豚 ヒレ レシピ。 【低温調理】で豚ヒレ肉を調理 温度60℃・63℃・66℃で比較

豚ヒレ肉の人気レシピ!かたまり・ブロックで美味しい簡単豪華メニュー!

豚 ヒレ レシピ

豚のヒレ肉は、お肉のキメが細かく、柔らかい部位。 なのですが、 脂肪が少ないので、火の通し方によってはパサパサになりがちです。 「パサパサになりがち」な食材は低温調理にとっても向いていますね。 豚肉の他の部位もあれこれ低温調理をしてみて、脂の少ない豚ヒレ肉は、このくらいの温度でこのくらいの時間やれば、美味しいんじゃないかな。 という予想を立てて時間と温度を設定しました。 安全に食べられて、なるべく水分が抜けないような範囲の中で設定したつもりです。 この豚ヒレ肉の低温調理には低温調理器の BONIQ(ボニーク)を使っています。 低温調理器って何?ボニークって何?という方は、艸の別ブログでとを書いているのでのぞいてみてください。 豚ヒレ肉の低温調理に使った材料 豚ヒレ肉 適量 塩(ゲランドの塩) 1. (後からちょっと気になったことがあったので、国産豚とは別に 「やまと豚」という銘柄豚も使いました) 塩はゲランドの塩で、豚ヒレ肉の 1. 1%です。 豚ヒレを1/2本づつ低温調理したので、そのまま食べるにはちょっと薄い塩加減ですが、塩で多くの水分が出てしまわないように、今回はこのパーセントにしました。 最後に塩をふって、ソースをかけて食べます。 塩加減バッチリしっかりがお好みなら、 1. 5%くらいまで増やしても大丈夫です。 ゲランドのような自然塩は、伯方の塩や赤穂の塩のような再生自然塩より 塩気が柔らかいので、再生自然塩を使うときはやや弱めの塩にします。 さてさて、今回低温調理する豚ヒレ肉です。 一本はまるまるの豚ヒレなので、半分にして1/2本ずつ温度と時間を変えて低温調理しました。 ちなみに調理前のヒレ肉の断面はこんな感じです。 豚ヒレ肉の重さを量って、 今回はその重さの 1. そこに適量の黒胡椒をガリガリして、 豚ヒレ肉に 満遍なくしっかりと全体に振ります。 塩胡椒をしたら、 30分ほど置いて馴染ませます。 (夏場は冷蔵庫で) 30分経ったヒレ肉がこちら。 うっすら水分が出ているので、 キッチンペーパーで拭き取ります。 水分を拭きとった豚ヒレ肉をフリーザーバッグに入れて、 水の中に沈めて真空に近い状態にします。 僕は安いフリーザーバッグを使っているので、念の為、のパッチンでフリーザーバッグの口を止めています。 気体は液体よりで熱の伝導率が小さいので、ちょっとくらいの空気は残っていても大丈夫ですが、なるべく丁寧に空気を抜いておきます。 こんな感じにキュッとなっていれば大丈夫です。 真空にパックしたら、 BONIQ(低温調理器)で設定した温度で設定した時間、低温調理します。 低温調理が終わったらヒレ肉を取り出して、 キッチンペーパーで周りの水分を拭き取ります。 フライパンを 熱してある程度熱くしたところにバターをひと欠片入れます。 バターを入れると ジュワーッと勢いよく溶けるけど、バターが焦げてしまわないくらいの温度です。 そこに低温調理した豚ヒレ肉を入れます。 火は 強火弱くらいです。 もちろん温度が低ければガンガン強火です。 要は、 豚ヒレ肉の表面だけをサッと焼き色を付けて、香ばしく仕上げられればいいのです。 焦がしちゃいけませんが、かと言って、弱い火で時間をかけては中に火が入ってしまって、せっかくの低温調理が台無しになってしまいます。 バターの色が 焦げ茶色になるのはぜんぜん大丈夫です。 