白州 12年。 製品ラインナップ シングルモルトウイスキー白州 サントリー

サントリー白州12年『終売・休売!!一度は飲みたい』森薫る国産ウイスキーの定価や味は?

白州 12年

1923年の山崎蒸溜所の建設着手から50周年を迎えた1973年、山崎蒸溜所とはタイプの異なる新たな原酒を求めて開設されたサントリー第2の蒸溜所、それが白州蒸溜所です。 周囲約82万平方メートルの森を確保し、野鳥の聖域、バードサンクチュアリの設置による愛鳥保護活動や森林保護に努めるなど、蒸溜所開設以来、雄峰・甲斐駒ケ岳の麓に広がる豊かな大自然と共生しながら、世界でも珍しい高地に位置する「森の蒸溜所」として多彩な原酒をつくり分けています。 白州の水は、まさに大自然の営みだけが創造できる天然水です。 豊かな自然に囲まれたこの地は、日本の名水百選に選ばれた尾白川の清流でも知られる名水の地。 南アルプスの山々をくぐり磨かれてきた水は軟水で、白州蒸溜所で生まれるモルト原酒の貴重な仕込み水となっています。 花崗岩質の大地に磨かれた天然水の水質は、ウイスキーの仕込みに理想的であることはもちろん「サントリー天然水〈南アルプス」としても広く親しまれています。 サントリーではさまざまなタイプのモルト原酒をつくるため、保有する数千種の酵母の中からイメージするウイスキーの香味にふさわしい酵母を厳選しています。 発酵槽には、木桶槽を使用。 特に白州の自然条件を活かした木桶槽は温度管理が難しい反面、保湿性にすぐれ、しかも蒸溜所内に棲みつく自然の乳酸菌などが働き、爽やかなのに味わい深い白州独自の風味を生み出します。 白州蒸溜所では仕込みから蒸溜まで様々なつくり分けがおこなわれ、多彩な個性を持ったモルト原酒が生まれるのです。 ITEM INFORMATION 爽やかで軽快なキレの良さ HAKUSHU AGED 12 YEARS 白州 12年 1994年に発売。 森の蒸溜所「白州」で生まれた酒齢12年以上のモルト原酒を吟味したシングルモルトウイスキー。 森の若葉のようなみずみずしくほのかなスモーキーフレーバーを備えた「ライトリーピーテッドモルト」と、「白州」らしい複雑さと奥行きを持つさまざまな原酒をヴァッティング。 それぞれの個性が重なり合うことで生まれた、フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレの良い味わいが特長です。 Tasting Note 明るい黄金色。 若葉、青りんご、ジャスミンの香り。 ふっくらとした甘み、クリーンな味わい。 甘く柔らかなスモーキーさ、キレがよい。

次の

実は間違えやすい?ウイスキーの「12年」などの年数の意味

白州 12年

白州の価格相場 まずはシングルモルトである白州の相場から見ていきましょう。 こちらはヤフーオークションの落札相場をもとに算出しました。 非常に分かりやすく変動しています。 5倍から2倍に跳ね上がりました。 白州12年は元値が8000円台ですから、じつに5倍近い値が付いています。 熟成表記の無いノンエイジは終売になるわけではないのですが、便乗して微妙な値上がり ほぼ原価のものもあるため誤差の範囲ともいえる をしています。 加えて、確認した限りでは12年と間違えたのか、8000円近い値で落札されているパターンもありました。 ちなみに18年モノは50000前後で推移していて微妙に値上がりしているかなという感じ。 アマゾンでも・・・もはや狂気の沙汰ですね。 山崎の価格相場は今のところ変動はなし・・・? 便乗して 今回の情報とは関係のない山崎も値上がりしているか・・・と思いチェックしてみましたが、山崎に関しては特に価格の変動は起きていないようです。 しかし今回の件で白州や響の在庫がより一層大荒れする事が容易に予測できるため、そこから山崎の価格に変動が生じることも考えられるでしょう。 しばらくは油断はならないでしょうね。 今回のようにジャパニーズウイスキー、特にサントリー製品は終売などのラインナップ整理で値段が跳ね上がることが周知の事実になってきました。 こうなってくると 次回の動きに向けて大量に抱え込もうとする人などもでてくるでしょう。 そのようなことも市場の流通には影響を及ぼすのではないでしょうか? 年数表記品は品薄価格高騰が続いたまま終売すると予想 今回の白州12年、響17年の終売の情報は予想以上に多くの人に反響をもたらしたようで、結果的に 市場の価格にも影響を及ぼすことになってしまいました。 ウイスキー好きな人達の間では一か月前から終売になるという情報は出回っており、各自ストックの欲しい人は無理して買い集めているような状況でしたので、この値上がりを受けてまでオークションなどで競り落としている人は転売や投機目的で購入している人も少なくないのでしょうね。 白州12年、響17年に関しては完全な終売までまだ少し猶予はありますが、 おそらく今後ますます市場に出回らなくなり、終売一般の人に普通の価格で流通することはありえないのではないかと予想できます。 どうしても購入したいという人はネットやオークションでつり上がった価格のものを購入するよりは、近所の酒屋さんやスーパーなどに運よく残っていることを期待して自分の足で探しまわった方がよいのではないでしょうか? 17年の後継商品としてブレンダーズチョイスの発売が9月4日決定しました。 まとめ 白州12年、響17年の終売ニュースにあわせて、オークションやネット通販でこれらの商品の価格相場がどのように変化したかをチェックしてみました。 予想通り、終売になった商品は値上がりが起きていましたが、その値上がり幅は想像をはるかに超えていましたね。 ここまでくると投機対象として注目されてしまうのも分かる気がします・・・。 正直な話、純粋に飲んで楽しむだけならおいしいウイスキーは他にもたくさんありますから、個人的にはそちらを楽しんでいこうと思います。 いよいよ国産ウイスキーが高嶺の花としての地位を築きつつありますね。 詳しくは以下記事もあわせてご覧ください。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

