レモン シロップ。 レモンを砂糖に漬けるだけ、自家製レモンシロップの作り方

手軽にサクッと作るレモンシロップと、レモンスカッシュ

レモン シロップ

編集スタッフ 田中 こんにちは!スタッフ田中です。 今年、夏がはじまる前の6月にを 特集したところ、大変ご好評をいただきました。 お客さまから「今年はチャレンジできた!」 という声を聞き、とっても嬉しかったです。 梅は夏限定でしたが、 キッチンに漬けた瓶が並ぶワクワク感は 一年中味わっていたいな〜なんて 思ってしまいませんか。 「砂糖漬けにしたりレモンピールなどを作って 楽しんでいます!」とレモンは身近なフルーツのよう。 爽やかな香りと瑞々しさがキッチン中に 漂っていましたよ〜。 ) ・砂糖 800g (砂糖の内訳はグラニュー糖とハチミツ。 グラニュー糖 640g、ハチミツ160g) 今回はコクのある甘みをつけるため ハチミツをブレンドしてみました。 ヘタの部分の色が薄い方が良いそうです。 選ぶときに注意して見てみてくださいね。 【準備するもの】 ・密封瓶 (瓶は、蓋がしっかり閉まり 密閉性の高いものがおすすめです) 【密封瓶を消毒しておくこと】 シロップやお酒を漬ける前には 下記のようにアルコール消毒を することをおすすめします。 ゴム手袋をはめて、シュッシュと まんべんなく吹き付けてください。 次にキッチンペーパーで しっかりと拭き取ります。 レモンの皮をむき、約2~3mmにスライス、 種を取り除いておく。 瓶にレモンとグラニュー糖を交互に入れる。 ハチミツを加える。 冷暗所で保管する。 写真付きの詳しい作り方 1. レモンの皮をむき、約2~3mmにスライス。 種は取り除いておく。 フルタさん: 「今回はお子さまが飲むことも考えて 苦みがあまり出ないように皮をむきます。 」 田中: 「皮を剥いてしまって、味が薄くなることは ないですか?」 フルタさん: 「大丈夫です!きちんと中の果肉から レモンの美味しさが出てくれますよ〜。 」 無農薬栽培のレモンなら皮つきのままでも 安心して使えるそうです。 瓶にレモンとグラニュー糖を交互に入れる。 レモンと砂糖の比率は1:1。 砂糖はグラニュー糖とハチミツにしました。 内訳はお好きな量でいいですが、コクのある シロップにしたかったのでハチミツを少し ブレンドすることになりました。 甘さが欲しい方はハチミツの配分を多めに してもいいかもしれません。 ハチミツを加える。 冷暗所で保管する。 何層にも重なっていく黄色と白がとっても きれいですね~。 ) 保存方法と飲みごろ 一日一回、きれいに洗った菜箸などで 瓶のなかをかき混ぜます。 温度の低い冷暗所に保管しておいて 約1週間で飲みごろとなります! 全体に混ざって、鮮やかなイエローと 輪切りのレモンが絵になります〜。 レモンシロップから泡が出てきてしまったら 気温が高い日が続いて、発泡が起こっていたら 発酵が始まっているので 冷蔵庫にいれてください。 瓶が大きくて冷蔵庫に入らないというときは 小分けにしてタッパーなどへいれて 冷蔵庫保管してください。 1週間たっていない場合は、 レモンをそのままに小分けにしてくださいね。 これからの季節に 大活躍すると思いますよ。 作り方もとっても簡単なので、ご紹介しますね! 1. サツマイモを食べやすい形にカット。 シロップ漬けのレモンを半月切りにする。 薄口しょうゆで味付けし、沸騰したら ごく弱火にして5分くらい煮込む。 余熱で味をしみこませたらできあがり。 簡単な作り方と手軽に揃う材料なので ぜひ試してみてくださいね! 明日は、レモン酒づくりとその楽しみ方を ご紹介します。 スタッフで試飲会をした様子も お届けしますよ〜。 自家製ミントでつくるモヒートと簡単クラッカーおつまみ.

次の

保存方法や日持ちなど、レモンシロップ作りの疑問にお客さま係が答えます!