そんなこと言ってもバターがどれくらいで焦げるかなんて分からないよ!という方は、バターをひとかけら実際に焦がして、バターが焦げるまでの様子を見てみるといいかもしれません。 グルッと一周いい焼色が着いたら、キッチンペーパーに取ります。 先に焼き色をつけてから低温調理をする方法もあります。 その方が冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉を焼くので、中に火が入る心配がありません。 ですが、僕的には 後焼きの方が、焼いた芳しい香りと、ビシッと表面が熱くなるので断然好みです。 豚ヒレ肉をカットして器に盛り付けて、お好きなソースを掛けて食べます。 今回はにしました。 予想通り、 柔らかくてジューシーです。 ピンク色をしていますが、このピンクは ミオグロビンというタンパク質の色で、血の色ではありません。 ミオグロビンは温度が高くなるにつれ、長く火を入れるにつれ 褐色に変化していきます。 をみると良くわかります。 お肉の中にしっかりと水分が残っていて噛むと出てくる。 油と脂が苦手な僕個人としてはとっても食べやすい。 同じ温度、同じ時間で火入れをしたで使ったやまと豚のときには感じなかった、 豚臭さを多少感じる。 やまと豚のヒレ肉なら、この豚臭さは感じないのか。 部位のせいなのか、豚の質のせいなのか。。。 いや、十分美味しいですけどね。 温度を上げた分低温調理の時間を30分短くしました。 これも 「柔らかくてジューシー」な範囲に十分入る。 ピンク色は温度が高くなった分、やや落ち着いた感じ。 60どの時に感じていた 豚臭さは、殆ど感じなくなった。 一番最後にちょっとだけふわっと来るくらい。 「柔らかさ」で言えば、低温調理の 温度が上がるほど、お肉が締まっているように感じる。 けれど、その分お肉の 繊維が解けているような質感になって「固さ」は全く感じない。 むしろ歯切れがよい。 一番温度が高かったこの回は、 全く豚臭さを感じなかった。 ピンクもうっすらくらい。 低温調理をした時に出る水分の量は、これも温度を上げた分、時間を短くしているので、これまでとさほど変わらない感じ。 なのだけれど、 お肉を切った時にたくさんの水分が出ました。 写真がないので比べられませんが。 それでも、 パサパサ感はない。 やまと豚の豚ロース。 丸々一本はちょっと多いので、いいとこだけどんとカットして、残りは他に使うことにしました。 ジューシーで柔らかい。 豚臭さも全く無い。 肉質もきめ細やかで、同じ温度で低温調理した普通の国産豚肉と比べて柔らかさが増したようにも感じる。 美味しい! あ、そーそー 「国産豚」と表記されているものが豚臭くて、「銘柄豚」が美味しいということではありません。 素晴らしく美味しい「国産豚」ももちろんあります。 逆に、ただ名前がついているだけで何が特徴なのかさっぱり分からない「銘柄豚」も存在します。 経験的に。 そもそも、今回使った国産豚もそれほどひどい訳でもありませんし。 でも、これでスッキリしました。 美味しい豚を使って低温調理すれば、さらに美味しくなる。 さっきも書きましたが、「国産豚」ではダメ、ということではありません。 ここのスーパーの豚肉が美味しーのよねーってお肉を使えばそれで美味しくできます。 今回はたまたまちょっとイケていない豚さんだったというだけです。 豚臭さもなく食べやすい。 どれが美味しーと言うのは好みもあると思うので、ぜひ、この豚ヒレ肉の低温調理の結果を参考にパサつきやすいお肉を、柔らか〜く仕上げちゃってください。

