カオナシ 考察。 「千と千尋の神隠し」ネタバレ解説|団子の効能、カオナシ、ハクについての考察など

「千と千尋の神隠し」ネタバレ解説|団子の効能、カオナシ、ハクについての考察など

カオナシ 考察

参加してキターボタンを押そう! — アンク@金曜ロードSHOW! 最後は、銭婆に家に残るように言われて残りました。 周囲の関心を惹いたり、散々暴れたりしたカオナシの正体は結局なんだったのか。 そして、銭婆のところに残ったカオナシはその後どうなっていくのか? 気になる方も多いかと思います。 今回は、そんなカオナシのその後について、銭婆との関係を交えながら考察していきます。 カオナシのその後について考えるには、まずカオナシのことを知らなければいけないのでお話したいと思います。 カオナシの正体は? カオナシは、全身黒い影に白い面を一つ付けているだけのシンプルな見た目です。 カオナシの正体とは一体何なのだろうか。 諸説ありますので説明していきます。 しかし、カオナシは序盤ではろくに声も出せず、自分の意見すらありませんでした。 その後のカオナシは、色んな感情や欲に支配され行動するようになります。 無個性であったカオナシがここまで変化するのですから、感情や欲に支配される怖さというものを痛感できます。 名前を忘れてしまうほど、この世界にどっぷり浸かってはいけないと私は考えています。 現に、お釈迦様が悟りを開くための修行を行なう時には必ず悪魔が現れたと言います。 この悪魔とは欲望そのもので、打ち勝つことができれば悟りを開くことができますが、必死に誘惑してきます。 カオナシという悪魔が、千というお釈迦様を誘惑しているという考え方です。 なので、カオナシは砂金をちらつかせたり、「お前の好きなもの何でも出してやる」と千に言っています。 油屋のある世界とは別の場所からやってきた謎の男。 己というものを持たない悲しい存在。 自分の頭で考えて、自分の体で行動して、そして主張を表明する… それこそ主体的に生きていることの証左だと思います。 しかし、カオナシはすべての表現が他人から奪ったものなのです。 他人と同調するだけ、無個性の象徴です。 そういう現代人とシンクロさせたような存在、それがカオナシなのです。 驚くべき内容でした。 千に好意を持っていたので勝手に男性寄りの目線で見てはいましたが、改めて性別があったことにびっくりしました。 カオナシ女性バージョンだと面の模様が変わったりするのでしょうか。 しかし、現代人とシンクロしたのがカオナシというのはどういうことでしょう。 ネットが普及して便利になった反面、コミュニケーションの低下が加速していく現代人に対する宮崎駿監督なりのメッセージだったのかもしれませんね。 「 どことなく似ているのかな?」と私も思いました。 カオナシのモデルは米林宏昌監督という説がありますけど、それはあとづけです。 実際は、米林さんが描いていたカオナシを見て、宮崎監督が「麻呂にそっくりじゃないか」と言ったところから、モデル説が浮上しています。 なぜモデルと呼ばれるようになったか本人も発言しています。 ちなみにこの時、米林監督はカオナシと一緒に出席したようです。 モデルではなく、自身が描いたカオナシというキャラにそっくりだったということですね。 どうりで、米林監督とカオナシがそこまで似ていなかったわけです。 その後、時間や予算の都合により話を再構成することに。 異例の大出世を経て、作中で大暴れすることになります。 カオナシのその後はどうなる? 冒頭でもお話した通り、カオナシの最後の描写は銭婆に家に留まるところでした。 飲み込んだものを全て吐き出して、また無個性に戻ったカオナシを銭婆はどうするのでしょうか。 まずは、その前に銭婆についてお話します。 銭婆は魔法から離れた生活がしたかった 銭婆は千たち一行が家に来た時に、できるだけ少ない回数の魔法しか使用していませんでした。 さらに、不便であるはずの人里離れた田舎に一人でひっそりと暮らしていました。 銭婆のシーンめちゃめちゃ好きなんだけど 何かこの本当におばあちゃん家に帰った感。 ここのシーンも好きなんだけど 必死にネズミ達が編んでるの ぐちゃぐちゃで可愛い — ふみ。 銭婆についての記事はこちらをご覧下さい>>>>> カオナシを留まらせた理由 そんな銭婆なので、生活の全てを手作業で行う必要があり少しは負担となっていたのでしょう。 そこへ、無個性のカオナシの登場です。 裁縫も上手で意外と器用なカオナシのことを気に入ったのか、 「お前はここにいな、あたしの手助けをしておくれ」と声をかけています。 カオナシも「アッ、アッ」と二回縦に首を振っていました。 それだけではなく、銭婆はカオナシの個性を引き出そうとも考えていたのかもしれません。 カオナシは今までただ孤独に過ごしていましたが、それは個性を引き出してくれる相手がいなかったからずっと無個性だったのでしょう。 傍に理解者がいれば、生活をする上でどんどん個性が出てきます。 カオナシも理解者に出会えて嬉しかったからこそ、そこに留まる決断をしたのだと思います。 困った時には、銭婆の魔法もあるので心配はいりません。 将来的にはカオナシという名前も変わっていくかもしれませんね。 カオナシについてまとめ カオナシの正体については、はっきりとは分かりませんでしたが諸説すべて正解のような気もしました。 これから、自分の中のカオナシがいつ現れるか分かりませんが、千のように欲に惑わされずにぶれない気持ちを持つことが大切だと実感しました。

