カンクン 観光。 これで完璧!メキシコ・カンクンの観光スポット&ホテル情報

【旅*メキシコ】純白の美しいビーチが広がるカリブ海リゾート~カンクン(Cancun)~おすすめの観光スポット

カンクン 観光

こんにちは。 ライターのAicuです。 そのために、まずはカンクンのことを知ること。 それが、メキシコのカンクンです。 メキシコシティからは飛行機で2時間。 極上のバケーションを求めて世界中から観光客が訪れます。 ビーチ沿いにはたくさんのホテルが並んでいるので、街を見ながらぷらぷらするのも楽しいです。 シティの中心には大型のショッピングセンターがたくさんあるので、お買い物が好きな方はぜひシティを訪れてください。 とはいえ、やはり海外。 夜間に外出する人たちもたくさんいますが、女性1人で夜間に外出することや貴重品の管理には注意を払いましょう。 関連記事ページ:「」 Photo by いつでも暑いイメージのメキシコ。 そのイメージ通り、カンクンの年間平均気温は25. 9度です。 いつでも真夏の気候なので、世界中から暖かな気候、そして陽気な雰囲気を求め多くの観光客が訪れます。 また、1年中暑いといっても時期により気温差がみられるので、その中でもベストシーズンを狙っていくと存分にカンクンを楽しめるのではないでしょうか。 ベストシーズン 気になるベストシーズンですが、雨が少ない12~4月くらいがベスト。 ただし、メキシコのバケーション(セマナサンタの時期にあたる12〜1月上旬と3月下旬〜4月下旬)の時期は観光客が増える時期でもあるので、その時期を避けるならば1月中旬〜3月中旬がもっともいい時期だと言えます。 雨が多くなるのは5~8月で、この時期は気温が暑くなり30度以上の日も多くなります。 9~10月にはハリケーンの影響で飛行機の発着に遅れが出たり、遺跡やビーチなどの観光地も休業になったりするのでおすすめできません。 12月になると乾季が訪れ気温がぐっと下がり、最低気温が17度くらいになることもあるので、パーカーや上着は必須です。 低気圧の関係でさらに寒くなる日もあるので上着を余分に持ち歩くようにしましょう。 気温が下がる11~2月でも海に入ること可能ですが寒く感じることもあるので、ラッシュガードや薄手のウェットなどがあればバッチリ海も楽しるはずです。 服装 基本的には日本の夏服で大丈夫。 ただし、ホテルやレストランでは冷房が効きすぎて寒いことがあったり乾季の朝晩は肌寒く感じることもあるので、パーカーなど体温を調節できる上着はいつでも持ち歩くことをおすすめします。 また、高級ホテルのレストランなどではドレスコードがある場合が多いので、フォーマルな服を一着持っていくと、心配なく食事に行くことができ安心です。

