ウツボ エビ。 ウツボとエビは共生関係?

ウツボの種類一覧!毒性のウツボの見分け方と最大は?

ウツボ エビ

ウツボとは ウツボは、 ウナギ目ウツボ亜目ウツボ科の海水魚の総称です。 ウツボってウナギ目だったのか…昔、ウツボについて調べた時にそれを知り、軽くショックを受けたことを覚えています。 でもウナギ目にはウナギやアナゴもいるので、ウツボも美味しいわけだと納得しました。 ウツボ科は、2亜種・15属・185種が存在しています。 世界中の温暖な海にいるだけあって種類が豊富ですね。 ウツボ科の学名は「Muraenidae」、英名は「Moray eel」、和名は「ウツボ」です。 ところでウツボってちょっと奇妙な響きの和名ですよね。 由来は諸説あって、矢を入れるための「靭 うつぼ 」から来たという説、岩穴に潜む習性があるため空洞を意味する「うつほら」から来たという説などがあります。 スポンサードリンク 分布域、どんな場所に生息している? ウツボの分布域は世界中の熱帯・温帯海域です。 生息地は浅瀬で、サンゴ礁・岩礁・消波ブロックなどの岩陰や洞窟にいますが、一部の種類はマングローブ林といった汽水域や淡水域にも生息しています。 体形は全体に細長い円筒形で、左右にやや扁平しています。 鰓は小さく、腹鰭・胸鰭は退化して、背鰭・尾鰭・臀鰭は繋がっています。 体色は種類によって様々で、生息地によって保護色の役目を果たしていますが、トラウツボやハナヒゲウツボのように派手な体色の種類もいます。 口は大きく、鋭い歯を持っていて、飲み込んだ餌を食道に送る第二の顎「咽頭顎」が口顎の奥にあります。 前鼻孔は吻 ふん の先端に1対、後鼻孔は目の前方に1対ついています。 ちなみに、ウツボは体表が湿っていると皮膚呼吸できるため、30分ほどは陸に上がっていられます。 ウツボの生態 ウツボの食性は動物食で、魚類・甲殻類・頭足類などを餌にしていて、大好物はタコです。 狩りは待ち伏せタイプですが、夜になると海底を泳ぎ回ったり、鋭い嗅覚を使って潮だまりにいる小魚を獲ったりすることもあります。 強面とは裏腹に臆病な性格をしているため、敵に対しては大きな口を開けて威嚇し、相手が逃げないとわかると噛みついて攻撃をします。 寿命も種類によって様々ですが、一般的に長生きとされ、ニセゴイシウツボは飼育下では25年を超えるとされます。 スポンサードリンク 一般的に日本でウツボと呼ぶのは? 一般的に種としてウツボと言えば、学名「Gymnothorax kidako」、和名「ウツボ」を指します。 ちょっとややこしいですが、「ウツボ」以外は「トラウツボ」や「ナミダカワウツボ」という和名がついています。 でもウツボ科の仲間を総称してウツボとも呼ぶのです。 種としての「ウツボ」は、体長は80㎝ほど、体色は黒褐色と黄色のまだら模様で、このまだら模様は全体で見ると縞模様に見えます。 尻鰭の縁は白色で、分布域は本州中部以南・台湾・南シナ海です。 ウツボの危険性 ウツボの歯は鋭く、顎の力が強いため、 噛まれるととても危険です。 最悪の場合、指を噛みちぎられます。 そうでなくとも、縫合が必要なほどの傷を負う危険性は十分にあります。 水中でウツボに遭遇したときの対処法は、その場からゆっくりと離れることです。 決して、追いかけまわしたり、触ろうとしたりしない事です。 また、ウツボは岩場の影や穴に隠れていることが多いため、海に入る際は岩などにむやみに手を置かないように注意しましょう。 隠れていたウツボに気付かずに、手を噛まれてしまう危険性もあります。 