次の

【千と千尋の神隠し】カオナシの正体とモデルまとめ!その後を銭婆との関係から考察!

カオナシ 考察

下記クリックで好きな項目に移動• 黒い影のような物体にお面をつけたような存在。 言葉は話せず「ア」または「エ」といったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。 コミュニケーションが取れないため、他人を呑み込んで声を借りる。 その際はお面の下にある口腔から話す。 普段は直立歩行だが、湯屋の従業員の青蛙を取り込んで巨大化した後は4足歩行に変わった。 相手が欲しい物を手から出す力を持ち、それを手にした瞬間にその人を飲み込んでしまう。 ただし、それは土くれが変化したものに過ぎない。 橋の欄干で千尋を見つけてからはストーカー状態。 大人しい奴かと思っていたら次々に従業員を飲み込み巨大化。 泥団子を千尋に食べさせられたその後は不気味な四足歩行で暴走。 その後元の姿に戻り大人しくなるも結局得体の知れない奴でした。 そもそもの設定が「何か」ですので得体が知れていなくて当然ですね。 しかしそんなカオナシをキーパーソンキャラに変更したわけですし、ここはもっと深掘りして正体を突き止めたい! カオナシの正体を考察! カオナシの行動から考察する正体は? 相手の望むものを与え気に入られようとする。 欲に寄ってきた相手を利用する。 自身も調子に乗りすぎて失敗する。 まさに 欲深い人間そのもの。 宮崎駿監督も「カオナシは誰の心の中にもいる」と仰っているようですし、カオナシ=人間的キャラってことで良いのでしょう。 私としては笑うセールスマンのような存在とも思えましたね。 見た目の不気味さも込みで カオナシの本名や仮面の下の素顔ってあるの? 「本名」「素顔」 もはや検索ワードが芸能人のソレですが気になりますよね。 ちなみに調査したところ初期設定から「何か」ってだけなので「本名」なんてものはありませんでした。 そして素顔なんですが、こちらも見当たらずあの仮面が一応顔の役割で口はその下にってキャラのようです。 しかも体部分に模様がある。 星マークもあってだいぶ印象違いますね。 つかサラサラヘアーまで付いてる。 この状態からかなり地味な仕上がりにはなりましたが、個人的には本編の地味なカオナシちゃんで大正解だと感じますね。 欲深い人間そのもの。 「カオナシは誰の心の中にもいる」• 素顔はないけど、初期設定のカオナシ画像あり 千と千尋の神隠し:関連記事• 無料でジブリの映画を見れる。 1か月間、DVD・ブルーレイ借り放題 千と千尋の神隠しや、ほかのジブリ映画をフル動画でもう1度見たくありませんか? でも、ジブリ作品が配信されている動画サービスってないんですよね・・・ でもデイリーモーションやパンドラといったサイトで見るのは低画質だし、危険すぎます。 ところが「無料でDVDやブルーレイをレンタル」できるサービスがTSUTAYAにあったんです。 これを利用すれば、ナウシカも、トトロも、魔女の宅急便も、もののけ姫も、ハウルも、ジブリ作品ほぼすべてが無料で見れます。 なんか難しそうだったんですけど、使ってみると超簡単。 面倒なレンタル・返却作業もなくなって最高です 高等遊民の有料noteの紹介 noteにて、哲学の勉強法を公開しています。 現在は1つのノートと1つのマガジン。 1. 2. 1は 「哲学に興味があって勉強したい。 でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。 5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。 3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。 3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。 1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。 ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。 かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。 音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。 2は プラトンの主著『国家』の要約です。 原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。 岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます \無料試し読み部分たっぷり/.

次の

謎すぎるカオナシの正体とは?徹底考察!イケメン過ぎる初期設定も紹介!

