ビジネス メール 教え て ください。 教えてください・教えるに関連するビジネスにおける様々な例文集

「教えていただく」の敬語・類語・使い方・言い方・例文|ビジネス

ビジネス メール 教え て ください

何かを目上の方から教えてもらいたい時に、「教えてください」と言ってはいませんか。 目上に使用する敬語としては、「教えてください」の言葉は失礼な印象を与える可能性があるとされています。 「教えてください」の「ください」は敬語の一種ですが、「ください」には命令形のニュアンスが含まれています。 何かを教えてもらいたい時は、こちらから相手にお願いをする状況になるため、「ください」のように命令形のニュアンスを含むと、相手に良い印象は与えられません。 低姿勢に丁寧に「教えて」ということを示す必要があるため、「教えてください」ではなく、別の言い方を用いることが求められます。 では、「教えてください」を他の敬語表現にしてみると、どういった言葉になるのでしょうか。 敬語を使用するシーンにおける「教えてください」の意味を持つ他の言い方と、その言い方ごとにある使用の仕方についてご紹介していきます。 状況によって使い分ける必要性についても考えながら、参考にしてください。 「教えてください」の敬語表現!基本形は「お教えください」 「教えてください」を敬語にするとなった時に、最初に挙げられる言葉が「お教えください」です。 「教えてください」を敬語にした際の基本形とされており、「ください」が「くれ」の尊敬語になるため、「お教えください」は尊敬語表現になります。 「ください」を「いだだく」にした「教えていただく」 「教えていただくことはできますか?」といった使い方をします。 後にご紹介する「ご教授」などのかしこまった敬語と比べると、かなりフランクな印象がある「教えてください」の表現になります。 かしこまった感じの度合いとしては、「教えてください」と同レベルの敬語と考えられます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語で、「ください」は「くれ」の尊敬語です。 「教えてもらう」のか「教えてくれ」なのか、どういった気持ちで「教えてください」と伝えるのかによって使い分けます。 しかしながら「ください」には命令形の印象があるため、「教えてください」よりも「教えていただく」の方が無難な言い方です。 また、尊敬語は相手を立てる・謙譲語は自分の立場を下げる表現になるため、どのようなニュアンスで伝えたいのかによって「教えていただく」と「教えてください」は使い分けがされます。 どちらも社外の人に対してはフランク過ぎて適しませんが、社内における目上の相手にならシンプルに「教えていただく」を用いても良いでしょう。 より丁寧な「いただく」系は「お教えいただけませんか」 「教えてください・いただく」の言葉遣いはフランクな印象があるため、かしこまった表現をした方が良い状況では使用しない方が良いとされます。 「教えてください」により丁寧さを込めて表現するなら、「お教えいただけませんか」の言葉が向きます。 「教えて」に「お」が付いて、「いただく」が「いただけませんか」になっています。 「いただけませんか」という表現は与える印象が柔らかいながらも敬意が強くなるため、「ご教授」などの難しい言葉を使用せずに丁寧な「教えてください」の表現をしたい時に適します。 「お教えいただけませんか」は文面上よりも、口頭上で使用するに適した言葉とされています。 面と向かって話す時や電話において、「教えてください」を敬語表現で伝える時に使いましょう。 また、「お教えいただけませんか」は疑問形の言葉になるため、言い方も問いかけるようにすると良いでしょう。 「お教え」部分の表現を換えた「お聞かせください」 「聞かせて」を敬語表現にした言葉です。 そのため、目上の人に対しては少し失礼な印象を与える可能性がある言葉遣いとされています。 ビジネスシーンでは、別の言い方を使用した方が無難です。 より丁寧な「お聞かせ〜」の1つは「お聞かせいただけませんか」 「お聞かせください」により丁寧さと敬意を込める時の表現の1つに、「お聞かせいただけませんか」があります。 命令形の印象がある「ください」が取り除かれたことで、失礼になる可能性が無くなりました。 「お教えいただけませんか」と同じ感覚で使用できます。 より丁寧な「お聞かせ〜」もう1つは「お聞かせ願えませんか」 「お聞かせください」により丁寧さと敬意を込めた表現には、「お聞かせいただけませんか」以外にもう1つあります。 それが、「お聞かせ願えませんか」です。 「ください」のような命令形の印象を与えかねない表現が含まれないため、目上の人に対して使用しても失礼になりません。 