宛先の書き方。 ファンレターの宛先・差出人の書き方!マナーを守れば難しくないよ

ファンレターの宛先・差出人の書き方!マナーを守れば難しくないよ

宛先の書き方

メールが一般化したものの、ビジネスではまだまだ書面でのやりとりが盛んですよね。 とくに重要な書類ほど封書で送る傾向が強く、封筒の書き方やマナーは現在もビジネスパーソンとして必須の知識といえます。 とはいえ、敬称の付け方くらいは知っていても、目的に合わせた封筒の選び方まで完全にマスターしている方はそれほど多くはないでしょう。 この記事では、宛先別の宛名(表書き)の正しい書き方、差出人(裏書き)を記載する際のエチケット、封締めのルール、切手の貼り方など、封書を送る際に必要なノウハウを詳しく紹介します。 新人ビジネスマンはもちろん、「私は大丈夫」と思っている方も、勘違いしたまま覚えてしまっている可能性もあります。 この機会に、ぜひ一度見直してみてください。 封筒に宛名を書く際の基本ルール 宛名は送付先の相手が最初に目を通すところ。 その書き方が封書全体の印象を左右するといっても過言ではありません。 失礼がないように、しっかりと基本ルールを身につけましょう。 基本は縦書き 目上の方宛てやあらたまった内容のビジネスの手紙では、礼儀正しい印象を与え、日本語の文字も美しく見える縦書きで書くのが基本マナーです。 ただし、お得意様宛てにやわらかい内容の手紙を送る場合は横書きでもいいでしょう。 式典・イベントへの招待状、役員就任の挨拶状などの場合は、洋封筒に横書きするのが一般的です。 注意すべきは、表書き(宛名面)と裏書き(裏面)の書き方を合わせること。 表書きが縦書きなら裏書きも縦書きで、表書きが横書きなら裏書きも横書きで書きます。 手書きが好印象 最近ではパソコンで作った宛名ラベルを貼り付けただけの手紙も多く目にしますが、やはり手書きのほうが丁寧で心のこもった印象を与えることができます。 手書きする場合、目上の方宛てなら黒インクの万年筆がオススメ。 挨拶状、招待状、見舞状などの儀礼文書では筆ペンや毛筆も使われます。 就任や開業といったお祝いごとでは濃い墨、葬礼関係の手紙では薄墨(グレー)色のインクを使うのがマナーです。 住所や会社名は省略しない 相手の住所や会社名を省略するのは失礼にあたります。 宛先が同じ都道府県内でも住所は都道府県から書くようにしましょう。 ビル名や階数も同様です。 【宛先別】宛名の書き方と敬称の使い分け例 会社、役職者、担当者…など、宛先によって宛名の書き方や敬称のつけ方は異なります。 以下を参考に、間違えないように注意してください。 会社宛て• 社名の下に「御中」をつけます。 社名にアルファベット文字が入っている場合、全体が縦書きなら縦書きで、全体が横書きなら横書きで記載します。 部署宛て• 部署名の下に「御中」の敬称をつけます。 部署名は社名の行頭にそろえる書き方と下げて書く書き方があります。 役職者宛て• 社名と部署名のあとに改行して、まずは役職(肩書き)、次に氏名の順で書きます。 所属部署は社名の下に一文字空けて書くか、改行して書きます。 役職は氏名の上に小さい字で書き、氏名の下に「様」の敬称をつけるのが基本です。 ただし、上の右側の例のように氏名の下に役職を書いてもかまいません。 その場合は「様」はつけないので注意してくさい。 相手の自宅に発送する場合は、原則役職はつけません。 社名や部署名、役職(肩書)名が長い方、役職が複数ある方の宛名の書き方は次の通りです。 担当者宛て• 社名と部署名のあとに改行して氏名を書きます。 社名と部署名が1行に収まらない場合は、改行して書いてもかまいません。 担当者の氏名の下に「様」の敬称をつけます。 連名(複数名)宛て• 役職の高い人から順に書きます。 役職(肩書き)や「様」の敬称は一人ひとりにつけます。 