京 アニ 犯人 どう なっ た。 YouTuber「京アニ放火男は『正当防衛』」 「不謹慎にも程がある」と批判殺到: J

すぐ分かる解説!京アニ放火事件でNHKが黒幕だとネットで炎上している理由

京 アニ 犯人 どう なっ た

の本社 略称 京アニ Kyoani 本社所在地 〒611-0002 木幡大瀬戸32番地 設立 (法人設立) 事業内容 アニメーション製作 TV・劇場・OVA グッズ企画・製作・販売・卸 出版 キャラクターデザイン・パッケージ制作 スクール運営 代表者 八田英明 代表取締役社長 資本金 1,000万円 従業員数 137名 (2019年10月現在) 主要子会社 株式会社 関係する人物 参照 外部リンク 特記事項:創業は。 として法人化。 、に変更。 株式会社京都アニメーション(きょうとアニメーション、: Kyoto Animation Co. , Ltd. )は、の。 略称は 京アニ(きょうアニ)。 主にや用作品の企画・制作()、他社作品の制作協力を行っている他、事業や事業なども行っており、アニメーションを軸とした事業を展開している。 会社は「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。 概要 [ ] のとに本社と複数のスタジオを構え、テレビアニメーションの制作や、その劇場版アニメーションの制作を主力事業としている。 2016年には、テレビアニメを経由しない単体となる長編アニメーション映画の制作にも初参入した。 また、自社関連グッズを販売する『京アニショップ! 』を京都に実地店舗として持つほか、オンライン上での通信販売も行っている。 その他の事業に、自社文庫レーベル『』での出版事業や、『』でのスクール事業運営も行っている。 一部の工程は社外で行う必要があるため、京都の本社とは別にオフィスをに置く。 また、演出など一部のメインスタッフは京都と東京を往復することも多いといわれる。 そのほか、福利厚生としてを完備。 からは自社イベントを京都市内で定期的に開催している。 発表のアニメ版からは最高峰の制作技術で業界の先駆けとなる企画を展開し、ネット時代の日本のアニメ文化の方向性を決定付けたとされている。 の「」ではと呼ばれるほどのブームを引き起こし、その名がアニメファンのみならず一般にも知られるようになった。 歴史 [ ] 創業 [ ] 創業者の八田陽子(旧姓:杉山)は出身で、高校卒業後にである実兄のの紹介によりに師事し、旧で経験を積んだ。 その後、転職して京都府に移住し、の農家出身で担当のである八田英明と知り合い、1975年に結婚。 宇治市に移り住み、3人の子供を育てる傍ら、そこで近所の主婦に請われてアニメ製作の塾を開講した。 その後、東京にいる実兄やの社長であるなどの人脈を駆使して仕事を探し、に前述の主婦らと共にシンエイ動画、及びの仕上げの仕事を始めたことが事業の始まりである。 当初は「京都アニメスタジオ」と名乗っていたが、のちに「京都アニメーション」に改称して英明を社長に据え、に有限会社として法人化される。 元は仕上げの工程を行う仕上専門会社であったが、に作画部門を設立し、他社の動画の下請けを始めている。 のタツノコプロ制作のテレビアニメ『』では実質的な制作を行ったとされ、同作品のプロデューサーが(後のProduction I. G)を設立する際には出資を行った。 なお、京都アニメーションもアイジーも、設立当初は杉山卓及び陽子の実姉が、大手製薬会社で経理を担当した経験を活かして支援していた。 体制確立後 [ ] やがて1990年代半ばから、演出・作画・仕上げ・背景・撮影などを自前で行う体制を整え、テレビアニメのを行うようになった。 スタジオを4か所構えた時期もあったほか、ゲームソフトのパッケージデザインや、そのソフトに関連したコミック版も請け負っていた。 1992年にはからの受注で原作のテレビアニメ『』を、演出から仕上げまで初めて社内スタッフだけで制作した。 このころにはすでに質の高い仕事で評判になっていた。 その後、長らく主要取引会社であるシンエイ動画・サンライズ・・タツノコプロ・などの制作作品のグロス請け等の下請けを行った。 また、『』や『』などの作品の制作にも参加した。 アニメ監督のによると、その評判から仕事の依頼が絶えず、発注元の制作会社では京都アニメーションに仕事を依頼するためにスケジュール調整を行うことがあったという。 