今後のご活躍をお祈り申し上げます。 「貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味と使い方|就活

「ご活躍」は目上の人には使えない?正しい意味と使い方を解説

今後のご活躍をお祈り申し上げます

「お祈り申し上げます」の意味 「お祈り申し上げます」は 「相手に良いことがあるように祈っていること」を丁寧に伝える言い回しです。 ビジネスメールなどでは、 先方の成功や活躍・発展・繁盛などを願うことが多いとされています。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 ただ、「お祈り申し上げる」の「申し上げる」は謙譲語としては使いません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「お祈り申し上げます」は、 結びの挨拶としてメールや手紙の文末や改まった場での締めの挨拶として用いられます。 「お祈り申し上げます」の使い方と例文 メールや手紙の最後の締めくくりとしては、相手の幸せや健康を願う気持ちを入れるのが基本的です。 「お祈り申し上げます」に相手の幸福や健康を願う言葉を加えた文章は、定型文として使われています。 「お祈り申し上げます」は正しい敬語表現なので、目上の人に対して使うことができます。 「祈る」という行為は、目上の人に行っても失礼には当たりません。 「お祈り申し上げます」は手紙文の常套句なので、親しくない相手に対しても遠慮なく使えます。 また、この一言を入れることで、真面目な姿勢や好印象を与えられます。 相手によって「お祈り申し上げます」だと少々堅いなと思うときは、代わりに 「お祈りいたします」を使用できます。 相手の健康、活躍などを願う 「お祈り申し上げます」は結婚式の挨拶、年賀状、就活で不採用だったときのお祈りメールなどで使われます。 就活で不採用だった場合に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」というメールがきます。 不採用となる旨を、「採用を見送らせていただく」「ご縁がなかった」などといった言い回しで表した後に、最後「ご活躍をお祈り申し上げます」という形で締めていることが多いです。 例文 ・ご結婚おめでとうございます。 二人のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・略儀にて恐縮ではありますが、今後、益々のご繁盛をお祈り申し上げます。 ・栄えあるご栄転を心よりお祝いいたしますとともに、より一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 ・ 今後、益々の御社ご繁栄と、社員皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 ・皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 ・一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 相手に不幸があったときにも使う 「お祈り申し上げます」は「相手に良いことがあるように願う気持ち」を表す言葉ですが、亡くなった人の冥福を祈る場合にも使います。 そのような場合は、主に 「ご冥福をお祈り申し上げます」を使用します。 「ご冥福お祈り申し上げます」は、「故人の死後の幸福をお祈りいたします」を意味しています。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 例文 ・この度はご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・本来であれば、弔問にお伺いすべきところではございますが、都合でご葬儀に伺うことができず申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。 ・この度はご愁傷様です。 思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・ご母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。 上司や取引先などに「期待しております」などと使ってしまうと、「仕事で結果を出すことを期待していますよ」と上から目線なニュアンスになってしまいます。 目上の人に使ってしまわないように注意しましょう。 「お祈り申し上げます」への返事 「お祈り申し上げます」という文章が入ったメールや手紙をもらったら、何て返事をすれば良いのでしょうか。 このような場合、相手は自分を気遣ってくれていることになるので、それに対するお礼をします。 「感謝いたします」「お礼申し上げます」などと感謝の気持ちを述べた後に、自分から相手に対しても幸福や健康を願う文章を書くのが良いでしょう。 就活では不採用通知で「お祈り申し上げます」と書いてあるメールをもらうことがあります。 このような場合は基本的に返信する必要はありません。 しかし、最終面接で不採用になった場合や、担当者に何かお世話になったり、親切にしてもらっていた場合は、選考してくれたことに対するお礼や今後の抱負などを簡潔にまとめて、返信するのが良いでしょう。 例文 ・お気遣い心より感謝いたします。 ・励ましの言葉をいただきお礼申し上げます。 今後ともご支援をくださいますようよろしくお願いいたします。 ・ご多忙中の折、ご連絡いただきありがとうございます。 「ご冥福お祈り申し上げます」の返事は? 「ご冥福をお祈りします」と言われた場合は、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・恐縮です ・お心遣いありがとうございます ・ご丁寧にありがとうございます などと言います。 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」や、相手の優しい気持ちに恐縮するという意味がある「痛み入ります」が適切になります。 また単に「ありがとうございます」と言うのはなるべく避け、「ご丁寧に」「お心遣い」といった言葉を付けて返事をしましょう。 「お祈り申し上げます」の言い換えは「祈念」 「祈念(きねん)」は 「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味します。 例えば「国際平和を祈念する」「健康を祈念する」などと使います。 「お祈りいたします」「お祈り申し上げます」をより改まった表現にしたのが「祈念」になります。 主に「祈念いたします」「祈念申し上げます」と使います。 例文 ・貴社の益々のご発展を祈念いたしますとともに、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ・皆様のご活躍を祈念いたしております。 ・今後のご成功を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

