ガラス の 動物園。 【みんなの口コミ】舞台『ガラスの動物園』の感想評判評価

【みんなの口コミ】舞台『ガラスの動物園』の感想評判評価

ガラス の 動物園

"This play is memory, Being a memory play,it is dimly lighted, it is sentimental, it is not realistic. In memory everything seems to happen to music. " この劇は追憶の世界です。 追憶の劇だから、舞台はほの暗く、センチメンタルであって、リアリスティックではありません。 追憶の世界ではすべてが音楽に誘われて浮かんでくるように思われます。 アメリカの劇作家が描く、ガラス細工のようにもろく繊細な世界。 世界と折り合いをつけられるか、そうでないか。 登場する3人の親子らは、みんながみんな、現実世界とうまく折り合いをつけられない人たちである。 母親アマンダは過去の栄光と子供たちの未来に、主人公トムはまだ見ぬ別世界へ、姉のローラはガラス細工の世界へと、それぞれがそれぞれの夢の世界へ逃避する。 3人の家族が住む小さな空間は、じつに繊細で、もろい基盤の上に立っている。 そんな舞台に、アメリカン・ドリーム的な、青年紳士が現われる…。 おそろしく繊細な物語。 まるでそこにあるのが奇跡のような結晶が、夢のようなきらめきを放ち、そしてもろく崩れ去ってしまうような、そんな雰囲気。 登場人物は、青年紳士以外は地に足がまったくついていないが、それでも姉のローラという存在は群を抜いて夢のようである。 崩れるか崩れないかという、ぎりぎりの緊張感と、それでもいつかは壊れてしまうだろうという、確信に満ちた予感があって、このテンションの張り方が非常にたくみで一気に読ませる。 『』にしてもそうだが、1930年代アメリカの雰囲気は、袋小路に追い込まれた閉塞感がある。 と大戦、先行きの見えない不安の中で、夢にすがって砕けていった人びとも多かったのだろう。 は生きにくく、ガラス細工は壊れやすい。 ちなみに本書の訳者は、白水社のでおなじみの小田島氏。 冒頭で英語と対比させてみたが、やっぱり英語と日本語って、雰囲気がぜんぜん変わりますね。 recommend: アメリカの1930年代、もしくはアメリカ戯曲。 >…1930年代アメリカ。 >ソーントン・ワイルダー『わが町』…平凡な町と宇宙。 >『セールスマンの死』…同時代の劇作家。

次の

ガラスの動物園(1950) : 作品情報

ガラス の 動物園

登場人物 [ ] アマンダ・ウィングフィールド 小柄な女性。 過去の幻想に縛られ、非常に活動的で理想が高く、現状に常に不満がある。 他者を自分の尺度に当てはめようとし、理想を押し付ける傾向がある。 夫は家出をしており、現在も音信不通。 彼をこの様な状況に自分で追い込んだということに気づいているようすは見られない。 ローラ・ウィングフィールド アマンダの娘。 足が不自由で(ハイスクール時代には足に付けていた器具の立てる音を過剰なまでに気にしていた)、このために深刻なコンプレックスを抱えており、極度に内向的、引きこもりがちになっている。 ガラス細工の動物コレクション(「ガラスの動物園」と呼んでいる)を大事にしている。 トム・ウィングフィールド 本作の語り手。 アマンダの息子でローラの弟。 靴会社の倉庫で働いている。 惨めな人生から抜け出したいと、商業的幻想を追い求めている一消費者。 詩作が趣味。 ジム・オコナー トムの職場の同僚。 トムが自宅へ夕食に招く。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年6月)() ストーリーはトムの追憶として語られる。 ウィングフィールド一家が住むアパートの一室が舞台である。 トムとアマンダは理想と現実の間でしばしば対立する。 トムは現在の単調な仕事と、何事にも口やかましく指図するアマンダに対して嫌気がさしており、何とかして現在の環境から抜け出そうと思っているが、アマンダはトムを夫の二の舞にさせまいと引き止めようとする。 アマンダはローラをに通わせるが、ローラの内気な性格のためうまく行かない。 手に職を持たず結婚も出来ない女の行く末を今まで数多く見てきたアマンダは、ローラの現状に危機感を抱く。 婚期が遅れているローラに男性との出会いの機会を与えるために、アマンダはトムに会社の同僚を夕食に招くよう頼む。 数日後、自宅にトムの同僚ジムが来訪する。 ジムは、ハイスクール時代にローラが淡い恋情を抱いていた相手だった。 ローラは久しぶりにジムと交流し、かつてと同じくジムに心惹かれていく。 ローラとジムの結婚を期待するウィングフィールド一家に対し、ジムは婚約者がいて近く結婚する予定であることを告げる。 トムは靴会社を解雇されたのを機にセントルイスを離れる。 映画 1950年 [ ] ガラスの動物園 The Glass Menagerie 監督 脚本 原作 テネシー・ウィリアムズ 製作 出演者 音楽 撮影 配給 公開 上映時間 107分 製作国 言語 の作品。 脚色には自身も関わっている。 出演はやなど。 ローラ:()• ジム:()• アマンダ:()• トム:() スタッフ [ ]• 監督:• 脚色:、• 原作:テネシー・ウィリアムズ• 製作:、• 撮影:• 音楽: 日本語版 [ ]• 翻訳:大野隆一• 演出:藤山房延• 効果:大野義信• 調整:二宮毅• 製作:、日米通信社 映画 1987年 [ ] ガラスの動物園 The Glass Menagerie 監督 原作 製作 出演者 音楽 撮影 編集 配給 公開 上映時間 134分 製作国 言語 の作品。 出演はやなど。 キャスト [ ]• アマンダ:• トム:• ローラ:• ジム: スタッフ [ ]• 監督:• 原作戯曲:• 製作:• 撮影:• 音楽:• 美術:• 編集:• 日本語字幕: 日本語訳テキスト [ ]• 訳、、、のち新潮文庫• 訳、、、改版2011年、• 訳、、、• 訳、、、 出典 [ ].

次の

ガラスの動物園(1987)

ガラス の 動物園

概要 [ ] 甲斐バンド3作目のオリジナル・アルバムである。 当時としては異例の300時間をかけて録音された。 当時の歌詞カードによると、の容量に対して多くの曲を入れるために通常より音量が小さくなっている。 当時、甲斐よしひろが福岡の高校生時代から付き合っていた彼女との想いやエピソードを、歌詞に赤裸々に綴ったとされる。 に紙ジャケット・デジタルリマスター盤にて復刻された。 その際、2曲のボーナストラックが収録された。 収録曲 [ ] オリジナル [ ]• 全作詞・作曲・編曲: Side-A• らせん階段• 黒い夏• Side-B• やせた女のブルース• あの日からの便り• 悪いうわさ• ゆきずりの風 2007年リマスター紙ジャケ盤 [ ]• らせん階段• 黒い夏• テレフォン・ノイローゼ• 東京の一夜• 昨日鳴る鐘の音• やせた女のブルース• 男と女のいる舗道• あの日からの便り• 悪いうわさ• ゆきずりの風 Bonus Track• 昨日鳴る鐘の音 (シングル・ヴァージョン) ストリングスアレンジ:• テレフォン・ノイローゼ (TV MIX) 外部リンク [ ]• - 甲斐よしひろオフィシャルウェブサイト.

次の