1999年、株式会社に組織変更。 このころから、デジタルペイント・デジタルコンポジット制作体制へと移行する。 元請制作参入後 [ ] 2002年、グロス請けを担当していたテレビアニメ『』のスピンオフ作品であるOVAシリーズ『』にてタツノコプロと共同元請制作ながら一般作品の元請制作に参入(1・2話のみ)。 2003年、初の元請制作のテレビアニメ『』をいくつかの話数でタツノコプロの制作協力を得ながら制作し、アニメファンの注目を集めた。 には全話グロス請けに出さずに制作した『』を手がけ、他を圧倒するほどの作り込みと巧みな演出が話題を呼び、京都アニメーションの名はアニメファンの間でブランド化した。 以後、グロス請けは動画仕上げにとどめ、1話毎のグロス請けを請けず自社元請制作に専念するようになり、『AIR』以降、ゲームブランドが製作したをテレビアニメ化し、『』、『』、『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』と毎年1作ずつ制作した。 2006年、初めて地上波として制作した『』は、「時系列シャッフル」と呼ばれる手法などで同年上半期最大の話題作となった。 2009年、自社オリジナル企画OVA『』に新作カットを加えたディレクターズカット版として『空を見上げる少女の瞳に映る世界』を制作し、UHFアニメとして放送。 同時期に劇場版企画『天上人とアクト人 最後の戦い』で劇場アニメに初進出した。 同年、軽音楽をテーマとした同年4月の『』では、キャラクター名義のCDとして初のオリコンチャート1位獲得や、登場人物の使用する楽器が急激に売り上げを伸ばすなどの結果、2009年ヒット商品番付の西前頭に選出されるなど 、その経済的影響力にも大きな注目が集まり、マスメディアからと呼ばれるまでに至った。 本作は2010年に第15回アニメーション神戸において作品賞・テレビ部門を受賞。 2011年に公開された劇場作は興行収入19億を記録し、2012年に第17回アニメーション神戸において作品賞・劇場部門を受賞した。 文庫レーベル展開後 [ ] 2009年10月2日から第1回を開催し、2011年にはレーベルを立ち上げ、奨励賞のうち『』(著:、イラスト:)と京アニBON! での連載作品『』(著:、イラスト:)を文庫本化した。 2012年からは上記の京都アニメーション大賞の受賞作品を中心としたKAエスマ文庫原作・原案作品の制作が多くなり、他社の原作付きの作品は『』を最後にしばらく制作が行われなかった が、2014年に以前アニメ化している「フルメタル・パニック」シリーズでつながりのある著・発行のライトノベル『』のテレビアニメ制作が発表され、2014年10月から12月まで放映された。 2014年10月、第19回において特別賞を受賞した。 2016年9月、『』が公開。 本作は京都アニメーションとしては初となる、テレビシリーズを挟まない映画となった。 第1スタジオにおける放火事件 [ ] 放火事件により全焼した第1スタジオ(撮影) 2019年7月18日、第1スタジオ(参照)でによる火災が発生し、建物が。 国内の放火事件では以降最悪となる36名の死者(内3名は病院へ搬送後に死亡)を出し、33名が負傷、1名は無傷だった。 一方でからまでの・本店で京アニ原画展「私たちは、いま!! 特別展」が企画されており、事前に貸し出されていた原画70点は被害を免れている。 尚、原画等の紙書類は殆どが焼失したが、ルームは火元から遠くコンクリートで囲われていたことから被害を免れ、画像データは全て回収された。 放火事件の2日後である7月20日、社長の八田英明は甚大な被害を受けた同社の第1スタジオを取り壊す意向を明らかにした。 作風 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年12月) 原作の再現度 [ ] 元請制作作品は『空を見上げる少女の瞳に映る世界』『』を除き、アドベンチャーゲーム(Key作品)・ライトノベル・コミックなどを原作としているが、これらの作品はいずれも基本は原作に忠実であり、その上でサプライズ的な要素を付加させるといったストーリー展開を貫いていた(ただし『フルメタル・パニック! The Second Raid』では女性キャラが少なすぎるため、原作の一部男性キャラクターを女性キャラクターに変更した)。 