次の

豚ヒレのカロリーは?豚肉の中でも豚ヒレ肉は栄養満点!低カロリーな豚ヒレを栄養満点レシピもご紹介

豚 ヒレ レシピ

豚のヒレ肉は、お肉のキメが細かく、柔らかい部位。 なのですが、 脂肪が少ないので、火の通し方によってはパサパサになりがちです。 「パサパサになりがち」な食材は低温調理にとっても向いていますね。 豚肉の他の部位もあれこれ低温調理をしてみて、脂の少ない豚ヒレ肉は、このくらいの温度でこのくらいの時間やれば、美味しいんじゃないかな。 という予想を立てて時間と温度を設定しました。 安全に食べられて、なるべく水分が抜けないような範囲の中で設定したつもりです。 この豚ヒレ肉の低温調理には低温調理器の BONIQ(ボニーク)を使っています。 低温調理器って何?ボニークって何?という方は、艸の別ブログでとを書いているのでのぞいてみてください。 豚ヒレ肉の低温調理に使った材料 豚ヒレ肉 適量 塩(ゲランドの塩) 1. (後からちょっと気になったことがあったので、国産豚とは別に 「やまと豚」という銘柄豚も使いました) 塩はゲランドの塩で、豚ヒレ肉の 1. 1%です。 豚ヒレを1/2本づつ低温調理したので、そのまま食べるにはちょっと薄い塩加減ですが、塩で多くの水分が出てしまわないように、今回はこのパーセントにしました。 最後に塩をふって、ソースをかけて食べます。 塩加減バッチリしっかりがお好みなら、 1. 5%くらいまで増やしても大丈夫です。 ゲランドのような自然塩は、伯方の塩や赤穂の塩のような再生自然塩より 塩気が柔らかいので、再生自然塩を使うときはやや弱めの塩にします。 さてさて、今回低温調理する豚ヒレ肉です。 一本はまるまるの豚ヒレなので、半分にして1/2本ずつ温度と時間を変えて低温調理しました。 ちなみに調理前のヒレ肉の断面はこんな感じです。 豚ヒレ肉の重さを量って、 今回はその重さの 1. そこに適量の黒胡椒をガリガリして、 豚ヒレ肉に 満遍なくしっかりと全体に振ります。 塩胡椒をしたら、 30分ほど置いて馴染ませます。 (夏場は冷蔵庫で) 30分経ったヒレ肉がこちら。 うっすら水分が出ているので、 キッチンペーパーで拭き取ります。 水分を拭きとった豚ヒレ肉をフリーザーバッグに入れて、 水の中に沈めて真空に近い状態にします。 僕は安いフリーザーバッグを使っているので、念の為、のパッチンでフリーザーバッグの口を止めています。 気体は液体よりで熱の伝導率が小さいので、ちょっとくらいの空気は残っていても大丈夫ですが、なるべく丁寧に空気を抜いておきます。 こんな感じにキュッとなっていれば大丈夫です。 真空にパックしたら、 BONIQ(低温調理器)で設定した温度で設定した時間、低温調理します。 低温調理が終わったらヒレ肉を取り出して、 キッチンペーパーで周りの水分を拭き取ります。 フライパンを 熱してある程度熱くしたところにバターをひと欠片入れます。 バターを入れると ジュワーッと勢いよく溶けるけど、バターが焦げてしまわないくらいの温度です。 そこに低温調理した豚ヒレ肉を入れます。 火は 強火弱くらいです。 もちろん温度が低ければガンガン強火です。 要は、 豚ヒレ肉の表面だけをサッと焼き色を付けて、香ばしく仕上げられればいいのです。 焦がしちゃいけませんが、かと言って、弱い火で時間をかけては中に火が入ってしまって、せっかくの低温調理が台無しになってしまいます。 バターの色が 焦げ茶色になるのはぜんぜん大丈夫です。 そんなこと言ってもバターがどれくらいで焦げるかなんて分からないよ!