池田組 引退。 “寝返り”山健組・中田組長逮捕で神戸山口組は存続危機|日刊ゲンダイDIGITAL

神戸山口組が分裂。山健組、池田組が神戸山口組から離脱へ。

池田組 引退

神戸山口組の定例会が開かれた事務所。 取材陣も散見された。 3月8日、神戸市二宮にある 神戸山口組事務所で、神戸山口組が定例会を開催した。 昨年末には、警察当局からの取り締まり強化に対応するかたちで、今後、神戸山口組では集会を不定期に開催させるのではないかと囁かれたこともあった。 だが、そんな憶測を振り払うかのように、神戸山口組では今年に入ってからも、これまで通り毎月8日に定例会を開催している。 今回の定例会の席上、二代目西脇組・宮下和美組長が新たに執行部入りを果たしたことが告げられ、舎弟頭補佐に就任したことが発表された。 「これで舎弟頭補佐が3人となった。 だが、舎弟頭だった池田孝志組長(池田組)が最高顧問に就任したことで、今も舎弟頭が空席のままだ。 近々、舎弟頭が決まるのではないか」 神戸山口組関係者 舎弟頭とは、組織のトップである組長の弟(=舎弟)の筆頭となる存在で、組織内でも重鎮となる存在だ。 今回の人事は、その舎弟頭を決める布石ではないかと、この関係者は話す。 定例会では、そのほかには特に重大な通達事項などはなかったといわれているが、前日に何者かによって兵庫県尼崎市内で襲撃された三代目古川組・古川恵一総裁【参照記事:】の代理として、三代目古川組若頭が出席していたことが捜査関係者によって明らかにされている。 「定例会では、前日の古川総裁襲撃事件について議題にこそ上がらなかったようだが、古川組若頭が姿を見せたことのインパクトは強いはず。 この若頭は武闘派として名高く、任侠山口組傘下の古川組でもこの若頭に物を言える幹部はそうそういないのではないか」 地元関係者 初代古川組の内紛で長期服役を余儀なくされていたこの人物は、筆者の地元、尼崎ではあまりにも有名な人物である。 昨年、長期服役を終えた際には、その動向に尼崎周辺で活動するほとんどのヤクザが注目していたほどだ。 そうした矢先の昨年4月に任侠山口組が結成され、その波紋を受けるかたちで二代目古川組も分裂。 その際に、この古川組若頭は神戸山口組傘下の古川組に復帰していた。 別の関係者の話では、この日に本部長から若頭へと就任を果たしたばかりだという情報もある。 総裁襲撃できな臭くなるかと思われていただけに、武闘派幹部が定例会に代理出席したことで、無言ながらも大きな存在感を内外に示したともいえるのではないだろうか。 山健組に加わった伝統ある組織 神戸山口組の定例会4日後の12日には、神戸山口組中枢組織である四代目 山健組が神戸市花隈にある通称「山健会館」で定例会を開催している。 同ビルは、捜査筋でさえ「自主的に閉鎖されたようだ」と口にしていただけに、意表を突く開催場所となった。 その定例会に出席するために、同ビル前で山健組幹部らに出迎えを受けた組長がいた。 この組長とは、三代目山口組最高幹部で「ボンノ」の愛称で一世を風靡した菅谷政雄組長率いる菅谷組傘下で、「北陸の帝王」と呼ばれた川内弘組長の川内組の伝統を受け継ぐ平山組・平山満組長だ。 平山組長は、二代目体制となった川内組で若頭を務めた経歴があり、二代目川内組解散後は、その勢力を保持したまま地元組織に加入。 つい先頃、渡世から引退していたといわれていた組長だ。 「二代目川内組・根本辰男組長は、山健組最高幹部から五代目山口組体制で直参へと昇格している。 いうなれば、山健組の一門だ。 その後、六代目山口組では幹部まで務めていたが、自身の引退をめぐって、当時六代目山口組執行部と対立。 結果、引退ではなく破門されることになった。 その処分を不満に思う勢力が多かったことも、神戸山口組が立ち上がった一因と指摘されており、その根本元組長が先頃死去されたことで、渡世から身を引いていた平山組長が四代目山健組のために、もう一度現役へと復帰したのではないか」 四代目山健組関係者 平山組長は今回、四代目山健組に舎弟として加入することになった。 映画のモチーフにもなるほどの存在感を発揮していた「北陸の帝王」の伝統が今後、山健組の中で脈々と受け継がれていくことになった。 そして九州では、これまで噂されていた浪川会の代替わりが現実味を帯びてきている。 「すでに盃の日取りまで決定しており、4月上旬には二代目浪川会が発足される可能性が高まってきた。 ただ、すでに引退されている先代の村神長二郎会長の容態がすぐれないと聞いている。 場合によっては、継承が延期される可能性もあるが、浪川政浩会長が総裁となる二代浪川会が始動しようとしているのは間違いない」 地元関係者 浪川会は、三代目道仁会と袂を分かった九州誠道会を前身とする組織で、両団体の抗争はまさに熾烈を極め、九州誠道会は当局から初の特定抗争指定暴力団(抗争状態にあり、市民の生命・身体に重大な危害を加えるおそれがある組織)とされていた過去がある。 その抗争に終止符を打つかたちで、九州誠道会は2013年6月に解散届を提出。 その勢力は新たに浪川睦会として引き継がれ、現在の浪川会となっている。 「浪川会長の名は九州だけでなく、極道界ではいわゆる全国区の親分だ。 神戸山口組との関わりも深いといわれており、今後の動向が注目されている」 神戸山口組関係者 警察当局からの弾圧が激しく続くヤクザ社会。 だが、水面下では確実に、それぞれの組織が動き出しているといえるだろう。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『忘れな草』が発売中。

