テセウスの船 真犯人。 「テセウスの船」ドラマと違う!原作の犯人は?

テセウスの船の真犯人予想を改めて!お母さん(榮倉奈々)が黒幕か | ドラマのメディア

テセウスの船 真犯人

Contents• 音臼小学校で開催されていたお泊り会で、夕食時に出されたオレンジジュースに青酸カリが混入されていたことで39人の生徒と教師が病院に搬送されることに。 結果、21人が亡くなるという大惨事が巻き起こります。 しかも、この毒殺事件以外にも、この町ではさまざまな人たちが謎の不審死を遂げているのです…。 そして、その犯人として逮捕されたのが、この町の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。 主人公・心(竹内涼真)の父親です。 その逮捕理由は、なんと文吾の家から青酸カリの入った瓶が発見されたのです。 文吾は無罪を主張しますが、その後、死刑が確定。 それでも、文吾はずっと自分の無罪を主張し続けます。 というのも当然のことなのです。 だって、 文吾は本当に犯罪を犯していないからです。 この事件の真犯人によって、犯罪者へと仕立てあげられてしまった文吾…。 では、その黒幕・真犯人はいったい誰なのか!? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人はこの人! こちらが『テセウスの船』のキャスト相関図です。 tbs. みきおは鈴に恋心を抱いており、鈴のためならどんなことでもする子でした。 鈴をいじめた子を殺すことだって、みきおにはどうってことなかったのです。 それくらい、みきおは純粋な鈴に陶酔していました。 みきおの生い立ちは、父親がおらず、母親に育てられていたのですがその母も死亡。 その後、祖母にずっと育てられてきました。 そして、 このみきおが大人になり成長した姿が、車いすの男・木村みきお(安藤政信)。 苗字が変わっているのは、育ててくれていた祖母の死後、教師の木村さつき(麻生祐未)に引き取られたためです。 そして、この教師の木村さつきは、みきおの犯行を後に知った上で彼のことをかばい続けます。 大人になったみきおは、今も大好きな鈴のそばにいるのですが… では、どうしてそんなに大好きな鈴の父親・文吾を陥れるようなことをしたのか? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人の犯行の理由 みきおが文吾を陥れた理由は、鈴への歪んだ愛情表現と、みきお自身の愛情不足が原因だと言えます。 両親は共に早くに亡くなり、自分を育ててくれていた祖母も亡くなり、みきおは天涯孤独の身となりました。 さらに、母親が生きていた時には虐待を受けていたという噂も…。 そんなみきおの心を救ってくれたのが、純真無垢な鈴の存在でした。 ですが、鈴はみきおに振り向いてくれませんでした。 そこで、怒りの矛先が向いたのが、鈴の理想の男性である父・文吾。 父親を犯罪者に仕立てあげることで、鈴の父親への尊敬の念を打ち砕き、気持ちを自分へと向けようとしたのです。 結果、2020年の現在、鈴はみきおのそばにおり、みきおの子を身籠ることとなるのですが…。 鈴は父親の事件を機に、顔も性格も、みきおが大好きだったあの頃とは全く別人になってしまっていたのです。 あの頃の、あの純粋なままの鈴が好きだったみきおは、過去の鈴に戻って欲しいと思うようになります。 そして、とあることをきっかけに、心が未来(2020年)からタイムスリップしてきたことを知り、新しい計画を練り始めるのです…。 鈴への愛情が歪んだ形で今回の事件を引き起こすこととなったのですが、そんな自分のせいで大好きな人の運命を変えてしまったみきお。 しかも、小学生がこんなに手の込んだ事件を起こすことができたのかと驚きさえ出てきます。 これも、みきお自身が愛情を注がれたことがなかったため、愛情の表現方法がわからなかったのでしょう…。

次の

テセウスの船の真犯人、最終回の結末に批判も?賛否両論!ネットの反応まとめ!

