ブルドック 種類。 ブルドッグの種類はどのくらいあるの?毛色や大きさについて紹介します

【たるみ改善】老け顔ブルドック顔をリフトアップ!肌のたるみを改善・引き上げる6つの方法

ブルドック 種類

マスティフとはどんな犬? マスティフの起源は不明とされています。 中国やヨーロッパなど様々な国で、それぞれ別の品種として改良されており、それらはマスティフグループとよばれています。 下記でも紹介している通り、様々な種類に分かれているマスティフですが、いずれも大型でがっしりとした筋肉質の体形でとても力が強いです。 基本的には賢く飼い主にたいして忠誠心が強い犬種ですが、元々は番犬や闘犬として飼われていたことから、雄は攻撃性が強く、飼育するにはしっかりとした管理体制が必要とされてきました。 ほとんどの国で闘犬が禁止されている現代においては、攻撃性が強いとされていた性質も、最近のショータイプではおとなしく友好的に改善されています。 平均寿命は6~11才です。 品種によっては絶滅が危惧されているものもいます。 チベタンマスティフ チベタンマスティフはその名前の通り、中国のチベット高原を原産地としています。 もともと牧羊犬や番犬として遊牧民族と生活していました。 その体格は、他の犬種と比べてもかなり骨太大柄で、体高66㎝、体重は65~85㎏、中には100㎏を超える個体もいる超大型犬です。 飼い主にたいして強い忠誠心を持つ性格ですが、敵とみなすものには攻撃的で物おじせず、どんなものにも勇猛果敢にたちむかっていきます。 軍用犬としての歴史も古く、モンゴルの初代皇帝チンギス・ハーンは3万匹のチベタンマスティフを引き連れて遠征したという有名な話もあります。 19世紀頃、中国国内でその数は激減しますが、ヨーロッパやアメリカに輸出された個体をもとに、計画的繁殖が行われ頭数を増やしていきます。 しかし、メスの繁殖期が年に一回と少なく繁殖に時間がかかるため、現在でも世界で200頭に満たない超希少犬とされています。 少し前にはライオンのようなたてがみと剛健な見た目が中国の富裕層の間で人気を博し、その取引価格は1億以上、中には2億円で売買されたチベタンマスティフもおり、世界一高級な犬ともいわれていましたが、現在はブームは過ぎ去り、価格は暴落しています。 関連記事: 関連記事: イングリッシュマスティフ イングリッシュマスティフは、イギリスが原産国で、もともと果樹園や邸宅を守る番犬として飼育されていました。 マスティフグループの中では最も知名度が高いため単に「マスティフ」と呼ばれることもあります。 骨格ががっしりしていて、前脚はまっすぐで太く、後ろ脚は筋骨たくましいです。 体高は約70cm~75cm以上、体重は約77kg~85kg以上の超大型犬です。 たれ耳で顔にはブラックマスクがはいり、皮膚のたるみから顔には皺がよっていて、困り顔にも見える愛嬌ある顔立ちが特徴的です。 性格は温厚でとても賢いです。 勇敢で忍耐力、警戒心も強く番犬として非常に優秀です。 一方で主人や家族には友好的な甘えん坊な一面ももちあわせています。 関連記事: ボルドーマスティフ ボルドーマスティフはフランス原産のマスティフ種です。 別名、フレンチマスティフとも呼ばれる彼らは14世紀頃から放牧犬として人々と関わりを持ち、18世紀に入ってからは家庭犬として飼育されるようになります。 穏やかな性格とされることもありますが、闘犬として扱われてきた歴史も長いため、しつけは慎重に行う必要があります。 なお、知名度こそ高くないものの、日本で2番目に飼われているマスティフ犬で、一部で強い人気があるという表現がしっくりきます。 関連記事: ナポリタンマスティフ ナポリタンマスティフはイタリアが原産国で、もともと闘犬として飼育されていました。 闘犬が禁止されてからは、番犬や警察犬、またショードッグやペットとしても注目されています。 大きな体とのど元までたるんだ皮膚が特徴的で、非常に強面なため「世界一怖い顔の犬」というキャッチフレーズがついてしまうほどです。 体高は60~70㎝、体重は50~70㎏の大型犬です。 見た目は強面ですが、性格は温厚で飼い主に忠実です。 運動をあまり好まず、横になっていることがほとんどです。 しかし、いざというときは闘犬時代の俊敏さもみせてくれます。 また、たくさんこどもを産むという特徴もあり、一度の出産で24頭産んだナポリタンマスティフのギネス記録もあるほどです。 映画ハリーポッターに出演したことで話題にもなりました。 ブルマスティフ ブルマスティフは、1800年代にイギリスを原産国として誕生したマスティフ犬種です。 