次の

【顔画像】岸本晃生が逮捕:神戸山口組系池田組の幹部(58)は誰?名前は?

池田組 引退

稲川会本部を後にする髙山若頭 5月30日に岡山県内で、 神戸山口組池田組若頭が 六代目山口組大同会の若頭代行に発砲され、重傷を負った事件が発生してから1週間以上が経過したが、今のところ六代目山口組サイドによるさらなる攻撃や、神戸山口組サイドによる報復とおぼしき事件は起きていない。 ただ、銃撃事件後しばらくしてSNSで拡散された発砲の状況を収めた動画については、業界関係者の間でも、さながら映画のワンシーンのようだったとする声が囁かれ、大きな話題となっている 「拡散された動画は、池田組の本部事務所に備えつけられていた防犯カメラによる映像でした。 池田組本部から少し離れた駐車場に車を停めた大同会の若頭代行が歩いてきたところから始まり、別の駐車場で雑談していた池田組若頭に近づいて、拳銃を構えます。 するととっさに池田組若頭は、大同会若頭代行に立ち向かっていくのです。 そこで腹部に発砲され転倒するのですが、それでもすぐに立ち上がって、逃げる大同会若頭代を追いかけようとするのです。 その後、カメラは切り替わり、大同会若頭代行を別の池田組組員らが追いかけ、駐車していた車の運転席に若頭代行が乗り込むと、さらに別の池田組組員が強引に助手席に乗り込み、そのまま車は発進。 結局、助手席の池田組組員は池田組本部前で車から突き落とされるのですが、その一部始終が映っている動画でした。 あそこまで攻防の一部始終が映っている動画を目にできるとは、いくらSNSで拡散されやすい状況になったとはいえ珍しいのではないでしょうか」(長年、ヤクザ取材を続ける記者) 確かに、事務所や関係者施設、その周辺などで発砲事件が発生すると、その直後から防犯カメラに残された映像が出回ることは、昨今の特徴ともいえるかもしれない。 だが、そうした事情を考えたとしても、今回の岡山県内での発砲事件の模様はあまりにも鮮明に残されており、貴重な動画といえるだろう。 取り締まり強化も六代目山口組上層部は「通常運営」 前述の通り、この事件に端を発したさらなる攻撃や報復はないものの、すかさず動きを見せたところもあった。 分裂抗争の抑止力となるべき警察当局だ。 事件から6日目となる6月5日に、両組織の衝突が一般市民に被害を与える可能性があるとして、岡山県岡山市の池田組本部や鳥取県米子市にある大同会事務所など関連施設3個所に暴力団対策法に基づき使用制限をかけたのである。 「分裂抗争にかかわる事件が起きれば、こうして事務所や関連施設をすぐに使用できなくさせる措置を、今後も当局ではとっていくだろう。 それでも事件が起きる時には起きるし、それが組織運営にまで影響を及ぼして組員の動きを封じ込めているかといえば、そうではない。 使用できなくなった主要施設外で活動するので、逆に組織内部の動きをわかりにくくさせている面だってある。 また、あまり大きな声では言えないが、事務所内での当番などが免除されるので、内心ホッとしている組員がいるのも実情だ。 これは、事務所の使用制限をだけを受けてのものではない。 コロナ問題が勃発し、密集を防ぐために泊まり込みの当番などを一時的に取りやめた事務所だってある。 正味な話、その間は身体の自由がきくようになるため、喜んでいる現場の組員もいるのは確かだ。 なにしろ分裂問題にしてもコロナ問題にしても現在は非常事態で、これが永続的に続くというものでもない。 岡山県と鳥取県で新たな事務所使用制限がかけられた日、六代目山口組の事実上の最高指揮官、髙山清司若頭らは、稲川会総裁の誕生日を祝うために、東京・六本木にある稲川会本部を何事もなかったかのように訪れ、待ち構えていた報道陣の前に堂々と姿を見せているのだ。 同日にはほかにも、六代目山口組の中核組織、三代目弘道会の若頭である野内組野内正博組長が、川崎市に拠点を構える稲川会山川一家を尋ねているし、福岡県に本拠地を置く独立組織・福博会の代替わりには、同組の後見を務める髙山清司若頭の名代として、六代目山口組若頭補佐である三代目弘道会・竹内照明会長が出席しているである。 このように、六代目山口組の上層部では、最近は日常的な組織運営が行われていることがうかがえるのだ。 岡山での事件後、今日までの静寂ぶりを見ると、六代目山口組と神戸山口組の対立は、警察当局の動向を考慮しつつ、今後しばらくは再び膠着状態に突入すると見る向きもある。 だが、抗争事件が起きる時はなんの前触れもなく発生してきているのも事実。 時としてマシンガンが使用されるような事件すら突如起きてきたのだ。 それらを踏まえると、明日何が起きても決しておかしくはない状況が続いているという考えを捨てるべきではないのだろう。 日本最大組織、六代目山口組が分裂状態にあるというのは、それくらい尋常ではないことなのだから。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の