『AIR』『Kanon』『CLANNAD』はもアニメ版を制作しているが、東映が独自の解釈でオリジナル要素が強いのに対し、京都アニメーションでは原作に忠実な点が評価される一因となっている。 また、こうした制作会社の姿勢が、作品の前評判や人気にも繋がっているという分析もある。 ストーリー以外でも、原作のCGやイラストと近い作画を制作し、Key作品においては原作に使用されている主題歌・BGMを多用している。 しかし、近年はオリジナル色を打ち出したアニメが増えてきている。 『』ではオリジナルのキャラクターやストーリーで世界観を膨らませている。 『』では、主人公がクラス委員に入っていたり、オリジナルキャラが登場している など、を原作とした作品はかなりアレンジしたものとなっている。 また、『』は初の自社制作オリジナルテレビアニメである。 『』ではオリジナルキャラが登場するだけに留まらず、ストーリーも原作とは異なる展開になっている。 制作環境 [ ] 制作体制 [ ] 近場に外注を出せる制作会社が少ないこともあって、演出、作画、仕上げ、美術、撮影、デジタルエフェクトまでのプロダクション作業を社内で行なえる体制を構築しており、外注による分業体制を取るプロダクションに対して、スタッフのコミュニケーションが密に取れることが特徴となっている。 現在のところ、他社へのグロス出しは『フルメタル・パニック? ふもっふ』を除いて行われていない。 スタッフ [ ]• ゲーム作品(ここではKey作品)のアニメ化にあたっては、強制ではないがアニメを制作するスタッフ全員で原作ゲームをプレイしている。 設定制作、をそれぞれ「設定マネージャー」「制作マネージャー」と呼称する。 には必ずが起用されている。 社屋 [ ] 本社屋にスキャン・動画検査などを行うデジタル映像開発室を備える。 デジタルペイント・作画などの作業は別棟スタジオにて行われる。 2005年、宇治市内に新社屋完成。 2008年2月、京都市桃山町(宇治市六地蔵との境界付近)に建設していた新スタジオ(第1スタジオ)が完成した。 第1スタジオは本社と、本社の徒歩圏内にあるスタジオ(第2スタジオ)まで一駅で行ける距離にあり、2008年度以降はこの3スタジオでアニメーション制作を行っていた。 2019年、上述の事件により第1スタジオ焼失したが、その後のスタジオ再建は未定である。 自社店舗 [ ] 第5スタジオ内に「京アニショップ! 」と言う名の店舗を構え、自社関連グッズ類を販売している。 店舗サイトでは通信販売も行っている。 本社・スタジオ [ ] 京都 [ ] 第2スタジオ(3階部分) 並走するとの駅である木幡駅・六地蔵駅周辺に点在している。 本社(京都府宇治市木幡大瀬戸32)• 奈良線前に所在。 自社ビル。 第1スタジオ(京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1)• 最寄り駅は。 自社ビル。 木幡駅からは一駅の距離にあたる。 住所としては京都市であるものの、宇治市との市境とは目と鼻の先にある。 1階は主に制作進行、2階は主に若手の原画・動画・背景画・キャラクター担当、3階は経験豊富なアニメーターや監督が所在していた。 に放火によるにより、した。 2019年10月、八田英明社長が第1スタジオの解体撤去を表明。 2019年11月、解体に向けた準備が始まり、2020年1月7日から解体の工事を開始。 2020年4月28日に第1スタジオの解体工事が完了した。 アニメーションドゥウが入居している扶桑道修町ビル• 株式会社アニメーションドゥウ(大阪府大阪市中央区道修町1丁目7番10号 扶桑道修町ビル5階)• 関連会社の株式会社アニメーションドゥウは、京都アニメーション大阪スタジオを分社化する形で法人化してに設立された。 大阪府大阪市にスタジオを構える。 代表は八田英明。 別社名ではあるものの、京都アニメーションと一体経営となっている。 シンエイ動画の制作協力をアニメーションDo名義で行っていた時期もあったが、京都アニメーションが元請制作に一本化して以降、同社と一体で制作を行っている。 そのため、京都アニメーション制作作品では制作協力、または連名で表記されている。 