という方は、バターをひとかけら実際に焦がして、バターが焦げるまでの様子を見てみるといいかもしれません。 グルッと一周いい焼色が着いたら、キッチンペーパーに取ります。 先に焼き色をつけてから低温調理をする方法もあります。 その方が冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉を焼くので、中に火が入る心配がありません。 ですが、僕的には 後焼きの方が、焼いた芳しい香りと、ビシッと表面が熱くなるので断然好みです。 豚ヒレ肉をカットして器に盛り付けて、お好きなソースを掛けて食べます。 今回はにしました。 予想通り、 柔らかくてジューシーです。 ピンク色をしていますが、このピンクは ミオグロビンというタンパク質の色で、血の色ではありません。 ミオグロビンは温度が高くなるにつれ、長く火を入れるにつれ 褐色に変化していきます。 をみると良くわかります。 お肉の中にしっかりと水分が残っていて噛むと出てくる。 油と脂が苦手な僕個人としてはとっても食べやすい。 同じ温度、同じ時間で火入れをしたで使ったやまと豚のときには感じなかった、 豚臭さを多少感じる。 やまと豚のヒレ肉なら、この豚臭さは感じないのか。 部位のせいなのか、豚の質のせいなのか。。。 いや、十分美味しいですけどね。 温度を上げた分低温調理の時間を30分短くしました。 これも 「柔らかくてジューシー」な範囲に十分入る。 ピンク色は温度が高くなった分、やや落ち着いた感じ。 60どの時に感じていた 豚臭さは、殆ど感じなくなった。 一番最後にちょっとだけふわっと来るくらい。 「柔らかさ」で言えば、低温調理の 温度が上がるほど、お肉が締まっているように感じる。 けれど、その分お肉の 繊維が解けているような質感になって「固さ」は全く感じない。 むしろ歯切れがよい。 一番温度が高かったこの回は、 全く豚臭さを感じなかった。 ピンクもうっすらくらい。 低温調理をした時に出る水分の量は、これも温度を上げた分、時間を短くしているので、これまでとさほど変わらない感じ。 なのだけれど、 お肉を切った時にたくさんの水分が出ました。 写真がないので比べられませんが。 それでも、 パサパサ感はない。 やまと豚の豚ロース。 丸々一本はちょっと多いので、いいとこだけどんとカットして、残りは他に使うことにしました。 ジューシーで柔らかい。 豚臭さも全く無い。 肉質もきめ細やかで、同じ温度で低温調理した普通の国産豚肉と比べて柔らかさが増したようにも感じる。 美味しい! あ、そーそー 「国産豚」と表記されているものが豚臭くて、「銘柄豚」が美味しいということではありません。 素晴らしく美味しい「国産豚」ももちろんあります。 逆に、ただ名前がついているだけで何が特徴なのかさっぱり分からない「銘柄豚」も存在します。 経験的に。 そもそも、今回使った国産豚もそれほどひどい訳でもありませんし。 でも、これでスッキリしました。 美味しい豚を使って低温調理すれば、さらに美味しくなる。 さっきも書きましたが、「国産豚」ではダメ、ということではありません。 ここのスーパーの豚肉が美味しーのよねーってお肉を使えばそれで美味しくできます。 今回はたまたまちょっとイケていない豚さんだったというだけです。 豚臭さもなく食べやすい。 どれが美味しーと言うのは好みもあると思うので、ぜひ、この豚ヒレ肉の低温調理の結果を参考にパサつきやすいお肉を、柔らか〜く仕上げちゃってください。

