いいや限界だ。 「モザイクを除去するAI」の仕組みと限界、現時点でどこまで期待していいのか

å�‘‰県にある鎌ヶ谷陸上クラブ �œ鎌ヶ谷・印旛教室��

いいや限界だ

「隣人がベランダでたばこを吸っていて、臭いが家の中まで入ってくる。 やめてほしいと手紙や口頭で訴えたが効果がない」。 そういえば最近、あちこちの集合住宅で「喫煙に関するお願い」なる張り紙をよく見掛ける。 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に禁煙の動きが広がる中、集合住宅での喫煙問題を取材した。 男性は賃貸マンションに居住。 隣の住民は朝と夜を中心に複数回喫煙し、春や秋など窓を開けているときは、室内もたばこ臭くなる。 妻子も気にしており、昨年秋、管理会社に相談すると、エレベーターに張り紙が掲示されたが、全住民宛てで「周りの部屋への配慮をお願いします」との内容にとどまった。 管理会社は「入居時に配布した居住ルールに喫煙に関する規定はなく、あとは個人間で解決してもらうしかない」という。 効果はなく、匿名で手紙を投函(とうかん)したが、それでも喫煙は続いた。 ある日、隣人が喫煙している最中にベランダ越しに声を掛け、口論になった。 以来、あいさつもしなくなった。 「深夜も臭いで目覚め、その後は寝付けなくなる。 家族に配慮してベランダに出ているのだろうが、近所迷惑も考えてほしい。 子どもの学校があり、引っ越すこともできない…」。 男性はため息をつく。 全国の約1700人でつくる「近隣住宅受動喫煙被害者の会」も昨年5月に結成された。 ベランダ喫煙を禁止する条例の制定を各自治体に求めていくという。 ただ、ベランダはエレベーターや階段と同じ「共用部分」だが、各戸の住民が使用権を持つ「専用使用部分」にも当たり、植木鉢を置くなどある程度自由な使い方が認められている。 強く禁煙を求めるのであれば、賃貸なら大家が居住ルールに盛り込んでおくこと、分譲なら管理組合に諮って規約や使用細則に定めることが必要で、容易ではない。 20年4月施行の改正健康増進法で、原則禁煙となるのは飲食店や職場やホテルロビー、遊興施設など多くの人が集まる場所だけ。 ベランダや室内は「周囲の状況に配慮しなければならない」としながら、喫煙自体は認めている。 打開策として、ベランダや室内も含め「敷地内全面禁煙」をうたうマンションが登場し始めた。 廣田商事(福岡市)は昨年3月、全面禁煙の賃貸マンション(48戸)を同市中央区に建設。 大濠公園まで徒歩圏内という立地を生かし、居住者に健康的な生活を送ってほしいとの願いを込めた。 契約時、来客の喫煙も禁じると明記した誓約書にサインが必要だ。 同様に、アトラックス(同市)は来年7月に完成する分譲マンション(31戸)を全面禁煙にする予定だ。 倉田新一社長(54)は隣人の喫煙に悩まされた経験があり「非喫煙者が安心して快適に過ごせるマンションをつくりたい」と話す。 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の