東京 [ ]• 東京オフィス(東京都港区赤坂2-12-23 キャビンアリーナ赤坂201号室) 作品履歴 [ ] 元請制作 [ ] テレビアニメ [ ] 放送開始 放送終了 タイトル 監督 シリーズ構成 原作媒体 原作レーベル 1 2003年8月 2003年11月 小説 2 2005年1月 2005年3月 志茂文彦 ゲーム 3 2005年7月 2005年10月 武本康弘 賀東招二 小説 富士見ファンタジア文庫 4 2006年4月 2006年7月 石原立也 涼宮ハルヒと愉快な仲間たち 5 2006年10月 2007年3月 志茂文彦 ゲーム Key 6 2007年4月 2007年9月 武本康弘 漫画 7 2007年10月 2008年3月 石原立也 志茂文彦 ゲーム Key 8 2008年10月 2009年3月 9 2009年1月 木上益治とユメミる仲間たち オリジナル 10 2009年4月 2009年10月 涼宮ハルヒの憂鬱(2009年版) 石原立也(総) 武本康弘 涼宮ハルヒとやっぱり愉快な仲間たち 小説 角川スニーカー文庫 11 2009年6月 漫画 12 2010年4月 2010年9月 けいおん!! 戀 石原立也 20 2014年7月 2014年9月 Free! -Eternal Summer- 内海紘子 横谷昌宏 21 2014年10月 2014年12月 武本康弘 志茂文彦 富士見ファンタジア文庫 22 2015年4月 2015年6月 石原立也 花田十輝 23 2016年1月 2016年3月 志茂文彦 KAエスマ文庫 24 2016年10月 2016年12月 響け! ユーフォニアム2 花田十輝 宝島社文庫 25 2017年1月 2017年4月 武本康弘 漫画 26 2018年1月 2018年4月 石立太一 吉田玲子 小説 KAエスマ文庫 27 2018年7月 2018年9月 Free! -Timeless Medley- 約束 98分 13 2017年9月30日 劇場版 響け! ユーフォニアム 〜届けたいメロディ〜 石原立也(総) 小川太一 花田十輝 宝島社文庫 105分 14 2017年10月28日 特別版 Free! -Take Your Marks- 河浪栄作 横谷昌宏 KAエスマ文庫 100分 15 2018年1月6日 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me- 石原立也 花田十輝 98分 16 2018年4月21日 山田尚子 吉田玲子 宝島社文庫 90分 17 2019年4月19日 劇場版 響け! ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜 石原立也 花田十輝 100分 18 2019年7月5日 劇場版 Free! -Road to the World-夢 河浪栄作 横谷昌宏 KAエスマ文庫 99分 19 2019年9月6日 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形- 藤田春香 吉田玲子 90分 20 2020年9月18日 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 石立太一 21 未定 Free! シリーズ完全新作劇場版 OVA [ ]• 残された名刺-ある在日一世の軌跡- 1996年• 二匹の猫と元気な家族 1997年• おじいちゃんの花火 1998年、人権啓発作品• (自社オリジナル企画、2003年)• MUNTO 時の壁を越えて(自社オリジナル企画、2005年)• フルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日(2006年)• (2008年)• (2011年3月発売の単行本6巻限定版に付属 )• 第11. 5話(2013年1月発売の単行本コミックス3巻限定版に付属)• (自社オリジナル企画、2017年)• バジャのスタジオ~バジャの見た海~(自社オリジナル企画、2019年11月発売の「私たちは、いま!!全集2019」に収録予定) Webアニメ [ ]• (2009年)• (2009年)• (2012年)• (2013年)• 中二病でも恋がしたい! 