代々木 上原 教会。 日本キリスト教団 代々木中部教会

代々木上原で異国を体験!モスク「東京ジャーミイ」でイスラーム教の魅力を発見しよう

代々木 上原 教会

代々木上原でモスク体験!?東京ジャーミーが今人気の理由 モスクというのは、イスラム教の礼拝堂でアラビア語で「ひざまずく場所」という意味です。 その名の通り、【東京ジャーミー】には土足厳禁の礼拝堂が2階にあり、1階にはトルコ文化センターがあります。 1階のトルコ文化センターでは、物販などもしておりかわいらしいトルコ雑貨を購入する事ができます。 まずは1階から見学します。 かわいらしい扉を開いてトルコ文化センターの中に入ってみます。 緊張しながら扉を開けると、ちらほらとイスラム教徒の方らしいスタッフさん(?)が数人いました。 よくある感じで話しかけられるかと思ったら完全にスルーされたので、私は自由に館内を見学させてもらう事に。 ちょっとした装飾がすごくかわいい。 1階のトルコ文化センターでは、物販をしていたり、イベント用の広間があります。 壁にはかわいらしい鮮やかな模様のタイルが貼ってありました。 その他にも、ちょっとした休憩所のようなところがありまるでトルコに来ているかのような異世界感を味わえます! ここの装飾もすごくかわいいです! 近くでじーっと見てみると繊細さがよく見て取れます。 この日は日曜日だったので、何かイベントが行われるのか大広間では施設の人がいそいそと準備をしていました。 トルコ文化センターもほどほどに、メインの礼拝堂を見学する為に一度来た扉を出て2階に向かいます。 外に出ると、日本人がぞろぞろと並んでいました。 見学ツアーか何かなのかな? 2階への階段をふさいでいるツアー客をかき分けで、階段を上って行きます。 階段を上がると広間のような所に出ます。 写真で見ると広々としているように見えますが、実際は結構コンパクトな作りです。 ただ、外観もとても美しいです。 ちなみにこの日私は裸足でした。 そして、モスク内に入る前に女性はストールなどをかぶらなければいけません。 特に柄などがあっても良いようです。 その他にも、女性は肌をあまり見せないような服装をしていかなければいけません。 私の格好はこんな感じ。 中に入った瞬間、厳かな雰囲気に圧倒されます。 薄暗い館内にステンドグラスからの柔らかい光が注ぎます。 その光をたどって天井を見上げると、そのまま吸い込まれてしまいそうな繊細な装飾と和らかい色で書かれた模様が規則正しく描かれています。 緑色の絨毯にも繊細な装飾が施されています。 入口を入って圧倒された私は、ゴキブリの様にはじっこを伝って歩いていました。 すると2階から女性が降りてくるのが目に入りました。 どうやらここからうえに上がれるようです。 さっそく階段を上ってみます。 小さな螺旋階段を上っていくと、モスクを上から見下ろせるスペースがありました。 ここにもかわいらしい模様が描かれています。 ちょっとの間、ここで一休み。 ステンドグラスからあふれる光が幻想的です。 それにしても熱い…ストールとは言え、この蒸し暑い真夏に長ズボン、7分袖、ストールはかなり熱いです。 もっとゆっくり見てたかったげど、暑さに耐えられずギブアップ。 名残惜しいですがモスクを出る事に。 モスクを出て右側に屋根があり、そこを除くと階段がありました。 探検好きな私は、思わず階段をワクワクしながら下ってしまいました。 階段の下は、当たり前ですが1階のトルコ文化センターにつながっていました。 ちょっと残念な気分… トルコ文化センターとモスクを含め30分から1時間程度あれば十分に見学できます。 土日の14時からは見学ツアーも開催されているようなので、しっかりモスクの説明を聞きたい方は予約なしで参加できるツアーに参加してみてはいかがでしょうか? 代々木上原駅から東京ジャーミーへのアクセス 代々木上原駅から東京ジャーミーへは10分もかからずに歩いていく事ができます。 まず、代々木上原駅を出たらゴールドジムがある、左側の細い通路へすすみます。 階段を降りるとかわいらしい壁画があります。 その壁画にそって歩いていくと、大きな道路に突き当たります。 そのまま右を向くと交番があります。 この交番の前を通っていくと、またかわいらしい壁画があります。 その通りをぐんぐん進んでいくと、バス停が見えます。 さらに進みます。 信号が見えてくるとそこには異彩を放つ【東京ジャーミー】が見えます。 信号を渡って、少し歩けば到着です! これだけは覚えておいて!モスク見学のルール イスラム教のモスクでは、いくつか女性が守らなくてはいけないルールがあります。 まずは、肌を露出しない事。 ストールやスカートなどは礼拝堂入り繰りで貸してもらえますが、持参するのをお勧めします。 そして、モスク内では静かに過ごす事。 あくまでも、イスラム教徒の方がお祈りをささげる場所です。 大きな声でしゃべったり、礼拝をしている方を写真で取る事はやめましょう。 トルコ文化センターも礼拝堂も写真自体を取る事は許可されているので、分別のある行動を心がけましょう。 宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。 たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。 こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。 毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。 顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。 その為もちろん大好きな旅もできずにいました。 それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。 旅メディア【おひとり女子旅】のおかげで、ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。 企業さんからもタイアップの依頼がきて、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。 ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。 正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。 OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。 なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。 これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ… 私は今、自分の人生を生きています。 ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。 同じような旅女子がいないんです。 だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

