精神や功績 海外の反応 日本人にとっても衝撃的な偉大な医師の死。 海外の反応も高まっています。 アフガニスタンで人道支援中に亡くなった中村哲医師。 肖像画を尾翼に掲げた写真を、現地の航空会社は投稿した。 「いつまでもあなたの貢献に恩義を感じることでしょう」 — ハフポスト日本版 HuffPostJapan 引用:Twitter U2のライブ、アフガニスタンで銃撃で亡くなられた中村哲医師のため、スマホのライトをキャンドルとして灯してとボノ。 祈りの時間。 彼は偉大なピースメーカーだと称え、悼んでいました。 — よーだこ💫Lv. — Min minminzemichan 引用:Twitter 大切なのは生きることです。 皆がご飯を食べられることです。 武器や軍隊ではありません。 これら、数々の功績がアフガニスタン人に広く知られる一方 政府と対立するグループに狙われてしまったことは 本当に悔やまれます。 現地に赴いた妻や娘さんは、気丈にしていた様子が 心を打ちます。 中村哲さんは、用水路建設を始めて5年目の2008年、 同じ「 ペシャワール会」の仲間を 失う悲しい経験をしています。 アフガニスタンでともに活動していた伊藤和也さんが、2008年に銃撃されて亡くなったときに「これからは一切、日本の人は僕以外現地に入れない」「もう一切危険なところに若者を行かせるわけにいかない」と、自分ひとりで体を張っていく決意を示された。 彼のなかで、もう一段階深い決意に突入したときだったでしょうね。 引用:.

