警察 階級 相棒。 アメリカ合衆国の警察

相棒の登場人物

警察 階級 相棒

警察官の階級・役職一覧表 警察官の階級制度と昇進試験(昇任試験)に関するまとめページです。 気になる警察官が登場するアニメ・漫画・ドラマ・映画の主人公の階級も一覧にしていますので、興味がある方は最後までチェックして言ってくださいませ。 一般編 警察庁 警視庁 警察本部 民間例 警察庁長官 長官 - - 代表取締役会長 警視総監 - 警視総監 - 代表取締役社長 警視監 次長・局長・審議官 副総監・部長 本部長(大規模) 専務取締役 警視長 課長・参事官・管理官 部長・副本部長・参事官・警察学校校長 本部長(一般規模) 常務取締役 警視正 室長・理事官 参事官・署長 本部長(小規模)・警察学校長・警察署長(大規模)・参事官・部長 執行役員 警視 課長補佐 課長・管理官 警察署長(中小規模)、警察副署長、課長 部長 警部 係長 課長補佐・係長 課長、課長補佐官、副署長 課長 警部補 主任 係長・班長・主任 課長補佐・係長 副課長 巡査部長 係 係 班長・係 主任 巡査長 係 係 係 平社員(中堅) 巡査 係 係 係 平社員(若手) 警察学校生 - - - 新人研修生 ノンキャリア(都道府県警察官)の場合ですと高卒程度、短大卒程度、大卒程度の学歴による差はなく一律で巡査スタートになります。 準キャリア(警察庁一般職)は巡査部長、キャリア(警察庁総合職)は警部補と最初から階級に差が出ているのが特徴的になります。 概ねノンキャリアは現場の縁の下の力持ち的な存在で官僚組は本部で指揮を執る幹部候補生になります。 警視まではノンキャリアで昇進する人も結構いるのですが、警視正になると非常に難易度が高く、ほとんど例が無いと考えていいでしょう。 警視正以上の階級の99%は警察庁のキャリア組が占めています。 同じ階級であっても警察庁、警視庁、各道府県警察本部など働く場所によって役職が異なるのが基本になります。 警視庁と道府県警察本部は一緒の立ち位置ではありますが、警察官トップである警視総監職が警視庁のトップになるのが恒例になりますので、特別な印象を持つ方が多いのも事実ではありますね。 なお、警視総監と警察庁長官は同等レベルの階級と言われていますが、チラホラ警察庁長官が事実上の公務員組織のトップという意見が出ています。 アニメ・漫画編 こち亀 ルパン三世 名探偵コナン 警察庁長官 - - - 警視総監 - - - 警視監 - - 服部平蔵 警視長 - - - 警視正 屯田五目須 - - 警視 - - 松本清長 警部 - 銭形警部 目暮十三・白鳥任三郎・中森銀三 警部補 - - 佐藤美和子 巡査部長 大原大次郎 - 高木渉・千葉和信 巡査長 両津勘吉 - 係 巡査 中川圭一・秋元麗子・寺井洋一・戸塚金次・日暮熟睡男 - 係 国民的な人気アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公である両津勘吉は「階級低すぎ」と言われることが多いのですが、作品上の年齢設定では32歳~35歳程度になりますので、決して珍しくはありません。 なお、正式には「巡査長」という警察官階級はなく、ベテラン巡査の位置づけるになることから同僚の中川圭一や秋元麗子と一緒の役職になります。 「部下」、「上司」の関係ではなく、正しくは「先輩」、「後輩」の関係であると言えるでしょう。 ちなみに両津勘吉の直属の上司である大原部長は「巡査部長」になります。 結構階級に差があるように見えますが、実は1つしか違いはありません。 年齢を考えると大原部長は同期に比べて出世コースから離脱していると考えることができます。 「ルパン三世」からは主人公である「ルパン」逮捕に奮闘している銭形警部。 ・・・既に名前に「警部」が付いているのでご存知の通りだと思います。 なお、最近では銭形警部をメインに捉えたドラマが放送され話題になっています。 「名探偵コナン君」の主要人物である目暮警部は銭形警部と一緒の役職になります。 「西の高校生探偵」と異名を持つ服部平次の父親である服部平蔵は大阪府警本部長の役職で階級は警視艦になります。 警察庁総合職採用の高級官僚であることは間違えなく、警視総監まで後一歩というポストになります。 警察ドラマ・映画編(2000年以降) 相棒 東京DOGS BOSS アンフェア 警察庁長官 金子文郎 - - - 警視総監 田丸寿三郎 - - - 警視監 甲斐峯・小野田公顕・長谷川宗男 - 丹波博久 - 警視長 内村完爾 - - - 警視正 大河内春樹・中園照生 - 野立信次郎・屋田健三 小久保祐二 警視 角田六郎 大友幸三 - 三上薫・山路哲夫 警部 杉下右京 舞島ミサ 大澤絵里子 - 警部補 神戸尊・陣川公平 工藤マルオ・益子礼二・鈴江光男 田所幸子 雪平夏見 巡査部長 亀山薫・ 甲斐享・米沢守 高倉奏 片桐琢磨・岩井善治・山村啓輔 蓮見杏奈・安本正広 巡査長 - - - - 巡査 芹沢慶二 堀川経一 木元真実・花形一平 安藤一之 警察官関連のドラマの場合ですと主要キャストは警部以下というのがお決まりになります。 