釣り上げてしまった場合は暴れて噛まれるかもしれないので、糸ごと切って逃がしましょう。 さらに、ウツボが危険視されるのは、餌を狩る習性にもあります。 優れた嗅覚を駆使して潮だまりにいる小魚を獲るのですが、岩場で魚をさばいている人間の元にまで上陸してくることもあるのです。 予防法としては、ウツボの生息地ではうかつに岩場などで魚をさばかないことです。 もしウツボに噛まれてしまったら、軽傷であれば傷口をきれいに洗い流し、消毒をします。 出血が止まらないようであれば、傷口を縫う必要があるかもしれないので病院へ行きましょう。 スポンサードリンク ウツボには毒がある? ウツボには、噛まれると被害を受けるような毒はありません。 ただ、ウツボの一部には「 シガテラ毒」を持つ種類もいて、日本では食用にされるドクウツボがシガテラ毒を持っている場合があります。 「シガテラ毒」とは、シガテラという食中毒の原因となる毒素で、熱帯の海でプランクトンが作ったこの毒素に汚染された魚介類を食べてしまうと食中毒を発症します。 治療法は、残念ながらありません。 日本では「シガテラ毒」による国内の死亡例はありませんが、海外では報告されています。 大型の個体は食べない方がいいしょう。 ウツボの天敵は? 逆に仲良しがいるって本当? ウツボは生息地の範囲では食物連鎖の頂点にいます。 成長したウツボには人間くらいしか天敵はいないと言えますが、逆に、体が小さい時期、あるいは生息地である浅瀬や岩場などに自分よりも大きな肉食動物が侵入してくれば、ウツボでも捕食されてしまいます。 逆に、ウツボと仲良くしている「仲良しさん」がいるのも本当です。 動物の世界なので、友達というよりはビジネスパートナーですね。 「 相利共生 そうりきょうせい 」と呼ばれる関係で、この関係はウツボの場合2パターンあります。 ひとつはウツボの体についた寄生虫を食べてくれるパートナーで、オトヒメエビ・アカシマシラヒゲエビ・ゴンズイの若魚・ホンソメワケベラなどですね。 もうひとつはウツボの大好物タコをおびき寄せてくれるパートナーで、イセエビ類です。 イセエビは天敵のタコから身を守ってもらえるので、お互いに大切な仲間と言えますね。 スポンサードリンク ウツボ料理 ウツボを食材として利用する歴史は長く、江戸時代にまで遡ります。 いつも思うのですが、このような恐ろしい外見の魚を一番最初に食べた人は勇気がありますよね。 よほどお腹が空いていたのか、珍しい食材を探し求めるグルメだったのか…。 ウツボは外見に似合わず、臭みがなく、コラーゲンが豊富な白身魚です。 日本で食用になるのは、ウツボ・トラウツボ・ドクウツボなどで、ハモのように骨が多いので骨切りをします。 調理法は、 刺身・タタキ・揚げ物・かば焼き・煮つけ・佃煮・鍋などですね。 加熱すると、鶏肉のようにあっさりとした味でモチモチした食べごたえがあります。 まとめ ウツボは鋭い歯を持っており、噛まれると大怪我をする危険性があります。 水中でウツボに遭遇したときは、その場からゆっくりと離れるようにしましょう。 また、ウツボは岩場の影や穴に隠れていることが多いため、岩などにむやみに手を置かないようにも注意しましょう。 ウツボと言えばとにかく外見が恐ろしいのですが、新潟県の上越市立水族博物館にはひと目見たら全身に衝撃が走るほどのウツボがいました。 それは、ぷっくりとしたピンク色の唇が可愛らしい「タラコ唇のサビウツボ」です。 ウツボがカワイイとかあり得ない気もしますが、実際本当にキュートです。 2018年にリニューアルしても「タラコ唇のウツボ」が再度展示されることを願わずにはいられません。

