ふう しゃ む。 Fuusha

Fuusha

ふう しゃ む

では風車の正しい読み方は、「ふうしゃ」「かざぐるま」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 風車の正しい読み方は「ふうしゃ」「かざぐるま」の両方になります。 ただ風車を「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。 (次の章でそれぞれの意味について解説します) また風車(ふうしゃ)のように「風(ふう)」が用いられている言葉には、 「威風(いふう)・気風(きふう)・作風(さくふう)・台風(たいふう)」などがあります。 風(かざぐるま)のように「風(かざ)」が用いられている言葉には、 「風上(かざかみ)・風穴(かざあな)・風気(かざけ)・風花(かざばな)」などがあります。 次の章で風車の意味と類義語について解説していきます。 2.風車の意味と類義語について では風車の意味と類義語について見ていきましょう。 まず 風車(ふうしゃ)は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味として用いられています。 風車を「ふうしゃ」と読むと上記のような意味になりますが、 「かざぐるま」と読むと上記の他に、「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具(おもちゃ)」の意味も含まれます。 このように風車は「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。 風車を用いた例文としては、「風力発電には風車が利用される」や、 「風車(かざぐるま)で遊ぶ」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味で、後者の例文は「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具」の意味で使用しています。 また 風車の類義語としては、「水車(すいしゃ)・滑車(かっしゃ)・モーター・タービン」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても風車と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

カウンセリングルーム風然舎のホームページ

ふう しゃ む

では風車の正しい読み方は、「ふうしゃ」「かざぐるま」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 風車の正しい読み方は「ふうしゃ」「かざぐるま」の両方になります。 ただ風車を「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。 (次の章でそれぞれの意味について解説します) また風車(ふうしゃ)のように「風(ふう)」が用いられている言葉には、 「威風(いふう)・気風(きふう)・作風(さくふう)・台風(たいふう)」などがあります。 風(かざぐるま)のように「風(かざ)」が用いられている言葉には、 「風上(かざかみ)・風穴(かざあな)・風気(かざけ)・風花(かざばな)」などがあります。 次の章で風車の意味と類義語について解説していきます。 2.風車の意味と類義語について では風車の意味と類義語について見ていきましょう。 まず 風車(ふうしゃ)は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味として用いられています。 風車を「ふうしゃ」と読むと上記のような意味になりますが、 「かざぐるま」と読むと上記の他に、「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具(おもちゃ)」の意味も含まれます。 このように風車は「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。 風車を用いた例文としては、「風力発電には風車が利用される」や、 「風車(かざぐるま)で遊ぶ」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味で、後者の例文は「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具」の意味で使用しています。 また 風車の類義語としては、「水車(すいしゃ)・滑車(かっしゃ)・モーター・タービン」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても風車と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

てらおか風舎 金沢店 (てらおかふうしゃ)

ふう しゃ む

では風車の正しい読み方は、「ふうしゃ」「かざぐるま」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 風車の正しい読み方は「ふうしゃ」「かざぐるま」の両方になります。 ただ風車を「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。 (次の章でそれぞれの意味について解説します) また風車(ふうしゃ)のように「風(ふう)」が用いられている言葉には、 「威風(いふう)・気風(きふう)・作風(さくふう)・台風(たいふう)」などがあります。 風(かざぐるま)のように「風(かざ)」が用いられている言葉には、 「風上(かざかみ)・風穴(かざあな)・風気(かざけ)・風花(かざばな)」などがあります。 次の章で風車の意味と類義語について解説していきます。 2.風車の意味と類義語について では風車の意味と類義語について見ていきましょう。 まず 風車(ふうしゃ)は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味として用いられています。 風車を「ふうしゃ」と読むと上記のような意味になりますが、 「かざぐるま」と読むと上記の他に、「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具(おもちゃ)」の意味も含まれます。 このように風車は「ふうしゃ」「かざぐるま」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。 風車を用いた例文としては、「風力発電には風車が利用される」や、 「風車(かざぐるま)で遊ぶ」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「羽根車を風の力で回転させ、動力を得る装置のこと」の意味で、後者の例文は「紙などで作られた羽根車に柄を付け、風を受けて回る玩具」の意味で使用しています。 また 風車の類義語としては、「水車(すいしゃ)・滑車(かっしゃ)・モーター・タービン」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても風車と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の