神戸山口組が新人事発表…「北陸の帝王」の意思を継ぐ組長が四代目山健組に加入

池田組 引退

「が起きた背景には、岡山県内の勢力争いが大きく関係しているはずだ」 業界ジャーナリスト 井上邦雄組長 ・池田孝志最高顧問率いる池田組 岡山 の前谷祐一郎若頭が5月30日、組事務所前で銃撃された事件は、六代目山口組 司忍組長 の再統合に向けた方針を浮き彫りにしたといえた。 発生当初から多くの関係者が予想した通り、六代目山口組による襲撃であり、森尾卯太男本部長率いる大同会 鳥取 の岸本晃生若頭代行が、事件当日に銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。 「4年前の5月31日、池田組の髙木昇若頭が三代目 竹内照明会長=愛知 傘下に所属していた組員によって射殺された。 今回の事件は、その髙木若頭の法要が営まれたあとに起きている。 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全面解除された5日後でもあり、計画的な犯行だったという見方が強い」 同 また、業界内では、岸本若頭代行が使用した拳銃に関しても、取り沙汰された。 「22口径の回転式拳銃やったと聞くが、ヒットマンが使うような道具やないで。 口径が小さいもんやから、殺傷能力も高くない。 組事務所に乗り込む時点で人が大勢おるのは分かっとるはずやし、そんなところに持って行くようなモンちゃうで」 関西の組織関係者 犯行の一部始終を捉えた防犯カメラ映像を見ると、池田組の敷地内である駐車場に何食わぬ顔で足を踏み入れた岸本若頭代行は、やや離れた場所から前谷若頭に銃口を向けて発砲。 弾が逸れた直後、前谷若頭は回り込むようにして岸本若頭代行に突進したが、掴み掛かる寸前に向き合う格好となり、被弾した。 その後、腹部に入った弾の摘出と損傷部分を回復するため緊急手術を受け、一命を取り留めたのである。 「銃撃されたあとも意識はハッキリしていたそうで、危険な容体ではあったが、最悪の事態にはならんかった。 今は順調に回復しとるようやしな」 同 4年前、弘道会系組員が髙木若頭に至近距離から放った弾は心臓を貫通し、骨に当たって弾道を変え、胸から抜けていたという。 「あのときは小さい口径やなかったし、至近距離で撃つのを想定しとったはずや。 今回は命を奪うつもりはなく、あくまで警告の意味を伝えるための犯行やったんと違うか」 同 しかし、ある他団体幹部は自身の体験を踏まえて、こう否定した。 「昔、抗争に発展して事務所への撃ち込みが頻発してね、それを防ぐために夜中は外で警備してたんだ。 そこに敵対する組員たちが車で乗り付けて、拳銃を乱射してきた。 間一髪のところで身をかわして無事だったけど、あっちは殺すつもりだったはずだ。 そうでなければ拳銃を使わないし、人がいると分かっているのに銃口を向けないだろう。 今は厳罰化されて量刑も重くなったが、我々の気質が根底から変わることはないと思うよ」 前谷若頭が銃撃されて以降、岡山県警では六代目山口組、神戸山口組双方の関係先で張り付け警戒を実施。 報復、追撃を危惧しているのは明らかだった。 そんな緊迫した状況にもかかわらず、神戸山口組トップの井上組長が突如、岡山県内に姿を現したというのだ。 