ビルゲイツ ウイルス。 新型コロナ「ビル・ゲイツ陰謀論」、本人が一蹴

ビル・ゲイツ、過去のTEDでの発言が話題に!「最大の脅威は戦争ではなく疾病のパンデミック」

ビルゲイツ ウイルス

Microsoftの創業者である氏は、2015年の時点で世界的なパンデミックに対する警告を行っていました。 人類はパンデミックに対する準備ができていないまま感染症 COVID-19 の流行を迎えたとゲイツ氏は述べていますが、2020年4月25日に実施されたインタビューでは、COVID-19パンデミック後に起こりうる「希望」についても語っています。 What Bill Gates hopes we learn from coronavirus - YouTube ゲイツ氏は2015年から「もし次の数十年で1000万人以上が亡くなる災害があるとしたら、それは戦争よりもむしろ『感染性の高いウイルス』の可能性が高い」と警鐘を鳴らしてきました。 パンデミックを予測したゲイツ氏が、今度は「COVID-19パンデミック後に願うこと」について語ります。 ゲイツ氏が語り出したのは「世界が1つになること」について。 第二次大戦後、新しい世界的な機関が作られ、別の世界戦争を避ける動きが起こりました。 国連や世界保健機関 といったさまざまな機関が一丸となった「ムーブメント」により、争いを解決する手段としての核の使用が放棄されました。 COVID-19のパンデミックでは、多くの医療従事者が「ここはまるで戦場だ」と語っています。 感染症の流行は悲惨ですが、唯一の希望は、再び同じ問題を起こさないことだとゲイツ氏は述べています。 アメリカやヨーロッパにおいて、COVID-19の感染者は指数関数的に増加していきました。 しかし、流行の中で人々は検査方法を迅速に改善していったのも事実。 ゲイツ氏はアメリカでCOVID-19が流行した理由を、それ以前に他の感染症の流行を経験していなかったためだと見ています。 2002〜2003年に流行したSARSについては、アメリカで報告された症例はわかずか27件でした。 一方、台湾や韓国はSARSやMERSの流行を経験していたため、「何をどの順序で行えばいいのか」というマニュアルがあり、より迅速な対処が可能だったとのこと。 つまり、「まず最初に全てのPCRマシーンがある場所を特定し、次にPCR検査に必要な物資を調達する」という順序を理解していたのです。 感染症の流行を経験しなかったアメリカではこの順序さえ確立されていませんでした。 一方、COVID-19に関して、発展途上国で何が起こっているのかは、誰も把握できていません。 「しかし、魔法のようなことが起こらない限り、途上国では多くの人が亡くなるでしょう」とゲイツ氏は予測。 社会的に隔離されることで、必要な食料が得られなくなる人もいます。 これらの国ではアメリカが行ったような対策を取ることができません。 過去の病気について長期的視点で顧みると、アメリカはHIVへの財政的支援が非常に多いことで知られていますが、これは共和党政権下で始まった動きです。 アメリカは世界全体の健康を改善するために多くの援助を行っており、これにより避けられた死は多く存在します。 短期的にみると、COVID-19に関してトランプ大統領は「WHOへの資金拠出停止」を発表しましたが、ゲイツ氏は、「世界経済にアメリカが参加している限り、アメリカ国外で発生した感染症はアメリカに入ってくる可能性があり、世界全体の保健に資金を割くことは人間性の問題を越えた『戦略的な関係』であって得るものが多い」と述べました。 「パンデミックを経験した人はみんな世界的な協力を望んでいます。 以前から願っている人もいるかもしれません。 私もずっと願っています」 人間は戦争を起こし最悪な状況を起こすこともできますが、イノベーションや経済成長を生み出すための機関を設立させることもできます。 「第二次世界大戦の後に起こったようなことが起こること」が希望であるとゲイツ氏は強調しました。 外部サイト.

