ジンオウガ亜種 4g。 「ジンオウガ亜種」の肉質、剥ぎ取り素材等|【MH4G】モンスターハンター4Gの攻略広場

ジンオウガとは (ジンオウガとは) [単語記事]

ジンオウガ亜種 4g

攻略のポイント• 弱点属性は、氷>水。 毒の状態異常も有効。 肉質的には、各武器共通で、頭と後脚の肉質が柔らかい。 ジンオウガの右前脚・右後脚・左前脚・右後脚は、個別にひるみ値が設定されており、どこかの部位のひるみ値がMAXに達すると転倒する。 なので、転倒するまでどちらかの後ろ脚を集中して攻撃するのが、最も効率良く転倒させることができ、帯電行動を中断させやすくなる。 ジンオウガは、数回(2~4回程度)の帯電行動の後、帯電量が一定値になると、超帯電状態になる。 帯電行動による帯電量は、ジンオウガの体力が少ない程多くなり、満タン近いと3~4回、少なければ1~2回で超帯電状態へ移行する。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 超帯電状態中は、 ・ ジンオウガが攻撃を繰り出す ・ ダメージを与えてひるませる ・ 転倒時に背中で虫捕りをする 上記の条件下で、一定値ずつ帯電量が減っていき、帯電量がなくなった状態で、どこかの部位がひるみ値に達すると、超帯電状態が解除され、通常状態となる。 ジンオウガは通常時は怒り状態になることはなく、超帯電状態からのみ怒り状態へ移行する。 超帯電状態時は、スタミナが一定値以下にならないので、疲労状態にならない。 ジンオウガはシビレ罠に対して、独特の特性があり、通常時に使うと罠にかかりはするが、帯電状態を1段階進ませてしまい、超帯電状態時に使うと、罠にかかりもせずに破壊されてしまう。 回転尻尾なぎ払いサマーソルトは、ジンオウガの右後ろ脚の後方が安全地帯。 共通の立ち回り 【帯電行動と帯電量】 数回(2~4回程度)の帯電行動の後、帯電量が一定値になると、超帯電状態になる。 帯電行動による帯電量は、ジンオウガの体力が少ない程多くなり、満タン近いと3~4回、少なければ1~2回で超帯電状態へ移行する。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 【超帯電状態の解除】 超帯電状態中は、 ・ ジンオウガが攻撃を繰り出す ・ ダメージを与えてひるませる ・ 転倒時に背中で虫捕りをする 上記の条件下で、一定値ずつ帯電量が減っていき、帯電量がなくなった状態で、どこかの部位がひるみ値に達すると、超帯電状態が解除され、通常状態となる。 【怒り状態】 ジンオウガは通常時は怒り状態になることはなく、超帯電状態からのみ怒り状態へ移行する。 怒り状態へ移行すると、帯電した背中の電気が黄緑から青白く変化し、怒り時限定の攻撃を使うようになる。 【疲労状態】 超帯電状態時は、スタミナが一定値以下にならないので、疲労状態にならない。 超帯電状態を解除して疲労状態になると、隙が大きくなるので攻撃のチャンス。 動きを止めることが多くなり攻撃も単調で、ハンターを捕食しようとすることが多くなる。。 剣士の立ち回り 基本 剣士は、回転尻尾なぎ払いサマーソルトや雷光虫弾に対処しやすくする為、ジンオウガの右半身側に回りこむように立ちまわると良い。 【通常時】 全ての攻撃後に反撃できる隙があるので、反時計回りに立ちまわり、近距離で攻撃をかわしつつ攻撃していこう。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 【超帯電状態時】 攻撃を加えて、ひるみや転倒させると帯電量が大きく下がるので、落とし穴にはめて集中攻撃するのも有効。 転倒時に尻尾を攻撃しても良いが、背中で虫捕りをするのも帯電量が減らせるので有効。 尻尾を切断すると、さらに大きく帯電量を減らすことができるので、切断系の武器なら、通常時に積極的に尻尾を攻撃しておくと、超帯電状態解除の役に立つ。 頭を攻撃するチャンス 【通常時】 ・ 連続前脚攻撃2撃目の後、ゆっくり体勢を整えるので、2撃目を離れすぎない位置で回避した後、即座に近づけば頭を攻撃できる。 ・ 後ろ脚を攻撃し続けて転倒した時に、頭を攻撃できる。