次の

「頑張ってください」の敬語や丁寧語・類語・返信例文|おしごお

今後のご活躍をお祈り申し上げます

無性にイライラするあの形式、実はちゃんと理由があるのです。 -そもそもお祈りメールとは? 基礎中の基礎知識ですが、まずはお祈りメールそのものについて説明しましょう。 ストレートに言うと、不採用通知のことです。 だいたい文末が「みなさまのご健闘をお祈り致します」などで終わっているため、こう呼ばれます。 「不採用通知」と呼ぶと響きが辛いですが、こういう呼び方をするとなんとなく気が楽ですよね。 軽い気持ちで呼べるので、心のショックが減ります。 過去の就活生が編み出してきた、裏ワザと言えるかもしれません。 -テンプレだからこそ腹が立つ このお祈りメール、どの企業も似たような文章形式を使って送ってきます。 つまり、テンプレートだということです。 私たち就活生はたくさんの時間を費やして努力して選考に挑んできたのに、企業は金太郎飴のような定型文をただメールで送ってきます。 これにイライラしない人はいないですよね? ただでさえ不採用通知はショックなのに、企業からの誠意が見えないのがたまらないのです。 仕方ないとはいえ、やり場のない怒りを就活生はみんな抱えているのです。 -定型文の方が楽だから では、どうして企業側はテンプレ形式でお祈りメールを送ってくるのでしょうか。 答えは簡単、それが一番楽だからです。 一人一人に違う文章を考えると手間がかかりますし、そんな必要もありません。 企業にとってみれば、不採用にした学生はもうこれから縁もゆかりもない人。 わざわざ丁寧に対応する必要もありません。 定型文をコピペして送れば時間も節約できますし、その分ほかの仕事に時間を回せます。 どう考えても、この方が効率的です。 就活生からしてみると心がこもってないように思えますが、企業にとっては新卒の選考も仕事のひとつに過ぎません。 カットできる手間はなるべくカットする。 これが当然の流れなのです。 -お祈りメールを楽しんでみよう お祈りメールを忌み嫌っても、もう意味はありません。 いっそ、楽しむくらいの気持ちでいた方が絶対に楽チンです。 嫌いな人も、良いところを見つけ出すと好きになったりしますよね?それと同じです。 どうせこれからずっとお祈りメールを貰う運命にあるのですから、それなら仲良くなった方が楽しいはず! そのうちのひとつの方法が、まさに「テンプレ集め」。 こんなテンプレがあるんだ!と知っておくと、いざ貰った時に心のショックを減らせますし、「次はどんなテンプレが来るかな?」と考えれば不採用もそこまで怖くなくなるかもしれません。 -友達と見せ合うのもおもしろい お祈りメールは、ほかの就活生にも平等に届いています。 自分がもらったお祈りメールと、友達がもらったお祈りメールはきっと違うはず。 遊びに行きがてらその内容を見せ合うと、辛かったお祈りメールの記憶が楽しいものに早変わり! 気持ちをポジティブに変換することができます。 友達と気分転換に遊びに行くきっかけにもなりますし、一石二鳥ですよね。 ついでに、日々のイライラをここで解消するのもいいかもしれません。 まずは、基本形。 どのお祈りメールも、ベーシックスタイルを基本にしています。 せっかくご足労して頂いたのにも関わらず、申し訳ございません。 まことに心苦しいのですが、なにとぞご了承いただけるようにお願い致します。 絵に書いたようなお祈りメールです。 先日は弊社の選考をお受けいただき、ありがとうございました。 今回の選考についてですが、チームで慎重に検討した結果、ご希望に添いかねることとなりました。 大変恐縮ですが、どうかご理解頂けるようによろしくお願い致します。 こちらも、とてもオーソドックスなお祈りメールです。 非常に淡白で、まったく熱意が伝わってきませんね。 ここまでテンプレだと、こちらもテンプレのエントリーシートを送ってやりたくなります。 お世話になっております。 先般は、弊社の新卒採用にエントリーして下さりまことにありがとうございました。 応募書類の処分に関する一文が挿入されているタイプです。 ただでさえ不採用通知が来ただけで落ち込んでいるのに、 追い打ちで応募書類破棄について通知されたらかなりショックですよね…。 この度は、弊社の選考に足を運んで下さりまことにありがとうございます。 先日の面接についてメンバーで検討を行ったところ、今回は選考を見送らせていただくという結果になりました。 選考内容に関するお問い合わせは受け付けておりませんので、何卒ご了承いただけるようによろしくお願いします。 ご応募いただき、誠にありがとうございました。 不採用の理由に関する問い合わせは受け付けていない、という念押しが入っています。 今まで何度も不満の問い合わせが来ていたのでしょうか。 最後にお礼の言葉で終わるのは、少し気持ちが良いですね。 先日は、弊社の新卒採用選考をお受けいただきありがとうございました。 今回は、結果通知のためにメールさせていただきました。 大変お待たせしたにもかかわらず、残念なお知らせとなってしまい、大変申し訳ございません。 