テセウスの船 真犯人

テセウスの船原作での犯人は加藤みきお! 車椅子の男=加藤みきお君 なんじゃないだろうか? 自信は無い。 音臼小学校に転校してきた加藤みきおは優しくしてくれた佐野鈴が好きになって、佐野鈴を自分だけのものにしたくて犯行を行います。 詳しくはをぜひ読んでみてくださいね! 加藤みきおは音臼小無差別殺人事件を起こした際に自分が疑われないように、少しだけ青酸カリをなめ下半身不随になります。 それ以来車椅子で生活するようになる加藤みきおですが、本当は普通に歩けるんです。 心は一度2020年(原作では2017年)に戻るのですが再度平成元年にタイムスリップする際には車椅子の男(加藤みきお)も一緒にタイムスリップし加藤信也と名乗ります。 加藤信也は加藤みきおに鈴が明るい鈴でなくなってしまったことを伝え、音臼小無差別殺人事件が起こらないように止めるのですが、加藤みきおが犯人だと知っている心と文吾を殺すことにします。 明るい鈴でなくなってしまったことを悔やんで元の明るい鈴に戻って欲しいと思っているのに文吾を殺そうとするって意味わからないんですけど・・・。 鈴が悲しむってわからないんですかね・・・。 随分はしょってしまっていますが、子供の加藤みきおと大人の加藤みきおが起こした事件だったというのが原作の話です。 音臼小無差別殺人事件の被害者に名前がないわけですし! そこまでは原作通りで、心が過去にタイムスリップして過去を変えた後の犯人が変わったということなのではないかと思います。 でも犯人が違うというか加藤みきおはやっぱり犯人で共犯というか別の人物も関わっているということなのではないかと・・・? それがいったい誰なのかということなのですが、う~ん誰でしょう、みんな怪しく見えてくるんですよね。 犯人考察大会では色々な意見があがったようです。 実は長谷川翼が生きている• 木村さつき• 車椅子の男• 佐野和子• 佐野鈴 他にも色々意見がありました。 私はやっぱり木村さつきかな・・・原作でも佐々木紀子を殺してしまいますし・・・。 今後の展開がとても気になりますよね。 実は生きているのではとの長谷川翼についてはをぜひ読んでみてくださいね! 金丸刑事が怪しいとの声もあったのですが金丸刑事は崖から突き落とされてしまうようです・・・詳細はをぜひ読んでみてくださいね! ごくごく少数ですが由紀が犯人との声もありました!心が未来に戻ると由紀は取材記者になっていたのですが詳細はをぜひ読んでみてくださいね!.

次の

テセウスの船の真犯人、最終回の結末に批判も?賛否両論!ネットの反応まとめ!

