移動 式 オービス 対策。 移動式オービスの増加でスピード違反検挙数増加に対策はあるのか? | BMWとABARTH、夢の2台持ちの社長ですがなにか?

本当にレーザー&レーダーパトカーにはお手上げなの? 2019年交通取り締まりの傾向と対策! Part2【交通取締情報】|MotorFan[モーターファン]

移動 式 オービス 対策

ネットで買える海外のレーザー式オービス探知機は効果なし オービスは、 ・一般道は30km/h以上 ・高速道路は40km/h以上 で作動するといわれいます。 (赤切符以上の悪質なスピード違反がオービスでの取り締まり対象となっているといわれています。 ) 赤切符は、違反点数6点以上で、一発免停となります。 仮にオービスで撮影されたとなると、違反点数は以下のようになります。 スピード違反をする方が悪いといえばそうなのですが、お財布の中身と少ない免許点数は守りたいですよね。 しかも、近年は、 レーザー式移動オービスが登場して、スピード違反の取り締まりは、今後、さらに厳しさを増すとされています。 レーザー式移動オービス(レーザー式オービス)とは、3Dスキャンで対象車種の速度を測定でき、移動もかんたんにできるので、道幅が狭いところなどでも取り締まりができるというオービス(自動速度違反取締装置)です。 移動式オービスで取り締まりが厳しくなり、お財布の中身と免許点数を守るためには、どうすればいいのでしょうか? カー雑誌『ベストカー』が、オービスなどの情報に詳しい「ラジオライフ編集部」(刊/三才ブックス)に聞いてみたところ、現状は、有効な手段はないそうなんです。 私どもは、交通ジャーナリストの今井亮一氏が警察に情報公開請求をして出てきた仕様書を掲載したりしましたが、重要なところはやはり隠されていましたし。 (引用元:ベストカー) このように、今のところは、レーザー式移動オービスに対する有効な手段はないんです。 アマゾンなどで、ロシア向け(と思われる)レーザー式オービス対応の探知機がありますが、「ラジオライフ」さんがテストしたところ、効果はなかったそうなんです。 結局のところ、今は、日本のレーザー式移動オービスに対応している探知機は存在しないので、これまでのオービスような効果的な対応手段はないんです。 とはいっても、全く対応手段がないわけではないんですよ。 レーザー式オービスへの効果的な対応手段は「位置情報の共有」 レーザー式移動オービスへの対応手段としては、オービスがあると知らせてくれるアプリ「オービスガイド」が行っている「 位置情報の共有」が効果的なんです。 なんかイメージ的に、戦闘機がロックオンされた時みたいな警報が鳴るとカッコいいって思うんですよ。 まあ、現状、日本で使えるレーザー式対応の探知機がない以上、 「オービスガイド」さんがやっているような、目撃情報をネットに上げて、その位置情報を共有するっていうのが、唯一の有効な対抗手段じゃないですかね。 (引用元:ベストカー) このように、目撃情報を共有することが、現状、レーザー式オービスの唯一の効果的な対抗手段なんです。 実は、私は有料版の「オービスガイド」アプリを持っています。 オービスガイドは、お財布の中身と免許点数を守りたいドライバーにとって強い味方です。 オービスが近くにあると警告音で知らせてくれ、有料版はネズミ捕りも教えてくれます。 この便利アプリ「オービスガイド」に新機能が追加されて、レーザー式オービスにも対応したんです。 新機能の内容とは、まさに上で説明しているとおり、「 レーザー式オービスの目撃情報をユーザーがアップして共有する」というものです。 「探知機で感知できないから、ユーザーが協力し合って助け合う」という機能なんですよ。 iSというマークが、レーザー式移動オービスです。 オービスガイドには、有料版と無料版があって、違いは、• 有料版は、オービスを通過したときの車の速度や通過履歴がわかる• ネズミ捕り、検問ポイントを音声で警告してくれる だけです。 無料版でもレーザー式移動オービスに対応していて、かなり便利なアプリですよ。 ですが、今後、レーザ式オービスに対応した探知機がでる可能性もあるんです。 カー雑誌『ベストカー』が、レーダー探知機やリモコンエンジンスターターなどで有名な「ユピテル」に話を聞きました。 「具体的に」っていわれると、お答えできませんが。 (引用元:ベストカー) このように、ユピテルさんは、レーザー式移動オービスに対応できる探知機を開発しているようなんです。 ユピテルさんいわく、レーザーを利用しているので、テレビのリモコンなどに使われている技術が近いのでは…と考えているようです。 とはいっても、すぐにレーザー式オービスに対応した探知機が出るわけではないようで、発売はまだまだ先のようです。 車を運転するドライバーとしては、お財布の中身と免許点数を守るために、少しでも早くレーザー式オービスに対応した探知機を出してもらいたいですね。 まとめ 近年増えているレーザー式移動オービスへの友好的な対応手段は、「目撃情報の共有」しかありません。 オービスの位置を知りたいという人は、ぜひ「オービスガイド」を使ってみてください。 無料版でも便利なアプリですよ。 オービスガイドの公式サイトは•

次の

移動式オービス違反速度の通知はいつくるの?フラッシュの光り方や対策アプリも紹介!

