てんほう。 麻雀ゲーム「天鳳」を無料でプレイする方法!Flash版の始め方も解説!

餃子てんほう(地図/千歳烏山・仙川/餃子)

てんほう

無線よりは有線の方が安全• 4GHz帯と5GHz帯の違い• マンションタイプによる混雑について この3つについて解説していきます。 無線よりは有線の方が安全 まずはこれは一般的に言われている話なのでご存知の方も多いと思いますが、回線切れという側面でいうと、 無線LANより有線LANの方が回線が安定すると言われています。 なぜかというと、 無線の方が障害物の影響を受けやすいため。 無線LANはルーターから発せられた電波が、空気中を電波が飛んでいきPCまで到達するという方式です。 なので間に 壁とかの障害物があるとその度にちょっとずつパケットロスや遅延が起きてしまいます。 一方の有線LANであれば、 PCまでの経路はLANケーブルという専用の道路が用意されているため、無線LANのように信号待ちをせず最短経路でロスなく到達することができるのです。 なので、 無線と有線でどっちも選択可能!という環境の人は有線にする方とちょっとだけ回線落ちしづらくなります。 4GHz帯と5GHz帯の違い 続いては主に無線の話になるのですが、回線の帯域の話です。 無線の回線としては大きく 2. 4GHz帯と5GHz帯があり、この2つの違いとして 5GHzの方が回線落ちしづらいと言われています。 なぜかというと 2. 4GHz帯の回線は別の機器でも使われており混み合っているため。 具体的には 電子レンジの電波なども2. 4GHz帯の通信を使っておりこれが影響して回線落ちにつながるリスクがありました。 実際、 天鳳のサイトでも電子レンジを使うと落ちることがあります、と書かれている。 一方の 5GHz帯では電子レンジなどの機器では使われない通信帯域であるため、他の影響を受けづらいと言えます。 マンションタイプによる混雑について 3つ目は契約しているプロバイダの回線の混雑です。 例えばフレッツひかりでは、 ファミリータイプとマンションタイプという区分があり、 マンションタイプは回線が切れやすいと言えます。 なぜかというと、 マンションタイプでは一つの回線をみんなで共有して使っているため。 他の住人と回線を使う時間がかぶると回線全体が混み合い、必要な通信速度を確保できず回線落ちとなることが多いのです。 究極的には、回線落ち者を攻めるか救うかという2択で、人格と勝率の天秤になることになります 回線落ち者の不利益を最大化する打ち筋は即打ち まずはマナーもへったくれもない勝率重視の戦い方です。 これは打牌スピードを速めるというのが効果的となります。 なぜかというと、回線落ちが起きている最中、回線落ち者はツモ切りしかできないため。 そして回線落ち者は一般卓とか上級卓くらいだと終局まで戻ってこないことも多いですが、特上卓、鳳凰卓くらいになると3〜5分くらいで戻ってくることが多いです。 なので、この戻ってくるまでの期間に如何にツモ切りをさせるかがポイントで、展開を早く回す意味で打牌スピードを上げると回線落ち者の不利益は上がり、相対的に残り三人の勝率もアップします。