次の

【MHWアイスボーン】ジンオウガ亜種の弱点と攻略|出し方【モンハンワールド】|ゲームエイト

ジンオウガ亜種 4g

攻略のポイント• 弱点属性は、氷>水。 毒の状態異常も有効。 肉質的には、各武器共通で、頭と後脚の肉質が柔らかい。 ジンオウガの右前脚・右後脚・左前脚・右後脚は、個別にひるみ値が設定されており、どこかの部位のひるみ値がMAXに達すると転倒する。 なので、転倒するまでどちらかの後ろ脚を集中して攻撃するのが、最も効率良く転倒させることができ、帯電行動を中断させやすくなる。 ジンオウガは、数回(2~4回程度)の帯電行動の後、帯電量が一定値になると、超帯電状態になる。 帯電行動による帯電量は、ジンオウガの体力が少ない程多くなり、満タン近いと3~4回、少なければ1~2回で超帯電状態へ移行する。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 超帯電状態中は、 ・ ジンオウガが攻撃を繰り出す ・ ダメージを与えてひるませる ・ 転倒時に背中で虫捕りをする 上記の条件下で、一定値ずつ帯電量が減っていき、帯電量がなくなった状態で、どこかの部位がひるみ値に達すると、超帯電状態が解除され、通常状態となる。 ジンオウガは通常時は怒り状態になることはなく、超帯電状態からのみ怒り状態へ移行する。 超帯電状態時は、スタミナが一定値以下にならないので、疲労状態にならない。 ジンオウガはシビレ罠に対して、独特の特性があり、通常時に使うと罠にかかりはするが、帯電状態を1段階進ませてしまい、超帯電状態時に使うと、罠にかかりもせずに破壊されてしまう。 回転尻尾なぎ払いサマーソルトは、ジンオウガの右後ろ脚の後方が安全地帯。 共通の立ち回り 【帯電行動と帯電量】 数回(2~4回程度)の帯電行動の後、帯電量が一定値になると、超帯電状態になる。 帯電行動による帯電量は、ジンオウガの体力が少ない程多くなり、満タン近いと3~4回、少なければ1~2回で超帯電状態へ移行する。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 【超帯電状態の解除】 超帯電状態中は、 ・ ジンオウガが攻撃を繰り出す ・ ダメージを与えてひるませる ・ 転倒時に背中で虫捕りをする 上記の条件下で、一定値ずつ帯電量が減っていき、帯電量がなくなった状態で、どこかの部位がひるみ値に達すると、超帯電状態が解除され、通常状態となる。 【怒り状態】 ジンオウガは通常時は怒り状態になることはなく、超帯電状態からのみ怒り状態へ移行する。 怒り状態へ移行すると、帯電した背中の電気が黄緑から青白く変化し、怒り時限定の攻撃を使うようになる。 【疲労状態】 超帯電状態時は、スタミナが一定値以下にならないので、疲労状態にならない。 超帯電状態を解除して疲労状態になると、隙が大きくなるので攻撃のチャンス。 動きを止めることが多くなり攻撃も単調で、ハンターを捕食しようとすることが多くなる。。 剣士の立ち回り 基本 剣士は、回転尻尾なぎ払いサマーソルトや雷光虫弾に対処しやすくする為、ジンオウガの右半身側に回りこむように立ちまわると良い。 【通常時】 全ての攻撃後に反撃できる隙があるので、反時計回りに立ちまわり、近距離で攻撃をかわしつつ攻撃していこう。 帯電状態が進んできたら、尻尾の横辺りから攻撃していれば、超帯電状態になった時の雷撃も当たらずに済む。 【超帯電状態時】 攻撃を加えて、ひるみや転倒させると帯電量が大きく下がるので、落とし穴にはめて集中攻撃するのも有効。 転倒時に尻尾を攻撃しても良いが、背中で虫捕りをするのも帯電量が減らせるので有効。 尻尾を切断すると、さらに大きく帯電量を減らすことができるので、切断系の武器なら、通常時に積極的に尻尾を攻撃しておくと、超帯電状態解除の役に立つ。 頭を攻撃するチャンス 【通常時】 ・ 連続前脚攻撃2撃目の後、ゆっくり体勢を整えるので、2撃目を離れすぎない位置で回避した後、即座に近づけば頭を攻撃できる。 ・ 後ろ脚を攻撃し続けて転倒した時に、頭を攻撃できる。

