イザベル ドラマ。 見どころ

「イサベル~波乱のスペイン女王~」のというドラマの中でフェルナン...

イザベル ドラマ

この節のが望まれています。 戦乱ので、と2番目の王妃イサベルの子供として生まれたイサベルと弟アルフォンソは、異母兄エンリケ4世によって母と共に追放され、苦難の日々を送る。 やがて宮廷に戻されるも、王位継承をめぐる争いに巻き込まれる。 弟は反エンリケ派に担がれ「国王」と名乗るも急逝する。 国王と後妻の娘の出自が疑われ、イサベルは王位継承権を勝ち取る。 登場人物 [ ]• - () カスティーリャ王女、のちのカスティーリャ女王。 - () アラゴン王太子、のちのアラゴン国王。 - カスティーリャ国王、イサベルの異母兄。 - カスティーリャ王妃、エンリケ4世の2番目の妻。 - カスティーリャ王子、イサベルの同母弟。 ゴンサロ・チャコン - イサベルの家庭教師、側近。 - イサベルの母、カスティーリャ前王妃。 - イサベルの護衛兵士。 カリーニョ - 大司教。 パチェコ -• - イサベルの聴罪司祭。 - エンリケ4世とフアナ王妃の一人娘。 派生作品 [ ] この節のが望まれています。 続編として娘、孫を主人公にした作品が制作された。 『 ()』( La corona partida)• 『 ()』( Carlos, Rey Emperador) 出典 [ ]• チャンネル銀河『イサベル〜波乱のスペイン女王〜』 番組紹介ページ 脚注 [ ]• 2019年7月25日閲覧。 イサベル〜波乱のスペイン女王〜. 2019年7月27日閲覧。 イサベル〜波乱のスペイン女王〜. 2019年7月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレムのシーズン2のイサベラ王女についての質問...

イザベル ドラマ

1843年、画 にフェルナンド7世が死去すると、3歳のイサベルが女王となることが宣言され、母マリア・クリスティーナがについた。 初めにがスペイン王位についたとき、女系継承を禁じるを王位継承法に導入していたが、イサベルが生まれた1830年、フェルナンド7世は(議会)によってを廃し、ボルボン朝以前のスペインのかつての王位継承法を復活させた。 これによってイサベルの王位継承が実現したのである。 しかし、ポルトガルに追放されていたフェルナンドの弟は、サリカ法に基いて自身の王位を主張し、カルロス5世として即位を宣言した。 議会および主要政党のモデラート党(カスティーリャ保守党)、進歩党は、イサベルの即位をフェルナンド7世時代の絶対君主制を覆し、と議会に基づく政府を再建する機会ととらえ、女王を支持し、復古的な絶対王政を主張するカルロスに反対した。 これに対し、カルロスを支持する教会や貴族を中心とする「カルリスタ」(カルロス派)は反乱をおこし、7年間に及ぶ内戦、が勃発した。 最初はカルリスタ軍が優勢であったが、議会はなどの教会組織を解体、その財産を没収してカルリスタの基盤を崩すとともに、政府の財務建て直しを目指した。 イサベル軍の将軍の活躍や、カルリスタ内の分裂などにより、1839年に休戦を迎え、イサベルの王位が確定した。 なお、カルロスとその子孫を支持するカルリスタは、王位継承を主張してその後も19世紀中に2度、戦争を行なっている。 カルリスタ戦争終結後、1840年に進歩党を率いるエスパルテーロによるクーデターが起き、マリア・クリスティーナは摂政を辞任して亡命し、翌年エスパルテーロが摂政に就任した。 エスパルテーロは、教会財産の国有化や自由貿易など急進的な政策を推し進めたが、1843年、マリア・クリスティーナ派の将軍および将軍によるクーデターにより解任された。 オドンネルらは内閣を形成し、を首班に迎えて、議会に13歳のイサベルの親政を認めさせた。 結婚と子供 [ ] 3年後の、モデラト党は王の支持に基づき、16歳のイサベルを、父方母方ともににあたるカディス公と結婚させた。 また同日、妹のもルイ・フィリップの末子モンパンシエ公と結婚した。 