マスティフは勇敢さと警戒心をもちあわせ番犬としては優秀でしたが、俊敏さと闘争心がたりないということから、ブルドックとの交配によって 足りない部分をおぎなう犬種として誕生したのがブルマスティフです。 体高は60~69㎝、体重は45~69㎏の大型犬です。 その見た目は割合的にブルドック4:マスティフ6で、顔はブルドック要素が強いですが、体格は骨太で筋肉質のひきしまったマスティフらしい体格をしています。 ブルドックに似た見た目は少々怖いですが、その性格は無邪気で温厚、飼い主や家族をとても大切にし、小さい子供の子守も任せられるほどです。 日本にもブリーダーはおり、一時期は日本でも飼育頭数が増えた時期もありました。 関連記事: ジャパニーズマスティフ ジャパニーズマスティフは 土佐闘犬の別名です。 土佐闘犬は日本で闘犬が盛んだった頃、江戸後期から明治にかけて四国犬にイングリッシュマスティフ・ブルドック・ブリテリア・グレードデーンをかけあわせ、耐久力と闘争心のある闘技犬として品種改良されました。 土佐闘犬は省略して土佐犬と呼ばれることが多いですが、実際は四国犬のことを土佐犬と呼んでおり、土佐犬と土佐闘犬は実は異なる犬種なのです。 土佐犬と土佐闘犬の区別をつけるため、土佐犬は四国犬と呼ばれるようになりました。 すごく体の大きいイメージの土佐闘犬ですが、様々な犬種との交配により、その体高、体重にはばらつきがあります。 体重は35㎏台の中型から100㎏を超える大型と様々です。 闘犬としての性質上、イギリス・フランス・ドイツでは飼育規制がある国もあり、日本では一部の自治体によって規制もあります。 それだけ獰猛なイメージが強い土佐闘犬ですが、基本的には穏やかで忍耐力もあり、飼い主や信頼をよせるものに対してはとても強い忠誠心もち、甘えん坊な一面もあるかわいらしい性格をしています。 アフガンマスティフ アフガンマスティフは、アフガニスタンを原産国として誕生し、主に番犬、闘犬として使われてきました。 1979年のアフガン戦争の際、その数は激減したと言われています。 村どうしのもめごとなど、アフガンマスティフの雄同士を闘わせ、勝ったほうの意見を通すなどのやり取りにも使われてきました。 現在、アフガニスタンの政治的な情勢などもあり絶滅の危機にいます。 基本的にはアフガニスタンのみで飼育されていましたが、現在はインドやパキスタンでも分散飼育され守られています。 スパニッシュマスティフ スパニッシュマスティフはスペインを原産国として、主に家畜をオオカミや泥棒から守るための護衛犬として飼われていました。 戦争により一時その頭数は激減してしまいますが、愛好家により保護されその頭数を増やし絶滅は免れます。 現在はスペインの国犬としても登録され、スペインでは非常に人気の高い犬種でもあります。 体高70~80㎝、体重55~90㎏を超えるものもいる超大型犬です。 非常に優しい性格ですが、家族などに危機が及ぶとしっかり守る本能もかねそなえています。 ベルジアンマスティフ ベルギーを原産国として誕生したマスティフですが、いつ頃どのように誕生したかは詳細は不明なことが多い犬種です。 力は強いですが、攻撃的な性質をもたないマスティフと言われています。 もともとは番犬として飼われていましたが、非常に力が強いことからその特性を生かし、牛乳をつんだ荷車を引く仕事を任されていました。 しかし、20世紀にはいり、重い荷車を犬にひかせるのは虐待だと禁止令がでたため、その仕事を失ってしまいます。 また、2度の世界大戦のさなかに頭数が激減し、現在ではベルジアンマスティフはほぼ絶滅していると言われていますが、定かではなく、わずかながら存在している可能性も高いといわれています。 まとめ 近年でこそ、性質も穏やかになったマスティフですが、もともとは闘犬としてつくられたことから、何か刺激を受けると攻撃的な闘犬としての本能が暴走してしまうこともあります。 非常に力も強く、初心者向きではありません。 時に、飼い主のしつけの失敗や管理不足により人や他の動物を襲ったりといった事故もありますが、それらはマスティフ自身が悪いのではなく、人間の管理不足がまねいた結果です。 子犬の頃からどんな興奮状態でも飼い主の指示はしっかり守るようしつけ、他人や他の動物との社会性を身に着けさせてあげましょう。 また、万が一にそなえて散歩の際は口輪をつけてあげることも大切です。 マスティフ本来の性質と特徴を理解してコントロールしてあげれば、最良で最強のパートナーに充分なりうるのです。 関連記事:.