次の

ご案内

てんほう

特徴 [ ] 利用料金は原則として無料であるが、最上位卓である鳳凰卓をプレイする際には課金が必要である。 またゲームには、を使用しているため、専用のをインストールすることなくでプレイできるのが大きな特徴である。 には課金者向けの版も登場した。 ただし、接続先のサーバや競技としての性質は無料版と同じである。 Windows版はグラフィックが充実し、牌譜解析や各種デザイン変更、BGM設定などの機能が追加されている。 、など複数のプロ団体では、天鳳での最高位にあたる天鳳位を達成したプレイヤーに対して、通常の入会試験を免除し、Bリーグ以上の高段リーグからの参加を認めた事例がある(いわゆる)。 概要 [ ] 天鳳には四人打ち麻雀と(サンマ)があり、それぞれに東風戦・東南戦が用意されている。 登録時には「新人」から始まり、着順に応じて1戦ごとに増減するポイント pt で昇級・昇段、および降級・降段が決まる。 段級位には新人、9級 - 1級、初段 - 十段、天鳳位の21の位が存在する。 四人打ちと三人打ちの段位は独立しており、四人打ちは天鳳位、三人打ちは新人といったこともありうる。 段位によって、プレイ可能な卓が変わる。 新人と級位者は一般卓しか利用できないが、1級以上のプレイヤーは上級卓を、四段以上かつR1800以上のプレイヤーは特上卓を、七段以上かつR2000以上の課金プレイヤーは鳳凰卓を利用できる。 なお、現在の有料会員資格 課金額 は、28日あたり500円または30日あたり540円に設定されている。 段位制度 [ ] 天鳳における実力評価は、レーティング制と並行して段級位制を採用している。 新人から1級までは降級がなく、20 - 100ptを獲得すれば次の級位に昇級することができる。 一方、初段以上ではポイントが0ptになると降段となる。 例として、八段から九段に昇段すると九段1800ptを保持した状態になる。 ここから対戦を繰り返し、ポイントが3600ptを越えると十段に昇段する。 逆にポイントが0ptを下回ると八段に降段してしまう。 天鳳のポイント制度の特徴として、4位(ラス)のポイント減が非常に大きい点が挙げられる。 やがある麻雀では、1位とラスを交互に繰り返しても通常収支はプラスになるが、天鳳においては三段以上になると1位とラスを繰り返していればポイントは減っていくことになる。 段位が上がるごとにラスのポイント減が大きくなり、十段にもなると、鳳凰卓での対戦であっても1回のラスによるポイント減を取り戻すには2回の1位が必要になる。 そのため、4位を逃れる戦術(ラス回避)が重要な戦略となる点が、巷間で主流のトップ重視ルールと異なる。 また、素点は反映されない純粋な順位戦である。 十段から昇段すると 天鳳位となる。 天鳳位となると降段することはなく、公式サイトに永久にユーザー名が記載されるなど、殿堂入りの扱いを受ける。 2019年3月現在、四人麻雀では延べ14人 、三人麻雀では延べ15人の天鳳位が誕生している。 25000点持ちの30000点返し(三人麻雀は35000点持ちの40000点返し)• ・・・あり• あり(頭ハネなし)• オーラス1位に限りアガリやめ・テンパイやめあり• 流局(三人打ちの三家立直は続行)• オーラス終了時に全プレイヤー30000点(三人麻雀の場合は40000点)に満たない場合、東風戦の、東南戦のあり• 一巡あたり最長15秒、速卓では7秒。 その巡目での持ち時間が切れると強制でツモ切りになる などは全ルールに共通している。 四人打ちは、さらに4通りのルールが選択可能である。 なしなし - 、喰いあり赤なし 喰 、喰いあり 喰赤 、喰いあり赤あり・持ち時間半分の速卓 喰赤速 が用意されている。 それぞれについて、東風戦・東南戦の双方が選択可能であり、計8種のルールが存在することになる。 三人打ちはいわゆる純粋ツモ損の点数計算が採用されており、基本の点数計算は四人打ちとすべて同じだが、ツモ和了の際、空席にあたる子の一人分がもらえないルールとなっている(詳細はを参考)。 採用役やロン和了の点数、ツモ和了の際に親・子の一人あたりから貰える点数は全て四人打ちと同じである。 また、北はである。 採用役 [ ]• プロ団体や雀荘などで一般的に採用されている役27種、役満13種が採用されている。 ・・などのローカル役は採用されていない。 単騎待ち、十三面待ちなどはシングル役満。 純粋役満同士の複合は可能。 13翻以上は数え役満。 数え役満と役満は複合しない。 は25符2翻扱い。 は20符2翻扱い。 が採用されているが、和了としては認められておらず、流局時の料精算を満貫ツモの精算に置き換えることで成立している。 よって、流し満貫が成立しても、親が聴牌していれば連荘となる。 この場合親はテンパイ料はもらえず、純粋に4000点の支払いとなる。 三人麻雀は北のを採用している。 北は役満でない手牌でも和了形に使用でき、常にオタ風である。 北待ちの役ありテンパイは他家の北抜きでもロン和了できる。 北は抜きドラとして使用した場合は何枚使っても0符で、和了形にはカウントされず、1枚抜くごとに手牌に抜きドラの1翻がつく。 ドラ表示牌が西の場合、通常のドラと抜きドラで重複してカウントされ1枚あたり2翻以上になる。 抜かないで手牌で使う場合はドラ扱いにはならない。 抜きドラは役ではないためそれ単体では和了できない。 三人麻雀特有の役(大車輪・マンズ混一色など)は採用されていない。 北ドラ絡みのものを除けば、採用役は全て四人打ちと同じである。 ただしは実現できない。 三人麻雀で北を抜いて嶺上牌でツモ和了すると常に嶺上開花がつく。 また北を抜くと他家のリーチの一発、ダブルリーチ・地和が消えるなど、鳴きと似た効果を発揮する。 待ちが変わらなければ、聴牌形が変わるリーチ後の暗カンが認められている。 待ちさえ変わらなければ、役が消えてもアガリ牌であっても全てカンできる。 その他 [ ]• 途中退室、再入室を5回繰り返すと、強制的に対局に復帰できなくなるが、他の新しい卓につけるようになる。 フリー対戦のほかに、知り合いのプレーヤーと対戦できる個室・大会運営用のロビーも作成・管理できる。 最近の試合の対戦記録も残すことができ、それを再生することも可能。 特に、鳳凰卓での対戦の牌譜は全てが公開されているのが大きな特徴である。 ランキングが約20分毎に更新され、自身のレート、順位、、ドラ数などの順位がWebページ上に随時発表される。 テストプレイではツモ切りのコンピューターと対戦でき、各種調整ができる。 またミニゲームとして、麻雀牌を使ったパズルも用意されている。 2010年8月22日、登録者数100万人突破。 2017年2月18日、登録者数400万人突破。 2017年5月、過去の不正行為が明らかになった天鳳位が除名処分。 2017年12月17日、4代目天鳳位・すずめクレイジー(石川遼)が日本プロ麻雀連盟へ特例のB2所属で入会 下位7リーグを飛び越しての参加。 通常であれば下位全リーグを全て1期抜けしても到達には3年半かかる。 入会試験も特例で免除された。 2018年3月2日、初代天鳳位・ASAPIN()が最高位戦日本プロ麻雀協会に特例のB1所属で入会 下位6リーグを飛び越し。 2018年12月、3代目天鳳位・独歩()が最高位戦日本プロ麻雀協会に特例のB2所属で入会 下位5リーグを飛び越し。 主な天鳳プレーヤの麻雀戦術書 [ ] この節はのような記述内容になっています。 に沿ったの記述内容に、してください。