次の

ウツボ料理を食べてみよう!おすすめ10選と捌き方をご紹介!

ウツボ エビ

ウツボ類の咽頭顎。 口を開けると咽頭顎が前に出る 大きさは全長20センチから4メートルまで幅広いが、全長1メートル前後の種類が多い。 他のウナギ目魚類同様に体は前後に細長い円筒形で、腹鰭がし、・尾鰭・臀鰭が一繋がりになっている。 ただしウツボ類の体はいくらか上下に平たいものが多く、腹鰭のみならず胸鰭も退化している。 体色は種によって様々で、多くは生息環境に応じたとして地味な色をしているが、トラウツボのように単体で見ると派手な紋様をもつものもある。 中にはのように鮮やかな体色のものもいる。 は大きくの後方まで達し、鋭いが発達する。 種類によっては鼻先が湾曲し、口を完全に閉じることができないものもいる。 なおウツボ類は獲物を捕えるための口顎の奥に、食べたものを食道に進めるための「咽頭顎」を持っている。 また魚のは左右に2対あるが、ウツボ類は2対の鼻孔が鼻先と目の近くに離れてついている。 鼻孔が管状に伸びた種類が多く、ハナヒゲウツボでは状にもなる。 は小さく目立たない。 は厚く、体のみならずまでも覆う。 は微小で皮下に埋もれる。 生態 [ ] に食いついたウツボの一種( Gymnothorax undulatus) 夜間、沿岸の海中にて撮影 全てが温暖な地域の浅海に生息し、特にや岩礁に生息する種類が多い。 一部の種類はを含むや淡水域にも侵入する。 表皮が湿っていれば粘膜を介したによって30分ほどは水中でなくても活動が可能なので(日本に居る種でも)、強力な嗅覚で、に這い上がって小魚を狩ったり、岩場で魚をさばいている釣り人のところへ上がってきたりすることがあり、注意を要する。 基本的には巣穴からあまり動かず、岩陰やに潜んで獲物を待ち伏せるが、夜になると海底近くを泳ぎ回ることもある。 食性は肉食性で、魚類・・などの小動物を大きな口で捕食する。 特に類にとっては有力なの一つとなっている。 またや岩礁の食物ピラミッドの頂点である。 自分より大きな敵が近づいた時は大きな口を開けてし、それでも敵が去らない場合は咬みつく。 はないが歯は鋭く顎の力も強いので、人間が咬みつかれると深手を負うことになる。 ウツボ類の分布域では、やなどの際に十分な注意が必要である。 ただし見た目のイメージと違い臆病な所もあり、人間の側から無用な攻撃や接近をしない限りは積極的に噛み付いてくることは少ない。 潜水中にウツボと遭遇した際にはゆっくりと離れれば攻撃を受けることは少ない。 またが魚の切身や等の餌を見せると、巣穴から出てきてそれに喰らいつくことがある。 ダイバーに慣れたウツボの中には巣穴から出てきて餌をねだったりする行動も見られる。 他の動物にとっては危険な肉食魚ではあるが、ウツボ類の周囲には、、の若魚、などの小動物が見られる。 これらはウツボ類の皮膚表面や口の中のをすることでウツボ類としており、ウツボ類もこれらの小動物を捕食することはまずない。 また、類とも相利共生の関係にあり、この場合は、イセエビは天敵であるタコから守ってもらえ、ウツボの方は大好物のタコがイセエビに吊られて自分から寄ってきてくれるというものとなっている。 サンゴ礁付近ではと協力して狩りを行うことも報告されている。 またウツボ類の食事のおこぼれにあずかろうと多くの小魚がウツボの採餌についていくといった行動も観察されている。 分類 [ ] 背鰭と尻鰭が体の大半に及ぶと、鰭が尾端部だけにあるに分けられる。 - 、など• - 、など• - (1種のみ)• - ウツボ、、、、、、、、、など多数• - (1種のみ)• - (1種のみ)• - など• 大きく口を開けたトラウツボ (虎鱓) Temminck et Schlegel, 1846 全長90cmほど。 鼻孔が管状に伸びて鼻先と目の上にのように突き出る。 顎が上下とも湾曲していて口を完全に閉じられず、鋭い歯を剥き出しにする。 また、全身に黒褐色で縁取られた白い斑点があるのも特徴で、ウツボよりも鮮やかな体色をしている。 インド太平洋の熱帯・温帯域に分布し、日本では中部以南に分布するが、以南のには分布しない。 地方によっては食用にする。 標準和名はでの呼び名に由来し、他のとしてジャウツボ(高知・)、コメウツボ(和歌山県)などがある。 ウツボ(鱓) Temminck et Schlegel, 1846 全長80センチほど。 