次の

カンクンの治安は悪い?在住者が教えたい7つの注意点【2020最新】

カンクン 観光

もくじ• ぜひ行って欲しい!カンクン観光で必見の見所6つ まずは、「ぜひ行って欲しい!」とってもおすすめなカンクンの見所を6つ紹介します。 カンクン・ホテルゾーンのカリブ海ビーチ ホテルゾーンのカリブ海ビーチを見なかったら、カンクンに来たことにはなりません! 世界中の観光客が、このビーチを一番の目的にやってきます。 ホテルゾーンには、世界に名だたる高級ホテルがずらり。 ビーチを楽しむ=ホテル選びが重要! そして「絶対に知っておきたいこと」が、 カンクンの一番美しいビーチエリアの95%は、ホテルのプライベートビーチだということ。 つまり、せっかくカンクンに滞在するなら、このホテルゾーンエリアのプライベートビーチ付き高級ホテルに宿泊してのんびりするのが一番です。 特にカンクンの オールインクルーシブ・ホテル (食事やお酒、アクティビティが全て含まれるプラン)は、 世界No. 1のクオリティーだと言われています。 おすすめのツアー ツアー必要なし 自力で行く場合の難易度 場所 2. セノーテ(ドスオホス or グランセノーテ) 「透明度100m超え」と言われるほどに不純物の少ない淡水の泉「セノーテ」は、まさに奇跡景色。 特に水中で見る「青いカーテンの光」は、カンクンに行ったら絶対に見ておきたい「 ユカタン半島が生みだした、世界中でここでしか見られない絶景」です。 グラン・セノーテ 日本のTV番組でもよく特集される、一番人気のセノーテ• ドスオホス グランセノーテよりも大規模で、鍾乳洞も楽しめるセノーテ この2つは、 カンクン周辺では美しさ・透明度ともにナンバーワンだと言われています。 (だいたい一緒なので、どちらかに行ければOK! ) ツアーであれば、シュノーケルセットの貸し出しもあり、送迎もしてくれるので楽チン。 もあります。 ピンクラグーン 2016年からじわじわと口コミで広がった「ピンクラグーン」。 「世界で一番美しいピンクの湖」として海外旅行雑誌でも紹介され、今一番話題のスポットです! その名の通り「ピンク色の湖」で、 カンクンで最もインスタ映えするスポットとして有名になっています!「ピンクレイク」と呼ばれることもありますが、正式名称は「ピンクラグーン」です。 このピンク色は、着色ではなく 自然にできたもので、微生物の繁殖によってこのような状態になっています。 夏にはあまり綺麗に見えない時期もありますが、そこは運次第です。 冬の時期はほぼ100%美しいピンク色の湖を見ることができます! おすすめのツアー 今一番おすすめなツアーは、 自力で行く場合、ローカルバスをいくつか乗り継ぎます。 詳細はから。 自力で行く場合の難易度 場所 4. チチェンイッツァ遺跡 ここチチェンイッツァ遺跡は 古代メキシコの時代のピラミッドが目玉の古代遺跡。 マヤ文明において最も重要な遺跡だと言われ、カンクンから気軽に訪れることのできる中では数少ない ユネスコの世界文化遺産でもあります!! カンクン周辺の世界遺産はしていますが、チチェンイッツァ遺跡はその3つの中でも最も重要で、かつ、カンクンからのツアーもたくさん出ている見所。 チチェンイッツァ遺跡までは車で直行しても片道3時間かかるほど遠く、カンクンからの直行のバスは1日1,2本と劇的に少ないので、現地ツアーに参加するのがおすすめです。 (もしくは、遺跡に近い「」という小さな街に滞在して、そこからタクシーで行くこともできます。 おすすめのツアー で詳しく紹介。 チチェンイッツァに行く一番おすすめなツアーは、。 自力で行く場合の難易度 場所 5. イスラ・ムヘーレス島 カンクンの各港から、スピードフェリーで片道たった18分でたどり着く絶景の島「イスラムへーレス」。 「女神の島」という意味のこの島には、マヤの時代に女性の神様が祀られていました。 ここの1番の見所は、北部に広がる「プラヤ・ノルテ」というビーチ。 どこまでも続く遠浅のカリビアン・ビーチは感動的な美しさで、「 メキシコで最も美しいビーチ」と言われています。 (カンクンよりも美しいです!) 子供連れには嬉しいビーチ カンクンよりも波が穏やかなので、 小さい子ども連れにも安心です。 またカンクンのビーチは波が高く、たまに遊泳禁止になるほどなので、そんな日にはここに来れば穏やかな海を楽しめます。 また、カンクンのビーチにたまに大量漂着する「藻」の影響も、一切受けません。 (カンクンが藻で汚くなったら、ここに来ましょう!) 島内にはビーチ以外にも見所がたくさんあり、街中には可愛いストリートアートやお土産屋さんが溢れています。 で島の魅力や見所をいっぱい紹介していているので、参考にどうぞ。 して、島巡りもおすすめ おすすめのツアー ホテルゾーンにあるフェリー乗り場から気軽に行けるので、ぜひ自分で行ってみてください。 