「お聞かせいただけませんか」と比較してみると、「お聞かせ願えませんか」には「お願いする」意味がしっかりと込められていることが分かります。 「教えてください」ということを伝える時は「こちらが相手に聞く」状況なので、聞いた内容に答えてもらいたい目的があります。 「教えてください」を含め「ください」系の言葉は、失礼な印象を与えたり、命令形といった上からな印象があると相手の答える気が失せてしまう可能性があるため、聞く・聞きたい側としては低姿勢さを強調する必要があります。 そのため、「お願いする」ことを明確に表すことで相手が目上の人である意味合いを強めている「お聞かせ願えませんか」は目上に対する敬語表現に適していると言えます。 かしこまった表現で使用されることも多い「ご教示ください」 「教えてください」により丁寧さと敬意を込める場合、言い換えとなる言葉には普段使用しない言葉も挙げられます。 その1つが「ご教示」で、「ご教示ください」の意味は「知っていることを教え示してくれ」です。 技能または知識について「教えてください」と聞きたい時に、用いられることが多いとされます。 ビジネスシーンにおいては、資料提供の依頼時・法律の解釈について教えてください・ビジネス関係の情報を教えてください・商品について教えてください・知らない人を紹介してもらう時の教えてください、などの状況で使用します。 このような状況では、「ご教授ください」または「お教えください」でも問題はありません。 他の「教えてください」の敬語表現と比べて口頭上よりは文面上で使うことが多く、ビジネスシーンでは主に、ビジネス文書やビジネスメールにおいて「教えてください」を伝えたい時に用いられます。 何か知りたいこと(示してほしいこと)を誰かから教えてもらう(示してもらう)必要がある時に、「教えてください」の意味で「ご教示ください」を使用します。 「ご教示」と意味は同じでもニュアンスが違う「ご教授ください」 主に口頭上で使用される「教えてください」の言い換えで、かしこまった印象が強い表現になります。 1つ前にご紹介した「ご教示ください」と意味的にはあまり変わりありませんが、違いをつけるのであれば「ご教示」は「資料や数値などの情報を得たい場合」に使用し、「ご教授」は「指導における知識を得たい場合」に用いられるとされます。 専門的な知識や学術的なことに関して「教えてください」を伝える時には、「ご教授ください」を使用した方が敬意が伝わりやすくなります。 技能的なことなどを教えてほしい時は「ご指導ください」 「指導」に「ご」が付いた言葉で、技能や知識について聞きたい時に使用します。 「〜についてご指導ください」という使い方が基本で、かしこまった印象が強い表現とされています。 文面上でも口頭上でも使用できます。 かしこまった印象が強いため、かしこまった感じを強くしない方が良い相手には適しません。 たとえば、上下関係がハッキリとしている関係性であれば「ご指導ください」などのかしこまった表現が適します。 より丁寧にするのであれば、「ご指導いただけませんか」が良いでしょう。 女性が聞く場合は、「ご指導ください」の言葉だと堅くなり過ぎてしまうとされます。 つっけんどんなどのとっつきにくい印象を与えてしまう可能性があるため、「教えていただけますでしょうか」や「教えていただけますか」でも良いです。 必要な連絡内容について聞く時は「お知らせください」 「通知」を意味する「知らせ」に「お」が付いた言葉で、かしこまった感じはそれほどでもありませんが、「教えてください」の敬語表現の1つです。 「通知」は「連絡として必要なことを伝える」ことなので、「お知らせください」は「日時や場所」を聞きたい時に使用します。 「案内」は「様子をよく知っている上で伝える」ことを意味しますので、「ご案内ください」は「時間や会合」について聞きたい時に用います。 使い方は「〜についてご案内ください」です。 使い慣れない人が多いとされるため別の言い方を用いても問題ありませんが、こういった言い方もあるということは覚えておくと役に立つでしょう。 「教えてください」の敬語表現を使用する上での注意点! 「教えてください」の敬語表現において、かしこまった程度が強いのは「ご教示ください・ご教授ください・ご指導ください」です。 逆に、かしこまった程度がそれほど強くないのは「お聞かせください・お知らせください・ご案内ください」です。 無難と言えるとは「お教えいただけませんか・お聞かせいただけませんか」であり、相手によってどの言い方が良いのかを考えます。 形式的なことを意識するのであればかしこまった程度が強い表現を、親しみを込めるのであれば、程度が強くないものを使用します。 敬語は相手に与える印象が大事 敬語は、聞き手側がどう受け取るかが問題となります。 