足 の 疲れ ツボ。 足が疲れやすい原因4つ!足首やふくらはぎをほぐす方法とは?

疲れを取るツボ [ツボ・経絡] All About

足 の 疲れ ツボ

「夕方になると靴がきつく感じる」 「足がパンパンになって重だるい」 「靴下の跡がつく」 「指で押さえると指の跡が残る」 など、多くの方が感じたことのある症状は、すべて足のむくみがもたらすものです。 足のむくみは病気ではありませんが、ケアをせず放っておくと、疲れを感じやすくなるなどのさまざまな不調を起こす原因にもなりかねません。 今回は、自宅で簡単にケアできる方法を紹介します。 <監修者> 石原 政子(SEIKO) 食事・栄養アドバイザー、料理講師 ヨガ&薬膳de美養生「feeling」主宰。 「薬膳フードデザイナー」認定講師として日々の食の大切さ、何かに頼るのではなく自分自身の力で健康と美を手に入れられる知恵を学ぶ「薬膳フードデザイナー資格認定講座」を開講。 東洋医学からみる様々な不調改善や美容に関するイベントや講座、体質や不調の悩みを改善へと導く「中医カウンセリング」を行なっています。 ヨガで体を動かすことと自分に合った正しい食生活で輝かしい未来のためのライフスタイルを提案しています。 むくみはなぜ起こるのでしょうか? むくみの原因は大きく分けて5つあります。 <長時間の同じ姿勢> 血液の循環が悪くなり血管から水分が多く流れ出てしまうと、むくみが起こります。 とくに脚は心臓から遠い位置にあるため、血液の流れが悪くなりやすいのです。 くわえて、重力の関係で下に水がたまりやすくなり、立ち仕事やデスクワークが続くと脚がむくんでしまいます。 <疲れ> なんとなく調子が悪い、気分が優れない、身体が重くてだるいなど疲れを感じている時、身体に疲労物質がたまっています。 その疲労物質がむくみを引き起こします。 <冷え> 冷えることによって血液が停滞し、身体の末端まで血液が十分に届かなくなります。 そのため、余分な水分や老廃物が回収されず体内にたまってしまい、むくみが起こります。 <ストレス・睡眠不足> ストレスや睡眠不足は血液を送り出す心臓のはたらきを低下させます。 血液の循環が悪くなると、むくみを引き起こします。 <筋力の低下> 運動不足や老化によって筋力がどんどん低下していきます。 ふくらはぎの筋力が低下すると血液を心臓に戻せなくなり、血液中の水分が停滞することでむくみやだるさを感じやすくなります。 <水分・塩分の取り過ぎ> 水分や塩分を必要上に摂取すると体内の水分量が増えます。 逆に水分が不足しても、必要な水分を保持しようと体内に水分をため込んでしまうので、むくみの原因となります。 むくみの原因はさまざまですが、ほとんどが血液やリンパ液をはじめとした、体内の水分循環が悪いことに起因しています。 まずはむくまないように予防することが大切です。 日ごろからできる以下のことを心がけていきましょう。

次の

肝臓に効くツボとは?簡単にできる!

足 の 疲れ ツボ

ちょうど手を、ぎゅっと握った時に中指があたる場所で、手の平の真ん中付近にある、ツボです。 手の平を、ぎゅっと握るだけで、ちょうど労宮のツボが刺激できます。 手を握っては、開く!ゆっくりと、この動作を繰り返すだけです^^ 早速、実に簡単過ぎる、この 労宮のツボ刺激で、肝機能をアップさせてあげましょう。 手首の真ん中よりも、少し小指側です。 手首の中心から、小指の方に向って、さわっていくと、少し凹んだ部分があるのですが、まさにこの凹んだ部分が、陽池のツボです。 中指で、ゆっくり回転させるように、3分くらいマッサージしましょう。 続いて反対側もです。 肝臓に効くだけでなく、字のごとく体を温め、冷えも取ってくれます。 肝臓に効くツボの中でも、 肝臓の調子は悪い時に、押すと痛みを感じるツボ?があります。 血を補うツボで、血に関連します。 肝臓が疲れていると、この大衝のツボを押すと、痛みを感じます。 太衝のツボは、左右の足の甲にあります。 足の親指と人差し指の間の、骨の部分です。 分かりやすく言うと、親指と人差し指の骨の間を、すべらせながらさわると、一番へこんだ部分があります。 これが太衝のツボです。 親指で押してみて下さい。 肝臓に不調があると、痛みを感じるツボでもあるので、肝臓チェックにもなります。 弱った肝機能を高めるために、親指で揉むように、両方のツボをマッサージしましょう。 この曲線のツボも、肝臓が弱っている人が、押すと痛みを感じるツボです。 3秒くらい、ゆっくり押してみましょう。 このように、ゆっくり押しては離す、の繰り返しです。 肝機能を高め、血行を良くし、むくみも取ってくれます。 慢性的な、肝炎の人にも効果的です。 肝臓に効くツボの中でも、簡単に出来そうなものです。 太衝(たいしょう )や 曲泉(きょくせん )のツボを押して痛いようであれば、肝臓が弱っている証拠です。 ツボをマッサージして、少しでも肝臓を元気にしてあげましょう^^ スポンサードリンク 関連記事.

次の

顔も手足もこれでスッキリ!むくみを解消するツボ39選

足 の 疲れ ツボ

夜勤明けの足のむくみも即解消! 「夜勤明けは足がパンパン!」「むくみでワンサイズ上の靴を履くようになった」「最近、勤務が続くと足の疲れがまったくとれなくって……」そんなお悩みはありませんか? もちろんむくみ知らず、疲れ知らずの、元気な足の人もいるでしょう。 でも立ち仕事が多くなりがちでハードな仕事柄のせいか、足に違和感を覚えても『仕方ない』と諦めている人が少なくないようです。 ここでは、鍼灸や整骨だけでなく、芸能人や口コミで評判の美容鍼灸も行う『竹田竜太鍼灸整骨院』院長で鍼灸師・柔道整復師の竹田竜太先生に、休憩中に気軽にできる、むくみや疲れをとるためのツボ&マッサージ&ストレッチについてお聞きしました。 疲れ&むくみを解消して美脚美人をめざしましょう! 3)足のむくみに効く!《太衝(たいしょう)》 太衝は、両足の甲にあるツボです。 気血の巡りをスムーズにしてくれるため、むくみに効きます。 太衝は足の親指と人差し指の間をなぞっていった時に骨にあたって止まる場所にあるくぼみです。 押してみると鋭い痛みを感じる人もいるかもしれませんが、痛すぎない程度の力加減で、ゆっくりと垂直に押してみてください。 竹田竜太先生からのワンポイント! 「ツボによっては押すと痛みを感じるものもありますし、その日の体調によっても押したときの感覚が変わったりします。 痛みを感じる時は無理やり押し続けたりせず、あくまでもイタ気持ちいい程度で止めておきましょう。 押し過ぎると、さらに疲れが出てしまうなど逆効果になることもあります」.

次の