全身は黒褐色と黄色のまだら模様だが、全体的に見ると幅の狭い横しま模様となり、日本産ウツボ類の中では最も横しま模様が多い。 また、尻鰭の縁が白いことでよく似たミナミウツボ G. chilospilus Bleeker, と区別できる。 本州中部以南から、まで北西太平洋に広く分布するが、以南の琉球列島には分布しない とされたが、にはごく稀だが分布している。 地方によっては食用にする。 ナマダ(東京)、ジャウナギ()、ヘンビ(和歌山県)、ヒダコ()、キダカ()など多くの呼称がある。 種小名" kidako"は神奈川県やでの呼称「キダコ」に由来する。 キダカやキダコといった地方名は、気が荒いことを表す「気猛」に由来するとされる。 ドクウツボ (毒鱓) Bleeker, 1859 体長3メートルの記録がある大型種で、鰓孔が黒いことで近縁種と区別できる。 インド洋と太平洋の熱帯域に広く分布し、日本では琉球列島で見られる。 食用にもされるが名の通り大型個体は毒を持つことがある。 (紋様丈鱓) Bleeker, 1858—59 全長80cmほどで、他のウツボ類よりも体が非常に細長い。 頭部に小さな黒点が散らばり、体の割に背鰭が高い。 西太平洋からインド洋の熱帯域に分布し、日本では琉球列島に分布するが、捕獲例は少ない。 (花髭鱓) Garman, 1888 全長1. 2メートルほどで、他のウツボ類より体が比較的細長い。 鼻先の鼻孔が状に広がり、さらに下顎にも2本の細い状突起を持つ。 奄美大島以南の西太平洋熱帯域に分布し、サンゴ礁に生息する。 の性転換をすることも知られ、全身が黒くて背鰭が白い若魚が、体が青く口先と背鰭が黄色のオスに成長し、更に全身黄色のメスに成長する。 オナガウツボ (尾長鱓) Hamilton, 1822 体長4メートルの記録があり、ウツボ類最長の種類とされる。 他のウツボ類よりも体が細長く、体色は淡褐色をしている。 インド太平洋の熱帯海域に分布し、浅海の砂泥底に生息するが、汽水域や淡水域に侵入することもある。 利用 [ ] や、各種のなど沿岸漁業で漁獲されることがあるが、鋭い歯で網や釣り糸を切断したり、暴れて網をもつれさせたりする上、水揚げしても咬みついてくる危険が大きいので十分に注意を要する。 釣り上げた場合には道糸ごと切断して逃がす釣り人もいる。 生息するほとんどの地域では利用されないが、食用にする地域も各地に点在する。 日本では・・・九州・沖縄、では・・などでウツボが行われている。 多くは長い筒状の(うけ)を多数海底に沈めて漁獲し、この中に餌を入れて誘い込む場合もある。 これらの筌は地方によって「うつぼ篭」「戻り篭」「もんどり」などと呼ばれる。 地域によって食用にする種には違いがある。 ウツボ属の魚でも骨などが多く食用に適さない種類やドクウツボのように毒を持つものもおり、大型個体を食用にする際は咬みつきに加え中毒にも注意が必要となる。 厚い皮と小骨があって調理に手間がかかるが、白身で美味とされている。 と同様にを行うことが多い。 地方によりも異なる。 日本ではウツボ、、などを漁獲し、、、、、、、、、などで食用にする。 千葉県地区では、房州弁で「ナマダ」と呼ばれ、開いてでこすったあと、塩漬けして天日干しにする。 南部では正月料理の食材として珍重される。 ではウツボの干物を千切りにしてにした後、と醤油のを絡ませたウツボの揚げ煮が間食的に食べられているが、やなど、他の種は小骨が多いなどの理由で食用にされない。 中国のではやなどを「油追」(ヤウジョイ yau4jeui1)と称し、唐揚げやなどにする。 食用以外にも、厚く丈夫な皮膚をなめし、として利用することがある。 また、体色が多種多彩なこと、大きな威嚇の動作をすること、共生動物が多いこと、前述したように餌に釣られることなどから、などでは観察や撮影の対象となりやすい。 参考文献・脚注 [ ]• and D. Pauly. Editors. 2009.. World Wide Web electronic publication. www. fishbase. 【仰天ゴハン】ウツボグルメ(高知県)海のギャングは色白美人『』朝刊別刷り「よみほっと」1面(2019年6月2日)。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ウツボの種類一覧!毒性のウツボの見分け方と最大は?

