経営 企画。 【経営企画の役割とは?】問題点と改善方法などご紹介します

経営企画の仕事が向いてる人の特徴は?大変だけどやりがいもある!メリットについてもお話します!【ジョブール】

経営 企画

経営企画(けいえいきかく)とは企業などの組織体が定めたに方向付けられた中長期、または短期の計画立案、およびその遂行にあたり最適な経営資源の配分を行うことである。 「経営企画」の定義は組織体によって千差万別ではあるが、「経営戦略、経営計画、経営組織を立案し、業務監査に関る機能」 とされることもあり、会社の政策を樹立し将来の絵を描く機能 、とも言われる。 また、「戦略目標を指向した計画の立案」と「遂行に当たって経営資源の最適配分」はトップマネジメントから経営企画部門に期待される機能と言えよう。 企業の成長の時間軸に沿って考えてみると、まだ小規模な段階の会社においては、経営者自らがこうした業務を行うことが多い。 だが、従業員数が125名程度を超えると、企業は質的転換を迫られ、社長個人の直感に頼ってばかりはいられなくなり、組織に経営企画機能をしっかりと持たせることが必要になる ともいう。 規模の大きな企業においては、経営企画は本社機能の一部とされ、その機能を持たせるために「経営企画部」や「経営企画室」といった部署がおかれ人員が配置されることがある。 これは職種としての「経営企画」が存在していることも意味する。 によれば 、経営企画部の組織には以下の5つの形態があるとされている。 参謀型• 事務局型• 中央官庁型• 書記局型• 特務機関型 また、社内的位置づけとして• ゼネラルスタッフ• 私的スタッフ• 管理スタッフ の3つの側面を同時に併せ持つと指摘している。 脚注 [ ].

次の

経営企画、戦略とは?

経営 企画

適正に業務を進めるための内部統制 各種法令などに則った正しい企業経営を行うために、社内ルールや内部統制手順を策定します。 そして、手順に従った内部統制が実施されるよう、適宜、内部統制状況の調査、関係部署へのアドバイス、指導を行います。 新規事業立ち上げ 新規事業立ち上げの際には、市場調査からテスト 、ブランディング、物流網の構築、関係部署の組織化など多様な業務を手がけます。 業務・事業提携 業務・事業提携においては、さまざまな企業が協力可能な条件を探り出すのが仕事となります。 他社トップレベルとの交渉を担当することも考えられます。 続いて、買収条件の調整などの買収交渉、買収後の組織の統合、新たに加わった商品・サービス・技術・ビジネスを円滑に取り込み、企業経営に貢献させることなど、企業にとってリスクもリターンも大きい仕事に長期間関わります。 そのほか、とくに上場企業の場合は、株主への対応や株主総会の運営、自社への投資を促す活動なども経営企画の仕事になります。 事務作業の時間も多い 経営陣をサポートし、企業をさらなる発展に導く経営企画。 経営企画には、さっそうとした企業の花形というイメージがあります。 ところが、意外にも地味な事務仕事が非常に多いそうです。 日々、データの集計や会議用資料作成に追われているスタッフも少なくありません。 事務を的確かつ効率的にこなす技を身につけることも、経営企画には必須といえます。

次の

経営企画とはどういう仕事内容?

経営 企画

経営企画ってどんな仕事? まずは、経営企画の仕事内容について、理解していきましょう。 また、会社によっては、戦略実行のための企画にまで携わることもあります。 《1》データの収集、分析 会社の営業データや人材情報、競合他社の状況などのマーケティングデータまで、社内外を問わず必要な情報を集め、分析して数値を出します。 《2》データから資料を作成、経営戦略を立案 分析した情報を踏まえて経営方針・戦略を考え、経営陣に提案するための資料を作成します。 《3》立案した戦略を会議で経営陣に提案し、経営目標を設定 経営戦略を経営陣に提案・共有し、具体的な経営目標を経営陣との会議のなかで数値として決定します。 《4》目標達成のための具体的な対策、企画を提案する 経営目標が定まったら、目標達成のための具体的な対策や企画の立案も行います。 ただし、この企画立案は、会社によっては「事業企画」という別の職種として分けられていることもあります。 40代経営企画職の役割 経営企画職の仕事内容について理解したら、次は、会社において40代の経営企画職に求められる役割について考えていきましょう。 経営企画が担う役割の具体例は、以下の通りです。 ・経営にかかわる計画や予算などの数値集計・管理 ・取締役会の招集、運営 ・株主への対応や株主総会運営など、株式やIRに関する事務処理 ・経営目標に沿って会社が動くよう管理する など 会社の将来を左右する重要なポジションであるため、若手よりもある程度年齢とビジネス経験を積んだ40代以上の転職者が歓迎される傾向があるのです。 40代経営企画職のキャリアパスとは 最後に、40代で経営企画の仕事に就いている場合のキャリアパス例を3つご紹介します。 《その1》他職種の経験を積み、昇進をねらう 経営企画は業務の特性上、会社全体の仕事やしくみについて理解しておく必要があります。 このため、社内異動で経営企画以外の営業や事務など他職種での管理職経験を積むことで、経営企画としてのスキルアップをはかっていくのが一般的です。 《その2》経営企画として他社に転職する 優秀な経営企画は、取引先からヘッドハンティングに合うことも珍しくありません。 一定の経験を積んで実績ができたら、より良い条件の企業に経営企画として転職するのも良いでしょう。 《その3》経営コンサルタントに転職する 経営にかかわった経験を活かし、経営コンサルタントとして活躍するケースです。 コンサルタント会社に転職することもあれば、独立してフリーランスや社長としてコンサルタントになる人もいます。 いかがでしたか? この記事を参考に、経営企画の仕事への理解を深めて下さいね。

次の