ラム レーズン の 作り方。 ラムレーズンの作り方 / icoro

ラムレーズンの作り方、ラム酒はマイヤーズがおすすめ

ラム レーズン の 作り方

今回は、洋酒の中でもラム酒を使ったラムレーズンサンドをご紹介。 ほろっとした口溶けのサブレ生地にラムレーズンとバタークリームをサンドし、ハーブやフラワーでデコレーションしてみました。 仕上げにひと手間加えると、素朴なレーズンサンドがとても上品になりますよ。 ラムレーズンサンドレシピ 数量 ラムレーズンサンド8個分 サブレ生地を作る 材料 長径5cm短径3. 5cmの楕円型16枚分• 薄力粉 スーパーバイオレット …100g• オリゴ糖入り粉糖…40g• 塩…ひとつまみ• 無塩バター さいの目切りにして冷凍しておく …50g• 卵黄…1個 おすすめのアイテム 作り方• フードプロセッサーに薄力粉・オリゴ糖入り粉糖・塩を入れて30秒間運転する。 これがふるいの工程の代わりになる。 冷凍したバターを入れて、バターの塊がなくなり粉類になじむまで運転する。 卵黄を入れて、生地がひと塊になるまで運転する。 生地をラップに包み、1時間以上冷蔵庫で休ませる。 5mmの厚さに伸ばして型で抜く。 ラムレーズンバタークリームを作る 材料• 無塩バター 室温に戻しておく …70g• オリゴ糖入り粉糖…8g• 塩…ひとつまみ• ホワイトチョコレート…20g• ラムレーズン…25g おすすめのアイテム 作り方• ホワイトチョコレートを溶かして8枚分のサブレの表面に塗る。 ホワイトチョコレートが固まらないうちに、エディブルフラワーとハーブをのせて、デコレーションする。 残った8枚のサブレの裏面に、ラムレーズンバタークリームをスプーンでのせる。 デコレーションが固まった1をのせ、クリームを挟む。 千日紅紫はcottaで購入が可能です。 ブルーマロウはハーブティーのお店で購入しました。 レシピのPoint サブレ生地 使用する薄力粉はスーパーバイオレットがおすすめ。 きめ細やかで口当たりがよく、上品な仕上がりになります。 また、砂糖は粉糖を使うと、他の砂糖に比べて生地のまとまりがよく作業がしやすくなります。 焼き上がりの表面も滑らかに仕上がるのでおすすめです。 ラムレーズンバタークリーム 一番のポイントは、バターとホワイトチョコを混ぜ合わせるところです。 しっかり混ぜ合わせないと、食べたときにホワイトチョコの塊ができてバリバリとした食感になってしまいます。 手早くきちんと混ぜ合わせて、滑らかなクリームに仕上げましょう。 ラムレーズン 市販のものでも良いですが、レーズンをラム酒に浸した自家製ラムレーズンをぜひ作ってみてください。 使用するレーズンは、大粒で肉厚なカリフォルニアレーズンを使うのがおすすめです。 アイスバージョンもおすすめ このラムレーズンサンドは一度冷凍して、半解凍状態で食べるのもおいしいですよ。 ひと口アイスのような感覚です。 ぜひ温かい飲み物と一緒に食べてくださいね。 寒い冬のおやつにどうぞ ラム酒の効いた濃厚なバタークリームは、寒い季節にこそ食べたいおやつ。 冬のちょっとしたひとときのお供に、ぜひ食べてみてください。

次の

ラムレーズンの作り方

ラム レーズン の 作り方

サルタナレーズン 1kg• ラム酒 700ml 価格はレーズンが1,080円、ラム酒が1,402円、合計で2,482円でした。 ラムレーズンはどんなに作っても作りすぎるということはない。 「サルタナレーズン」は学校給食などでなじみのある黒いものではなく、ちょっと黄色っぽいレーズンです。 黒っぽいのはカリフォルニア産、黄色っぽいのはオーストラリアやトルコ産が多い模様。 正直味の違いはよくわからないので好きなものを使えばいいと思う。 なお、ヨーロッパではレーズン全般を「サルタナ」と呼称するらしい。 ソースはwiki。 作り方 オイルコーティングされているレーズンははじめに湯通しして油を切ります。 沸騰したお湯にレーズンを投入! 材料の欄に「植物油脂」とか書かれているものはオイルコーティングされたものです。 オイルコーティングされていないレーズンは湯通しは不要です。 再沸騰して1分ほどしたらザルに空けて湯切りします。 あらかじめ煮沸消毒したビンにレーズンを移し、そこにラム酒を注ぎます。 レーズンがラム酒を吸ってふくらむのでちょっと多めに注いでおくとよいです。 そのまま冷暗所で1週間ほど保管すれば完成です。 長期保存も可。 そういえば去年作ったものがまだ食料庫にあるはず…….

