びん ずる さん の 胃袋。 長野びんづる『浴衣の女王コンテスト2014』女王が決定しました!|【MAZDA】甲信マツダ公式ブログ

長野びんづる『浴衣の女王コンテスト2014』女王が決定しました!|【MAZDA】甲信マツダ公式ブログ

びん ずる さん の 胃袋

[] [] [] 補足、おびんずるさん。 (2011年01月04日) 昨日の記事、あまりに情報保障関係なさすぎたので、少々無理やり要約筆記的な補足を。 要約筆記中に「おびんずるさん」という言葉が出てきたけど全く分からない……といった場合、どう処理するか。 かなり望ましくないシチュエーションですが、実際結構あります。 知らなかったものは仕方ないので、とにかくその場において最良の処理をしなくてはいけない。 で、どうするか。 つまりは「おびんずるさん」。 何も判断要素が無ければ、そう書くしかない。 そのままOKな感じになっていますが、それは今回たまたまベタ書きがビンゴだったというだけの話。 分からない中での対応として最低限かつ後に可能性を残す処理というところです。 鍵括弧で単語単位であるという補足をしつつ、余計な付加情報を与えないという考え方。 知らない言葉をカタマリとして表示する場合、カタカナ表記も定石の1つですが、「オビンズルサン」と最初に書いてしまうのは、ためらわれます。 単語の長さもあいまって、最初に根拠なく選択する表記としては印象が強すぎる。 やはりベタ書きのほうがマシだろうという判断になります。 仮に単語としての認識もできなければ鍵括弧にも入れないで処理しますが、そこまでの聞き取りだと、はたして「おびんずるさん」自体を拾えるかどうか微妙な状況かもしれませんね。 逆に、最初に聞いた段階で「さん」が「様」に類した語であるというところまで文脈で判断できたとすれば、「おびんずる」が固有名詞に該当することは推察できますので、「おびんずる さん」と、微妙に分かち書きする選択も良です。 最初にそこまで読めれば、かなり上出来。 ちなみに、鍵括弧でなくダブルクウォートで囲む方法もありますが、判読性を下げる場合が多いので、鍵括弧との使いわけが必要な場合でなければ、避けるのが無難です。 最初には分からなくても同じ語が何回か出てくれば、少し何かが見えてきます。 見えてくれば表記選択の幅も少し広がりますし、そうなれば少しずつ表記もずらして書いていくことができます。 (仮に途中で正解が判明しても、一気に表記を変えるのは基本的にNG。 最初に出しちゃったもののフォローは欠かせない) 「おびんずるさん」の表記に関して、迷う要素は主に2つ。 1つは、「ず」と「づ」の選択。 もう1つは、平仮名か片仮名かの選択。 もしも「おびんずるさん」が「お釈迦さん」と同類の語だというところまで判断できれば、迷いなく平仮名表記を選択することになるでしょう。 そこまで判断できない場合には、少し意図を含んだ処理として「オビンズルさん」というのも妥当な選択肢となってきます。 ここで案外厄介なのは、「ず」と「づ」の表記選択です。 こういったものは、文脈では判断できないことが多い。 「おびんずるさん」に関しては結論としては「ず」でも「づ」でもどちらでも良いのですが、それを知らない状態であれば迷いながらどちらかを書かざるを得ないわけで、苦しい時間になることと思います。 個人的な見解ですが、分からなければ取り合えずは「ず」を選択、外来の名前と見通せば「ず」、和名と見通せば「づ」という感じになる気がします。 和名ならば「づ」を選択するだろうというのは、「びんずる」に漢字を当てはめようとすれば、「びん+ずる」と分けるのが自然であり、「ず づ る」は「する」または「つる」の連濁という予想が成り立つ。 その見通しの中では当然「つる」に軍配があがる。 上記のような理由から、予備知識がない状態の中で「びんづる」と表記するのは、あながち悪い感性ではないと思います。 とりあえず、そんなところ。 結論が見えない感じで何ですね。 ちょっと題材としてはイマイチだったようです。 ともあれ、知らない単語の処理というのは、必ず出てくる問題です。 知らないものは仕方ないけど、だからといって諦めちゃっては駄目。 妥当な処理を早く判断できるのも技術だと思いますし、先を読んで、先が苦しくならないような手を打っておくというのも技術だと思います。 このケースで救われるのは、「おびんずるさん」と紛らわしい単語が無いという点。 下手に類似語あると、要約筆記者自身が勘違いする確率が高くなります。 正解の語が全く頭にない場合、よっぽど文脈が噛み合わない状況でない限り、知っている類似語が頭に浮かぶのは当然。 正解が他にある可能性を全く思わないというのは、正解が全く分からないより厄介なもんです。 おびんずるさん、引っ張りすぎですね。 ま、このへんで。