次の

【デーツの種類】味の違いとおすすめの品種を紹介!美肌・髪への効果と美味しい食べ方とは?

ブルドック 種類

ブルドッグは、「ブルベイティング」のためにマスティフ系の犬種を改良して生み出された犬です。 「ブルベイティング」(Bull Baiting, 右絵)とは、13世紀から19世紀のイギリスにおいて、貴族や庶民の娯楽として人気があった見世物のことです。 杭につながれた雄牛に対して数頭の犬を放ち、鼻に噛み付くなどして牛を倒した犬の持ち主には、高額の賞金が支払われたと言います。 また同様の見世物としては、熊と犬を戦わせる「ベアベイティング」(Bear Baiting)などもありました。 ブルドッグは、こうした見世物に特化して改良されてきた犬種です。 ですから繁殖においては必然的に、「均整」よりも「強さ」が優先され、徐々にブルドック特有の外観が出来上がっていきました。 具体的には、短い口吻、上向きの鼻(噛み付いた状態でも呼吸ができる)、しゃくれた下顎(噛み付く力を増強)、短足と低い体高(牛の角による反撃をかわしやすい)、たるんだ皮膚(牛の角で攻撃されたとき、ダメージを最小限に抑える)、短い首(牛が犬を振り落とそうと暴れたとき、噛み付いている犬の重心が前方にあるので、遠心力が掛かりにくい)などです。 さらに当時のブルドッグは体重が60kg近くもあり、性格も獰猛かつ攻撃的でした。 1835年、動物愛護の観点からイギリス国内で犬の闘技が非合法となったのをきっかけに、ブルドッグの改良が始まります。 闘争心や攻撃性を抑えることに重点を置いて徐々に改良が進められた結果、極めて温和で穏やかな犬として生まれ変わり、現在に至ります。 ちなみにブルドッグは「勇気」「不屈」「忍耐」の象徴としてイギリス国犬に指定され、またイギリス海軍のマスコットにもなっています。 犬名は、「ブル」(bull, 雄牛)と闘争させる「ブルベイティング」に使われた事が由来です。 ブルドッグの性格・特徴 ブルドッグの性格は、善良で勇敢、優しく温和、穏やかで冷静沈着です。 しかし訓練に対する反応はいささか他の犬種に劣ります。 身体は、低い体高、広い肩幅、大きな頭、突き出た下顎が特徴です。 また骨盤が小さいため出産の際は難産になることが多く、獣医師の指導のもと行う必要があります。 ほとんどのブルドッグは、高いところから飛び降りたり、泳いだりすることができませんので、いたずらに水の中に放つことはやめましょう。 骨格が独特のため、息をするときゼーゼーと音を出したり、睡眠時にいびきをかいたり、よだれをたらしたりします。 また口元は下顎が突き出した「アンダーバイト」で、頬や顎下の皮膚は垂れ下がっています。 被毛は短く、色にはレッド、フォーン、ホワイト、ブリンドル、パイボールドなどのバリエーションがあります。 ブルドッグのお手入れ・注意点.

次の

フレンチブルドッグの特徴 カラー タイプ|フレンチブルドッグ情報サイト フレブルパーク

ブルドック 種類

その他の日本犬「地犬」とは• 川上犬(かわかみいぬ)• 琉球犬(りゅうきゅういぬ)• 薩摩犬(さつまいぬ)• 十石犬(じっこくいぬ)• 美濃柴犬(みのしばいぬ)• 山陰柴犬(さんいんしばいぬ)• 肥後狼犬(ひごろういぬ)• 岩手犬(いわていぬ)• 三河犬(みかわいぬ) 和犬のように日本の特定地域にのみ生息する犬を「地犬(じいぬ)」と言い、かつては日本各地に地犬が存在していました。 長野県の「川上犬」、沖縄県の「琉球犬」はそれぞれの県で天然記念物に指定されています。 他にも「薩摩犬(鹿児島県)」「十石犬(群馬県・長野県)」「美濃柴犬(岐阜県)」「山陰柴犬(鳥取県、島根県)」「肥後狼犬(熊本県)」などの犬種は、各土地において保存や固定化の活動が行われています。 それ以外にも絶滅寸前の「岩手犬(岩手県)」「三河犬(愛知県)」や、既に絶滅してしまったとみられる地犬が数多く存在しました。 ちょうど今日ネットニュースで紀州犬が絶滅の危機、というのを見ました。 なんと和歌山公園動物園では紀州犬が展示される予定とも書いてありました。 犬が動物園に展示されるなんて、と驚きましたが、動物園の存在意義は種の保存という名目がありますし絶滅の危機というなら納得でもあります。 小型犬人気、洋犬人気の背景で、日本古来の日本犬たちが絶滅の危機にあるというのは少し寂しい気持ちになりますが、やはり住宅事情などで仕方ないことなのかもしれません。 うちでは柴犬系のミックスを飼育していますが、抜け毛も多いし身体も小型犬と比べると大きいです。 マンション住まいのため、子犬の頃はどこまで大きくなるのか少々不安もありました。 しかしやはり日本で日本犬が減っていて、国内ではなく海外で評価されているというのはなんだか複雑な気持ちになります。

次の