人気シリーズである相棒の杉下右京、BOSSの大澤絵里子は警部になりますので、現場内ではそれなりの権限を持っています。 アンフェアの篠原涼子が演じている雪平夏見は警部補になります。 検挙率に優れているだけあって年齢の割には出世が早いと言えるでしょう。 なお、キャリア組を主人公にした作品で高視聴率を取った例はほとんどなく、人気ドラマになった作品の多くはノンキャリア組が主役になっています。 警察ドラマ・映画編(2000年以前) 太陽にほえろ あぶない刑事 はぐれ刑事 西武警察 警察庁長官 - - - - 警視総監 - - - - 警視監 - - - - 警視長 - - - - 警視正 - - - - 警視 - - 横溝重忠 木暮謙三 警部 橘兵庫 町田透・真山薫 川辺精一 - 警部補 藤堂俊介(石原裕次郎)・山村精一 - - - 巡査部長 野崎太郎・石塚誠 大下勇次(柴田恭兵)・ 鷹山敏樹(舘ひろし) 藤田まこと 大門圭介(渡哲也) 巡査長 - - - - 巡査 島公之・早見淳・ 柴田純(松田優作) - 田崎晴子 - 警察官の階級別割合一覧 階級 全体割合 警視正以上 約0.2% 警視 約2.8% 警部 約5% 警部補 約30% 巡査部長 約31% 巡査・巡査長 約31% 警察組織は90%以上は巡査、巡査部長、警部補が占めます。 警部になると一気に少なくなり、5%~7%程度と言われています。 これを考えると警部補から警部への昇進試験の難易度は高いと推測することができます。 なお、警視の場合ですと2%~3%程度いますので、対面する機会は結構ありますが、警視正以上になると0.2%程度になりますので、警察官で一度も警視正以上の階級の上司と話さないで退職するケースも珍しくはないと考えられます。 階級によって「国家公務員」と「地方公務員」に分かれる 警察官と言えば地方公務員のイメージがありますが、中には国家公務員も存在します。 警察官の階級別の身分について 階級 地方or国家 警察庁職員 国家公務員 警視総監 国家公務員 警視監 国家公務員 警視長 国家公務員 警視正 国家公務員 警視 地方公務員 警部 地方公務員 警部補 地方公務員 巡査部長 地方公務員 巡査・巡査長 地方公務員 都道府県の自治体で勤務する場合でも「警視正」以上の階級の場合、身分は国家公務員になります。 なお、警察庁に所属する職員は階級問わずに国家公務員になります。 先ほどの階級別を見れば分かりますが、地方公務員が全体の99.8%を占めていて、国家公務員は全体のたった0.2%になります。 地域の交番や警察署で窓口対応をしてくれる警察官のほとんどは地方公務員になります。 なお、警視正以上になるとキャリア組がほとんどですが、中にはノンキャリアでも警視正になるケースもあります。 その場合は地方公務員から国家公務員へ途中で身分が変更になります。 ちょっと変わった制度があることを覚えておきましょう。 警察官昇任試験の受験資格と難易度 受験資格に必要な勤続年数・経験年数は採用学歴区分ごとに若干違います。 なお、自治体によって異なる可能性もありますが、概ねほとんどの自治体は下記の表通りの受験条件になっていますので、参考にしてくださいませ。 巡査部長 警部補 警部 警視 高卒程度 採用後4年 巡査部長で4年勤務 警部補で4年勤務 警部で7年勤務(選考型) 短大卒程度 採用後3年 巡査部長で3年勤務 警部補で4年勤務 警部で7年勤務(選考型) 大卒程度 採用後2年 巡査部長で2年 警部補で4年勤務 警部で7年勤務(選考型) 難易度 普通 普通 難しい 凄く難しい 警部までは実力主義の昇任試験が実施されていますので、学歴・性別等のハンデは一切ありません。 警視になると選考タイプになりますので、通常の昇任試験とは異なり、様々な審査を経て、選ばれる必要があります。 そのため上司の評価や運などの影響も強いと言えます。 なお、一見すると大卒程度が昇任に有利のように思えますが、同じ新卒のケースですと高卒程度の採用者の方が4年早く働き始めますので、ほとんど優劣はないのが特徴的になります。 最短だと28歳警部補、33歳警部になることが可能になります。 なお、警察官昇任試験の難易度については巡査部長、警部補まではそれほど難しくはないのですが、警部になると格段に難しくなります。 実際に警部は階級別割合においても5%になりますので、狭き門になっています。 ノンキャリア組の場合ですと巡査部長又は警部補で定年を迎えるケースが多いです。