そのため、敬語によって距離感がある印象を与えてはならない状況においては、敬語にこだわり過ぎない方が良いです。 馴れ馴れしいと思われないように形式的な敬語を意識したり、社内の上司などである程度親しい相手には、かしこまった表現を使わないなど、考慮しましょう。 貴重な内容ほどかしこまった表現を使う 教えてもらいたい内容が貴重なものである場合は、「ご教示」などのかしこまった表現を使用することで与える印象が良くなり、こころよく教えてもらえる可能性があります。 貴重と言うよりは重い内容を教えてもらいたい時にも、かしこまった表現が向きます。 宛先別「教えてください」の敬語のビジネスメールの例文集! 上司 同じ会社に勤める上司に対しては、書類のことや取引先のことなど、教えてもらいたいことがたくさんあるでしょう。 聞きたい内容によっては使い分けることも可能な時もありますが、基本的には「ご教示ください」を使用しておけば間違いはありません。 ・「Aプロジェクトの件に関する書類をご教示ください。 」 指導をしてもらいたい時には「コンピューターの機能についてご指導ください。 」などの言い方もできます。 時間や場所を教えてもらいたい時は、「新しい取引先A様の住所をお知らせください。 」などと言います。 「お聞かせ願えませんか」も場合によって使用できます。 先輩 社内の先輩というのは、立場的に上の上司と違って、自分よりも先に会社にいる人のことを指します。 すなわち、立場的には同じです。 ただ、この会社で仕事を始めた時期が早いか遅いかの違いになりますので、かしこまった敬語表現を使用する必要はありません。 ・「Aプロジェクトの書類内容について、お教えいただくことはできますか?」 返事が「OK」な感じであれば、「ありがとうございます。 Aプロジェクトの書類を送っていただけますか?」などと伝えましょう。 そうすることで、この例文の状況において、書類が手に入るという「教えてほしい」という思いが叶った結果となることでしょう。 先輩と言っても敬語に厳しい場合は、「ご教示」などのかしこまった表現を使用しても問題はありません。 しかしながら、上司という経歴的に上の人とでは、扱いを分ける必要があります。 本当の目上は上司なので、上司に対してはかしこまった表現・同等の立場ながらも経歴が上の先輩に対しては無難な敬語表現を用いると、上司に対する敬意が際立ちます。 社外 社外の人に対しては、かしこまった敬語表現を用いることが多いとされます。 取引先やお客様といった存在が社外の人に当てはまりますが、これらの人たちには失礼があってはいけません。 失礼があると会社の評判にも関わりますので、敬語の中でもよりかしこまった表現を用いることが基本となっています。 取引先 取引先の存在は、会社にとって必要です。 そのため、失礼があってはいけません。 取引先の人は社外の存在になるため、基本的にかしこまった敬語表現を使用します。 「教えてください」の敬語表現であれば「ご教示ください」を用いることになります。 ・「ご都合の良い日時をご教示ください。 」 上記の例文では、取引先の人と面会する日時を決めるという状況を想定しています。 少し柔らかい印象にするのであれば、「ご都合の良い日時をお教えいただくことはできますか?」でも良いでしょう。 お客様 お客様に対しても、取引先と同様に失礼があってはいけません。 基本的にはかしこまった表現を使用しますが、会社がどのような会社なのかによっては無難な表現も使用されます。 一般的には、無難な表現を使用している会社やお店が多いです。 ・「会員番号をお教えいただくことはできますか?」 よりかしこまるのであれば「ご教示ください。 」ですが、かしこまった感じを強めたくない場合は「教えてください」を敬語にした際の基本形となる「お教えください。 」でも良いでしょう。 印象的に柔らかいのは「お教えいただくことはできますか?」です。 「教えてください」ビジネスメールの件名例文! メールの文章ではなく、件名に「教えてください」ということを示したい時もあるでしょう。 何かを教えてもらう立場としては「教えてください」を伝えることに関して、教えてくれる相手にお願いを示すことになるとも言えるため、本文の前に件名で「教えてください」を伝えることは礼儀として大事です。 では、どのような表現および言葉遣いをしたら良いのかについてですが、かしこまった表現にするなら「〜についてご教示ください」が良く、無難な表現なら「〜についてお教えください」が良いでしょう。 「ご教示」などの言葉だけでなく、「〜について」の部分も件名で伝えることで「何だろう」とメールを見る相手への配慮になります。 「教えてください」の敬語を使い分けよう!.