次の

中村哲さんとは誰?アフガニスタンの用水路で有名になった理由

中村 哲 功績

こんにちは、KAORUです。 大変胸の痛むニュースが流れてきました。 アフガニスタンで貧困層への医療活動に従事してきた日本人医師の中村哲氏が何者かに銃撃され死亡しました。 中村哲医師は「ペシャワール会」の現地代表として灌漑事業などにも携わり、アフガン政府からも「最大の英雄」と評されるほどの方でした。 日本人として、そして人間として大変立派な方が、なぜこのような最期を遂げなければならなかったのでしょうか。 本当に心が痛む現実です。 恥ずかしながら私はこのニュースで中村哲医師のことを知りました。 中村哲医師のような素晴らしい方のことを少しでも多くの方々に知っていただきたく、記事を書かせていただきます。 ということで今回は『 中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言も』題しまして、中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言についてお届けしていきたいと思います。 それでは本題に入らせていただきます。 Contents• 中村哲医師の家族や経歴と生い立ちと数々の功績 【中村哲さんに聞く】「憲法9条が僕らを守ってくれてる。 政府側もタリバンも我々には手を出さない。 むしろ、守ってくれている」 — 海外の反応アンテナ 相互フォロー pDpzEAjyctlrsgy 中村哲(なかむら てつ)氏は1946年9月15日生まれ。 享年73歳でした。 福岡県福岡市出身で九州大学医学部を卒業後は国内病院に勤務しました。 中村哲氏は若い頃から「日本の医療過疎地域のために医療に従事する」という使命感を持っていたそうですが、「パキスタンやアフガニスタンの無医地域への診療」を実現することになります。 国内病院勤務ののち、中村氏は1984年にパキスタン北西辺境州のペシャワールに赴任します。 以来20年以上をハンセン病を中心とする医療活動に従事しました。 パキスタンでの活動がパキスタン政府の圧力により困難になったのち、1989年からはアフガニスタンに拠点を移し活動を続けてこられました。 また、2000年からはアフガニスタンで飲料水、灌漑用井戸事業を始め、2003年からは農村復興のための大掛かりな水路事業に携わるなど、医療以外の分野でもアフガニスタンの発展を進めてきました。 中村哲氏が灌漑用井戸事業に携わるようになったのは、2000年に発生した干ばつがきっかけでした。 大干ばつのたあめ、感染症が蔓延。 乳幼児らが多く犠牲となりました。 その惨状を目の当たりにし、井戸を掘る事業に携わるようになったといいます。 「 実際、病気のほとんどが十分な食料と清潔な飲料水さえあれば、防げるものだったから」 というのが灌漑用井戸事業に携わるようになった理由であると中村氏が著書で語っています。 さらにこの事業により200万人もの雇用を生み出すことになりました。 産業の少ないアフガニスタンの地で、若者が傭兵にならざるを得なかった現状に雇用を生み出したことは大変大きな出来事です。 アフガン政府は中村哲氏を「最大の英雄」「最も勇敢な男」とし勲章を授与しました。 中村哲氏のご家族については詳しい情報はあまり見られなかったのですが、結婚して奥さんとお子さんが5人いらっしゃるそうです。 年齢からするとお孫さんがいてもおかしくない年齢ですが、そのあたりはわかっていません。 中村哲医師の勲章や名言 中村哲医師はこれまでに数々の受賞歴がありました。 以下はウィキペディアからの引用です。 中村哲氏の著書 「天、共に在り」より 「平等や権利を主張することは悪いことではない。 しかし、それ以前に存在する『人としての倫理』の』普遍性を信ずる。 そこには善悪を超える神聖な何かがある。 」 「人間にとって本当に必要なものは、そう多くはない。 少なくとも私は『カネさえあれば何でも出来て幸せになる』という迷信、『武力さえあれば身が守られる』という妄信から自由である。 何が真実で何が不要なのか、何が人として最低限共有できるものなのか、目を凝らして見つめ、健全な感性と自然との関係を回復することである」 中村哲氏の著書 「人は愛するに足り、真心は信ずるに足るーアフガンとの約束」より 「人として最後まで守るべきものは何か、尊ぶべきものは何か、示唆するところを汲んでいただければ幸いである。 」 以下は、 ペシャワーアフガニスタン市民証を授与されたときの中村氏のコメントです。 「日本の良心的支援とアフガン職員、地域の指導者による協力の成果。 これで文字通り現地に溶け込んだ活動になる。 私たちの試みでより大きな規模で国土が回復されることを希望する」 まとめ ということで今回は『 中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言も』題しまして、中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言についてお届けしてまいりました。 このような立派な方のことを、お亡くなりになってから知ることになったことは本当に残念です。 中村哲氏の著書を読ませていただき、少しでもその考えや精神を学ばせていただきたいと思いました。 中村哲医師のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

福岡市 中村 哲 氏(令和2年3月25日選定)|福岡市名誉市民

中村 哲 功績

アフガニスタンで昨年12月に殺害された医師、中村哲さん=当時(73)=を題材にした絵本「カカ・ムラド」を現地の非政府組織(NGO)が出版した。 事件発生から4日で半年。 NGO代表で絵本の原作も担当したザビ・マハディさんは「困難に立ち向かった功績や、夢を諦めない大切さを伝えたかった」と話している。 (イスラマバード 共同) カカ・ムラドは、中村さんの愛称で、アフガンの主要言語の一つ、ダリー語で「情熱おじさん」を意味する。 絵本の物語は、診療所で働く中村さんが病の源を生活用水汚染だと突き止め、用水路を設計。 「水路を引けば次世代まで病気をなくすことができる」と村人に呼びかけて苦難の末に完成させ、乾いた大地に緑があふれるという内容だ。 ほぼ実話に基づいており、中村さんが凶弾に倒れたことを念頭に「わが子が中村医師の夢の続きを完結してくれると信じている」との村人のせりふで締めくくっている。 出版したNGOは、世界の絵本を翻訳して学校や図書館に配っている「ガフワラ」で、日本語版の制作に向けて日本の出版社と調整しているという。 絵本はホームページでも公開している。 福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表として活動していた中村さんは武装集団に銃撃されて死亡。 事件は未解決のままとなっている。 マハディさんは日本留学中の平成28(2016)年、中村さんの講演を聴いて感銘を受けたといい「中村さんの功績を忘れてしまったら、この国は永遠に変わらない」と強調した。

次の