ウツボ エビ

ウナギ目ウツボ科に分類される海水魚の総称です。 名前の由来には諸説あり、「ゆぎ」もしくは「うつお」という矢を入れて肩や腰にかける筒に似ているからというものや、岩の陰に隠れる習性があるため空洞を意味する古語「うつほら」から転じたというものがあります。 生息地は、熱帯や温帯の地域。 日本では九州の南端から台湾あたりまで続く南西諸島で多く見られます。 「海水域」にあるサンゴ礁や岩礁の割れ目などで想い暮らしていますが、海水と淡水が混ざり合う「汽水域」や「淡水域」に入ってくることもあります。 また皮膚呼吸ができるため、湿った場所であれば30分ほどは陸上にとどまることもできるそう。 体つきは、やや平たく細長い円筒形をしていて、体長は20cmくらいのものから4mを超えるものまでさまざま。 生息環境にあわせた地味な色をしているものが多いですが、その一方で南国特有の派手な色で目立つ種類や、細かい柄の紋様をもつ種もいます。 最大の特徴は、他のウナギ目の魚と同じく腹びれや胸びれが退化している点です。 背びれや尾びれが体の大半におよぶ「ウツボ亜科」や、尾びれしかない「キカイウツボ亜科」に分けることができます。 肉食性で、魚類や甲殻類、頭足類などを好んで食べます。 特にタコが大好物で、タコが好きなイセエビの近くにいて、寄ってきたところを捕食するそうです。 ウツボにとってイセエビは餌をおびき寄せてくれる良き隣人、反対にイセエビにとってウツボはボディーガードのような存在です。 これは「相利共生(そうりきょうせい)」といい、互いが生き延びていくための知恵だといえるでしょう。 その他、皮膚の表面や口の中に寄生する虫を掃除してくれるオトヒメエビやアカシマシラヒゲエビ、ホンソメワケベラなどとも相利共生の関係にあり、彼らに対して危害を加えることはありません。 全世界には約200種類が生息しているといわれています。 ここでは日本近海に生息するもののなかから、代表的なものをご紹介しましょう。 ウツボ(Kidako moray) 日本でもっともポピュラーな種類です。 体長は80cmほどで、全身は黒褐色と黄色のまだら模様に覆われています。 食用にされることもあり、水揚げされる地域では「マウツボ」や「ホンウツボ」と呼ばれるそう。 他にも東京では「ナマダ」、和歌山では「ヘンビ」、愛媛では「ヒダコ」という呼び方があります。 ナミダカワウツボ 30cmほどの小型種です。 主にインド太平洋の熱帯域に生息していますが、日本では西表島で見ることができます。 環境省のレッドリストで絶滅危惧種に分類される、大変貴重な種類です。 ドクウツボ 3mもある大型種で、その名のとおり筋肉や内臓に毒をもちます。 熱帯の海に生息するプランクトンが生成する毒素が原因で「シガテラ」という消化器系や神経系の中毒症状を引き起こすそう。 熱しても毒性は消えないので注意が必要です。 オナガウツボ 体長が4m近い固体も発見されている最大の種類です。 インド太平洋の熱帯域、日本では沖縄周辺に生息しています。 ウツボの歯はとても危険! もともと臆病な生き物ですが、身の危険を感じるとその鋭い歯で容赦なく襲い掛かってきます。 目の後方にまで達する大きな口には、上下に鋭い歯が生えていて、大きいと1cmほどにもなり、釣り針の先のように奥の方に向かって生えているので噛みつかれるとすぐには抜くことができません。 顎の力も強力です。 噛まれた場合、ひどいと傷口を縫う必要があったり、食いちぎられたりする場合があります。 ウツボが隠れているのは、岩の影や穴の中。 そのような場所にはむやみに手を入れないのはもちろんのこと、不用意に岩に手をかけることも危険です。 もしも目の前に現れたら、慌てずにゆっくりとその場から離れましょう。 釣りをしていると針にかかることがありますが、その場合は暴れているのを無理に外そうとせず、糸ごと切ってしまうのが安全です。 また、釣った魚を岩場でさばいていると、匂いを嗅ぎつけて水から揚がってくることもあるそう。 安全な場所に移動してから作業をするようにしましょう。 ウツボは食べられる!意外とおいしい料理や味を紹介.

次の