テセウスの船 真犯人

もくじ• テセウスの船の真犯人候補10人のキャスト 真犯人候補の中にせいやおるやん!笑 — するめ ec0316ki 10人全員が怪しく思える画像で、左下の怪しくないところからいきます。 田中正志・せいや(霜降り明星) 一番左下の田中正志(せいや)は、村で一人暮らしをしている父親の介護のために音臼村に通っている青年で、真犯人ではありません! 2020年に出てくると思ったら、死体で発見されてました。 石坂秀夫・笹野高史 石坂秀夫(笹野高史)は、事件が起きる小学校の校長先生で、真犯人ではありません。 長谷川翼・竜星涼 長谷川翼(竜星涼)は、新聞配達の青年で、真犯人ではありませんが、犯人です。 長谷川翼は、子どもたちに親しまれていますが、子供に対して特殊な趣味があって、好みの格好をさせて、写真を撮ります。 その趣味を実行するために、小学生の加藤みきおを拘束した時に、逆に 「このことをバラすぞ」と脅迫されて、加藤みきおに服従しています。 小学校の事件の原因になる青酸を加藤みきおに命令されて、調達します。 その際、一緒に住んでいた佐々木紀子(芦名星)に「職場で青酸を盗んでこい」と命令しています。 佐々木紀子には、日常的にDVをしていて、三島明音がいなくなった事件では、加藤みきおに命令されて、明音を監禁して写真を撮っています。 そして、明音が殺害された時には、加藤みきおが本当に殺すとは思わなかったと、佐々木紀子に告白しています。 その後、明音のところに行って、青酸を飲んで自殺しました。 長谷川翼は、犯行の手助けをしていたことになります。 井沢健次・六平直政 井沢健次(六平直政)は、村のまとめ役で、見た目は怪しいですが、真犯人ではありません。 徳本卓也・今野浩喜 徳本卓也(今野浩喜)は、農業をしている男で、やっぱり見た目怪しいですが、真犯人ではありません。 佐野鈴・貫地谷しほり 佐野鈴(貫地谷しほり)は、最初 「???」となっていましたが、第一話で佐野鈴(田村心・竹内涼真)の姉が大人になった姿ということが描かれました。 真犯人ではありませんが、犯人に大きな影響を与えて、犯行を起こすきっかけになる人物です。 犯行は鈴のせいではありませんが、2020年には、偽名で生活していたり、 真犯人の男と住んでいます。 木村さつき・麻生祐未 木村さつき(麻生祐未)は、小学校の先生で、1989年の第1話で出てきてます。 真犯人ではありませんが、犯人のサイコパス的な行動を知っていた重要人物です。 1989年、真犯人の男を養子にして、育ての母親になっています。 そして、 2020年には犯人になります。 2020年に佐野文吾(鈴木亮平)の裁判で、冤罪を証言すると申し出た佐々木紀子(芦名星)を殺します。 金丸茂雄・ユースケ・サンタマリア 金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)は、刑事で心(竹内涼真)を怪しんでいます。 怪しい雰囲気ですが、真犯人ではありません。 事件の犯人がわかって接触した時に殺されてしまいます。 一つ飛んで、右端に行きます。 佐々木紀子・芦名星 佐々木紀子(芦名星)は、長谷川翼のところで説明しました。 長谷川の婚約者で、一緒に住んでいて、DVに遭っていて、青酸を盗めと命令された。 長谷川と加藤みきおの犯行を知っている人物で、金丸刑事が犯人に殺される現場も見ています。 2020年に、病気で余命が少ないことから、佐野文吾の無実を証言しようと決断しました。 しかし、証言する前に、木村さつき(麻生祐未)に殺されてしまいます。 原作漫画はどんな感じなのか、気になりませんか?テセウスは、怖面白くて読んだら止まりません! 恋つづやテセウスの船は、一度読んだら止まらなくおもしろいです! スポンサーリンク 真犯人は車いすの男・安藤政信 右から2番目の男! 車いすの男(安藤政信)は、役名が明かされていませんが、 真犯人です! 役名は、木村みきお(小学生の時は加藤みきお)で、小学生の時に祖母が亡くなって、身寄りがなくなった時に、担任の先生だった木村さつき(麻生祐未)の養子になって木村になりました。 2020年では、佐野鈴(貫地谷しほり)と一緒に住んでいます。 1989年小学校の事件 なぜ車いす生活なのかは、小学校の事件につながります。 加藤みきおは、元々サイコパス的な性格を持っていました。 学校のうさぎに薬を飲ませたり、第1話の三島千夏をパラコートで殺害した。 そして、千夏の姉の明音も青酸の致死量を試すために、長谷川翼の犯行に見せかけて、実行しています。 不気味なワープロを打っている男が加藤みきおです。 そして、小学校の事件を起こしています。 青酸をオレンジジュース(未来が変わると牛乳になる)の中に入れて、小学生や先生が亡くなった事件。 真犯人が車いすなわけ 自分は無傷なのは怪しまれるので、青酸を飲んで歩けなくなったように偽装していました。 検査の結果は、何ともありませんが、事件のショックで精神的なダメージを受けて、歩けなくなることもあるので、木村さつき先生や他の人たちも疑問を持つ人はいませんでした。 事件後、小学生の時から車いす生活をしています。 犯人を佐野文吾に仕立て上げるために、青酸を佐野の家に置いています。 真犯人はなぜ犯行を起こしたのか 加藤みきお(のちの木村みきお)は、両親から離れて、祖母に預けられたので、音臼村に引っ越してきました。 クラスメイトになった鈴と仲良くなって、 明るい鈴のことが好きになっていました。 ある日、鈴にクラスに好きな人はいるか聞くと、クラスに好きな人はいないけど、お父さんみたいな人と結婚したいと答えました。 そのことで、鈴の父親の 文吾(鈴木亮平)がいなくなればいいと、事件を起こしました。 事件を起こして、計画通り文吾が逮捕されました。 しかし、明るかった鈴が暗くなってしまいました。 加藤みきおは、先生の養子の木村みきおになって、何事もなかったように生活して大人になりました。 2020年の木村みきおと佐野鈴 それから、2020年木村みきお(安藤政信)は、鈴(貫地谷しほり)と一緒に住んでいて、妊娠5か月でした。 心(竹内涼真)が2020年に戻ると、 未来が変わっていて、姉の鈴と疎遠になっていた。 過去で文吾に会って、犯人じゃないと確信した心は、思い切って文吾に会いに行きます。 そして、文吾と話したときに、姉の鈴が来たことを聞いて、鈴に会いに行きます。 鈴が献身的にみきおに尽くしているのは、文吾のせいでみきおが車いすの生活を送っていることを申し訳なく思っているからでしょうか。 心と木村みきおがタイムスリップ 心は、木村さつきや木村みきおに気付いていきます。 木村みきおは、心(竹内涼真)を尾行している時に、 一緒にタイムスリップしてしまいます。 タイムスリップしたのは、小学校の事件の前日です。 そして、木村みきおは、小学生の加藤みきおに出会い、事件後に文吾が逮捕されたことで、鈴が暗くなってしまって、好きになった鈴ではなくなったことを伝えて、どうするか決めさせます。 その結果、小学校の事件は起きませんでした。 しかし、加藤みきおは、鈴を助けて、正義の味方になる方法を考えます。 鈴を助けて、正義の味方になれば、鈴の父親の文吾のように鈴に好かれると思いました。 そして、木村みきおは、事件のことを知っている文吾を殺そうとした時に、心がかばって刺されて亡くなってしまいました。 スポンサーリンク 最後の結末ネタバレ・ハッピーエンド そして、最後の結末は、2020年の未来が変わっています。 東京に住んでいる佐野一家4人、村が閉村するのでタイムカプセルを掘り起こしに行きました。 中にあった宝物の中にはタイムスリップした時に入れた、1989年に心が入れた佐野家と田村家の家系図と由紀との結婚指輪、写真が入っていました。 妊娠している鈴(貫地谷しほり)が見つけた週刊誌には、逮捕された加藤みきお少年Aの記事が特集されています。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。 心と岸田由紀が結婚することで、感激する文吾! 未来がガラッと変わって ハッピーエンドになりました。 将来、未来が生まれることになるでしょう! テセウスの船・・・部品交換したり、修復した船が最初の船と同じといえるのだろうか。 それが人間だったらどうだろう・・・。 過去が変わって未来が変わりましたが、結果オーライ、ハッピーエンドで良かったと思います。 には、続編の可能性をまとめています。

次の