次の

【MH4】ジンオウガのオススメ武器・防具・スキル・アイテム、立ち回りまとめ|モンスターハンター4の攻略広場

ジンオウガ亜種 4g

Sponsored Link• ジンオウガ亜種攻略のポイント 攻略前準備 推奨武器: 雷属性、爆破属性 推奨スキル: 龍耐性、回避性能 片手剣• 龍やられ状態になると属性値が無効になってしまうので、属性武器を使っている場合は 「ウチケシの実」を用意しておく。 「龍耐性20」以上にして、龍属性ダメージの軽減、龍やられ無効を両立させると良い。 G級ジンオウガ亜種の強化 龍光まとい状態に移行すると、ほぼすべての攻撃のフォローで、 直前に狙っているハンターがいた場所に「蝕龍蟲弾x2」が飛んでくるため、立ち止まると離れていても被弾の可能性がある。 上記の追加モーションによって、同様に隙だらけで、カモにされていたジンオウガ亜種は回復&攻撃のチャンスが激減。 戦いにくさが倍増した。 その他、以下の対策が有効• 龍光まとい状態への移行を「閃光玉 極限状態無効 」などで少しでも遅らせる。 龍やられ解除で「ウチケシの実」を使う手間が加わるのを嫌うなら、最初から属性武器を使わない。 もしくは、龍耐性:20以上にしておく。 獄狼竜の堅殻• 獄狼竜の龍毛• 獄狼竜の尖爪• 獄狼竜の龍殻• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の重殻• 獄狼竜の滅龍毛• 獄狼竜の剛爪• 獄狼竜の滅龍殻• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の天玉 捕獲 2~3個• 獄狼竜の龍殻• 獄狼竜の龍毛• 獄狼竜の尖爪• 蝕龍蟲x4• 獄狼竜の堅殻x2• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の滅龍殻• 獄狼竜の滅龍毛• 獄狼竜の剛爪• 蝕龍蟲• 獄狼竜の重殻• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の尻尾• 獄狼竜の堅殻• 獄狼竜の龍毛• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の靭尾• 獄狼竜の重殻• 獄狼竜の滅龍毛• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の天玉 落し物 3回 龍光まとい状態を解除した時に必ず落とす。 獄狼竜の堅殻• 蝕龍蟲• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の重殻• 蝕龍蟲• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の天玉 採集「虫捕り」 無限 ダウン時、納刀状態で「背中」に「虫あみ」を使うと採集できる。 蝕龍蟲• 獄狼竜の龍毛• 蝕龍蟲• 獄狼竜の滅龍毛 部位破壊「角」 角が2本とも折れる。 「頭部」に耐久値2回分のダメージを与える。 獄狼竜の尖角• 獄狼竜の堅殻• 獄狼竜の尖角x2• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の剛角• 獄狼竜の重殻• 獄狼竜の昏玉• 獄狼竜の天玉 部位破壊「背中」 背中のトゲが折れる。 「背中」に耐久値2回分のダメージを与える。 獄狼竜の龍殻• 獄狼竜の龍毛• 獄狼竜の堅殻• 獄狼竜の滅龍殻• 獄狼竜の滅龍毛• 獄狼竜の重殻 部位破壊「前脚」 前脚の堅殻が破損する。 左右どちらか一方の「前脚」に耐久値1回分のダメージを与える。 獄狼竜の尖爪• 獄狼竜の尖爪x2• 獄狼竜の龍殻• 獄狼竜の剛爪• 獄狼竜の剛爪x2• 獄狼竜の滅龍殻.

次の