山崎・響・白州が超高額で売れる!異常な高騰をみせるジャパニーズウイスキーの実態

白州 12年

原料のモルト 大麦麦芽 、もしくはグレーン トウモロコシや大麦、小麦 を発酵させて、その発酵させたものを今度は蒸留させています。 蒸留させただけの段階では、実はまだ 無色透明。 この無色透明のお酒を、木製の樽に詰めて長期間熟成させなければなりません。 熟成に使う樽はそれほど大きいものではありません。 非常にざっくりとですが、だいたい幅1メートルぐらいの大きさの樽を用います。 この小さな樽で長年かけて熟成を行うことで、透明なウイスキーに樽の木の成分が溶け出し、いわゆる 琥珀色のウイスキーが出来上がるのです。 樽熟成後のウイスキーはブレンドされる ただ、これで完成ではありません。 樽で熟成させたウイスキー 原酒 は、実はその樽ごとに微妙に味や特徴が異なってくるのです。 樽の木も中身のウイスキーも生き物、計算どおり均一には熟成してくれない 当然ながら、商品化するにあたっては、ボトル毎の 味を均一化させる必要があります。 そのため、あえて色々な樽の原酒をブレンドして 混ぜ合わせて 、目標とする味わいのウイスキーに仕上げて初めてボトルに詰められます。 これらの工程はシングルモルトやブレンデッド、それにバーボンやスコッチ、基本的に全てのウイスキーに共通していることです。 シングルカスク、シングルバレルと呼びます 12年=12年物のウイスキーだけ使っているわけではない 前置きがだいぶ長くなりましたが、いよいよ本題。 ウイスキーの年数表記の意味についてです。 前述のように、ウイスキーは複数の樽の原酒をブレンドして完成します。 毎年ウイスキーは製造されていますから、当然各年の原酒が存在します。 ということは… 「12年」のウイスキーは12年物の原酒だけをブレンドして作られている? 実は違います。 実は、この原酒の ブレンドはいろいろな熟成年数の原酒を混ぜて行われているのです。 では「12年」の表記の意味は? これは実は、各年の原酒をブレンドした中で、 最も若い原酒の熟成年数を表記しているのです。 つまり「山崎12年」なら12年以上の原酒をブレンドしており、 12年以上の原酒も混ざっているということ。 要するに「山崎12年」なら「山崎12年以上」ということです。 12年のウイスキーに30年超えの原酒が使われることもある ウイスキーの年数表記の意味が、最も若い原酒の熟成年数を表しているなら、何十年もの熟成を経た原酒が入っていてもおかしくありません。 それはつまり「12年」のウイスキーに、30年物の原酒が入っていることもある、ということ。 実例をあげると、例えば「響12年」には、 30年超えの原酒もごく少量ながら混ざっていたそうです。 サントリーの元チーフブレンダー・による。 響12年は2015年で販売終了 ここでちょっと疑問… そもそも複数の樽の原酒をブレンドするのは分かるにしても、 様々な熟成年数の原酒をブレンドする理由は? これも 味の均一化を図るため。 その年その年で、出来上がる原酒の味は微妙に異なるのです。 それに成長 熟成 の進み方も、それぞれの年の原酒で違います。 同じ親から生まれた兄弟でも、兄の12歳の時と、弟が12歳になった時での身長は異なります。 野菜に例えても、同じ肥料や水量を与えていても毎年同じように成長していくわけではありません。 それと一緒です。 「去年の山崎12年と、今年の山崎12年の味が全然違う!」 そういった事態を避けるために様々な熟成年数の原酒をブレンドしているのです。 まとめ ウイスキーの年数表記の意味、ご理解いただけたでしょうか? 実はウイスキーは、瓶詰めする前に複数の熟成年数の原酒をブレンドしていたのです。 そのなかで 最も若い原酒の熟成年数がラベルに表記され、商品名となっていたわけです。 ちなみに、このブレンドのレシピを決める人 何年の原酒を、どの樽の原酒をどれくらいずつ混ぜるかを決める人 を ブレンダーと呼びます。 このブレンドによってウイスキーの味が決まるため、ウイスキー界でブレンダーはかなりの重役で花形の職。 ファッション界でデザイナーが重要で、よく名前が出るのと同様に、ブレンダーも似た役柄になります。 品評会などの受賞式でステージに立つのもブレンダーであることが多い 前述したサントリーの元チーフブレンダー・輿水精一氏は、ウイスキー界では世界的に有名な方です。 最後にちょっとした豆知識を挟んでみました。 それではこの辺で。 以上、「実は間違えやすい?ウイスキーの「12年」など年数の意味」でした。

次の