ウィンドウ 枠 の 固定 縦横。 Excel 「ウインドウ枠の固定」で気配りしよう。手間を掛けないように。

[Googleドキュメント] スプレッドシートでウインドウ枠の固定

ウィンドウ 枠 の 固定 縦横

ウィンドウ枠の固定で行と列を固定して表示する 行と列の固定とは 行と列の 固定とは、前述のとおりエクセルのヘッダー部分や左端の列のいずれか、或いは両方をロックし、画面をスクロールしても動かない状態にする表示方法です。 ここで使えるのが「 ウィンドウ枠の固定」 Freeze Panes という機能です。 ウィンドウ枠の固定の設定方法 ウィンドウ枠の固定のメニューは、「表示」タブの中にある [ウィンドウ] セクションの中にあります。 アイコンをクリックすると用途に応じた3つのメニューがあります。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定 はエクセルの列と行、縦と横を両方ロック します。 ロックしたい行数や列数は任意で設定ができます。 例えば下図のような表があったとします。 そして、下方向や右方向にスクロールしたときにロックしたいエリアを下の赤いエリアとします。 するとセルB3を境として、行は2行目までが固定され、列は1行目が固定されます。 実際にスクロールしてみると、、、 お分かりいただけるでしょうか? 3行目、あるはB列がスクロールによって隠れてしまっても、A列と1・2行目はロックされて表示されています。 先頭行の固定 先頭行の固定 はシートの 1行目(先頭行)だけをロック します。 事前に 特定のセルを選択しておく必要はなく、「先頭行の固定」をクリックするだけで1行目がロックされます。 先頭列の固定 先頭列の固定 はシートの 1列目(A列)だけをロック します。 こちらも事前に 特定のセルを選択しておく必要はなく、「先頭列の固定」をクリックするだけで1列目がロックされます。 ウィンドウ枠の固定の解除 意外とユーザーを戸惑わせるのが、設定したウィンドウ枠の固定を解除する方法です。 解除方法は上記「ウィンドウ枠の固定」「先頭行の固定」「先頭列の固定」、いずれの場合も同じ手順で解除できます。 ここをクリックするだけで固定が解除されます。 ウィンドウ枠の固定ができない原因は? ウィンドウ枠の固定ができないという方も、この記事を上から順に読んでいただければきっと解決するとは思いますが私なりにできないケースを推察しました。 適切なセルを選択していない ウィンドウ枠を固定する際のキモは、 境目となるセルを正しく選択することです。 上で述べてきた例でいうと、セルB3を選択しましたか?ということです。 「分割」をクリックしている 知恵袋で拝見したのですが、『勝手に表のど真ん中を4分割してしまいます。 』といったお悩みがありました。 この症状もセルの選択位置に問題があるのですが、シートの真ん中あたりのセルを選択した状態で、メニューの「分割」を使った時の症状ではないかと思われます。 「分割」は「ウィンドウ枠の固定」のすぐ右側にあるので、誤解される方もいるのではないでしょうか。 これはこれで状況によって役に立つと思います。 ウィンドウ枠の固定を印刷に反映 ウィンドウ枠の固定の設定は印刷には反映しません。 あくまでも画面表示上だけの効果です。 先頭行や先頭列を固定して全てのページに印刷したいときは「タイトル行の設定」をする必要があります。 前回の記事でピックアップしているので興味のある方はそちらもぜひご覧ください。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 シート操作・並べて表示 エクセルの複数の シートやファイルを横に並べて表示する方法・並べて比較する方法について解説。 よく寄せられる『並べて表示できない』『並べて比較できない』といった質問にお答えします。 テーブル エクセルで設定した テーブルを解除する方法。 テーブルは便利ですがちょっと使い勝手が悪いところもある。 テーブルを解除するとデザインはそのままで書式編集が可能になるのです。 オートフィル 「オートフィルオプション」、使いこなしていますか?Excelを使っていると、セルの値や数式を下方向や横方向にコピー(オートフィル)する機会が頻繁に訪れますが... シート操作 エクセルでシートをコピー・移動する方法とエラー対策についてまとめました。 Excelでシートのコピーが できない、エラーになるという方は是非ご覧ください。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。

次の

『ウィンドウ枠の固定』で複数行固定することは可能でしょうか?

ウィンドウ 枠 の 固定 縦横

Windows10、1809です。 今まで使ったことがなかったEdgeをはじめて使ってみました。 立ち上げると最大化されたウインドウがモニタ画面いっぱいに表示されます。 使いづらいので最小化し、縦横の幅を調整して使いますが、いったん終了して再度立ち上げるとそのサイズではなく、再びモニタ画面いっぱいに最大化されて表示されてしまいます。 タスクバーで「ウインドウを左右に並べて表示」をしても効果がありません。 何度やっても駄目です。 何が悪いのでしょうか。 Edgeのサイズの固定化はどうしたら出来るでしょう。 以前のIEではこんなことはありませんでした。 Edge以外のウインドウはすべて問題ありません。 今のままでは使いづらいので使う気になりません。 最大化の状態で右上の図に示す部分をクリックするとサイズ変更可能な状態になります。 次回はそのリサイズした状態で開くはずです。 これはEdgeの機能ではありません。 有り難うございます。 ご指示どおり最小化して閉じると、再度開いたときそのサイズ(最小化されたサイズ)では開かれますが、サイズ調整で上下をモニタいっぱいに伸ばすと、サイズと位置がキャンセルされてしまうらしく、(Ctrtキーを押して閉じても)次の立ち上げでは最大化されてしまいます。 上下を少しでも開けておくと大丈夫です。 IEを含め、ほかのアプリのウインドウではこういうことはありません。 上下をモニタいっぱいに伸ばしておいても、(Ctrlキーを使わなくても)そのサイズと位置で開きます。 Edgeだけが違います。 なぜでしょう。

次の

縦横見出し:ウインドウ枠の固定

ウィンドウ 枠 の 固定 縦横

・表の一番左上のセルA12を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすく12行目全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 11行目で表が固定され、12行目以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する Excelで複数の列を固定したい場合の手順 1 まずは、固定したい列の、次の列を選択します。 例えば、 シートのH列までを固定する場合は、I列を選択します。 ・表の一番左上のセルI1を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすくI列全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 表がH列目で固定され、I列以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 固定した複数の行と列を解除する 固定した複数の行を解除したい場合の手順 1 11行目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 固定した複数の列を解除したい場合の手順 1 H列目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、「ウィンドウ枠の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 まとめ Excelの「ウィンドウ枠の固定」を使えば、複数の行や列を固定、それを解除するのも簡単にできます。 Excelで表データなどを作成する際、このやり方を覚えておけば、さまざまな場面で役に立てられるでしょう。 (学生の窓口編集部).

次の