レモン シロップ

お客様係 渡邉 自家製シロップ作りの季節ですね!みなさんはもう今年のシロップの仕込みは終わりましたか? この時季はスタッフの間でも、「今年はどのシロップを作ろうかな~」「私はこれを仕込んでみたよ!」といった声があちこちで聞かれます。 当店でもこれまでたくさんのシロップの作り方をご紹介してきましたが、保存方法や日持ちなど、初めてのシロップ作りは何かと疑問や不安が多いですよね。 粉砂糖など には、砂糖以外の材料を入れて加工しているものもあります。 そういうものは、シロップが濁ったり味が変わることがあるので、あまりおすすめしていません。 グラニュー糖や氷砂糖で作るとさっぱり、すっきりとした味わいに。 上白糖だと気持ちまったり、茶色いきび 砂糖や黒糖、はちみつだと こっくりとした味わいに仕上がりますよ。 」 砂糖の量もお好みで変えていいのだそうです。 いろいろ試しながら自分好みの味を探すのも、自家製シロップ作りの醍醐味ですよね。 ただ、砂糖が少なすぎると発酵しやすかったり、カビが生えやすくなるそうなので、この点はご注意ください。 白い部分も取らないと苦くなってしまいますか? レモンの皮の内側にある白いふわふわな部分、甘皮。 苦いイメージがありますが、取り除かないといけないのでしょうか? フルタさん: 「甘皮は、入れても入れなくてもそこまで苦みは変わりません。 苦みに差が出るのは、外皮を入れるか入れないか、ですね。 青レモンの場合は、外皮を入れると苦みを感じやすいけれど、黄色いレモンの場合は、外皮を入れてもそんなに苦くなりませんよ。 」 どのように保管すればいいでしょう? フルタさん: 「基本的には、仕込んだあと 直射日光があたらない冷暗所に1週間保管し、その後は冷蔵庫で保存するのが発酵やカビが出づらくおすすめです。 なるべく空気に触れないようにしたほうがいいので、タッパーなどに小分けにするといいですよ。 レモンは入れたままでも取り除いても構いません。 もし気温が高い日が続くなどで発泡が起こっていたら、発酵が始まっている可能性があります。 その場合はレモンをいったん取り出して、シロップを15分くらい弱火にかけ、 アクをすくってください。 沸騰しないように注意してくださいね。 」 日持ちはどのくらいですか? フルタさん: 「季節や保管方法で変わってきますし、厳密な賞味期限というのはありませんが、状態が良けれ ば1年くらいは保つと思いますよ。 もし途中で発酵してしまった場合は、上記の方法でアクを取り除いたあと、3週間以内を目安に、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。 」 私も実際に作ってみました! 今回このコラムを書くにあたって、私も初めてレモンシロップ作りにチャレンジしてみました! ちょうど氷砂糖が余っていたのをグラニュー糖の代わりにして、フルタさんと同じようにハチミツも少しブレンドして。 外皮は入れずに仕込みました。 我が家ではほとんどレモンを使わないということもあって、仕込み中レモンの皮を剥くたびにキッチンに広がるさわやかな香りがとても新鮮! 氷砂糖が溶けきるまでに10日ほどかかりましたが、毎日少しずつ状態が変わっていくのを確認するのが帰宅後の楽しみでした。 味はというと、レモンの酸っぱさはなくなって、すっきり甘い仕上がりに。 こんなに簡単ならもっと早く作ればよかった~と思いながらも、ちょうど暑くなってきたこれからの季節、炭酸水で割ってゴクゴク飲みたいと思います。 レモンシロップには2Lサイズがおすすめです! お客さま係 渡邉 2014年に、医療機器メーカーから転職して、クラシコム入社。 自宅には入社前に当店を利用していた頃に買った、 暮らしの道具がいっぱい。 お客さまに「このお店で買い物をしてよかったな」と思っていただけるよう、日々奮闘中。 本日の編集部recommends! インテリアに自然になじむ「おしゃれなウォーターサーバー」見つけました[SPONSORED] フラワーアーティスト・前田有紀さんとコラボした花器が再入荷!撥水レザートートやボウルなど当店こだわりアイテムが入荷中! 気持ちが晴れる晩酌。 自家製ミントでつくるモヒートと簡単クラッカーおつまみ.

次の

材料はレモンと氷砂糖だけ!国産レモンでレモンシロップを漬けてみました♪

レモン シロップ

炊飯器の釜にレモンと砂糖を交互に詰めていきます。 レモンを入れたら砂糖を重ねます。 五合炊きの釜の8分目くらいまできました。 一番上は砂糖を詰めます。 炊飯器の蓋をして保温にセット、12時間放置します。 12時間後、ボウルとザルを重ねたところにジャーの中身をあけ、シロップを濾します。 12時間後。 まるで1ヶ月くらい熟成させたのようなレモンのしなび具合。 もし12時間で足りなそうな場合は、24時間くらい放置しておいても大丈夫です。 ただし、やりすぎるとレモンの苦味が出てきてしまうので注意が必要です。 ザルでシロップを濾します。 シロップを保存容器に格納します。 残ったレモンは、1枚1枚タネを取り除いて保存容器に入れていきます。 完成です! すぐにレモネード、レモンスカッシュ、レモンサワーに使えます! (3)レモンシロップの保存方法 常温で1年。 心配な場合は冷蔵しておく。 熱が入っているので発酵しにくいと思います。 (4)ソライロノート 通常10日~2週間くらい熟成させて完成となりますが、炊飯器を使えば12~24時間で完成しちゃいます!炊飯器に仕込んだあとに、保存容器に入れ替える手間が発生しますが、なんと言って短時間でできるのがありがたいです。 できるだけ早くレモンシロップがほしい!なんてときには、この方法が有効なんじゃないかと思います。 味はぜんぜん変わりませんでした。 熱が入っている分、発酵しにくいので持ちがいいかもしれません。 時間をかけてじっくり熟成したい場合はこちら。 、 レモンがたくさんあって困る!という方はこちら。 どんな保存食をいつ頃仕込んだらいいのかわらない・・・という方にはこちら。

次の