フランスと結ぶモデラート党は、この結婚によってフランスとの関係を強固にし、自党の地位を安定させようと図ったが、スペイン・ボルボン家とフランス・ブルボン家の結びつきを警戒するは、復活を目指す進歩党を支持するとともに、イサベルととの婚姻を進めようとしていたため、結果としてこの結婚は英仏間の関係を悪化させた。 また、女王姉妹たちにとっては、いずれも不幸な結婚であったと言われる。 フランシスコには不能や同性愛者であるという噂があった。 女王の子供は父親が違うと噂され、例えばカルリスタは、王太子の父は近衛大尉であると主張した。 親政 [ ] イサベル2世はからまで親政をとったが、この間、軍や党派、近臣間の対立により幾度ものクーデターや陰謀が繰り返された。 からまではモデラト党が支配したが、エスパルテーロとオドンネルが結んだ革命で進歩党政権に代わった。 しかしエスパルテロはすぐにオドンネルと対立し、2年後のにはオドンネルが首相となって、モデラト党、進歩党、カルリスタの連携を目指す自由連合を結成して中道政治を展開せんとした。 その後は、自由連合とモデラト党が進歩党を締め出して交代で政権を担い、1868年の革命へと至る。 特にからまではオドンネルの自由連合内閣が続いた。 この間、女王はしばしば気まぐれに政治に介入したため、彼女の人気は凋落の一途をたどった。 反動的な将軍や政治家にも、教会や修道院にも好意を見せ、腐敗した廷臣や側近の言いなりだったため、女王の宮廷における評判も極めて低かった。 その一方でまた、の再建に固執し、と連合してのを支持した()。 その他、女王の治世の出来事としては、1859年のとの戦争でスペインに有利な条約とモロッコ領の一部を得たこと、およびとの不毛な (、)、との関係悪化(メキシコ問題や問題、を巡る補償問題など)、鉄道などの公共事業の若干の進歩、流通経済におけるわずかな改善があげられる。 亡命と退位 [ ] イサベル2世と王配フランシスコ イサベル2世の気まぐれな政治や外交の失敗などで不満が高まる中、各地で反乱が起きていたが、遂に、将軍と将軍がで蜂起した。 モデラト党の政府軍はにて抵抗の姿勢をわずかに見せたのち降伏し、同年9月末、女王は国を追われて第二帝政下のフランスに亡命した( ())。 空位となったスペイン王位の継承が問題となる中、、イサベル2世はで王太子アルフォンソへ譲位を表明したが、プリムはこれを認めなかった。 継承者を決める上では、のが候補に挙がったが、の勢力拡大を恐れるフランスのはこれを認めなかった。 レオポルトは王位を辞退したが、この対立がの引き金となった。 最終的にスペイン王位にはのがついた。 イサベルは退位前の3月に離婚し、のボルボン王政復古(アルフォンソ12世の即位)後もフランスに住み続けた。 アルフォンソ12世の代にはマドリードも訪問したが、政治に介入する動きを見せ始めたために、再び国外退去を強制され、以後は主にパリに暮らした。 離婚したフランシスコとは、1902年の彼の死まで親密で、晩年はむしろ関係を深めていた。 1904年に死去し、に埋葬された。 子女 [ ] イサベルは12人の子供を生んだが、成人したのは4人のみである。 ( - )(アストゥリアス女公) - 王子・ジルジェンティ伯と結婚• ( - ) - 後のスペイン王アルフォンソ12世• ( - ) - 従兄のバイエルン王子と結婚• ( - ) - 従弟のガリエラ公と結婚 称号 [ ] にスペインは法律上に移行した。 それ以前のイサベルの称号は、スペインの歴史を反映した長いものであった。 参考文献 [ ]• この記事には内で次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. 1911. 14 11th ed. Cambridge University Press. 859—860. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 イサベル2世に関連する および があります。 先代: 1830年 - 1833年 次代:.