宛名の対象が多い場合は、「御一同様」「スタッフ一同様」と書いてもかまいません。 取引先の方の家族に宛てて手紙を送る場合は次のように書きます。 世帯主、配偶者、子供の順で書きます。 それぞれの氏名に「様」をつけます。 スペースの都合上、全員の名前を記載できない場合は、「ご家族様」「御家族様」と書いてもかまいません。 外脇付けの使い方 「外脇付け(脇付け)」とは、封書の内容や目的を示すために、宛名の左下に赤字で記載するものです。 ただし、外脇付けの封書を受け取るケースもありえますので、それぞれの意味を知っておくとよいでしょう。 封筒の選び方がわからない方は以下を参考にしてください。 B5サイズの便箋(びんせん)を三つ折り、または四つ折りにするときれいに収まります。 茶封筒 文字通り、茶色の封筒です。 請求書や領収書など、事務的な文書を郵送する際に使われます。 洋封筒 洋型封筒とも呼ばれる開口部が広い封筒です。 おもに役員就任の挨拶状やイベントや式典への招待状、慶弔の挨拶状などの儀礼文書に用いられます。 郵便番号枠がプリントされていないタイプのものもあり、通常とは閉じ方が異なる弔辞の手紙に使われます。 社封筒 社名やロゴが印刷された和封筒です。 見積書や納品書といった商取引文書、会社パンフレット、企画や営業資料などの一般的な文書の郵送に適しています。 お祝い状や弔慰状などの儀礼文書に使うのはNGです。 【封筒の種類別】宛名(表書き)と差出人(裏書き)の書き方例 封筒の種類によって、宛名や差出人の書き方は異なります。 見本とともに紹介しますので参考にしてください。 和封筒(縦書きの表面の書き方) 住所• 住所は郵便番号枠の下、1文字分空けて都道府県から書き始めます。 2行目は1行目より下げて書きます。 1、2文字分下げるか、下詰めにすると見やすくなります。 番地は正式には「〇丁目〇番地〇号」と書きますが、見やすいように「|」「ノ」「の」を使ってもかまいません。 番地の途中で改行しないように注意しましょう。 縦書きの場合、番地の数字は漢数字(一、二、三…)と〇(ゼロ)を用います。 「一二」「一三」といった縦書きだと読みづらい数字は、「一」ではなく「十」を使いましょう。 ビル名や社名などに英数字が含まれる場合は、アルファベットは縦書き、数字は横書きにします。 ただし、アルファベットの数が多く、縦書きにすると読みづらい場合は横書きでもOKです。 社名は必ず住所と改行して書きます。 住所と同じ高さか、一文字程度下げて書きます。 氏名は住所より大きな文字で、中央の位置を目安に書きます。 住所と同じ高さか、一文字程度下げて書きます。 和封筒(縦書きの裏面の書き方) 差出人住所・氏名• 表書きと合わせて縦書きで書きます。 中央の紙の継ぎ目の右側に住所、左側に氏名を書くパターンと、左側に寄せて書くパターンがあります。 相手が目上の場合は左寄せが一般的です。 封かん日(送付日)• 基本は左上ですが、差出人の住所・氏名を左寄せで書く場合は右上でもかまいません(上の図を参照)。 郵便番号• 郵便番号枠がない場合は、住所の上に横書きで書くか、住所の前に縦書きで書きます。 郵便マーク「〒」は必須ではありません。 和封筒(郵便番号枠なし)• あらかじめ郵便番号枠がプリントされていない封筒の場合は、住所や宛名の上部に記載します。 郵便マーク「〒」を記載することもありますが、郵便局の機械が正常に読み取れない場合があるので書かなくてもかまいません。 洋封筒(縦書きの表面の書き方)• 儀礼文書に使う封筒のため、筆ペンや毛筆などで手書きするほうが丁寧です。 和封筒(縦書き)の表書きと同じルールに則って書きます。 和封筒よりも横幅があるので、郵便番号枠の右から2枠目の下あたりから書き始めるとバランスよく書けます。 