次の

「教えてください」の敬語の言い方・ビジネスメールの例文集

ビジネス メール 教え て ください

「教えてください」はぶしつけな印象を与えてしまう? 仕事をする上で、上司や先輩に何かを教えてもらいたいと思ったことは誰しもあるでしょう。 では、ビジネスメールにおいて「教えてください」と丁寧に伝えるにはどのような言い回しが適しているのでしょうか。 文例とともにご紹介します。 「教えてください」は正しい敬語。 ただし失礼に感じる人も 本来、「教えてください」という表現は敬語として正しいものです。 そのため、電話やビジネス会話で使うのには問題ありません。 しかし、教えを請うときに使う表現には、よりかしこまったものが存在するため、「教えてください」と書いてしまうと、ビジネスメールでは幼稚な印象を与えてしまいかねないのです。 また、「~してください」を文法的に見ると、「くださる(尊敬語)」の命令形であり、命令をベースにした敬語だということがわかります。 命令形なので、相手の状況にかかわらず「もちろん~してくれますよね」といったニュアンスを含むことになり、人によっては失礼だと感じることがあります。 「教えてください」の尊敬語のバリエーション ビジネスメールに適した「教えてください」の尊敬語は、大きく分けて4種類あります。 それぞれ具体的に見ていきましょう。 ・お教えいただけませんか 尊敬語としての基本的な形は「お教えいただけませんか」となりますが、ビジネスメールよりも口頭でよく使われる表現です。 <例> このツールの使い方をお教えいただけませんか。 ・ご指導いただけませんか 「お教えいただけませんか」より丁寧な言い回しが「ご指導いただけませんか」です。 社内の上司や懇意にしている取引先など、比較的近しい立場の目上の人に対し、口頭でもビジネスメールでも使われる表現です。 <例> テレアポで成果を出すためのコツをご指導いただけませんか。 ・ご教授ください 目上の人に対して、教えてほしい気持ちを伝えるのに最適な表現が「ご教授ください」です。 ただし、この表現は、比較的長期間にわたって指導が必要なことや、専門性の高いことについて教えてもらう場合に使われます。 そのため、教えてもらいたい事柄によっては適切ではない場合がありますので注意しましょう。 <例> Rubyでのアプリ開発の方法についてご教授ください。 ・ご教示ください ビジネスシーンで最も使われる表現が「ご教示ください」です。 相手の知っている知識や情報、データなどを教えてほしい際に使える表現なので、社内から取引先まで幅広く活用できます。 なお、「ご教示ください」は書き言葉になるので、口頭では「ご指導いただけませんか」などの表現を使うようにしましょう。 <例> 今回の採用にあたって、求める人物像をご教示ください。 <例> 明日の会議の詳細について、ご教示いただけますか。 <例> 恐縮ですが、在庫状況についてご教示いただけますか。 教えてもらったときのお礼のメールはどう送る? 質問メールを送り、その内容について教えてもらった場合、お礼メールを送る必要があります。 その際、感謝の気持ちはどのように表現すれば良いのでしょうか。 ・教えてくださりありがとうございました 「教えてくださりありがとうございました」という表現は、教えてくれた相手の行為に対し、直接感謝の気持ちを表現する言い回しです。 「あなたが私に教えてくれたことを感謝する」というニュアンスになります。 ・教えていただきありがとうございました 「教えていただきありがとうございました」という表現は、教えてくれたことを間接的に感謝する言い回しです。 「私があなたに教えてもらったことを、ありがたく思っている」というニュアンスになります。 どちらも正しい敬語表現なのですが、こちらの表現のほうがビジネスシーンではよく使われているようです。 教えてもらうときは、気持ちが伝わるようにお願いしよう ビジネスメールは文章だけのコミュニケーションのため、表現を誤ると相手に不愉快な思いをさせてしまい、仕事上でのトラブルにつながってしまうおそれもあります。 そのため、メールでは特に相手に配慮した表現が求められるのです。 謙虚な気持ちで丁寧にお願いをすれば、相手も快く教えてくれるはずです。 正しい敬語を使うのはもちろんのこと、気持ちがしっかりと相手に伝わるよう、敬意を込めてメールを作成するようにしましょう。