トゥルム遺跡 ここトゥルム遺跡も、マヤの古代遺跡。 考古学的な重要度で比べると「チチェンイッツァ遺跡」には遠く及ばず、また規模も小さいですが「 世界一美しいロケーションの遺跡」として知られています。 絶景カリブ海ビーチに面した遺跡で、「ビーチも一緒に楽しめる」ということで大人気です。 また、グランセノーテも近くにあるので、カンクン発のセノーテ・ツアーで一緒に訪れることが多いです。 場所 時間のある人におすすめな、カンクン観光の穴場的見所9つ ここからは、長期で滞在できる人向けに、 「 もし時間がなかったら2回目のカンクンに回してもいいかな、でも時間があればぜひ行ってほしい!」 という穴場的スポットを9か所紹介します。 セノーテ・イキル セノーテイキルは、ユカタン半島の中でも珍しい「 井戸型」の巨大セノーテ。 上にはジャングルが広がり、巨木の根が釣り下がりポタポタと雨水を落とす様子は、とても神秘的。 ここでは、泳ぐこともできます! チチェンイッツァ遺跡のすぐお隣にあるので、チチェンイッツァ遺跡でかいた汗を流すのにもうってつけ。 シカレ海洋公園 自然の地形をそのまま生かした水をテーマにしたエコパークです! 透明度抜群の川を下ったり、シュノーケルをしたり、洞窟を探検したり、盛りだくさん!夜にはカンクン最大規模のナイトショーがありマヤの文化を学ぶことができます。 カンクン周辺に数あるテーマパークの中で、一番人気です。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 送迎付きのチケットを購入するのがおすすめ。 海底美術館(MUSA) 海底に像を沈めて珊瑚の巣にするというクレイジーなプロジェクトによって誕生した、海底アート。 とてもユニークな見所です! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーのみ 4. コスメル島 「コスメル島」といえば、世界中のダイバーにとっての垂涎の地。 抜群の透明度に加えて、多種多様な珊瑚やトロピカルフィッシュなど豊かな生態系を誇るサンゴ礁の島で、固有種の宝庫です!シュノーケリングやダイビングがしたい人は、訪れてみるといいかも! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 プラヤデルカルメンからフェリーが出ています 5. ラグーン&ジャングル ユカタン半島は、ビーチだけでなく熱帯ラグーンやマングローブのジャングルも楽しめるトロピカルな土地。 ワニやフラミンゴなど、日本ではまず見られない レアな野生動物を発見することもできて、冒険好きにはとっても楽しいおすすめの見所です! ピンクレイクのすぐ近くなので、合わせていくツアーが一般的。 おすすめは、同方面の世界遺産「チチェンイッツァ遺跡」や「セノーテ・イキル」にも行けるセットツアーです! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーでのみ参加可能。 ・ ・ ・ (おすすめ) 6. 国立公園のサンゴ礁 カンクンの周辺には、浅瀬に 美しいサンゴ礁が広がっています。 国立公園にも指定され、シュノーケリングツアーなどで訪れることができます。 MUSA(海底美術館)と一緒に周辺のサンゴ礁もみられる初心者向けのシュノーケリング・ツアーもあり、そのセットツアー( )が特におすすめです。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーのみ 7. リオ・セクレト 直訳すると「秘密の川」。 カンクン周辺で最大規模の鍾乳洞があるセノーテ洞窟です。 自力で行くのは少し大変ですが、 この辺りで最も美しい鍾乳洞を見ることができます。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 8. プラヤデルカルメン 夕方〜夜が特に盛り上がる、散策できる規模のにぎやかな街です。 カンクンよりもお手軽なホテルも多く、お土産屋さんやダイビングショップ、カフェやレストランもいっぱい!いつでも活気があり、若い旅行者に人気。 セノーテやトゥルム遺跡に近いので、ふらっと寄るのがおすすめです。 見るべき度 買い物が楽しい街。 ショッピング好きはぜひ。 自力で行く場合の難易度 カンクンのダウンタウンから、直行バスが1時間に何本も出てます 9. パライソビーチ トゥルムの隣にあるパライソビーチは、穏やかな波と美しい青色が自慢の公共ビーチ。 トゥルム遺跡の隣にあるので、遺跡を見てから寄ることもできます。 トリップアドバイザーによると「 メキシコでNo. これで、それぞれの見所の位置関係を確認してください。