戀 Lite(2013年 - 2014年) 自社オリジナルCM(CMライブラリ) [ ]• 花編(2010年)• 空編(2010年)• あじさい編(2010年)• 星編(2011年)• 発想編(2012年)• メガネ編(2012年)• 傘編(2012年)• 行きたくなるお店編(2012年)• 水泳編(2013年) その他の元請制作 [ ]• 『』(平日夜のローカルニュース)オープニング、タイトルロゴ 制作中止 [ ]• - 2009年にアニメ化される予定であったが、諸般の事情で中止となった• - 京都アニメーション担当回が、放火殺人事件の影響で制作中止となった KAエスマ文庫 [ ] 詳細は「」を参照 制作協力 [ ] シンエイ動画 [ ]• (劇場版(テレビ版は原画、動画、仕上げ)、1979年 - 2005年)• 呪いのワンピース(1992年)• (劇場、1994年)• (1994年、1995年)• (アニメーションDoと共同、2001年)• (アニメーションDoと共同、2001年)• ジャングルはいつもハレのちグゥ デラックス(OVA、アニメーションDoと共同、2002年 - 2003年)• ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL(OVA、アニメーションDoと共同、2003年 - 2004年)• (1986年)• (1990年)• (1995年)• (1996年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (1999年 - 2000年)• (1999年)• (2000年)• (2001年)• (2002年) タツノコプロ [ ]• (1983年)京都アニメ名義で動画制作• (1987年)事実上の元請けデビュー作• (1996年)• (1998年)• (2001年)• (2002年) サンライズ [ ]• (1994年 - 1995年)• オー・エル・エム [ ]• (1997年 - 2002年)• (2000年)• (2002年) GONZO [ ]• (2000年)• (2001年)• (OVA、2002年)• (2002年) その他の制作協力 [ ]• (制作元請:、1982年)• しあわせってなあに(布教OVA、製作;学研、1991年)• (OVA、制作元請:、1996年)• (OVA、制作元請:・、1997年)• (制作元請:、テレビシリーズ、1997年)• (劇場、制作元請:、2000年)• (制作元請:、2001年)• (制作元請:、2002年) 動画・仕上担当作品 [ ]• (1981年 - 1986年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年 - 1985年)• (1985年 - 1986年)• (1985年)• (1987年)• (1987年 - 1989年)• (1988年 - 1989年)• (1988年)• (1988年 - 1992年)• (初期OVA 1、2、3、5話)• (1989年)• (1991年)• (1991年 - 1992年)• (1992年)• (1996年 - )• (1997年)• (1999年)• (2000年 - 2001年)• (2001年)• (2008年) 背景担当作品 [ ]• 1995年 - 1996年• 1999年 - 2000年 劇場映画 [ ]• (1984年)• (劇場、制作元請:、1988年)• エスパー魔美 星空のダンシングドール(1988年)• (1989年)• (制作元請:、1990年、仕上げ)• (1991年)• (1992年)• (1993年)• クレヨンしんちゃんシリーズ(1993年 - )• および以降のシリーズは不参加。 (1994年)• (1995年)• (1998年)• (2000年)• (2001年)• (2002年) ゲーム内ムービー・動画パート [ ]• Dancing Blade かってに桃天使! II 〜Tears of Eden〜• 11)OP 11 ED• ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて OP• ファルコムクラシックス• ファルコムクラシックスII 番組オープニング映像 [ ]• - 2010年度10月期(同9月27日)より放送開始。 2013年5月9日に2代目OPを放送。 関連人物 [ ] 故人・退職者を含む。 大橋永晴(Do取締役・プロデューサー)• 北之原孝將(Do取締役・作画)• 八田真一郎(取締役・プロデューサー)• 八田英明(代表取締役)• 八田陽子(専務取締役・企画制作部長)• 村元克彦(Do監査役・脚本・総務部)• 外部スタッフ [ ] 原作はゲームブランド、ライトノベル・漫画ではによる作品を多く扱う。 