å�‘‰県にある鎌ヶ谷陸上クラブ �œ鎌ヶ谷・印旛教室��

いいや限界だ

カジタクさんからは「毎日、コツコツ短時間かけて行うことが理想です」というキビシイ(?)回答が……。 「毎日少しずつ汚れを取り除くことでカビの発生を抑えるためには1番理想的です。 もしくは、週に1回程度しっかりお掃除すればキレイな状態が続きます。 加えて、便器の中だけでなく、床面もフロアワイパーなどで1週間に1回程度きちんと掃除をしたいところですね」(カジタクスタッフ) まったくもって仰るとおりで、反論の余地もありませんね。 一方で、人によってはこうも思うはず。 「1週間(7日)と8日間で何が変わるの?8日間と10日間では?ていうか、2週間くらい大丈夫でしょ」 ええ、ええ、その気持ちわかります。 確かに1週間がいいなら、2週間もギリセーフな感じもしますよね。 でも、その「ギリセーフ」感覚が積み重なるといずれアウトとなることは明白。 やはりここは、限界をちゃんと知るべきでしょう。 朗報!トイレ掃除はけっこうサボれる! さあ、皆さんお待ちかね、いよいよトイレ掃除の限界を披露します。 カジタクさん、トイレ掃除はどれくらいサボってもいいの!? 「最低でも月に1回は掃除することをお勧めします」(カジタクスタッフ) なんと1ヵ月サボれる!これであれば、かなり忙しい主婦、あるいはズボラさんでもさすがに大丈夫でしょう。 放置し続けたトイレは「掃除できない」状態に!? 1ヵ月もサボれるやったー! と喜びたいところですが、これはあくまで限界。 言い換えればデッドラインです。 これ以上サボるとどうなるのか? カジタクさんに現実を教えてもらいましょう。 「1ヶ月以上放置してしまうと、黒ずみや尿石、水垢等のしつこい汚れが発生してきます。 そうなってしまうと、自分でお掃除をしても汚れを落とすのに時間がかかってしまうでしょう。 そして時間がかかるから、掃除する気も萎え、さらに掃除を先送りにしてしまう……」(カジタクスタッフ) 1ヵ月を超えた先に待っているのは、負の連鎖。 「掃除したくない」が「掃除できない」になってしまうかもしれません。 カジタクさんの解説は続きます。 「さらに長期間サボってしまうと、ガチガチでなかなか取れない黄ばみ汚れ、尿石が発生します。 それらは、尿の成分が細菌によって分解されて出来たものなんです。 しかも、尿石が付いてしまうと、さらに細菌が繁殖しやすくなって、みるみる増えていくという悪循環に。 ニオイや詰まりの原因にもなります」(カジタクスタッフ) ここまで来たら、もうふつうの掃除方法では対処できそうにありません。 しかし、忙しい日々の中では、うっかり放置期間が1ヵ月を超えてしまった、なんてことも起こり得ること。 悪気はないけど放置してしまった、そんな人はどうすればいいのでしょうか。 「それでもデッドラインを超えてしまいそうな人は、とりあえず以下の習慣を心がけてください 1:トイレ使用後はトイレの蓋を必ず閉めて、湿気対策 2:トイレ用シートを準備し、便座など肌に触れる場所だけでもササっと拭きましょう 3:タンクの中に漂白剤を入れておくことで、水を流す度に漂白剤の混ざった水が流れます。 便器の黒ずみも無くなり、お掃除回数も減らすことができますよ。 タンクに入れる漂白剤は固形・液体どちらでも大丈夫ですが、固形の場合は溶けきる、液体の場合はタンク内の水を使い切ると効果がなくなるので、定期的に投入する必要があります。 」(カジタクスタッフ) トイレは小まめに掃除したほうがラク!? サボってもいい限界を聞いて安心するつもりでしたが、現実はそう甘くないでしょう。 1ヵ月サボってしまったら、2か月もあっという間に過ぎてしまうでしょう。 やはり、日々の小まめな掃除が、いちばんラクなのかもしれません。 というわけで最後に、日常的にサッとできるトイレ掃除の方法をカジタクさんに教えてもらいました。 もちろん、この掃除だけで完璧にはキレイにはならないので、定期的な掃除も心がけましょう。 「ラクに掃除を済ませたいときは、トイレ用シートを使うのがおすすめ。 手順1:できるだけ厚手のトイレ用シートを用意する。 手順2:肌に触れる箇所を最初に拭き、汚れていない場所から順にシートで拭きます 手順3:最後に一番汚れている場所を拭き、あとは使ったシートをトイレに流すだけです」 これくらい簡単なら、気が付いたときにできそうですね! 教えてくれたのは・・・.

次の

「モザイクを除去するAI」の仕組みと限界、現時点でどこまで期待していいのか

いいや限界だ

「隣人がベランダでたばこを吸っていて、臭いが家の中まで入ってくる。 やめてほしいと手紙や口頭で訴えたが効果がない」。 そういえば最近、あちこちの集合住宅で「喫煙に関するお願い」なる張り紙をよく見掛ける。 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に禁煙の動きが広がる中、集合住宅での喫煙問題を取材した。 男性は賃貸マンションに居住。 隣の住民は朝と夜を中心に複数回喫煙し、春や秋など窓を開けているときは、室内もたばこ臭くなる。 妻子も気にしており、昨年秋、管理会社に相談すると、エレベーターに張り紙が掲示されたが、全住民宛てで「周りの部屋への配慮をお願いします」との内容にとどまった。 管理会社は「入居時に配布した居住ルールに喫煙に関する規定はなく、あとは個人間で解決してもらうしかない」という。 効果はなく、匿名で手紙を投函(とうかん)したが、それでも喫煙は続いた。 ある日、隣人が喫煙している最中にベランダ越しに声を掛け、口論になった。 以来、あいさつもしなくなった。 「深夜も臭いで目覚め、その後は寝付けなくなる。 家族に配慮してベランダに出ているのだろうが、近所迷惑も考えてほしい。 子どもの学校があり、引っ越すこともできない…」。 男性はため息をつく。 全国の約1700人でつくる「近隣住宅受動喫煙被害者の会」も昨年5月に結成された。 ベランダ喫煙を禁止する条例の制定を各自治体に求めていくという。 ただ、ベランダはエレベーターや階段と同じ「共用部分」だが、各戸の住民が使用権を持つ「専用使用部分」にも当たり、植木鉢を置くなどある程度自由な使い方が認められている。 強く禁煙を求めるのであれば、賃貸なら大家が居住ルールに盛り込んでおくこと、分譲なら管理組合に諮って規約や使用細則に定めることが必要で、容易ではない。 20年4月施行の改正健康増進法で、原則禁煙となるのは飲食店や職場やホテルロビー、遊興施設など多くの人が集まる場所だけ。 ベランダや室内は「周囲の状況に配慮しなければならない」としながら、喫煙自体は認めている。 打開策として、ベランダや室内も含め「敷地内全面禁煙」をうたうマンションが登場し始めた。 廣田商事(福岡市)は昨年3月、全面禁煙の賃貸マンション(48戸)を同市中央区に建設。 大濠公園まで徒歩圏内という立地を生かし、居住者に健康的な生活を送ってほしいとの願いを込めた。 契約時、来客の喫煙も禁じると明記した誓約書にサインが必要だ。 同様に、アトラックス(同市)は来年7月に完成する分譲マンション(31戸)を全面禁煙にする予定だ。 倉田新一社長(54)は隣人の喫煙に悩まされた経験があり「非喫煙者が安心して快適に過ごせるマンションをつくりたい」と話す。 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の