次の

カンクンのアウトドア アクティビティ ベスト10

カンクン 観光

もくじ• ぜひ行って欲しい!カンクン観光で必見の見所6つ まずは、「ぜひ行って欲しい!」とってもおすすめなカンクンの見所を6つ紹介します。 カンクン・ホテルゾーンのカリブ海ビーチ ホテルゾーンのカリブ海ビーチを見なかったら、カンクンに来たことにはなりません! 世界中の観光客が、このビーチを一番の目的にやってきます。 ホテルゾーンには、世界に名だたる高級ホテルがずらり。 ビーチを楽しむ=ホテル選びが重要! そして「絶対に知っておきたいこと」が、 カンクンの一番美しいビーチエリアの95%は、ホテルのプライベートビーチだということ。 つまり、せっかくカンクンに滞在するなら、このホテルゾーンエリアのプライベートビーチ付き高級ホテルに宿泊してのんびりするのが一番です。 特にカンクンの オールインクルーシブ・ホテル (食事やお酒、アクティビティが全て含まれるプラン)は、 世界No. 1のクオリティーだと言われています。 おすすめのツアー ツアー必要なし 自力で行く場合の難易度 場所 2. セノーテ(ドスオホス or グランセノーテ) 「透明度100m超え」と言われるほどに不純物の少ない淡水の泉「セノーテ」は、まさに奇跡景色。 特に水中で見る「青いカーテンの光」は、カンクンに行ったら絶対に見ておきたい「 ユカタン半島が生みだした、世界中でここでしか見られない絶景」です。 グラン・セノーテ 日本のTV番組でもよく特集される、一番人気のセノーテ• ドスオホス グランセノーテよりも大規模で、鍾乳洞も楽しめるセノーテ この2つは、 カンクン周辺では美しさ・透明度ともにナンバーワンだと言われています。 (だいたい一緒なので、どちらかに行ければOK! ) ツアーであれば、シュノーケルセットの貸し出しもあり、送迎もしてくれるので楽チン。 もあります。 ピンクラグーン 2016年からじわじわと口コミで広がった「ピンクラグーン」。 「世界で一番美しいピンクの湖」として海外旅行雑誌でも紹介され、今一番話題のスポットです! その名の通り「ピンク色の湖」で、 カンクンで最もインスタ映えするスポットとして有名になっています!「ピンクレイク」と呼ばれることもありますが、正式名称は「ピンクラグーン」です。 このピンク色は、着色ではなく 自然にできたもので、微生物の繁殖によってこのような状態になっています。 夏にはあまり綺麗に見えない時期もありますが、そこは運次第です。 冬の時期はほぼ100%美しいピンク色の湖を見ることができます! おすすめのツアー 今一番おすすめなツアーは、 自力で行く場合、ローカルバスをいくつか乗り継ぎます。 詳細はから。 自力で行く場合の難易度 場所 4. チチェンイッツァ遺跡 ここチチェンイッツァ遺跡は 古代メキシコの時代のピラミッドが目玉の古代遺跡。 マヤ文明において最も重要な遺跡だと言われ、カンクンから気軽に訪れることのできる中では数少ない ユネスコの世界文化遺産でもあります!! カンクン周辺の世界遺産はしていますが、チチェンイッツァ遺跡はその3つの中でも最も重要で、かつ、カンクンからのツアーもたくさん出ている見所。 チチェンイッツァ遺跡までは車で直行しても片道3時間かかるほど遠く、カンクンからの直行のバスは1日1,2本と劇的に少ないので、現地ツアーに参加するのがおすすめです。 (もしくは、遺跡に近い「」という小さな街に滞在して、そこからタクシーで行くこともできます。 おすすめのツアー で詳しく紹介。 チチェンイッツァに行く一番おすすめなツアーは、。 自力で行く場合の難易度 場所 5. イスラ・ムヘーレス島 カンクンの各港から、スピードフェリーで片道たった18分でたどり着く絶景の島「イスラムへーレス」。 「女神の島」という意味のこの島には、マヤの時代に女性の神様が祀られていました。 ここの1番の見所は、北部に広がる「プラヤ・ノルテ」というビーチ。 どこまでも続く遠浅のカリビアン・ビーチは感動的な美しさで、「 メキシコで最も美しいビーチ」と言われています。 (カンクンよりも美しいです!) 子供連れには嬉しいビーチ カンクンよりも波が穏やかなので、 小さい子ども連れにも安心です。 またカンクンのビーチは波が高く、たまに遊泳禁止になるほどなので、そんな日にはここに来れば穏やかな海を楽しめます。 また、カンクンのビーチにたまに大量漂着する「藻」の影響も、一切受けません。 (カンクンが藻で汚くなったら、ここに来ましょう!) 島内にはビーチ以外にも見所がたくさんあり、街中には可愛いストリートアートやお土産屋さんが溢れています。 で島の魅力や見所をいっぱい紹介していているので、参考にどうぞ。 