次の

ビル・ゲイツ、新型コロナウイルスへの対応方法を語る

ビルゲイツ ウイルス

Microsoftの創業者である氏は、2015年の時点で世界的なパンデミックに対する警告を行っていました。 人類はパンデミックに対する準備ができていないまま感染症 COVID-19 の流行を迎えたとゲイツ氏は述べていますが、2020年4月25日に実施されたインタビューでは、COVID-19パンデミック後に起こりうる「希望」についても語っています。 What Bill Gates hopes we learn from coronavirus - YouTube ゲイツ氏は2015年から「もし次の数十年で1000万人以上が亡くなる災害があるとしたら、それは戦争よりもむしろ『感染性の高いウイルス』の可能性が高い」と警鐘を鳴らしてきました。 パンデミックを予測したゲイツ氏が、今度は「COVID-19パンデミック後に願うこと」について語ります。 ゲイツ氏が語り出したのは「世界が1つになること」について。 第二次大戦後、新しい世界的な機関が作られ、別の世界戦争を避ける動きが起こりました。 国連や世界保健機関 といったさまざまな機関が一丸となった「ムーブメント」により、争いを解決する手段としての核の使用が放棄されました。 COVID-19のパンデミックでは、多くの医療従事者が「ここはまるで戦場だ」と語っています。 感染症の流行は悲惨ですが、唯一の希望は、再び同じ問題を起こさないことだとゲイツ氏は述べています。 アメリカやヨーロッパにおいて、COVID-19の感染者は指数関数的に増加していきました。 しかし、流行の中で人々は検査方法を迅速に改善していったのも事実。 ゲイツ氏はアメリカでCOVID-19が流行した理由を、それ以前に他の感染症の流行を経験していなかったためだと見ています。 2002〜2003年に流行したSARSについては、アメリカで報告された症例はわかずか27件でした。 一方、台湾や韓国はSARSやMERSの流行を経験していたため、「何をどの順序で行えばいいのか」というマニュアルがあり、より迅速な対処が可能だったとのこと。 つまり、「まず最初に全てのPCRマシーンがある場所を特定し、次にPCR検査に必要な物資を調達する」という順序を理解していたのです。 感染症の流行を経験しなかったアメリカではこの順序さえ確立されていませんでした。 一方、COVID-19に関して、発展途上国で何が起こっているのかは、誰も把握できていません。 「しかし、魔法のようなことが起こらない限り、途上国では多くの人が亡くなるでしょう」とゲイツ氏は予測。 社会的に隔離されることで、必要な食料が得られなくなる人もいます。 これらの国ではアメリカが行ったような対策を取ることができません。 過去の病気について長期的視点で顧みると、アメリカはHIVへの財政的支援が非常に多いことで知られていますが、これは共和党政権下で始まった動きです。 アメリカは世界全体の健康を改善するために多くの援助を行っており、これにより避けられた死は多く存在します。 短期的にみると、COVID-19に関してトランプ大統領は「WHOへの資金拠出停止」を発表しましたが、ゲイツ氏は、「世界経済にアメリカが参加している限り、アメリカ国外で発生した感染症はアメリカに入ってくる可能性があり、世界全体の保健に資金を割くことは人間性の問題を越えた『戦略的な関係』であって得るものが多い」と述べました。 「パンデミックを経験した人はみんな世界的な協力を望んでいます。 以前から願っている人もいるかもしれません。 私もずっと願っています」 人間は戦争を起こし最悪な状況を起こすこともできますが、イノベーションや経済成長を生み出すための機関を設立させることもできます。 「第二次世界大戦の後に起こったようなことが起こること」が希望であるとゲイツ氏は強調しました。 外部サイト.

次の

ビルゲイツ推奨のワクチンは危険!?コロナ発生の予言は人口削減計画の一部か|ソクラテスのつぶやき

ビルゲイツ ウイルス

フォーブスは6月18日、毎年恒例の「フォーブス400慈善サミット(Forbes 400 Summit on Philanthropy)」を開催した。 世界をリードする慈善活動家やビリオネアが集うこのイベントは招待制で開催され、今年はビル・ゲイツ夫妻が新型コロナウイルスへの対応について話した。 パンデミックが世界を襲う中、ゲイツとメリンダの2人はこの病に対処するワクチンや治療法を探る試みを続けている。 そして、世界の国々に平等にワクチンが行き渡ることを目指している。 これまでポリオやエボラ出血熱など、様々な疫病のへの取り組みを行ってきた2人は今、米国が欧州などの諸国から大きく遅れをとっていることに頭を悩ませている。 「米国は普通であれば、世界が抱える問題を率先して解決しようとする国だった。 つまり、WHOから撤退するのではなく、自ら進んでそこに参加し、他の諸国と連携して物事の解決にあたるのが、この国の姿勢だったのだ。 しかし、現在のアメリカは奇妙な状況にあり、内側にこもっている」と、ゲイツは今年初めてオンライン開催となった9回目のイベントでで話した。 「私たちは様々な国の活動をつないでいきたい。 欧州の国のリーダーらが隙間を埋めようとしているように」と、マイクロソフトの共同創業者はオンラインに集結した200人以上の慈善活動家たちに話し始めた。 「米国の何もしないという態度は、これまでの国際関係を損なうし、人々がこの国に寄せる信頼を揺るがすことになる」とゲイツは述べた。 彼は天然痘やポリオの根絶にWHOが果たした役割にふれつつ、「理性ある行動が、いつか復活するはずだ」と述べた。 そして、米国がこの先、他の国と手を組んで危機に対応していくことを望みたいと話した。 人類がコロナウイルスの危機から脱するのは、人々の大多数が免疫を獲得して以降になる見通しだが、ゲイツは3つのワクチン候補の初期のテスト結果から、将来を楽観できると述べた。 しかし、本当の難題はワクチンを完成させて以降の、製造や流通にあるという。 なぜなら、人類を危機から救うためには、世界人口の80%が集団免疫を獲得することが条件とされ、そのためには最低100億回分のワクチンを用意し、1人が2回摂取する必要があるからだ。

次の