トーカイ 手芸 店。 国内最大の手芸店「クラフトハートトーカイ」をお得に利用するには?

手芸のクラフトハートトーカイ三和稲城店

トーカイ 手芸 店

50948 経度 139. 4485 クラフトハートトーカイラプラ中央林間店アクセスマップ地図 手芸用品の通販について ハンドメイド用品はとても幅広いので、クラフトハートトーカイラプラ中央林間店で全てが揃うとは限りません。 もしクラフトハートトーカイラプラ中央林間店にお目当てのものがなければ、通販で探してみましょう。 ハンドメイドの通販は実店舗より商品が豊富で値段も安いです。 ものによっては激安です。 ただ、実物を見て買うわけではないので、実際に届いたら思っていたのと違う!?ということもよくあります。 細かい質感や色味は写真だけではなかなかわからないですからね。 値段だけで決めず、似た商品や購入者のクチコミ・レビューもよくチェックしてみて下さい。 まずはクラフトハートトーカイラプラ中央林間店に行ってみて、お目当てがなければ大和市の他の手芸店も探し、その上で通販も見てみるって感じでどうでしょうか。 おすすめの通販ショップは下の方でご紹介してます。

次の

国内最大の手芸店「クラフトハートトーカイ」をお得に利用するには?

トーカイ 手芸 店

スタッフ割引あり。 時間帯、休日等の昇給あり。 (店舗別)65歳定年、再雇用なし。 エプロン貸与。 <デメリット>販売員の応募は未経験可ですが、商品には専門的な名称のものも多く、小さいものがたくさんあるので数も非常に多いです。 多少は手芸に興味があった方が、仕事をしやすいと思います。 ミシンの販売があったり、あまりメジャーではない手芸や、郷土特有の手芸などを扱う店舗もあり、覚えるものが本当に多いので、向上心を持って勉強しないと、アルバイトでもなかなか大変です。 またスタッフは中年の女性がほとんどで、男性のスタッフがいない店舗の方が多いです。 その中でうまく人間関係を保っていかなければなりません。 当然ですが、布地や毛糸などの細かいホコリが出やすいです。 花粉症などをお持ちの方は、辛いかもしれません。 <メリット>お店に飾るサンプル品などを作るのも仕事です。 モノづくりが好きな人には、働きながら楽しむことが出来ますし、どんどん上達していく喜びもありますし、自信にもなります。 また大概のお店でベテランのスタッフさんがいるので、手芸のことや仕事の仕方など、いろいろと教えて頂けるので、とても勉強になります。 アルバイト・パートは勤務時間が短めなので、余った時間を有意義に使うことができます。 講師として成立するような作品をストックしておく必要があります。 接客業なので、清潔感のある服装が必要です。 布を裁断したり、重い荷物を持つこともあるので、動きやすい服装の方が仕事がしやすいです。 袖が長い服や、ドルマンスリーブの服は作業する時邪魔になりやすいです。 また、他のスタッフに中年の女性が多いので、あまり派手でない服装の方が好印象です。 自作のアクセサリーや洋服を身に着けている人が多いです。 お客さまから質問や相談されることが多々あります。 親身になって、回答するのが仕事ですが、それをするにはやはり商品知識が必要です。 また商品数が多岐に渡るので、販売場所を探せないお客様も多いです。 お客様に尋ねられてすぐに反応できるように、商品の配置場所を把握しておく必要があります。 人に教えるということや、初心者でもわかりやすい内容にすることを念頭に、授業内容を構築していかなければなりません。 また生徒さんや参加者から、先生と呼ばれます。 どんな相手にも平等に接することも大切です。 ちょっとした裏話 非常に稀ではありますが、アルバイト店員がスカウトされて、本社の社員に抜擢されたというケースもあります。 (その時は若い女性スタッフでした。 )珍しい人事ですが、そのような希望も持てないわけではないので、一生懸命お仕事していてきっと損はないと思います。 アルバイト・パートの採用はほとんど女性に多いです。 また中年世代や主婦も積極的に採用してくれるので、なかなか仕事が見つかりにくい世代にとって、とても有効な求人だと思います。 ちなみに、ときどき店舗で男性職員をみかけることもありますが、パート社員ではなく、本社採用の社員の人であることがほとんどです。 店内はBGMもなく、お客様も静かに買い物していることが多いです。 元気な人を募集しているものの、実は現場ではさほど大きな声で接客することもありません。 大きい声を出すのが苦手な人でも、明るく振舞うことができれば十分勤められます。 クラフトハートトーカイのバイト体験談 男性 手芸・ハンドメイド資材ショップのクラフハートトーカイでのアルバイト体験談です。 店舗を単独でもっているところもありますが、イオンや駅ビル内などショッピングモールに併設されているところも多いです。 モール内の店舗では交通の便が良く、免許なしでも通えました。 面接では服装の指定もなく履歴書を持って行って即採用、という感じでした。 おもに主婦層の年代の方が多く働いています。 シフトは相談OKでしたが主婦の方は夕方以降帰宅することが多いため、遅番を希望すると尚採用されやすいと思います。 手芸ショップですが、手芸経験がゼロから社員で入った男性がいたり仕事をしていくうちに自然に覚えたりで、特に手芸が得意でなくとも問題なく働けます。 自分は手芸が好きだったので、好きなものに囲まれて仕事をするのはとても楽しかったです。 以外だったのは手芸のお店でも季節モノが多数あったことです。 毛糸の夏用冬用はもちろんですが、入園入学の準備の季節(2月3月)が繁盛期でした。 生地の売れ行きの多さもですが、通園バッグの注文も多かったです。 私がバイトをしていてラッキーだと思ったのは、その月のセール品をいち早く知って売り切れる前に買えることと、社員割引で手芸資材を買えることでした。 ポイントセールがいつあるかもバイトをしていると知ることができるので 「セールになったらあれを買おう」とお得に買い物できるのも魅力だと思います。 男性 手芸が趣味でクラフハートトーカイでアルバイトしています。 面接時に聞かれたことは、どの程度の時間で働けるのか土日対応できるのか、ミシンは使えるのかなど手芸の知識はどの程度あるのかなど聞かれました。 季節によって扱うものが変わるので、レイアウトを変更したり、POPを作ったりするのが楽しかったです。 また、年明けから3月くらいにかけて幼稚園や保育園、小学校の通園に関するグッズ作りのために布を買いに来られるお客様や作り方の確認に来られるお客様ご多くて忙しいかったです。 人気のキャラクターの布やワッペンは、欠品にならないようにいつも多めに発注していました。 そして、クラフハートトーカイでアルバイトしてよかったことは、様々な小物などの作り方や型紙をもらえることです。 そして、時間のある時に自分で作ったり、アレンジしたものをお店で飾ったりできることが嬉しかったです。 好きな布や手芸道具に囲まれて楽しかったです。 また、同じような趣味の方が多くお客様で来てくれるのでお客様との会話も楽しかったです。 アルバイトEX-Press編集部 アルバイトEX-Press編集部です。 皆様のお役に立つアルバイト情報をお届けすることをライフミッションにしております。