次の

【相棒登場人物の階級まとめ一覧】杉下右京が警部のままなのはなぜ?

警察 階級 相棒

キャリア、準キャリア、ノンキャリアの出世スピード キャリア、準キャリア、ノンキャリアで 以下の図のような出世スピードの差があります。 〇出世スピードの比較 階級 キャリア 準キャリア ノンキャリア 警視総監 58歳前後(1名のみ) — — 警視監 50歳以降 — — 警視長 45歳前後 一部が昇任 — 警視正 37歳前後 45歳前後 — 警視 29歳 37歳前後 一部が昇任(50代以降) 警部 24歳 29歳前後 一部が昇任(40代以降) 警部補 22歳 24歳 30代以降 巡査部長 — 22歳 20代後半 巡査 — — 22歳 キャリアと準キャリアは「昇任試験」を受けなくても、半ば自動的に昇進していきます。 これに対して、ノンキャリアは昇任試験を突破していく必要があります。 そのため、ノンキャリアは、固定的なキャリアパスは定まっていないので、巡査部長で定年退職を迎える警察官もいれば、警視正で退官をする者まで幅広く存在します。 キャリア 国家公務員総合職試験に合格し、警察庁に採用された警察官は、 キャリア 又は 警察官僚などと呼ばれています。 例年20名前後がキャリアとして採用されていますが、そのほとんどが 東京大学法学部卒です。 この警察官僚は、初任から「 警部補」となり、将来は全員が「 警視監 」となって警察幹部となることがほぼ確定しています(警視長の段階で内閣情報調査室に出向し、退官を迎える場合はこの限りでありません)。 ドラマでは、「踊る大捜査線」の室井慎次や真下正義、「相棒」の杉下右京、「名探偵コナン」の白鳥警部などがキャリアの設定です。 準キャリア 国家公務員一般職試験に合格し、警察庁から採用を受けた警察官は 準キャリアと呼ばれています。 準キャリアは初任から「巡査部長」となり、将来は 警視正や 警視長となって警察庁の中堅幹部になることが期待されています。 また、以前はノンキャリアの中から一部の者(年齢の低い警部補)を 推薦組として再雇用し、現在の準キャリアと同等の取り扱いをしていましたが、全国転勤を嫌がる者が多く人材確保の面で問題が生じたため現在では推薦組の制度が廃止され、準キャリアとして新規採用を行う人事システムが創設されました。 ドラマ「相棒」の2代目相棒「 神戸尊」はこの準キャリアの設定です。 ノンキャリア 各都道府県警察本部で採用された通常の警察官です。 大多数の警察官はこちらに属することになります。 ノンキャリアの場合には、人によって出世の度合いが異なってきますが、平均的には 警部補前後で退職する者が多いようです。 ノンキャリアであっても優秀な警察官は、 警視や 警視正まで出世する者も存在しています。