して、島巡りもおすすめ おすすめのツアー ホテルゾーンにあるフェリー乗り場から気軽に行けるので、ぜひ自分で行ってみてください。 トゥルム遺跡 ここトゥルム遺跡も、マヤの古代遺跡。 考古学的な重要度で比べると「チチェンイッツァ遺跡」には遠く及ばず、また規模も小さいですが「 世界一美しいロケーションの遺跡」として知られています。 絶景カリブ海ビーチに面した遺跡で、「ビーチも一緒に楽しめる」ということで大人気です。 また、グランセノーテも近くにあるので、カンクン発のセノーテ・ツアーで一緒に訪れることが多いです。 場所 時間のある人におすすめな、カンクン観光の穴場的見所9つ ここからは、長期で滞在できる人向けに、 「 もし時間がなかったら2回目のカンクンに回してもいいかな、でも時間があればぜひ行ってほしい!」 という穴場的スポットを9か所紹介します。 セノーテ・イキル セノーテイキルは、ユカタン半島の中でも珍しい「 井戸型」の巨大セノーテ。 上にはジャングルが広がり、巨木の根が釣り下がりポタポタと雨水を落とす様子は、とても神秘的。 ここでは、泳ぐこともできます! チチェンイッツァ遺跡のすぐお隣にあるので、チチェンイッツァ遺跡でかいた汗を流すのにもうってつけ。 シカレ海洋公園 自然の地形をそのまま生かした水をテーマにしたエコパークです! 透明度抜群の川を下ったり、シュノーケルをしたり、洞窟を探検したり、盛りだくさん!夜にはカンクン最大規模のナイトショーがありマヤの文化を学ぶことができます。 カンクン周辺に数あるテーマパークの中で、一番人気です。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 送迎付きのチケットを購入するのがおすすめ。 海底美術館(MUSA) 海底に像を沈めて珊瑚の巣にするというクレイジーなプロジェクトによって誕生した、海底アート。 とてもユニークな見所です! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーのみ 4. コスメル島 「コスメル島」といえば、世界中のダイバーにとっての垂涎の地。 抜群の透明度に加えて、多種多様な珊瑚やトロピカルフィッシュなど豊かな生態系を誇るサンゴ礁の島で、固有種の宝庫です!シュノーケリングやダイビングがしたい人は、訪れてみるといいかも! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 プラヤデルカルメンからフェリーが出ています 5. ラグーン&ジャングル ユカタン半島は、ビーチだけでなく熱帯ラグーンやマングローブのジャングルも楽しめるトロピカルな土地。 ワニやフラミンゴなど、日本ではまず見られない レアな野生動物を発見することもできて、冒険好きにはとっても楽しいおすすめの見所です! ピンクレイクのすぐ近くなので、合わせていくツアーが一般的。 おすすめは、同方面の世界遺産「チチェンイッツァ遺跡」や「セノーテ・イキル」にも行けるセットツアーです! 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーでのみ参加可能。 ・ ・ ・ (おすすめ) 6. 国立公園のサンゴ礁 カンクンの周辺には、浅瀬に 美しいサンゴ礁が広がっています。 国立公園にも指定され、シュノーケリングツアーなどで訪れることができます。 MUSA(海底美術館)と一緒に周辺のサンゴ礁もみられる初心者向けのシュノーケリング・ツアーもあり、そのセットツアー( )が特におすすめです。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 ツアーのみ 7. リオ・セクレト 直訳すると「秘密の川」。 カンクン周辺で最大規模の鍾乳洞があるセノーテ洞窟です。 自力で行くのは少し大変ですが、 この辺りで最も美しい鍾乳洞を見ることができます。 見るべき度 自力で行く場合の難易度 8. プラヤデルカルメン 夕方〜夜が特に盛り上がる、散策できる規模のにぎやかな街です。 カンクンよりもお手軽なホテルも多く、お土産屋さんやダイビングショップ、カフェやレストランもいっぱい!いつでも活気があり、若い旅行者に人気。 セノーテやトゥルム遺跡に近いので、ふらっと寄るのがおすすめです。 見るべき度 買い物が楽しい街。 ショッピング好きはぜひ。 自力で行く場合の難易度 カンクンのダウンタウンから、直行バスが1時間に何本も出てます 9. パライソビーチ トゥルムの隣にあるパライソビーチは、穏やかな波と美しい青色が自慢の公共ビーチ。 トゥルム遺跡の隣にあるので、遺跡を見てから寄ることもできます。 トリップアドバイザーによると「 メキシコでNo. これで、それぞれの見所の位置関係を確認してください。

次の