次の

時代背景

イザベル ドラマ

2015年に日本で初めて放送されたスペインドラマ「 」の大好評を受けて、スペイン国営放送テレビシオン・エスパニョーラで放送されていた「イサベル」が日本のCS放送で2017年10月12日のコロンブス・デーから放送されることが決定した。 放送するのは、J:COMなど全国のケーブルテレビ、スカパー! 、IPTVなどで視聴可能なCSチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」で、「世界の歴史ドラマ」第三弾「イサベル~波乱のスペイン女王~」として放送される。 女性の身で宮廷で権力を掌握し女王の座を手にいれたイサベル1世は、夫のアラゴン王フェルナンド2世と共に、イスラム教徒との戦いに勝利してスペインを統一したことで、ローマ法王から「カトリック両王」の称号を与えられるペインの歴史を語る上では欠かせない重要人物だ。 スペインでは2012年から2年間、3シーズン39話に渡って放送され、そのクオリティーの高さから国内外の多くの賞を受賞した。 放送後も、続編として神聖ローマ帝国の皇帝かつスペイン国王を継承した孫のカルロス1世を描いたテレビシリーズ「皇帝カルロス Carlos, Rey Emperador 」と、カトリック両王イサベル1世とフェルナンド2世の娘で、イサベルの死後カスティーリャ女王の座を受け継いだ狂女王フアナ・ラ・ロカと、その地位を巡って起こった父王フェルナンド2世と夫のフィリップ美公との権力争いを描いた映画「引き裂かれた王冠 La corona partida 」が製作された超人気作だ。 [イサベル続編の放送が決定!] 今回は、波乱に満ちた女王のドラマチックな人生を描いたこのドラマの見どころと、放送に先駆けて実施される駐日スペイン大使館で行われる試写&レセプション情報の様子を紹介する。 ドラマ「イサベル」のみどころをチェック スペイン全土でロケを敢行 カスティーリャ=レオン王国の王フアン2世の娘として生まれ、スペインを統一したイサベル1世は、セゴビアでの戴冠、グラナダ陥落でのレコンキスタの完成など、その生涯、スペイン中をあちこち旅をしたことでも知られる。 実際、スペインを旅すると各地にカトリック両王の足跡に行き当たるが、このドラマ「イサベル」も、トレド、グラナダ、セゴビア、カセレス、セビージャなど、様々なスペインの都市でのロケを敢行している。 ちなみにイサベル女王が出資したコロンブスの新大陸への航海の後、謁見した王の広場があるバルセロナは残念ながらロケは許可が下りなかったそうだ。 このドラマを通じて、実際のロケ地を使って撮影されたこれらの歴史的エピソードの再現見れば、スペインへの旅がもっと味わい深くなること間違いなしだ。 プラド美術館に収蔵されているイサベル女王が死に際して、遺言を伝える場面を描いた絵画。 これもドラマで再現される 大胆なラブシーンも 日本のNHKの大河ドラマと違って、大胆なラブシーンもドラマの中に多くちりばめられ散るのは、さすが情熱の国スペインのドラマならではかもしれない。 女性のヌードもだが、スペインでのドラマ視聴層に女性も多いのを意識してか、男性もわりとサービスで脱ぎがち。 意外と一番のお色気担当は、フェルナンド王という説も。 レセプションパーティを駐日スペイン大使館にて開催 この日本初放送を記念して、2017年8月24日(木)に駐日スペイン大使館にて本ドラマの第1・2話ダイジェスト版試写会及びスペイン料理などが楽しめるレセプションパーティ 主催:チャンネル銀河、後援:駐日スペイン大使館 が開催され、本イベントへ抽選で20組40名様を招待された。 残念ながら私自身は在マドリードでこの記事を書いているため参加できなかったが、本記事を読んでくださった「チャンネル銀河」さんがご好意でイベントレポートと写真を送ってくださったので、ぜひここで紹介したいと思う。 当日イベントに当選した幸運な方も、残念ながらはずれてしまった方も、ぜひイベント当日の雰囲気を振り返って味わってみよう。 ゴンサロ・デ・ベニート氏は、「スペイン史上最も重要な人物の一人であるイサベルを主人公にしたテレビドラマを日本の視聴者にも楽しんでいただけることが嬉しい。 このドラマを通して、これまで男性に限られていた権力を手にしたこの偉大な女王の勇敢さ、判断力、そして意思の強さを知ることができるでしょう。 」と、本作が日本初上陸することへの喜びを語った。 その後、「イサベル~波乱のスペイン女王~」の第 1・2 話のダイジェスト版を上映。 物語は、スペイン統一の最難関で約 800 年に及んだレコンキスタの完成やコロンブスの新大陸発見への援助等の功績により名君主と讃えられたイサベルの人生を描く歴史大作である。 ダイジェスト版ではイサベルがポルトガル王との政略結婚を拒む場面で終わり、120名の来場者が興奮した。 「続きが早く観たい!」「美しい映像や美男美女の迫力ある演技に圧倒された」など 10 月の放送が待ちきれないといった声で溢れた。 上映後は、ラテンビート映画祭のプロデューサーとしても知られるアルベルト・カレロ氏によるミニトークショーを行った。 カレロ氏は、本作をスペインでの放送時に観て以来、大ファンだという。 主人公であるイサベルと夫フェルナンドはもちろん好きだが、弱さや優しい一面を持ち合わせるイサベルの異母兄・エンリケが一番好きなキャラクターだという。 更には、本作の制作陣の中には大学時代のクラスメイトも関わっており、日本での放送を楽しみにしていると裏話も披露してくれた。 パーティでは、最上級イベリコ豚ベジョータや、魚介とお肉のパエリヤなど彩り豊かなスペイン料理やワインと共にドラマの余韻に酔いしれた。 本作は、現代の要素を取り入れながらも、史実に基づいた骨太作品として国営放送テレビシオン・エスパニョーラで 3 シーズンに渡り、全 39 話が放送された人気作だ。 スペイン史上最も大胆で情熱的なイサベル女王から目が離せなくなること間違いなしだ。 番組情報 「イサベル~波乱のスペイン女王~」原題:ISABEL 【番組概要】 スペインを統一に導き、スペイン史上最も偉大な女王の1人として挙げられるイサベル1世。 父フアン2世が他界したことにより王室を追放され、貧しく辛い幼少期を過ごしたが、再び王室に戻ることを許される。 カスティーリャの王位継承者候補として、王室内外から様々な謀略の的にされながらも後継者争いに勝利し、女王として戴冠、スペイン王国建国に至る彼女の人生を描く歴史ドラマ。 J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー! 、IPTVを通じ、約543万世帯(2017年6月末現在)が視聴。 スペインの歴史好きならぜひチェックしたい記事はこちら:•

次の