次の

アメリカ合衆国の警察

警察 階級 相棒

警察の階級一覧表 警察は9段階の階級に分かれています。 表にまとめると、こんな感じです。 階級名 役職 警視総監 最高位 警視監 道府県警察本部長 警視長 県警察本部長・管区警察局長 警視正 大規模な警察署の署長、警察本部の部長 警視 警察署の署長、警察本部の課長 警部 警察署の課長、警察本部の課長補佐 警部補 交番の所長、警察署の係長、警察本部の主任 巡査部長 主任 巡査長 一般の係員 巡査 一般の係員 階級別ドラマの主人公! ドラマでは様々な 警察官が、 登場します。 階級別にご紹介していきますね! 警視総監 日本の警察官は、 警察法という法律で九つの階級に分かれています。 警視庁のトップの職名であり、 警察官全体の階級の最高位。 それが 警視総監です。 東京都を管轄する警察である 警視庁にいます。 警視庁の 事務を統括し、 所属の警察職員を 指揮監督したりします。 仲間由紀恵主演のTBS系ドラマ 『SAKURA~事件を聞く女~』で 演歌歌手の吉幾三が 警視総監役で。 捜査のカギを握る人物を 演じていたのが印象的です。 警視監 2番目に偉い警察官が、 警視監です。 定員は 最大で41名。 警察庁の次官や地方警察局の局長などが 警視監になります。 大ヒットドラマ 『踊る大捜査線』で、 柳葉敏郎さんが演じた室井慎次は、 この 警視監に就任しています。 上に行く、という青島との約束を 果たしたのですね。 警視長 3番目の階級が警視長です。 警察庁内の 各局の課長や室長、 警視庁の各部長などです。 『相棒』の内村完爾(片桐竜次)、 『踊る大捜査線』の沖田仁美(真矢ミキ)などが、 これに当たります。 捜査本部で指揮に当たったりしていましたね。 警視正 4番目が警視正。 『踊る大捜査線』で北村総一郎演じる神田総一郎が、 この階級になります。 ユースケ・サンタマリア演じる真下正義も、 最終的に警視正になり、 湾岸警察署署長に就任しています。 かなり大人数の 警察署の署長です。 現場に出ずに、 指揮にこちらも当たりますね。 警視 警視正の一つ下の階級、 5番目が警視です。 警察署の 署長、本部の 課長などです。 『踊る大捜査線』で、斎藤暁演じる秋山晴海や 『相棒』で及川光博演じる神戸尊が、 最初はこの階級でした。 こちらもあまり 現場に出ないのですが、 及川光博は「相棒」の際は現場に行ってましてたね。 警部 6番目が警部です。 このあたりになると、 結構ドラマでも いっぱい出てきます。 警察庁では 係長、 地域の警察署内では 副署長や次長などが この警部という階級になります。 『相棒』では杉下右京(水谷豊)が 警視庁特命係係長というこの階級です。 他では、アニメ『ルパン三世』の 銭形警部がこの階級です。 銭形警部は 警視庁勤めなのですが、 埼玉署に出向させられたりと 苦労人のようです! 警部補 7番目が警部補です。 各警察署の 係長級の役職に就く階級で、 交番の所長や 警察署の係長、 警察本部の主任などがこの階級です。 『踊る大捜査線』の青島俊作(織田裕二)、 『古畑任三郎』の古畑任三郎(田村正和)が この 警部補に(青島は出世して)になります。 このあたりはもう 現場、現場で 捜査に当たりますよね。 巡査部長 8番目が巡査部長です。 「主任」とも呼ばれる階級で、 警部補の補佐や巡査の指導、 交番などの班長などを務めます。 『はぐれ刑事純情派』の安浦吉之(藤田まこと)、 『あぶない刑事』の大下刑勇次(柴田恭兵)、 鷹山敏樹(舘ひろし)などがこの階級です。 「はぐれ刑事」の藤田まことは、 人情味ある刑事を演じていました。 巡査・巡査長 最後の9番目が巡査・巡査長です。 『踊る大捜査線』和久平八郎(いかりや長介)が、 この階級です。 漫画では 『こち亀』の両津勘吉ですね。 和久さんと両津が 一緒の階級というのは、 ちょっと考えられませんね! 警察官全体の3割がこの巡査から始まり、 昇任試験を受けて上へと目指すのです。 巡査から巡査部長への昇任試験を受けるには、 大卒の場合は 採用後2年、短大卒では 同3年、 高卒は 同4年という期間が定められているそう。 まとめ いかがでしたでしょうか? こうして 階級順を見ていると、 警察も順番があって大変そうですね。 ドラマや漫画で、 「あ、何番目の人ね」と 思いながら観ると、またより面白くなりそうです。 特に足で捜査すると言っていた 『踊る大捜査線』の和久さんと両津が 同じ階級なんて! 両津みたいな 警察官は 絶対いないから、また楽しいのでしょうね。

次の