カオナシ 考察

この記事で分かること• 「カオナシ」の人物像とは まず、千と千尋の神隠しに登場する「 カオナシ」について軽くおさらいしておきましょう。 カオナシとは、背が高く黒い服で全身をまとい、 白いお面をつけた不思議な登場人物のこと。 言語能力がないために「 ア、エ」といった弱々しい声でしか会話することができず、千尋でなければコミュニケーションが成立しないほど。 千尋の他には理解者や友達もいない感じでしたね。 このカオナシ。 彼も他の登場人物と同様に、人間界とは異なる性質の生き物。 実際の中身は土の塊ではあるものの、体の中から砂金などを出すことができます。 姿を見せずに登場できることから、何らかの 魔力を持っている様子です。 千尋のことを油屋の入口近くで見つけて親近感を抱き、気に入ってもらおうと助けになろうとします。 中盤では油屋のスタッフたちを取り入れて言語能力を手に入れました。 ここで砂金をダシに千尋とコミュニケーションを取ろうとするものの断られ、 逆上して暴れだす…というのがハイライトですよね。 気弱そうな印象とは裏腹に、暴れん坊な気質を合わせ持った彼。 油屋の従業員のみならず、湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になりました。 最後は湯婆婆の姉の銭婆に引き取られて、何かと心穏やかに暮らせそうですね。 カオナシの正体は「人間の欲」? 「千と千尋の神隠し」に登場する不思議なキャラや神様たちは、ほとんどがその正体やルーツを持っています。 が、カオナシについては全くその正体が明らかにされていません。 宮崎駿氏によると、映画の初期構想の段階では「 カオナシを登場させる予定はなかった」と話すほどで、後になってから存在に重要性が与えられたとのこと。 そんな意味深な設定がジブリらしいと言えば否めませんが…これをネタにネット上では、 カオナシの正体について様々な憶測が飛び交ったのです。 中でも、カオナシは「 人間の欲が具現化された存在ではないか」とのこと。 砂金をダシに千尋に近づこうとしたり、これを使って従業員の心を惑わして飲み込んだりと… いわゆる欲望を自由自在に操り、自身も強欲な存在なのです。 そんな姿が欲の中で生きる「 人間そのもの」と例えられることもあります。 宗教の世界では「 欲」は忌み嫌われるべき存在とされていて、キリストやブッダも聖人になる前に自身の欲と向き合う試練を受けたとのこと。 そんなことから、カオナシの正体はその「 試練の過程による欲」だとも言われています。 つまりカオナシの正体とは、他の神様のように大根や鳥などと形のハッキリしたものではなく、分かりやすくも姿を持たないものといった感じでしょうか。 そんな抽象さもカオナシっぽいですね。 Sponsored Link 実は「悪魔」だったという噂も… こうして見ていくと「カオナシの正体」に良いイメージは抱きづらい感じですね… さらにはカオナシの「 サタン説」を唱える憶測すらあるそうで。 千尋が銭婆のところへ向かう際、カオナシや坊たちを連れて電車に乗ります。 車窓からは色々なものが見えますが、一瞬「サタン」という文字が映っているのです。 そのシーンを注意深く見ていたジブリファンから、カオナシの正体は「 サタン」であるとさえ言われています。 カオナシの正体=「今どきの若者」とも捉えられる? こんなにハンパな立ち位置でも「千と千尋の神隠し」では重要キャラとされるカオナシ。 その正体については、様々な憶測が飛び交う中「カオナシは 現代の若者そのものではないか」との見方も出てきています。 千と千尋の神隠しに登場するカオナシの特徴ですが、それは次の3つです。 ・コミュニケーション能力がない ・お金で全てを解決しようとする ・嫌なことがあるとすぐ暴れる これらの特徴を合わせて見ていくと、確かにカオナシは今の若者の特徴をそれとなく掴んでいる気がします。 千尋でさえ、現代社会に生きる無気力な子供の象徴だと言われてますしね。 常にメッセージ性の高い作品を輩出しているスタジオジブリだけに、カオナシを現在の若者像と位置づけて伝えたい想いがあったのかもしれません。 宮崎駿氏によると、カオナシは誰の心にもいる これほど様々な憶測を呼んでいる カオナシの正体。 それだけに、スタジオジブリ側の見解も聞いてみたいところです。 宮崎駿氏によると「 カオナシは誰の心の中にもいる」とのこと。 あの感情の起伏の激しさや超然としていないところを見ると、カオナシのルーツは「 人間」と捉えることができそうです。 色々と憶測の絶えない、千と千尋の神隠しに登場するカオナシ。 物語の世界でなかなか居場所が得られない不安定な感じが気の毒ではありましたが、無事に銭婆の家に居場所を見つけられてよかったですね。 その正体が人間の心だとしたら、私たちも生きることに欲求不満を感じたら穏やかな場所に自分の拠り所を見つけるといいのかもしれません。

次の