天皇 賞 秋。 天皇賞・秋2020特集

2019年 天皇賞(秋) JRA

天皇 賞 秋

この豪華な顔触れの中でも、しかし、アーモンドアイは単勝オッズ1. 6倍の断然人気を背負う。 3歳牝馬三冠、ジャパンカップの驚異的なレコード勝ち、世界に名を轟かせたドバイターフ。 不利がありながら猛然と追い込んだ安田記念(3着)も負けてなお強しの印象だった。 実績と、これまで示してきたパフォーマンスは確かにナンバーワンだ。 唯一、「休み明け。 馬が走りたがるかどうか」とクリストフ・ルメール騎手は不安を抱いたと言うが、それも杞憂。 予想された通りアエロリットがハナを切る展開。 2番人気サートゥルナーリア、3番人気ダノンプレミアムが直後につける。 アーモンドアイはその後ろ、先行馬群のインに落ち着いた。 ライバルたちを監視できるポジションと、パートナーに対する絶大な信頼を根拠として、ルメール騎手は早くも向こう正面で「勝てる」と思ったという。 その確信は正しかった。 直線、アエロリットにサートゥルナーリアとダノンプレミアムが並びかけていく。 ワンテンポ遅れてアーモンドアイもスパートを開始。 「押せばすぐに反応してくれた」とルメール騎手が振り返ったように、内ラチ沿いから一気に突き抜けていく。 競り合いながら粘るダノンプレミアムとアエロリット、急追するユーキャンスマイルとワグネリアン。 これらによる2着争いを3馬身後ろに見て、アーモンドアイは悠々の先頭ゴールを果たすのである。 楽勝だった」と語るルメール騎手。 しかも、「まだトップコンディションではない」という。 ポテンシャルのすべてを解放したとき、果たしてどれほどの強さを発揮するのか。 これだけの走りを見せながら、まだ楽しみが広がる、そんな完勝劇だった。 ルメール:3勝目 2018年(秋) レイデオロ 2019年(春) フィエールマン 調教師 国枝 栄:2勝目 2009年(春) マイネルキッツ•

次の

天皇賞・秋2020特集

天皇 賞 秋

位置付けは秋の中距離王決定戦。 だが近年は、レースの性格が変化してきている。 というのも、このレースが目標の馬だけでなく、ここをステップにジャパンCや有馬記念、あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるからだ。 セオリーとしては秋に一度実戦を使われたこのレース目標の馬を狙うべきだが、休み明けで目標が先であっても能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。 それゆえ予想にあたっては、能力や適性、さらに仕上がりなどを総合的に評価する必要がある。 これに加えて予想を難しくさせているのが、舞台となる東京芝2000mコースだ。 2003年のコース改修で以前に比べればマシになったものの、1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、2コーナーまでは100m強しかない。 外枠の先行馬にとっては大きな不利となるほか、スタート直後にゴチャつきやすいコース設計であることには変わりない。 (各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります) 2016年の優勝馬 モーリス 秋の中距離王決定戦。 中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。 逃げるをがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。 第154回(2016年)は最強マイラー・が2000mの舞台でもその強さを見せつけた。 天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのは(第98回・1988年)、(第120回・1999年)、(第122回・2000年)、(第136回・2007年)の4頭。 第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。 1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。 JRA競走馬総賞金ランキング 4歳以上 1 牝5 106,381万円 2 牡9 77,453万円 3 牡5 57,306万円 4 牡5 57,236万円 5 牝5 56,552万円 6 牡7 56,210万円 7 牡6 55,914万円 8 牡5 50,624万円 9 牡4 50,059万円 10 牡5 46,511万円 3歳 1 牡3 47,260万円 2 牝3 29,389万円 3 牡3 25,012万円 4 牝3 20,813万円 5 牡3 17,541万円 6 牡3 14,031万円 7 牡3 12,845万円 8 牝3 12,321万円 9 牝3 10,778万円 10 牡3 9,951万円.

次の

【天皇賞秋2019予想】追い切り・調教分析〜現役最強馬決定戦を制するのは〜

天皇 賞 秋

位置付けは秋の中距離王決定戦。 だが近年は、レースの性格が変化してきている。 というのも、このレースが目標の馬だけでなく、ここをステップにジャパンCや有馬記念、あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるからだ。 セオリーとしては秋に一度実戦を使われたこのレース目標の馬を狙うべきだが、休み明けで目標が先であっても能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。 それゆえ予想にあたっては、能力や適性、さらに仕上がりなどを総合的に評価する必要がある。 これに加えて予想を難しくさせているのが、舞台となる東京芝2000mコースだ。 2003年のコース改修で以前に比べればマシになったものの、1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、2コーナーまでは100m強しかない。 外枠の先行馬にとっては大きな不利となるほか、スタート直後にゴチャつきやすいコース設計であることには変わりない。 (各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります) 2016年の優勝馬 モーリス 秋の中距離王決定戦。 中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。 逃げるをがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。 第154回(2016年)は最強マイラー・が2000mの舞台でもその強さを見せつけた。 天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのは(第98回・1988年)、(第120回・1999年)、(第122回・2000年)、(第136回・2007年)の4頭。 第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。 1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。 JRA競走馬総賞金ランキング 4歳以上 1 牝5 106,381万円 2 牡9 77,453万円 3 牡5 57,306万円 4 牡5 57,236万円 5 牝5 56,552万円 6 牡7 56,210万円 7 牡6 55,914万円 8 牡5 50,624万円 9 牡4 50,059万円 10 牡5 46,511万円 3歳 1 牡3 47,260万円 2 牝3 29,389万円 3 牡3 25,012万円 4 牝3 20,813万円 5 牡3 17,541万円 6 牡3 14,031万円 7 牡3 12,845万円 8 牝3 12,321万円 9 牝3 10,778万円 10 牡3 9,951万円.

次の