さらに2016年には4大漫画雑誌である『』で連載された『』が映画化されている。 Key作品のアニメ化にあたっては、Keyファンであり『』アニメ化の話を持ち込んだアニメーション脚本家のが脚本を務め、同じくKeyファンで 京アニの主監督を務めるがタッグを組んで制作を行っている。 また『フルメタル・パニック! イベント [ ] 京都アニメーションとアニメーションDo主催による自社イベントが、よりにて開催されている。 イベントでは、所属スタッフによるトークショーやサイン会、また作品出演キャストによるステージイベントの他、原画や美術設定といった作品展示が実施されている。 京アニ&Do C・T・F・K 2013 会社初となる自社イベント。 2013年11月30日に(みやこめっせ)にて初開催。 協力は・・・・。 」 2015年10月31日・11月1日の2日間に渡り、京都市勧業館(みやこめっせ)にて開催。 -2年ぶりのお祭りです-」 2017年10月21日・10月22日にはにて、同年10月28日・10月29日には京都市勧業館(みやこめっせ)での計4日間の開催。 ロームシアター京都では自社作品の先行上映や、作品にちなんだ公式吹奏楽コンサートを実施。 お別れ そして志を繋ぐ式 2019年11月2日から4日まで、京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者を悼む式典がにて開かれた。 京都アニメーションプロ養成塾 [ ] 設置学科・講師 [ ]• アニメーター科• (演出・原画)• 北之原孝將(演出・原画)• (演出・原画)• 秋竹斉一(作画監督・原画・設定)• 樫原教子(動画)• (演出・原画)• 浦田芳憲(原画)• 瀬崎利恵(作画監督・原画)• 澤真平(原画・設定)• 丸木宣明(作画監督・原画)• 美術・背景科• 渡邊美希子(美術監督・背景)• 山砥愛瑛(背景)• 平石朋基(背景)• 篠原睦雄(美術監督・背景) 参考文献 [ ]• 長年、ソフト発売元として、2000年代前半からゲートキーパーズやキディ・グレイド等のグロス請けから付き合いがあったKADOKAWAとポニーキャニオンが製作枠を分け合っていたが、『氷菓』以降はKADOKAWA製作枠がなく、ポニーキャニオン製作枠が京都アニメーションが版権を持っている作品しかなかったため。 一部は原作に逆輸入されている。 ただし前述の通り、『甘城』筆者の賀東招二は本スタジオと関わりが深い。 当初は2020年1月10日に世界同時公開予定としていたが 、諸般の事情によって公開延期となる。 その後新たに4月以降の公開を目指していた ものの、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、公開の再延期が4月6日に発表された。 当初は2020年夏公開予定だったが、放火殺人事件により一旦は公開中止が発表されたものの、2019年11月11日、公開延期という形で再び公開が発表された。 『TV版Key作品 オーディオコメンタリー』での発言が複数回あるのに加え、ビジュアルファンブックの中でも取り上げている。 出典 [ ]• 2019年11月11日閲覧。 京都アニメーション. 2010年8月16日23:17閲覧。 アニメ! アニメ!. 2016年1月1日. 2017年5月23日閲覧。 AERA dot. アエラドット. 2019年7月19日閲覧。 東京新聞TOKYO Web. 2019年7月20日. 2019年8月13日閲覧。 「」『朝日新聞』、2020年11月18日、朝刊14版、30面。 2020年1月26日閲覧。 The Hollywood Reporter, LLC. 2020年1月26日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年8月17日、22面。 2019年8月18日閲覧。 NEWSポストセブン. 女性セブン2019年8月8日号. 2019年7月28日. 2019年8月13日閲覧。 杉山卓 2019年8月18日. 「テレビアニメ全集」のころ. 2019年8月25日閲覧。 「この人に話を聞きたい 第六十九回 石川光久」『アニメージュ』徳間書店、2004年1月号• 杉山卓 2019年8月19日. 「テレビアニメ全集」のころ. 2019年8月25日閲覧。 [ ]、2006年6月21日• 「」『ITmedia NEWS』アイティメディア、2009年12月2日。 