次の

代々木上原教会

代々木 上原 教会

緊急のお知らせ 新型コロナウイルスの影響拡大に伴う教会活動の停止について CS礼拝と分級、主日礼拝、各会活動、役員会、祈り会など、一切の教会活動を中止しています。 それぞれのご家庭において礼拝、祈りを合わせてくださいますようお願いいたします。 やむを得ず教会に来訪される方は牧師までご一報ください。 教会ホームページの説教データ 文字、音声 は、礼拝が実施されなくても毎週日曜日に掲載いたします。 また郵便・電話・メール等による牧会活動も活発化させています。 今は一人でも多くの命を救うための行動に協力しましょう。 十字架と復活の主が、皆さんと共におられますように! お知らせ• MP3形式による説教音声をご提供しています。 最新の説教をパソコンで聴く事が出来ます。 に掲載されたリストの「MP3音声」をクリックしてください。 をご利用の方はこのボタンをiTunes等にドラッグ&ドロップしてください。 ブロードバンド環境でのご利用をおすすめします。 更新情報• 2020年6月7日のおよび(中村吉基)を掲載しました。 (6月6日)。 2020年5月31日の(中村吉基)を掲載しました。 (5月30日)。 2020年5月24日の(中村吉基)を掲載しました。 (5月23日)。 2020年5月17日の(陶山義雄)を掲載しました。 (5月16日)。 2020年5月10日の(中村吉基)を掲載しました。 (5月9日)。 2020年5月3日の(中村吉基)を掲載しました。 (5月2日)。 2020年4月26日の(陶山義雄)を掲載しました。 (4月25日)。 交通のご案内.

次の

代々木上原教会: 私たちの教会の姿勢

代々木 上原 教会

代々木上原教会: 私たちの教会の姿勢 私たちの教会の姿勢 代々木上原教会は、日本キリスト教団に属するが合同して1997年に新しく設立されました。 その年現在の場所に完成した新会堂を拠点に、以下に述べるような姿勢でしています。 私たちは、主イエス・キリストを信じます。 主イエスは、すべての人、とくに弱い立場にある人々に対する神の愛を言葉と行いによって証しし、「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで」 神に服従されました。 そして、神の力によって復活し、どんな時にも私たちと共にいると約束して下さいます。 私たちは、ただこの方に従って生きたいと願っています。• 今、私たちの世界には、戦争やテロを初めとするさまざまな暴力がはびこり、人々を苦しめています。 しかし、私たちには夢があります。 主イエスは、互いに愛し合って共に生きる「神の国」が必ず来ると約束されました。 私たちはこの約束を信じ、「敵を愛せよ」 という戒めに従って生きることを志しています。 また、の精神に沿い、世界の、とくにアジアの諸教会と協力して和解を追い求め、寛容の精神をもって他宗派・他宗教の人々とも対話しつつ、真の平和を実現するために努力したいと願っています。• 私たちが目指すのは、女性も男性も、高齢者も若い人も、子供も大人も、障碍者も健常者も、病める人も丈夫な人も、外国人も日本人も、すべての人が「主イエスにおいて一つである」()ような教会です。 それは、一人ひとりの個性が生かされて生きる喜びを分かち合うことができる教会でもあります。 私たちはこの目標に向かって歩みたいと心から願っています。

次の