次の

なで仏・賓頭盧尊者・おびんずる様

びん ずる さん の 胃袋

賓頭盧尊者 びんずるそんじゃ おびんずるさん おびんずるさんは16羅漢の一人で、では ピンドーラ・バーラドヴァージャといいます。 漢字で音写すると 賓頭盧 頗羅堕 びんずる はらだとなります。 賓頭盧が名で、頗羅堕が姓です。 お賓頭盧 びんずるさんは、獅子吼第一と呼ばれ、神通力=超能力がとても強い人だったと言われています。 ある時、お賓頭盧さんは人のすすめに乗り、神通力を使って座ったまま高いところにある栴檀 せんだんの鉢を取って見せました。 このことを知ったお釈迦様は、修行者らしからぬ行いをした、と叱責されお賓頭盧さんは退けられて えんぶだいを去り、 さいごけしゅうに移り人々を教化したと言われます。 また、次のような話もあります。 しょうぼうが尽きるまで ねはんに入らぬように、とお釈迦様から命じられ、摩梨山 まりせんに住み人々の教化に務めた。 国王や長者たちは、お賓頭盧さんによく食などのをした。 食堂から外陣へ お賓頭盧さんは優れた人だったので、中国では470年頃から聖僧として、お参りされる対象となり、しだいにおの じきどうに祀られるようになりました。 日本では食堂から、いつのまにか本堂の げじんや回廊に祀られるようになり、病んでいる場所と同じ所をなでて治す、と言うような風習が出来上がりました。 お賓頭盧さんは木像が多いのですが、たくさんの人がなでるので、像はピカピカに磨かれて銅像のように見えたり、中には表情がほとんど分からない程、磨耗している像もあります。 また、お賓頭盧さんは病気を治すだけではなく、亡くなった人を供養する役割や、厄払いの役割を担っています。 金箔を貼って・・・ 現在では、患部と同じ所をなでて治るように祈りますが、当初は紙でお賓頭盧さんをなで、その紙で自分の患部をなでていたようです。 直接なでるようになったのは、江戸時代中頃からのようです。 このなで仏の原型とも思えるような話が、大唐西域記の一番最後の部分、瞿薩旦那国 くさたなこくの紹介の中に登場します。 栴檀の木で造られた高さ6m程の仏像があり、たいへん霊験があって光明を放っていました。 この仏像に患部と同じ場所に金箔を貼ると、すぐに病が治る、とされていました。 大唐西域記 だいとうさいいきき げんじょう三蔵法師が皇帝の命により作ったインド旅行記。 全12巻。 巻1… 34ヶ国 巻2… 3ヶ国 巻3… 8ヶ国 巻4… 15ヶ国 巻5… 6ヶ国 巻6… 4ヶ国 巻7… 5ヶ国 巻8〜巻9… 1ヶ国 巻10… 17ヶ国 巻11… 23ヶ国 巻12… 22ヶ国 の計138ヶ国について紹介されています。 金箔の仏像の話は、巻12に登場する22ヶ国中の一番最後に出てきます。 C Copyright 2015 Tobifudoson Shoboin. All Rights Reserved.

次の

丸太小屋レストラン びんずる

びん ずる さん の 胃袋

丸太小屋レストランびんずる びんずるのなぞ びんずるの名前の謎... オーナーがまだ長野県に住んでいた頃。 よくお世話に なっていた方と居酒屋でお酒を飲んでいました。 今度宮ヶ瀬でお店をはじめるのだけれど。 と言う話題になって、その時にその人に名前をつけてい ただきました。 お釈迦様の弟子の16人の事を「十六羅漢」と言うのだ そうです。 その中でも筆頭のお弟子さんの名前が「びん ずる」様だったのだそうです。 長野の善光寺は有名な仏教寺ですが、宗派に関係なく、 万人に対しありがたい御利益 があるそうでして、「びんずる」という名前になったのだそ うです。 長野の大きなお祭りの一つに「びんずる祭り」が あるそうですが、そこからもあやかっているようですね。 ちなみにその時飲んでいたお店の名前は「じょんがら」 あまり関係ないけど似ていませんか?。 知らず知らずのうちに、心が和みます。 びんずるログキャビンも、もちろんその一つです。

次の