洋封筒(縦書き)(縦書きの裏面の書き方)• 封じ目の左側に差出人の住所や氏名を書きます。 封かん(送付)の日付は封筒のふた部分(右上)に書くのが基本ですが、左上でもかまいません。 お祝いごとの手紙の場合は「寿」の封じ目を使うこともあります。 洋封筒(郵便番号枠なし)の書き方例 弔辞の手紙(お悔み状)は通常と異なり、封筒のふたを左からかぶせる「左閉じ」にするのがならわしです。 あらかじめ郵便番号枠が入った洋封筒の場合、左閉じにすると表書きが上下逆になってしまうため、枠のないものを使います。 紙の綴じ目に文字が重ならないように書きます。 封じ目は「封」を使います。 封かんの日付は書かないのが一般的です。 洋封筒(横書きの表面の書き方)• 番地などの数字は英数字(1、2、3…)を用います。 洋封筒(横書きの裏面の書き方)• 封じ目の下に差出人の住所や氏名を書きます。 封かん日を入れる場合は、左側に入れます。 洋封筒の横書きの場合は、「〆」などの封字は不要です。 社名入り封筒(社用封筒・社封筒)• 表に自社名、住所等がプリントされている場合は、裏書きの記載は不要です。 社名のまわりに差出人の所属部署、氏名を手書きで書きます。 封かん日を記入する場合もあります。 封締めのルール 封筒の閉じ方にもルールとマナーがあります。 正しい方法を覚えて、きっちりとした印象を与えましょう。 「〆」「封」などの封字を書く 封字は、相手に対しての「確かに封をしました」という印です。 普通の信書ではつけないこともありますが、重要な文書であれば必須です。 一般的に使われるのは次の5種類です。 意味 「〆」「締」 一般的な封字です。 「〆」は「締」の略字。 どちらも締めるという意味です 「封」 封じるという意味で、少しあらたまった印象です 「緘(かん)」 閉じるという意味で重々しい印象。 重要な書類に使います 「寿」 婚礼などの慶事では「締める」「封じる」はふさわしくないため、「寿」を使います 洋封筒(横書き)のみ封字は不要 洋封筒を横書き(横向き)で使う場合は封字を書きません。 封はのりで貼り付ける 儀礼文書や目上の方に宛てた文書はもちろん、たとえ事務的な文書であっても、セロテープやホチキスで封印するのはNGです。 「雑な会社だな」という印象を与えないように、のりで丁寧に貼るか、両面テープを使うようにしましょう。 通常の切手では味気ないという方には、季節に合わせた「記念切手」なら先方への心遣いが伝わりオススメです。 ただし、お悔やみの手紙には通常の切手を使います。 弔辞用の切手は遺族が会葬・法要の通知や御礼に使うものなので注意しましょう。 慶事用の切手はお祝い全般に使えます。 貼り方 横長の封筒や縦長の封筒を横書きで使う場合は「右上」に貼ります。 マナーというわけではありませんが、こうしておくと、縦向きにするとちょうど縦長封筒と同じ左上にくるため、郵便局での機械による仕分けが正確かつスムーズに行えるからです。 切手の数はできるだけ1枚、もしくは2枚におさめましょう。 ビジネスの場合、何枚も貼ると「あまったモノを寄せ集めた」「あり合わせで済ませた」という不快な印象を相手に与えてしまいます。 2枚以上貼る場合は、重ならないように縦に並べて貼るのが正解です。 ただし横書きの場合は、下のように横に並べます。 おわりに 封筒の書き方に限らず、ビジネスマナーって一度覚えてしまえばなんてことはないんですが、それまでが大変なんですよね。 少しでも早く、かつ効率よくマスターするコツは、とにかく数をこなすこと、そしてマニュアルをいつでも手に取れる場所に置いておくことではないかと思います。 毎回毎回探していたら、時間がもったいないですからね。 この記事を「お気に入り」や「ブックマーク」に登録して、あなたのマニュアルとして役立ててもらえるとうれしいです。