移動 式 オービス 対策

以前から懸念してた新型の可搬型小型オービスの運用が本格的に始まっているようです。 レーザー式は、3Dスキャンによって対象物を立体的に捕捉し、その捉えた立体の移動時間と距離によって速度を測定する。 それも、1台のみならず、平行して走るクルマの速度も測定できる。 実際にどう運用されているかはまだ明らかにされていないが、その気になれば複数台を1度に検挙することも可能なのだ。 つまり、計測されているクルマを抜かしてしまった場合、同時に計測&撮影されてしまうこともあり得る、というわけだ。 もちろん、ナンバー別に速度が記録されるし、高性能カメラによって複数のドライバーの顔を撮らえられる=1枚の写真で2台の違反を特定することもできるはず。 違反車のクルマを測定し、停止させてサイン会場に誘導していた従来のやり方を思えば、比較にならないくらい取り締まり効率がアップすることは間違いない。 さらに、レーザーパトと同じく、対向車線を走るクルマだって取り締まり対象にできる。 そして取り締まりに際して無線免許を必要としないというのも絶対の強みとなる。 現在各都道府県警への徐々に導入されているのが、東京航空計器製のLSM-300という三脚式の可搬型小型オービスです。 上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサー 小型なのでどこにでも設置でき、生活道路での取締りから始まったようですが、生活道路での速度超過ばかりを取り締まっていたら交通事故が減ってしまいます。 ので、予想通り幹線道路での取締りに移行しつつあるのが現状のようです。 固定式オービスは場所を覚えるかGPS式の探知機を積めば光らせずに済みます。 ネズミ捕りは厄介ですが、サイン会場の設置などで設置できるポイントが限られているので、地元ドライバーならよくどこでやっているかを理解しておけばこれも避けられます。 しかし、この新型可搬型オービスは、それこそどこにでも設置出来て、写真を撮って後でドライバーを呼び出して切符処理すれば良いので、警察にとっては夢の装置です。 何か対策はないのでしょうか? 現時点で考えられる3つの対処法を紹介しておきます。

次の

探知機が使えないレーザー式移動オービスへの対策は?免許点数を守れ!