このお祈りメールの特徴は、やっぱり通知が遅れたことに対して謝罪をしていることでしょう。 ふんぞり返っている企業が多い中、学生の気持ちを察した言葉をかけてくれるのは気分がいいですよね。 就活的な意味でご縁がなかったとしても、これからお客として縁を繋げていきたい!と思えます。 普通はイライラするお祈りメールも、これから良い気分で受け取れるかもしれませんね。 先日は、最終面接にお越しいただきありがとうございました。 採用担当で選考を進めさせていただいた結果、今回は、採用を見送らせていただくことになりました。 何卒ご了承いただけるようによろしくお願いします。 まだ就職活動は続くと思われますが、ぜひ頑張っていただきたいです。 また何かの形でご縁がありましたら、その際はよろしくお願い致します。 今回は弊社の新卒採用を受けていただき、本当にありがとうございました。 一人一人の長所をしっかりと見出し、適切な励ましを書いてくれています。 これなら、たとえお祈りされても嫌な気持ちにはならないですよね。 流れ作業ではなく、人間の中身を見た上で文章を書いているのがわかるので、とても好印象です。 こういうお祈りメールを送ってくれる企業はあまりありませんが、巡り会えたらラッキーです。 お祈りメールからその企業の実態を見るのも、大切なセクションのひとつです。 この世にはたくさんのお祈りメールがあるのだと、これできっと認識できるはずです。 もしも就職活動に関してなにか質問がありましたら、遠慮なくご相談くださいませ。 誠心誠意対応させていただきます。 それでは、今回は弊社にエントリーして下さりありがとうございました。 全体的に丁寧に執筆されており、なんと就職活動の相談まで受け付けているメールです。 さすがに、不採用通知をもらった企業に相談をする人はいないと思いますが、こういう気持ちが嬉しいですよね。 ただのテンプレとは違って、心を込めて書いてくれたのが伝わります。 人によっては「本当に相談してきたら怒るくせに、どうしてこんなことを書くの?」と憤る人もいるかもしれませんが、つっけんどんなテンプレを送ってくるよりはマシだと思います。 先日は弊社まで足を運んで下さり、まことにありがとうございます。 今回は、二次面接の結果についてお知らせさせていただきます。 わざわざ御足労いただいたのに、このような結果になってしまい誠に申し訳ございません。 何卒、ご理解頂けるようによろしくお願いします。 これからの就職活動では、その能力をもっとわかりやすく伝えられるようなエピソードをお話になるとより良いと思います。 それでは、今回は弊社の新卒採用を受けていただきありがとうございました。 就職活動に関するアドバイスを盛り込んだお祈りメールです。 人によっては「お祈りメールにプラスしてアドバイスなんて、何様?!」と思う人もいるかもしれませんが、企業からのやさしさでもあります。 ただの定型文を面倒くさそうに送ってくるよりも、アドバイスを送ってくれた方が優しいです。 就職活動では縁がなくても、これから何かの形で縁を結べるかもしれない…という含みを持たせた言い方が、ポジティブでいいですね。 ・おわりに さて、いかがだったでしょうか。 ただのお祈りメールも、見方を変えるといろんな楽しみ方ができるとお分かりいただけたでしょうか?お祈りメールは、ただの不採用通知ではありません。 企業がどんな気持ちで就職活動を行っているかのチェックができる、ものさしでもあるのです。 今回はお祈りメールのテンプレをテーマ別にまとめてご紹介しましたが、自分が実際に貰ったお祈りメールをひとつずつ分類してみるのもおもしろいかもしれません。 お祈りメールをもはや楽しむくらいの気持ちでいると、就職活動に対する自分の気持ちもぐっと変化してくるかもしれませんよ! お祈りメールを楽しむのをひとつの息抜きにすれば、自分の心持ちも変わってくるはず。 今の自分に必要なものは何なのかよく考えて、冷静な判断ができるように頑張ってくださいね!志望通りの企業から内定がもらえるように、みなさんのことを応援しています! 就活メンターズとは、 ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。 長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への 推薦をもらうことができるサービスです。 全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。 相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。 就活真っ最中の 3・ 4年生だけでなく、 1・ 2年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。 「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中! ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