次の

宛名に付ける「気付」の意味と書き方〜就活にも使える覚えておきたいマナー

宛先の書き方

「様方」の使い方・書き方は?「気付」との違いは? 世帯主と受取人の苗字が異なるときに使う 「様方」の読み方は「さまがた」です。 先ほど説明したように、文書などを送る際に書く宛名の敬称を指します。 具体的なケースはこちらです。 苗字が異なる家に下宿・居候している• 結婚はしていないが同棲している• 結婚して苗字が変わっても両親と同居している• 既婚者が実家に帰省している 「様方」は世帯主に使う 「様方」は実際に文書を受け取る人ではなく、送り先の世帯主に対して使います。 書き方としては、このような形になります。 「送付先の世帯主の名前」+「様方」+「実際の送付相手の名前」+「様」 先に送付先の世帯主の名前、そのあとに受取人の名前を書きます。 名前の順序を書き間違えると、失礼にあたるので気をつけましょう。 「気付」は会社などの個人宅以外に使う 「様方」と同じように、誰かを通して文書を送るときに使う敬称「気付(きづけ)」。 この2つの敬称の基本的な使い方は同じですが、決定的に異なる点があります。 こちらと違い「気付」は、会社や出張・旅行先のホテルなど個人宅以外を通して文書を送りたい場合に使います。 もし自分宛に送るのであれば、「〇〇様」ではなく「〇〇行」と書くようにしましょう。 封筒などへの正しい書き方とは? 文字の高さは「住所>世帯主・様方>受取人・様」 封筒やハガキなどに「様方」を書くときは、いくつかのルールがあります。 字の高さは「住所」>「世帯主の名前・様方」>「受取人の名前・様」の順で、少しずつずらして書きます。 縦書きの場合は住所から左下がりになっていくイメージ、横書きの場合は住所から右斜め下に少しずつずれていくイメージです。 一文字分程度下げながら書いていくと、バランスのとれた読みやすいものになります。 文字は「受取人の名前・様」>「世帯主の名前・様方」>「住所」の順で、大きさを変えて書くことが好ましいとされています。 世帯主名はあくまでも住所の一部なので、わかりやすくするためにも、実際に文書を送る相手「受取人の名前」を1番目立たせることがポイントです。 苗字だけではなくフルネームで書く 「様方」をつける世帯主名は苗字だけでも間違いではありませんが、基本的にはフルネームで書きます。 文書を手にする可能性のある世帯主に対しても失礼がなく、与える印象も良いものになります。 「様方」の書き方例• Aさん宅に下宿しているBさんに手紙を送る場合• Aさん宅で同棲しているBさんに手紙を送る場合• Aさん宅で同居している家族のBさんに手紙を送る場合• A実家に帰省している既婚者Bさんに手紙を送る場合 これら全てのケースはこのような順で書きます。 「(Aさんの名前) 様方 (Bさんの名前) 様」 住所から書くと、 <書き方1> 東京都〇〇区〇〇町1-2-3 〇〇マンション1号室 Aさんの名前 様方 B さんの名前 様 <書き方2> 東京都〇〇区〇〇町1-2-3 〇〇マンション1号室 Aさんの名前 様方 B さんの名前 様 横書きの場合は、住所と宛名の位置が同じ位置で書かれる場合もあります。 どちらの書き方も間違いではありませんが、全体のバランスを考えると縦書き同様<書き方1>の方が好ましいです。 年賀状や弔電も同じ書き方 個人宛に送る年賀状や弔電も、これまで説明してきた使い方・書き方で対応できます。 年賀状の場合は夫婦宛など連名になることもありますが、基本的な考え方は同じでこのように書きます。 英語の場合は日本語と違い、受取人の名前が1番最初、住所が1番最後に書きます。 個人宅宛に使うことや、文字の高さや大きさに変化をつけるなど、使い方・書き方にいくつかのマナーがあり難しいと感じるかもしれませんが、一度覚えてしまえば何てことはありません。 相手に良い印象を与えるためにも、バランスがとれた書き方をするように心がけましょう。

次の

【仕事・ビジネス】宛名の書き方(はがき)