移動 式 オービス 対策

移動式オービスの基本情報 まず、はじめに移動式オービスを詳しく知らない人のために、移動式オービスの基本情報を解説していきます。 移動式オービスは、 従来のオービスと同様に自動車の速度違反を取り締まることを目的とした装置です。 正式名称は「可搬式速度違反自動取り締まり装置」といい、従来の固定されたオービスとは違い簡単に移動できることが特徴です。 たった10キロ程度の速度超過であっても罰金を取られてしまったケースも過去には存在しますので、くれぐれも気を付けましょう。 通常のネズミ捕りとはどう違うのか 次にオービスとネズミ捕りの違いを具体的に見ていきましょう。 一般的にネズミ捕りと呼ばれる取り締まり方法は、スピード違反をした車をその場所で警察官が呼び止めて違反切符を切っていく作業の事を表します。 ネズミ捕りには、少なくとも警察官2名程度が必要で違反者が逃走しないために警察車両や白バイの手配が必要になります。 つまり ある程度広い道路ではないとネズミ捕りを実施することはできないのです。 ある程度広い道路に限定されるとなると、国道などに限られますので場所の特定もしやすく速度超過に気を付けたほうが良い場所の大体の把握は可能です。 しかし、 移動式オービスは生活道路のような狭い道・道路であっても簡単に設置可能です。 日々移動し続ける移動式オービスは、ネズミ捕りよりも遥かに恐ろしい取り締まり方法であると言えます。 移動式オービスの導入場所は増えている 2016年に始めて埼玉県で移動式オービスの1種である「仮固定式オービス」が導入されました。 それから4年経過した現在では、沖縄、鹿児島、山口、徳島、茨木、新潟を除いた全ての県で移動式オービスが導入されており、現在導入されていない残りの6県も2年以内には導入される予定です。 あなたの住んでいる地域も今は大丈夫であっても、今後移動式オービスが導入されてくるかもしれません。 移動式オービスによる取り締まりを避けるためにも、移動式オービスの種類をしっかりと理解しておきましょう。 移動式オービスの種類 それでは、移動式オービスの種類についてです。 移動式オービスには大きく分けると下記の 5つの種類があります。 半可搬式 LSM-300HK• 仮固定式 Sensys SSS• 可搬式 LSM-300• 仮固定式 LSM-100-K• 可搬式 Sensys MSSS それぞれの特徴を見ていきましょう。 オービス装置からレーザーを出し、車の速度を計測することが特徴で数日間無人で運用されているケースの数多く報告されています。 Sensys SSSは仮固定式オービスの1種であり、 移動式オービスとして全国で初めて導入されて話題になったオービスです。 移動式オービスの中では、古く中型~大型の機種になるので視覚的にも気づきやすく、レーザー式ではなく、 レーダー式の為2017年前後のレーダー受信機であっても反応することが特徴といえます。 小型の為、持ち運びしやすい上にレーダーによるハ探知は現時点では出来ないと言われていますので、注意が必要です。 置き場所が毎回ほぼ固定されているので、場所の把握がしやすく生活圏内の道路の場合はレーダー探知機を導入しなくても対応可能です。 精度が良いため、レーダー探知機を受信した頃には既に超過速度で取り締まられていた等の口コミが多くみられる注意レベルの高いオービスと言えます。 移動式オービスによる取り締まりの怖さ 次に移動式オービスとオービスの具体的な違いや、取り締まりの恐ろしさについて見ていきましょう。 この為、 日ごろから、ネズミ捕りに注意してレーダー探知機を気にしている人であっても簡単に取り締まりに合ってしまいます。 一部仮固定式のSensys SSSのようにレーダー式の移動式オービスもありますが、基本的にはレーダー式対応の探知機では移動式オービスの対策にはならないことを、頭に入れておきましょう。 従来のオービスやネズミ捕りなどの取り締まりは、人員が必要である為ある程度時間帯を読み取ることが出来ましたが、移動式オービスでの取り締まりの時間は早朝、深夜問わず神出鬼没な事が特徴と言えます。 従来のオービスでは、固定オービスの手前に事前警告の看板が設置されていました。 その為、見慣れない道路を運転している際以外では事前に取り締まりを実施しているという事を知ることが出来ます。 しかし、 移動式オービスの大半はこの事前警告の看板がなく事前の予測はほぼ不可能なのです。 移動式オービスの対策は? ここまで移動式オービスの恐ろしさを見てきました。 これらの恐ろしさをみると、移動式オービスは対処法のない運転手にとって最悪の取り締まり方法かと思うかもしれませんが、そんなことはありません。 下記の2つの方法を上手く活用すれば、移動式オービスに怯える必要はなくなりますよ。 移動式オービスガイドとは、 全国で移動式オービスが設置されている場所を動画や画像で細かく情報共有したサイトです。 日常でよく使用する道路を登録しておくと、取り締まりの際に通知がくる通知サービスなど、嬉しい機能が盛りだくさんですよ。 実際に取り締まっている状況まで動画で見ることができますので、あなたの生活圏内で実施されていないか一度確認しておくことを、おすすめします。 レーザー受信対応探知機とは、簡単に言えば 移動式オービスの発するレーザーを感知して取り締まりの危険を運転手に教えてくれる装置のことです。 サイズはスマホサイズからバックミラーに搭載したタイプまで様々な商品展開をしており、車のインテリアを損なうことなく設置できるので、大変おすすめです。 レーザー受信対応探知機の金額はメーカーによりますが20,000円~30,000円前後で購入できる場合も多く、 速度違反で罰金に合う事を避けられるのならとてもリーズナブルな価格と言えるのではないでしょうか。 安全運転を心がけて移動式オービスに気を付けよう 今回は移動式オービスについてのまとめでした! 移動式オービスは、通常のオービスとは違い無人で狭い道路でも設置できる運転手にとって危険な取り締まり装置であることが解りました。 しかし、 移動式オービスガイドやレーザー受診探知機を用いる事により取り締まりの危険性を最小限にまで減らす対策はできます。 事前に移動式オービスの種類や形を把握しておくことで、取り締まりに気づける可能性もグッとあがりますので、是非、当記事を参考にして取り締まりに怯えることのない素敵なカーライフを送ってくださいね! その他の関連記事はこちらから.

次の