2020年1月26日閲覧。 「」『NIKKEI STYLE』日本経済新聞社、2012年1月9日。 2020年1月26日閲覧。 「」『ORICON NEWS』オリコン、2009年8月8日。 2020年1月26日閲覧。 産経ニュース. 産業経済新聞社 2019年8月14日. 2019年8月25日閲覧。 共同通信 2019年10月5日. 2019年10月5日閲覧。 産経新聞 2019年7月20日. 2019年7月20日閲覧。 小林佑基 2009年7月22日. の2009年7月23日時点におけるアーカイブ。 2009年7月24日閲覧。 山崎健太郎 2009年7月21日. AV Watch. 2009年7月24日閲覧。 原口正宏「夏…再訪」『アニメージュ』徳間書店、2006年7月号• 「他愛ない愛しさ キャラクターデザイン・池田和美さんが語るKanonの少女たち」『アニメージュ』徳間書店、2006年7月号• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2019年7月31日。 2020年1月26日閲覧。 foursquare. 2017年8月8日閲覧。 アニメーションドゥウ. 2014年11月15日閲覧。 2018年7月2日. 2018年7月2日閲覧。 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト. 2019年9月6日. 2019年9月6日閲覧。 ねとらぼ. 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト. 2020年4月6日. 2020年4月6日閲覧。 2010年9月23日20:21閲覧。 2010年8月16日23:17閲覧。 2013年10月5日閲覧。 2017年5月20日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 kyoani -• kyoanishop -• kyotoani -• - チャンネル.

次の

表紙:泉の波立ち

京 アニ 犯人 どう なっ た

は同日午後3時、火災の被害を発表した。 それによると、死者は1人で、さらに建物内で心肺停止の12人を発見したという。 また、10人が重症で、6人が中等症、20人が軽傷だという。 によると、搬送された36人のうち、性別は男性が19人、女性が14人、性別不明が3人という。 によると、警察は火をつけた男の身柄を確保。 持っていた免許証によると41歳。 けがをしており、病院で手当てを受けている状況という。 また、現場には複数の刃物が落ちていたというが、男のものかはわからないという。 現場から150〜200mくらいに住んでいるという30代の女性は、BuzzFeed Newsの取材にこう語った。 「ヘリやパトカー、救急車の音がすごかった。 匂いがしてきたので、窓を開けたら燃えていました。 火はあまり表から見えませんでしたが、窓は真っ黒でした」 この女性は京都アニメーション作品のファンで、「すごくショック。 中にいる人が心配です」と語った。

次の

京アニ火災放火犯、青葉真司容疑者の生い立ち「いじめ…引きこもり…下着泥棒」家族構成や同級生の印象

京 アニ 犯人 どう なっ た

34人の尊い命を奪った京都アニメーションの放火、大量殺人事件。 こちらでも第一報が大きく報じられた。 あまりにも大きく報じられたので、はじめはニューヨークでの事件かと思ったぐらいだった。 危篤だった犠牲者がその後亡くなり、建物にいた70人のうち死者は36人、重軽傷を負った人は33人 私が今回の犯行を聞いてまず思ったのは、「犯人はどうやってビル内に入ることができたのだろう?」ということだった。 と言うのも、私が住むニューヨークでは、 オフィスビルの入館が(優良企業であればあるほど)厳重に管理されているからだ。 日本の各メディアの報道では、同社の八田英明社長のコメントで、放火された第1スタジオのビルのセキュリティ対策として、スタッフは普段、専用キーカードを使って出入りしていたらしいが、この日は朝からNHKの撮影が予定されていたため、セキュリティシステムを解除していたという情報もある。 これを聞いて思ったのは、 普段どんなに強固なセキュリティ対策を取っていても、解除してしまえば「セキュリティなし」の状態になるということだ。 