次の

「教えてください」はビジネスで使える敬語?より丁寧な表現を紹介

ビジネス メール 教え て ください

ビジネスの現場では、必ず、上司や先輩・同僚に、分からない点や疑問に思ったことをたずねる機会が発生します。 社内のみならず、取引先やお客さまに教えてもらわなければならない場面も起こりえます。 この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。 疑問点を解決したいと思った時、目上の人に「教えてください」とそのまま伝えるのは問題があるでしょうか。 やはり、ビジネスの現場では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。 みなさんは「教えてください」の実務の現場での使い方をきちんと習得できていますか。 ここでは、「教えてください」の使用例を見ながら失礼のない使い方をおさらいしましょう。 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う 「教えてください」とビジネスの現場において依頼する場合、よく使われる文例を集めました。 下記の文例を参考に、その時々のシチュエーションや内容でもっとも適しているものを選び、用いるようにしましょう。 ・「お知らせいただけないでしょうか。 」 ・「お教えいただきたく存じます。 」 ・「ご教示くださいますよう、お願いいたします。 」 ・「早急なご回答をお待ち申し上げております。 」 ・「ご回答いただけましたら誠にありがたい次第でございます。 」 ・「お手すきの際で結構ですので、折り返しご回答をいただきたく、お願い申し上げます。 」 ・「引き続きご指導ご鞭撻くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 ・「こののちも色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。 」 いかがでしたでしょうか。 ビジネスの現場における「教えてください」の使い方を、例を挙げながらいくつか見てきました。 口頭で目の前の相手に「教えてください」と伝えられる場面や一般的な内容に対して「教えてください」と頼む場面、専門的な知識などの教えを請う場面など、シチュエーションによっていくつか使い分けることができることをおさらいしました。 適切な表現で、相手へ教えて欲しい気持ちを表現できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に「教えてください」と頼んだり、アドバイスの依頼をすることが多々あります。 社会人の礼儀として、顔を見ながら話せる相手でも、文書やビジネスメールなど顔の見えない相手とのやり取りでも、正しい敬語を使ってコミュニケーションをはかるように心がけましょう。

次の