次の

簡単で超美味しい!ドライフルーツのラム酒漬けの作り方

ラム レーズン の 作り方

みなさんは、どんなつまみが好きですか? ぼくはワインか日本酒飲むことが多いので、それに合うものを常備してます。 豆腐、白菜の漬物、Kiri(クリームチーズ)がTOP3です。 豆腐はなにもかけずに、そのうえに白菜の漬物おきます。 Kiriもそのまま食べる。 豆腐は3個100円、白菜の漬物は300gで200円、Kiriは6個238円ぐらい。 美味くて安くて、酒の味を邪魔しない。 このまえショットバーにいきました。 するとそこで、ラムレーズンが出てきました。 アイスやケーキで食べたことありますが、干しブドウのままで食べるのははじめてかも。 これが美味かった。 いやいや、めっちゃ美味かった。 ラムレーズン、ワインにもあうし、たぶん日本酒にも合いそう。 これは酒のみは自作するべし! 以下に製造工程を書きます。 基本は単純です。 レーズン(干しブドウ)をラム酒につけるだけ。 ガラスコップコーナーの一番下あたりに置いてある。 水筒タイプだとスプーンで取り出しにくいので、口の広いタイプを買う。 近所の店では800mlのが一番大きかった。 プラスチックはデカイのあるけど、長く漬け込むつもりだったのでガラスにした。 なんかプラスチック成分が溶け出してきたらイヤじゃないですか。 原材料には「干しぶどう、植物油」と書いてある。 植物油でオイルコーティングしてる。 原材料が干しぶどうだけならそのまま漬け込む。 でも安い干しブドウの原材料は、オイルコーティングしてある。 原材料に植物油と書いてる場合は煮る(後述)。 ちなみにセブンの干しブドウは121gで150円ぐらい。 ちょっと高い。 業務スーパーだったら500gで398円ぐらいです。 もちろん安物なんでオイルコーティングしてる。 銘柄は何がいいか。 ドライなもので作るとドライなテイストになる。 おすすめはマイヤーズ。 むかしショットバーでマイヤーズ、バカルディ、ほか4種類のラムをロックで飲み比べた。 いちばん美味かったのはマイヤーズです。 まろやかで万人受けする。 価格は量販酒店で1300円、ヨーカドーで1500円ぐらい。 100円ショップの800mlガラス瓶だったら、ブドウは250gぐらいでいっぱい。 これにマイヤーズを半分ぐらい(350ml)入れた。 いつもブドウが酒に浸かるようにする。 酒が減ってブドウが頭を出したらつぎ足す。 ・まず鍋に湯を沸騰させる。 ・ブドウを20秒ぐらいさっと煮沸する。 ・これでオイルコーティングが取れる(取らないとラム酒の表面に油がアクのように浮かぶ) ・ザルにうつし乾燥させる(早く乾燥させたい場合は電子レンジで30秒チンして冷蔵庫に数時間入れる) ・水分が十分にとんで、前の状態に戻ったらちゃんと洗ったガラス瓶に入れる。 ・ラム酒を干しブドウがぜんぶ隠れるまで注ぐ。 ふたをする。 翌日~1年後なら食べれる。 3日後ぐらいから美味いそうです。 1年すぎるとブドウがふやけて酒に溶けます。 それは家宝のタレなので、そこにブドウやラムをつぎ足すのがいいと。 翌日食べると、ぶどうがシャキシャキして、甘みは少なめでした。 とはいえ十分に美味しいです。 いやいや、めっちゃ美味い。 ふと調べると油不使用のレーズンがありました。 次回からこれにしようかな。 煮沸&乾燥工程が省けて、ぶどうを瓶に入れてラム酒を注ぐだけです。 ちょ~簡単。

次の