特にニューヨークのオフィスビルは、セキュリティが厳重だ。 部外者がおいそれと入れないようになっている。 よってたまに日本に帰ると、オフィスビルのセキュリティがとても緩く感じて戸惑うことがある。 日本の大企業はセキュリティの面でまったく問題ない。 問題は中小企業のオフィスビルや、雑居ビルだ。 ここでは、京都アニメーションの事件で改めて顧みた、アメリカのセキュリティ事情について紹介したい。 一般的に、アポなしでは入館できない こちらにあるオフィスや雑居ビルは、外部の人は簡単に入れない。 訪問者は事前アポイントメントが必要だ。 事前に 「どこの誰が、どの目的で、誰と、何時に、そしてどのくらいの時間、面会するか」というのがやりとりされているべきで、訪問者の情報は受付に登録されている。 (注:「どのくらいの時間」はポイント。 仕事がデキるニューヨーカーはだらだらとミーティングすることはなく、終わりの時間を設定する) オフィスビルや雑居ビルの1階入り口には受付があり、ドアマン(たいてい大柄の男性)がいる。 若い女性が座っていることが多い日本と、この点も違う。 訪問者は到着したら、 写真付き身分証明書(ID)の提示を求められる。 IDと登録情報が合致したら、顔写真を撮られ、名前入りシール(Sticker)をもらう。 胸元などわかりやすいところに貼り、そこでようやく入館が認められる。 (注:顔写真以降を割愛するところもある) 近年はITのおかげで、受付にあるタブレットに自分で情報を入力したり、受付のセキュリティの人がチャットでオフィスの担当者と連絡を取り合うことも多くなった。 もう一度言うが、 アポのない訪問はどんなに熱意があっても、門前払いになる。 念押しした理由は、日本からの訪問者で、これらの常識を知らない人がたまにいるからだ。 視察の目的でニューヨークを訪れ、突然「~の企業や行政を訪問したい」「~の広報と会いたい」と相談してくる人がいる。 そこで私は「アポは取っていますか?」と確認すると、「連絡したが返信がない」はまだ良い方で、「取ってないけど、事情を説明して何とかなりませんかね?」と返ってくることも。 「PRの部署だから、会ってくれるだろう」「熱意は伝わるはず」という考えは、こちらで通用しない。 その理由は、 セキュリティと時間の問題だ。 こちらの人はどこの誰ともわからぬ人物においそれと会うことはしない。 また時は金なりのニューヨーカーは皆、忙しい。 優秀な人ほど残業をしないため、限られた就業時間内に事前に計画されたスケジュールをつめこみ、それを基に「効率的に」動く。 ビジネスに直結してもしなくても、事前のアポがない人と歓談する無駄な時間は、彼らにない。 京アニのような低層の自社ビルや、店舗が入居している雑居ビルだとしても、ビル自体の入り口は施錠されていて、受付の人に(時にインターフォン越しで)誰と何時にアポがあるかを聞かれ、登録情報と照合される。 万が一、先方のミスで登録されていなかったとしたら、残念。 そこで詳しい説明を強いられる。 そもそもアメリカ(特にニューヨークなどの大都市)はテロを警戒していることもあり、入館セキュリティは相当厳重だ。 自由の女神やエンパイアステートビルなどの観光名所は、911同時多発テロ以降、ベルトなどを外してX線検査を通過するなど空港並みの警備体制が敷かれている。 図書館や博物館でさえも手荷物検査があり、それを通過せねばならない。 (注:アジア系はサっと見られて終わることが多いが) もう一つ。 オフィスビルでは、定期的なファイアードリル(防災訓練)が義務付けられている。 定期的に実施日時が決められ、オフィスビルで働く全員が一箇所に集まり、火災の際の行動について指示される。 「万が一」の際の心の準備に役立つ。 もちろんこちらのオフィスビルとて、抜け道を探そうと思えばいくらでもある。 また、もし京都アニメーションのセキュリティが解除されていなかったら、もしくは犯人がウソをついて事前に訪問アポを取っていたら... と考えることもできるが、それらはタラレバの話になるので、無意味な議論は控えたい。 以上、物理的セキュリティに厳格なアメリカの一例を紹介した。 なかなか実施、徹底するのが難しい場合もあるかもしれないが、少なくとも中小企業の経営者や雑居ビルの管理会社が、オフィスやビルのセキュリティについて再考するきっかけになれば幸いだ。 (Text by Kasumi Abe) 無断転載禁止.

次の