宛先の書き方

最近の社会は情報化しており、相手に連絡する場合の手段はメールやLINEなどの電子ツールが多くなっています。 昔に比べて手紙を書く機会が減っていますので、とっさに書き方が思いつかないケースも増えています。 内容についてはその都度変わりますが、宛名については基本同じになりますので、おさらいも兼ねて基本的な書き方をみてみましょう。 また、手紙を送るには封筒やハガキに送り先の名前を書く宛名が必須になります。 その宛先が個人だったり会社だったりしても書き方が変わります。 また、個人でもさらにご家族全員や、会社においても送り先部署に複数の担当者がいる場合の「連名」での書き方でもまた変わります。 今回は、混乱しがちな連名の宛名に焦点を当ててみました。 連名と通常の宛名での共通マナー 最初に、宛名を書く上での基本的なマナーをご紹介します。 連名であってもなくても、そして封筒でもハガキでも同様のマナーになります。 最初の注意点は、宛名を書く場所です。 これは封筒でもハガキでも同じで、真ん中に配置するように書かなければなりません。 次に大切なのは、書き始めの位置です。 宛名は住所の高さ(横書きなら左端)から一文字分あけて書きだしてください。 このように一文字分あけて宛名を書くことで、全体的な見栄えがよくなります。 宛名と住所のどちらを最初に書いてもかまいませんが、先述のバランスを考慮して書きましょう。 また、会社で判子や印刷などの利用で住所と宛名がくっついている場合でも、全体の真ん中で、かつ宛名は住所から一文字分あけてある、ということが基本になっています。 すでに作られている判子や印刷したシールが、基本にそっているかをきちんを確認してから使うようにしてください。 封筒での縦書き 横書きの封筒を使う場合では、まず注意しなければならないことがあります。 縦書きにおいて、切手は左上に貼ることを明示しましたが、横書きでは切手は「右上」に貼るようにしてください。 これは、郵便局での消印の押下をスムーズに行うためです。 郵便局では消印の処理を機械で行っています。 縦長の封筒が基準のため、横長の封筒を縦にした場合に同じ位置に切手がくるようにするために、切手は右上に貼ってください。 ただ切手の件は、あくまで宛名面が横長か縦長かでの判断になります。 書き方ではないので、間違えないようにしてください。 そのあとは共通マナーにそって、住所は左上から記入し、宛名は住所から一文字分あけて真ん中に位置するように書きましょう。 横書きの場合の連名の宛名は、上から下に書いていきます。 また、基本は真ん中ですが、連名の人数によっては横書きでも多少の調節が必要です。 連名が2名までなら、真ん中で問題ありません。 もし、連名が3名以上なら文字の大きさなどを調整して、住所と名前と下の空白の間隔を同じくらいにしてバランスをとりましょう。 連名での順番と敬称 連名の宛名の順番ですが、目上の人が最初になります。 個人宛の家族なら世帯主から記入し、次に配偶者、さらに子供(複数いるなら生まれた順)と続けてください。 この場合、苗字は世帯主のみになります。 敬称は「様」を使用してください。 ・例 山田 太郎 様(世帯主) 花子 様(配偶者) 一男 様(子供) 次に、企業宛の場合の連名ですが、こちらは役職の高い人から書くようにしてください。 敬称ですが、部署がわかっていたり、相手に役職がある場合はそれも記入しましょう。 大きな封筒で記入場所に余裕がある場合は、もちろん全員の宛名を連名しても問題はありません。 しかし、一般的な細い封筒やハガキでは記入スペースは限られています。 なので、可能であれば「御家族様」や「御一同様」でまとめて記入してみるのもひとつの方法です。 その場合でも失礼にはあたりません。 どうしても全員載せたいという場合は仕方ありませんが、連名が多すぎるとゴチャゴチャして見えづらくなってしまいます。 そんなときは全体の見栄えも考えてまとめたほうが無難です。 気になるようでしたら、そのことを手紙の内容にしたためておくとよいでしょう。 結婚式に招く際の招待状にも、決められたマナーがあります。 送り先がご夫婦の連名の場合、奥様に面識があるかないかで記入方法が変わります。 奥様と面識がある場合は、ここまでに説明したとおりの名前と敬称で問題ありません。 奥様に面識がない場合は「御奥様」や「奥様」、または「令夫人」と記入します。 また子供がいる場合で、ご家族が3人までなら名前+様(子供が小学生以下なら、「ちゃん」や「くん」)でいいのですが、子供が多い場合は子供をまとめて「御家族様」として問題ありません。 ・例 山田 太郎 様 令夫人 御家族様 また、送る側として記入する連名は裏側になります。 このとき、男性から記入するようにしましょう。 縦書きなら左下側に右から、「男性住所、男性氏名、女性住所、女性氏名」の順で記入します。 横書きなら下側に上から、「男性住所、男性氏名、女性住所、女性氏名」の順で記入します。 横書きには他にも注意点があり、招待状の場合は必ずフタが右側にくるように記入してください。 これを逆にしてしまうと、不祝儀(おめでたくないこと)になってしまうため、とくに気をつけるようにしましょう。 年賀状はハガキなので、宛名の連名の書き方は上記に紹介した一般的な方法で問題ありません。 ご家族の世帯主のみ苗字をつけ、奥様や子供は名前と敬称のみです。 ご夫婦の二人だけならさほど問題はないですが、子供が多い場合は書ききれません。 そのため、子供がいても年賀状の連名は語夫婦だけの場合が多いです。 ですが、子供は自分の名前があるととても喜びますので、全体のバランスに無理がない場合はなるべく記入してあげましょう。 宛名の連名をまとめる場合は、世帯主のみ氏名で他はまとめた「御家族御一同様」もよく使われます。 ビジネスシーンなどにおいて、封筒の送り先の担当者が複数いる場合があります。 このときの宛名の連名方法は、先述したとおり担当者全員の名前を記入します。 ですが、担当者が不明だったり、そもそも部署がわからない場合は、どのように連名すればよいのでしょうか。 会社のみわかっている場合は、会社に「御中」をつけることで、その会社の誰かに宛てているということになるので、送り主の名前から会社が判断してくれます。 また、会社の部署までわかっている場合は、部署のあとに「御中」か「ご担当者様」でも同じ意味になります。

次の