次の

しっとり塩豚ハム

豚 ヒレ レシピ

豚ヒレ肉には糖質の代謝を促進するビタミンB1が含まれています。 ご飯やパン、甘いものなどの糖質を多く摂取すると、ビタミンB1が代謝のために大量に消費されます。 ビタミンB1が不足すると糖質の代謝がスムーズに進まなくなり、太りやすくなったり、エネルギー不足のために疲れやすくなります。 豚ヒレ肉には肉類の中でもビタミンB1が豊富なので、豚ヒレ肉を摂取することで糖質代謝を促進してダイエットや疲労回復効果を得ることができます。 L-カルニチンが脂肪燃焼をサポート さらに、豚ヒレ肉には脂肪燃焼をサポートするL-カルニチンも含まれています。 鶏肉もヘルシーで高タンパクですが、豚ヒレ肉にはその7倍ものカルニチンが含まれています。 肉といえば太るイメージがありますが、カルニチンの効果で痩せることもできるわけです。 ロイシンが食欲抑制&筋肉分解抑制 豚ヒレ肉に含まれている必須アミノ酸のロイシンは、食欲を抑える効果があります。 ダイエット中なのに食べ過ぎてしまうという人はロイシンの食欲抑制効果で無理なくダイエットを進めることができます。 また、ロイシンは筋肉の分解を防いでくれるので、筋肉量減少による基礎代謝ダウンも防いでくれます。 トリプトファンが睡眠の質アップ 豚ヒレ肉には必須アミノ酸の一種トリプトファンも含まれています。 不眠解消や集中力アップに効果がある栄養素です。 睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量が減って脂肪が燃焼されにくくなったり、太りやすい夜中にカロリーを摂取してしまいますが、トリプトファンはそれを防いでくれます。 出典: 生の豚ヒレ肉にまんべんなく穴を開けておくことで、柔らかく仕上がります。 豚ヒレのビタミンB1の効果をアップしてくれるすりおろしニンニクを使うことで、糖質代謝アップ&疲労回復効果がアップしますよ。 豚ヒレ肉ブロックの全体にフォークを刺し、柔らかくする• フライパンにオリーブオイルをしき、3で休ませた豚ヒレ肉を中火で焼く。 ひっくり返しながら側面もまんべんなく焼く• 側面が焼け、中に火が完全に通るまえに火を止め、アルミホイルで包み冷めるまで放置(約30分)• 冷めたらアルミホイルからとりだし、厚さ1. 5〜2cmくらいの厚さにスライスする• スライスした断面はレア状態なので、もう一度フライパンで断面を焼く。 今度は弱火で火をしっかりと通す• トマトはお肉の脂肪燃焼効果を高めてくれるので、ダイエットにもぴったりです。 豚ヒレ肉に塩こしょうをし、食べやすい大きさにカット。 玉ねぎ・ニンニクは みじん切りにする• フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れ、熱してから豚ヒレ肉を両面軽く焼き色が付くまで焼き、別の皿に移しておく• 同じフライパンにオリーブオイルを小さじ1入れ、玉ねぎ・ニンニクを弱火で色が付くまで炒める• 薄力粉を入れて、粉っぽさが なくなるまで炒める• 豚肉を戻し入れてまた煮詰める• 器に盛り付けてパセリを散らして完成 あっさりさっぱりヘルシー蒸しヒレ肉 出典: 豚ヒレ肉をタレに漬けておくだけで作れる焼き豚レシピです。 脂身の少ない豚ヒレ肉を使うことでカロリーをカットすることができます。 そのまま食べても、パンに挟んで食べてもOKです。 漬かった1を200度に余熱しておいたオーブンで20分焼き、途中で上下を返し、竹串を刺して透明な汁が出てきたら焼きあがり• 好きな大きさにスライスして召し上がれ 油で揚げないヘルシーカレーヒレカツ 出典: 「ダイエット中にトンカツが食べたい!」という時におすすめの油で揚げないヒレカツレシピです。 豚ヒレ肉を使い、パン粉を炒ってカツを揚げたように見せることでカロリーダウンできます。 カレー味なので食べやすいですよ。 マヨネーズを使えば卵などのつなぎは不要です。 材料(1人分) 豚ヒレ肉 100g マヨネーズ 大さじ1 カレー粉 小さじ1 パン粉 大さじ3くらい• フッ素加工のフライパンにパン粉を入れ、きつね色になるまで弱火で炒める• 豚ヒレ肉を1cmほどの厚さに切り、厚みが半分位になるまで包丁の背で叩く。 トースターを温めておく• ビニール袋にマヨネーズとカレー粉、2を入れて揉んで馴染ませ、1のパン粉を全体にまぶす• ホイルの上に乗せ、焦げ防止のために上からもホイルをかぶせ、温めておいたトースターで8〜10分程焼く 豚ヒレ肉のポン酢焼き 出典: クックパッドのレシピ本に掲載された豚ヒレレシピです。 15分で本格的なポン酢焼きができます。 ポン酢以外調味料は使わないので、シンプルなポン酢料理が好きな人におすすめです。 お弁当のおかずにも使えますよ。 材料(4人分) 豚ヒレ肉 500g 片栗粉 適量 ポン酢 100cc• 豚ヒレ肉は1cm幅のそぎ切りにする• ビニール袋に1を入れ、片栗粉を適量入れて、口を絞りよくふってまぶす• フライパンに油をひき、中火にして肉を並べて焼く(衣がはがれるので肉はいじらない!)• 3分くらいして、ふちが白くなり、肉が汗をかいてきたらひっくり返す• 裏面を1~2分焼く(いじらない!)• ポン酢を回しいれ、煮詰める(目を離さない!)• 汁気がある程度無くなったら火を止めて完成 豚ヒレ肉の甘辛ダレ焼き 出典: 日本人が大好きな甘辛味の豚ヒレレシピです。 このレシピでは砂糖を使いますが、カロリーカットしたいなら砂糖をパルスイートなどの低カロリー甘味料に変えてあげるといいです。 豚ヒレ肉を一口大に切って包丁の背で叩いておく• フライパンに少量の油を熱し、ヒレ肉を入れて弱火〜中火で焼き、中まで火を通すようにする。 8割がた火が通ったらひっくり返して強火にし、煮汁がなくなるまで炒め、焦げ目が付いたら完成 豚ヒレ肉のダイエット効果をアップする食べ合わせ 豚ヒレ肉のダイエット効果をアップさせるには、調理の時に組み合わせる食材選びも大切です。 食べ合わせによって効果を高めることができます。 ニンニクのアリシンがビタミンB1の働きをサポート.

次の