次の

クラフトハートトーカイ都城店

トーカイ 手芸 店

布小物や編み物、ビーズ、UVレジンでのアクセサリー作成など、最近ハンドメイドを趣味にしている方やハンドメイド専用のフリマサイトで販売している方も増えています。 ハンドメイドの大きなイベントが開催されることもありますよね。 私も布小物を作るのが好きで、自分が使いたいものはもちろんなのですが、友人や家族から「これ作って」とリクエストされることもあり嬉しい限りです。 しかし作るのは楽しいのですが、ハンドメイドって布小物に限らずなんでも材料費がかかってしまいますよね。 手芸用品のお値段はピンキリ、安いものもあれば高い生地もあります。 ファスナーやボタンなどの副資材もまとめて買うと結構なお値段に… そこで今回は、私がよく利用する手芸用品店のユザワヤとトーカイを徹底比較 どっちがお得に買い物ができるのか調べてみました。 普段よく利用する、近所に上記2店舗があるけどどっちがお得なんだろうと迷われている方、ぜひ参考にしてみてください。 大手の手芸店 2店舗を比較 手芸店といえば、ユザワヤとトーカイが有名ですよね。 あとはイオンにあるパンドラハウスやその他の手芸店を利用している方も多いと思いますが今回はユザワヤとトーカイのみ比較してみます。 ユザワヤ お店を見てみれば、トーカイよりも広い店舗が多いかな、という印象です。 取り扱い点数は店舗によって広さが違いますが、私がよく行く店舗で比較するとユザワヤの方が店内が広く種類も多いです。 ユザワヤには「友の会」という会員制度があり、お買い上げ金額に応じてポイントが貯まります。 詳しくは別記事にまとめていますのでご覧ください。 私がよく行く店舗は、全体的に布生地の取り扱いが少ないような気がしますが、オリジナルの型紙販売や店員さんにアドバイスがもらえる点、副資材の種類が豊富な点がユザワヤよりもいいな、と思っています。 入会金・年会費に関しては、ユザワヤの場合キャンペーンなどを利用すると年会費が無料となります。 トーカイはそういったキャンペーンはありませんがトーカイの場合100円で1ポイント付与で100ポイント貯まると100円分の割引になるので、ポイントが貯まりやすいです。 購入金額 割引後金額 ユザワヤ 付与ポイント トーカイ 付与ポイント 1000円 900円 4ポイント 9ポイント 3000円 2700円 13ポイント 27ポイント 5000円 4500円 22ポイント 45ポイント 7000円 6300円 31ポイント 63ポイント 10000円 9000円 45ポイント 90ポイント 20000円 18000円 90ポイント 180ポイント 30000円 27000円 135ポイント 270ポイント 40000円 36000円 180ポイント 360ポイント ユザワヤの場合は200円で1ポイント500ポイントで500円割引なので割引後10万円分のお買い物でやっと500円割引となります。 一方トーカイの場合は100円で1ポイントなので約12000円分のお買い物で100円割引、55600円のお買い物で年会費の500円の元が取れる計算です。 まとめ 利用金額、割引率は同じだといってもポイント還元率が違うと、貯まるポイントにもこのような差がでてきてしまいます。 トーカイの方がポイントは貯まりやすいですが、こちらは年会費が無料になるキャンペーンはありません。 ユザワヤはポイント還元率が低めの200円で1ポイントですが、JAF会員特典やチラシ、新店オープンセールなどで入会金が無料になることがあります。 入会金が無料でしたら、年会費分はそこまで気にせずに利用することができますので、その点からするとユザワヤの方がお得なような気もします。 しかし年会費だけで比べるとユザワヤの方がお得でも、品揃えが悪かったり自分が欲しい商品がなければ利用することもありませんよね。 店舗によって品揃えが異なるので、お近くの両店舗がある場合はトーカイでのお買い物をメインにユザワヤにしか売ってないものはユザワヤで、その他はトーカイで、というのが一番お得かなと思います。 私の場合は一番近いのがトーカイなのでトーカイで探し物が見つからなければユザワヤへ行っています。 以上、大手手芸店2店舗を徹底比較【トーカイとユザワヤ】どっちがお得?でした。

次の