次の

結びのあいさつ

今後のご活躍をお祈り申し上げます

「ご活躍」は、「活躍」に前頭詞の「ご」をつけて丁寧な表現にしています。 「ご活躍」という言葉自体は 丁寧な表現なので、 誰にでも使える言葉です。 ビジネスメール、文章やスピーチの挨拶文に使われることが多く、主には文末の締めの挨拶でしょう。 まれに、文頭の挨拶に使う場合もあります。 また、 一般的には「ご活躍」は個人に対して使うべき言葉と言われています。 ビジネスメールで使える「ご活躍」のフレーズ・例文集 「ご活躍」には、いくつかのよく使われる決まったフレーズがあります。 頑張ってください。 との激励の意味を込めて使います。 ・ご活躍を楽しみにしています。 目下から目上の相手に言うには、失礼な表現なのです。 「ご活躍を期待(楽しみに)しております。 」は、目上や上司には使わないようにしましょう。 「ご活躍をお祈りいたします。 」丁寧に言うのであれば「ご活躍を祈念しております。 」となります。 「ご活躍」のまとめ 「ご活躍」はだれにでも使える言葉ですが、 「ご活躍」+「期待」・「楽しみ」は目上の人には使わないようにしましょう。 類語の「ご隆盛」「ご隆昌」「ご発展」は企業や団体に対して、「ご健勝」「ご多幸」は個人に対して使います。 以上のことを踏まえれば、相手に好感をいだいていただけるような言葉づかいになります。

次の