アサヒ ビール 買収。 アサヒ、世界最大手から豪ビール買収 双方の思惑と懸念:朝日新聞デジタル

アサヒG、1.2兆円豪ビール買収を発表 日本の大型買収の「相場観」を点検する

アサヒ ビール 買収

ビール大手のアサヒグループホールディングス(GHD)が、豪州ビール最大手、カールトン&ユナイテッドブルワリーズを、113億ドル(約1兆2100億円)で買収すると発表した。 サントリーによる米ビーム買収に次ぐ大型買収の裏には、どんな戦略があるのか。 カールトンなぜ手放す? カールトンの親会社でビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブ(ベルギー)と合意した。 ABインベブもアサヒGHDとの合意を発表した。 今回買収するカールトンの「ビクトリアビター」は豪州のビール市場で高いシェアを占める有名ブランド。 アサヒGHDは2016年10月にABインベブから西欧のビール事業を2945億円で、17年3月には同社の東欧のビール事業を8883億円で立て続けに買収。 今年4月末には英国でパブやホテルを運営する「フラー・スミス&ターナー」の高級ビール事業を約370億円で買収しており、高級ビールの販路を世界中に拡大している。 カールトンは豪南東部メルボルンに本拠を置く。 19世紀に創業したビール会社6社が1907年に合併し、現在の社名になった。 豪州の5カ所にある醸造所などで約1300人を雇用する。 緑を基調にしたラベルでおなじみの「ビクトリアビター」や、「カールトンドラフト」「グレートノーザン」など豪州で人気のビールを多く生産・販売している。 ABインベブは大量生産して世….

次の

アサヒの豪ビール大手買収は攻めか逃げか:日経ビジネス電子版

アサヒ ビール 買収

この豪州事業では「Carlton」や「Great Northern」といったブランドを手に入れることができます。 確か私も何度かオーストラリアにいた際はよくCarltonを飲んでいたという印象があります。 この背景には世界のビール業界の大型M&Aの余波があります。 2008年、ベルギーのインベブが、バドワイザーで知られるアメリカのアンハイザー・ブッシュを買収・合併し、社名変更して誕生したのがAB InBev 社です。 この際の買収総額は約5兆8000億円で、ビールメーカーの買収では空前の規模でした。 その後2016年10月にはイギリスを本拠とするSABミラーの買収(吸収合併)を買収し、ビール飲料の世界シェアは3割に達する巨大企業となりました。 その一方でシェアが高くなりすぎ、独占禁止法に抵触したため一部事業を売却、この際、アサヒビールはヨーロッパ事業を買収しています。 今回も巨大になりすぎたAB InBevが有利子負債返済のため豪州事業を放出したのがこの買収の背景です。 2.アサヒビールの国際事業 5年くらい前まではアサヒビールは国際事業のイメージほとんどありませんでしたが、現在は国際事業はグループ全体2. 1兆の売上げのうち7千億を占める主要事業となっています(2018年度決算)。 この国際事業では4600億欧州 1800億オーストラリア1800億とこの2か国に絞っており、中国からはほぼ撤退しました。 中国事業についてアサヒは19. あまり青島ビールとの相乗効果もなく国際業務については欧州と豪州に集中するという方針と思われます。 欧州事業についてもう少し詳しく説明するとアサヒは2016年10月に西欧事業(英国、イタリア、オランダ)を2045億円(25. 5億ユーロ)12月には東欧事業(チェコ、スロバキア、ポーランドなど5か国)を約8883億円(73億ユーロ)で買収しています。 一方、オーストラリアにおいては2009年と2011年に飲料事業の買収を行参入し、比較的堅調に推移してきたというところです。 アサヒビールは国際事業の主軸をしばらく欧州と豪州に置くようです。 財務的インパクト やはり一時的にではありますが買収の原資1兆2千万はすべて短期の借入金で調達するようなので 財務体質は大幅に悪化します。 今年の第一四半期までのDE Ratio(負債の資本に対する割合)は0. 97でした。 負債が資本の範囲内に収まった入れば財務的にはまずまずといったところでした。 今回の買収でおそらくほぼ2倍を超えると考えられます。 このDE Ratioが悪くなると何がまずいかと言うと財務体質が悪化ということで格付けが悪くなり、いろいろな調達金利が高くなる可能性があります。 アサヒビールとしてもそれはまずいと言うことで3000億円程度を劣後ローン的なもの(借入金ではあるが返済の優先順位が低く資本とみなされる)と2000億以内で株式発行(含む自己株分)で多少財務的インパクトを減らす措置はとるようですが悪化は避けられないと思います。 簡単に言うと今回の買収額の1. 2兆を回収するのに14年以上かかるということですから高いのでは・・と考えるわけです。 ただし、これはあくまで過去の数字から見てということですからアサヒビールのグループに入っていろいろなテコ入れをして、 将来利益がもっと高くなる体質になれば安い買い物にもなるわけです。 今までの欧州事業などの動向を見ると2019年度予想でマイナス0. なんとなく海外の会社は買収して大きくなっているがきちんとアサヒグループとして運営がされているのか見えにくい状況ではあります。 オセアニアとヨーロッパに主軸をおくといった戦略以外にはっきりとした国際戦略見えてこないですが、ここ数年密かに進行していれば何か見えてくるはずなのでそのあたりは楽しみです(逆に何もやっていない可能性もありますが)。