前谷若頭は、まだ入院先の集中治療室にいて面会もできんから、本部に行ったのだろう。 昨年には亡くなった髙木若頭の命日近くに墓参しとるし、神戸山口組トップとしての強い思いが感じられるな。 ましてや今回は、危険も承知の上で兵庫県を出たはずだ」 山口組ウオッチャー 6月5日には、六代目山口組・髙山清司若頭が上京。 新幹線を使わず車両で移動したといわれ、異例の厳戒態勢を敷いての移動だった。 そのため、同様に危険が付きまとう中で井上組長が岡山入りしたのは、単なる見舞い目的ではなかったという見方もされたのだ。 岡山県内には、六代目山口組の直系組織である二代目大石組 井上茂樹組長 と三代目杉本組 山田一組長 が、神戸山口組は池田組と三代目熊本組 藤原健治組長 が勢力を張る。 そのうち大石組と池田組は岡山市内に組事務所を構え、睨み合ってきた。 さらに、岡山市内には神戸山口組の中核組織である五代目山健組 中田浩司組長=兵庫神戸 の三代目妹尾組をはじめ、複数の直系組織も本拠を構えている。 兵庫県を本拠地とする神戸山口組にとって、岡山県は西の重要な勢力なのだ。 六代目山口組としのぎを削り続けてきた大阪では、昨年に太田興業 太田守正組長=引退 が解散し、今年5月には京都の雄成会 髙橋久雄会長=引退 も解散。 東京唯一の直系組織だった二代目誠会 安岡俊蔵会長=引退 も解散し、東側の勢力は一時期よりも縮小された印象だ。 しかも、山健組の中田組長は弘道会の神戸拠点で起きた銃撃事件の実行犯として、現場不在を余儀なくされている。 「神戸山口組の態勢が盤石とはいえない状況だからこそ、六代目山口組は今度は西の勢力である岡山の陥落を狙っているのではないか。 池田組・前谷若頭への銃撃事件は、その一環だった可能性もある」 前出・業界ジャーナリスト さらに、井上組長の池田組への訪問については、不穏さが感じられるという。 「もちろん、見舞いが前提だろうが、結束強化の意味もあって本人が動いたとみている。 関係者は出席せず、公安委員会は本命令への手続きを進める方針だという。 「ここまで分裂問題が混迷を極めるとは、誰も思わなかったはずだ。 複数の死者を出し、神戸山口組が割れ、山口組史上初めて総本部が使用禁止となる事態に直面し、双方とも犠牲を払い続けている。 だが、井上組長たちは神戸山口組の結成当初、各関係先に送った書状の中で、六代目山口組を離脱した理由について、《仁俠道の本分に回帰致し歴代山口組親分の意を遵守する為》としていた。 その方針に変わりはないはずで、存続のため戦い続ける覚悟なのではないか」 同 山健組では中田組長の不在が続くが、6月4日には執行部メンバーである山之内健三若頭補佐が出所した。 その直前に山之内若頭補佐の誠竜会から普天間聡元若頭が、弘道会の野内組傘下に移籍するなど、切り崩し工作が活発化。 普天間元若頭ら計5人が、6月5日付で絶縁処分となった。 さらに、山健組直参で誠竜会の副組長を兼任していた岡本政厚・東誠会会長の破門も、同日付で決定していた。 「移籍ではないようだが、致し方ない事情があった上での処分やったらしいで」 ベテラン記者 六代目山口組の攻勢に神戸山口組はどう応戦するのか。 緊張が高まっている。

次の