次の

天鳳アカウント藤井聡太が16代目の天鳳位に なんと5代天鳳位の太くないおさんのサブID!サンマとのダブル天鳳位を達成!

てんほう

本日1 月25日、皆さんが待ちに待った天鳳のアプリ版がリリースされました! ただ、には「中身はスマホweb版です」と書いてあるので、もともとスマホで天鳳をしていた人にはあまり目新しさはないのかも? ただ自分はもっぱらPC派だったので、これを機にスマホ天鳳デビューをしてみようかと思います! ということでさっそくアプリをインストール。 ここで家に帰らないとIDが分からないことに気付き、しぶしぶNo nameでテストプレイをすることに。 仕事中に堂々と天鳳ができるという千載一遇のチャンスを逃してしまいました。 (「天鳳IDぐらい暗記して当たり前」というガチ勢の皆様の意見は受け付けておりません。 ) まずは縦画面でプレイしたのですが、自分はどうもこの四角を押して牌を捨てるのが苦手みたいです。 最初はタップミスをしそうで怖かったですが、慣れてくるとむしろ牌を直接タップする方がだいぶやりやすいですね。 牌を捨てるボタンが上下2段にならんでいて、上段1番左が手牌の 、下段の1番左が 、上段の左から2番目が というように上下のボタンが交互に対応しています。 ただ自分はiphone6sを使っているので、このデバイスより画面が小さいと少し大変かもしれません。 細いタッチペンみたいなものがあると楽かも。 次は横画面。 こうすると牌をタップするのがぐっと楽になりますね。 両手で操作しないといけないのはありますが、操作のしやすさは断然横画面ですね。 今回はテストプレイでしたが、通常の段位戦を打てば牌譜もきちんと残るみたいです。 ということでアプリ版天鳳を打ってみましたが、とくに問題もなくスムーズにプレイすることができました。 七段降段間際で絶賛保存中の私ですが、これからは通勤時間などでちょびちょび打つのもいいかも知れません。 そういえば「プレイ中に電話がかかってきて回線が切れてキレそう」というツイートをよくみかけた気がしたのですが、自分はweb版、アプリ版ともに回線切れになりませんでした。 さすがに改善されたんでしょうか。 っていうか何回もしてるから。

次の