ご 回答 いただけ ます と 幸い です。 「ご返答いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

催促のフレーズ

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

先に述べたように「存じます」は謙譲語であり、謙譲語はへりくだって相手に敬意を表すときに用いる敬語表現のひとつ。 「~していただけると助かります」といったニュアンスがあり、一般的に「幸いに存じます」は目上の人に使う表現です。 ビジネスシーンなら上司や先輩のほか、取引先やお客様に対して使いましょう。 逆に、自分と対等な立場にある人間や、部下や後輩などの目下の人には使わないようにしてください。 目上の人以外に対して、何かを依頼するときは「幸いです」を使います。 逆に「幸いです」を上司や先輩、取引先の方などに使うと、少しくだけた印象を与えてしまい、失礼に当たるので注意しましょう。 「幸いに存じます」は、「幸いです」よりも丁寧? 「幸いです」だけで「そうしていただけると幸せです・嬉しいです」という意味があるので、 ビジネスシーンであっても対等な立場や目下の人に何かを依頼したり、自分の願望を示したりするときは「幸いです」だけで十分です。 謙譲語の「存じる」をつけると、へりくだった表現になるので丁寧な言い回しになり、「幸いです」よりも柔らかくかしこまった印象を相手に与えることができます。 目上の人には「幸いです」は使わず、「幸いに存じます」を使うのが一般的ですが、取引先やお客様に対して「幸いです」という意味の表現を用いたいときも、「幸いに存じます」を使うことをおすすめします。 「幸いに存じます。 」を使ったビジネスメールの例文 話し言葉以外に、ビジネス文書やメールで相手に資料の内容を見てほしいときや返事がほしいときに使われます。 「幸いに存じます」の前には依頼や要望の内容を入れ、条件・仮定の意味を持つ接続助詞「ば」をつけ、「幸いに存じます」に続けるのが一般的。 依頼や要望を示す内容にも「~していただく」「~くださる」といった謙譲語を含めることが多いです。 また、お客様からの問合せに応える際にも使います。 「しばらくお待ちいただけましたら幸いに存じます」には「待っていただけると助かります」というニュアンスが含まれ、「しばらくお待ちください」よりも柔らかな印象を与えられますよ。 ほかには、贈り物などをする際に「使ってもらえると嬉しいです」といったニュアンスを表すときにも便利です。

次の

催促のフレーズ

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

・・・幸いです は本来「幸せになっていただけたら嬉しい」という意味です。 つまり相手に何かをしてもらって「私が幸せになって嬉しい」ということになるので ビジネスで相手(基本的にお客様)に使う言葉ではありません。 ・・・していただければ助かります。 という言葉もありますがこれもお客様相手に使う言葉としてはあまり適切ではありません。 お忙しいところ申し訳ございませんが・・・をお願い申しあげます。 お忙しいところ申し訳ございませんが・・・までご連絡お願い申しあげます。 になるかと思います。 (まだちょっと言葉が足りないように思いますが) 同僚相手ならば「助かります」程度でいいように思います。 ユーザーID: 4700524631• ・・・いただきたくお願い申し上げます。 同じことを考えてる方がいてうれしいです。 【幸い】って、なにが?とか、あなたの幸いに私が貢献しないといけないの?とか、つい余計なことを考えてしまうんですよ。 ようするに、【してくださいね】ってことなんですものね。 だからわたくし考えました!内容はそもそも【依頼】なのですから、丁寧にお願いします、と書けばよいのだと。 ビジネス文章、マナーと考えてしまうから難しく感じるので、お手数をおかけすることが大変心苦しいのですが、お願いします、助かります、ってことで全体の内容でわかっていただけるように。 私個人の意見ですが【幸いです】って口先だけの感じがするんですよねー、、、これつけときゃいっか、みたいな。 あんまり考えてない感じ。 ユーザーID: 9931148450• 控えめな 言いかたでは ないでしょうか?? ビジネス用語であったとしても 「幸い」という単語、ものものしい(気持ちが感じられない)感じがするし 勝手に相手に期待する表現がおかしいですよね。 「たいへん恐縮ですが・・・していただけますでしょうか」 そこまでへりくだらないとしても 「・・・いただけますようお願いいたします。 」を使うかな。 「ご連絡いただけると幸いです」??? こういう依頼がきても、私なら連絡したくない・・・ 別にあなたを幸いにするために連絡なんかしたくねーよって! 私ならご連絡いただけますでしょうか、って言ってほしいな。 もっといいのは「またこちらからご連絡いたします」だけどね! ユーザーID: 2356089619• 違和感を感じる? 他の言い回しだと、ありがたいですとか、、、うれしいです? 私は、お願いするときは、連絡ください。 とか〜して下さい。 又は、再度こちらから連絡します。 とハッキリした文章を使います。 幸いですは、相手に期待するけど、やってくれなくても仕方ないと言う言い回しですよね。 なので仕事上で使う時は、期待半分です。 なので、軽々しく使う事に違和感のある貴方に違和感があります。 私なら、幸いですとあったら、やらなくても良いのかなとか、空いた時間に連絡すれば良いか、もしくは、また連絡をくれるだろうと軽い扱いになります。 私の考え方が間違えで、正しい使い方は、軽々しく扱ったらダメなのかな? 辞書か何かで調べて報告していただけたら幸いです。 ユーザーID: 4924285575• 日本語としては間違っていません。 誰に対して使うか?で、たまに違和感を覚えることはあります。 社内への発信なのか、取引先なのか。 社内でも同じ部署から別部署、支社・支店なのか。 それから取引先と一言で言っても大口の顧客からベンダーまで様々ですしね。 このあたりの使い分けはネット検索すると、かなりの数がヒットするようです。 曖昧になると何かあった場合にお互い嫌な思いをするので。 強制でもないし期限もない、緩いお願いというニュアンスで書きたいので。 いろいろな考え方はあると思いますが、誰に何をどのように伝えたいか?で使い分ければよいのではないでしょうか。 ユーザーID: 5441491931• そういう用法の「幸いです」は、本来の形は 「幸甚に存じます」 だと思いますが。 「ご高覧頂ければ幸甚に存じます」 等々。 この言い回し自体がおかしいということですか? それともこのように固い言い回しに戻すべきだということですか? 「幸甚に存じます」では固すぎるという意識が働いて、 「幸いに存じます」 という表現が発生したと思うのですが。 「ご笑納いただければ幸いに存じます」 等々。 これもダメですか? それとも、「存じます」がつけば大丈夫ですか? それとも、使用場面が問題であって、 返事を要求するときに使うのはおかしい、 「ご笑納いただければ幸いです」 なら大丈夫だ、ということでしょうか。 もうとにかく何もかもひっくるめて「幸」はダメだということでしょうか? ユーザーID: 5178154383• 日常ではないですよね 親しい人には使わないし 社内連絡にも使わない ビジネス関係で社外の人に対して、返事無くても良い場合限定ですよね ご連絡いただけると幸いですより ご連絡いただければ幸いですの方がしっくり? ご連絡いただけましたら幸いです、やり過ぎかな? どれにしましても 連絡をもらえるとうれしいのですが、私の為などと わざわざ気に掛けて連絡してくれなくても結構です 貴方様のご都合だけを考慮して 連絡されるかどうかお決め下さい うーん、上手く敬語に出来なかったけれど 上記の意味を一行で表すのですから これ以上良い言い回しってあるのかな? 他の方の回答を私も楽しみにします 連絡ほしいときは ご連絡下さい、かな ご連絡くださるようお願い申し上げます、もあり ユーザーID: 2251517246• 私は特に違和感を感じませんが.

次の

「ご回答いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の