次の

アサヒビールの国際M&Aは成功しているか

アサヒ ビール 買収

この豪州事業では「Carlton」や「Great Northern」といったブランドを手に入れることができます。 確か私も何度かオーストラリアにいた際はよくCarltonを飲んでいたという印象があります。 この背景には世界のビール業界の大型M&Aの余波があります。 2008年、ベルギーのインベブが、バドワイザーで知られるアメリカのアンハイザー・ブッシュを買収・合併し、社名変更して誕生したのがAB InBev 社です。 この際の買収総額は約5兆8000億円で、ビールメーカーの買収では空前の規模でした。 その後2016年10月にはイギリスを本拠とするSABミラーの買収(吸収合併)を買収し、ビール飲料の世界シェアは3割に達する巨大企業となりました。 その一方でシェアが高くなりすぎ、独占禁止法に抵触したため一部事業を売却、この際、アサヒビールはヨーロッパ事業を買収しています。 今回も巨大になりすぎたAB InBevが有利子負債返済のため豪州事業を放出したのがこの買収の背景です。 2.アサヒビールの国際事業 5年くらい前まではアサヒビールは国際事業のイメージほとんどありませんでしたが、現在は国際事業はグループ全体2. 1兆の売上げのうち7千億を占める主要事業となっています(2018年度決算)。 この国際事業では4600億欧州 1800億オーストラリア1800億とこの2か国に絞っており、中国からはほぼ撤退しました。 中国事業についてアサヒは19. あまり青島ビールとの相乗効果もなく国際業務については欧州と豪州に集中するという方針と思われます。 欧州事業についてもう少し詳しく説明するとアサヒは2016年10月に西欧事業(英国、イタリア、オランダ)を2045億円(25. 5億ユーロ)12月には東欧事業(チェコ、スロバキア、ポーランドなど5か国)を約8883億円(73億ユーロ)で買収しています。 一方、オーストラリアにおいては2009年と2011年に飲料事業の買収を行参入し、比較的堅調に推移してきたというところです。 アサヒビールは国際事業の主軸をしばらく欧州と豪州に置くようです。 財務的インパクト やはり一時的にではありますが買収の原資1兆2千万はすべて短期の借入金で調達するようなので 財務体質は大幅に悪化します。 今年の第一四半期までのDE Ratio(負債の資本に対する割合)は0. 97でした。 負債が資本の範囲内に収まった入れば財務的にはまずまずといったところでした。 今回の買収でおそらくほぼ2倍を超えると考えられます。 このDE Ratioが悪くなると何がまずいかと言うと財務体質が悪化ということで格付けが悪くなり、いろいろな調達金利が高くなる可能性があります。 アサヒビールとしてもそれはまずいと言うことで3000億円程度を劣後ローン的なもの(借入金ではあるが返済の優先順位が低く資本とみなされる)と2000億以内で株式発行(含む自己株分)で多少財務的インパクトを減らす措置はとるようですが悪化は避けられないと思います。 簡単に言うと今回の買収額の1. 2兆を回収するのに14年以上かかるということですから高いのでは・・と考えるわけです。 ただし、これはあくまで過去の数字から見てということですからアサヒビールのグループに入っていろいろなテコ入れをして、 将来利益がもっと高くなる体質になれば安い買い物にもなるわけです。 今までの欧州事業などの動向を見ると2019年度予想でマイナス0. なんとなく海外の会社は買収して大きくなっているがきちんとアサヒグループとして運営がされているのか見えにくい状況ではあります。 オセアニアとヨーロッパに主軸をおくといった戦略以外にはっきりとした国際戦略見えてこないですが、ここ数年密かに進行していれば何か見えてくるはずなのでそのあたりは楽しみです(逆に何もやっていない可能性もありますが)。

次の