鬼 滅 の 刃 キャラクター 名前。 『鬼滅の刃』キャラのプロフィールを徹底調査!映画情報も公開します!

鬼滅の刃・キメツ学園(学パロ公式)設定!先生・生徒別キャラの名前も

鬼 滅 の 刃 キャラクター 名前

【鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)】 CV:関俊彦 鬼の親玉で1000年以上も前に生まれた最初の鬼。 自分の血を人間に分け与え鬼にすることができ、炭治郎の家を襲った際禰豆子に血を与え鬼に変えた張本人。 性格は残虐非道で傍若無人。 仲間意識というものは微塵もなく自分の意に反する者はすぐに命を奪う自己中心的思考の持ち主。 付き従えている鬼でさえもすぐに殺すことからネットでは「最悪の上司」とも呼ばれている 笑。 彼の目的は太陽を克服し完全な不死となること。 そのためには太陽を克服した者を作り出し、自分に取り込む、または青い彼岸花(無惨が人間だったときに飲んだ新薬の材料)を探し手に入れること。 そのためならば手段や犠牲を一切問わない。 参考… 必須…• 猗窩座を鬼にしたあたりから「十二体ほど強い鬼」を造ろうと鬼舞辻が画策していたことがコミックス18巻で明らかになりました。 鬼舞辻の血をたくさん分けてもらって生まれた強敵たちで、鬼殺隊は 100年間もこの序列を崩すことができませんでした。 炭治郎たちが上弦の陸・妓夫太郎兄妹を倒すまでは…。 上弦の壱:黒死牟 こくしぼう 顔に6つの目玉を持つ剣士のなりをした鬼。 後ろ姿だけ見るとただの侍にも見える。 口数は多い方ではないが、序列の乱れ、従属関係が崩されることを嫌がり童磨に対して態度が悪い猗窩座を高圧的な口調で咎める場面もある。 額の左側と右側の首から頬にかけて炭治郎と似たような痣をもつ。 上弦の壱なので他の鬼よりも遙かに強いことが予想されるが未だ謎が多い鬼。 上弦の弐:童磨(どうま) 元は上弦の参だったが、入れ替わりの血戦を申し込み、当時上弦の弐であった猗窩座に勝利し現在の地位に至る。 飄々としており自分のことを嫌っている猗窩座にわざわざ話しかけたりコミュニケーション能力は高い。 自分が鬼にした妓夫太郎がやられると無惨に自分の目玉を嬉しそうに差し出そうとするなど異質な行動が目につく。 鉄の扇を使い、冷気の血鬼術を操る。 女を好んで食べ、過去しのぶの姉や伊之助の母を殺している。 しのぶが挑むもすぐに解毒されてしまい、最後は童磨の体に吸収されてしまう。 上弦の参:猗窩座(あかざ) 元上弦の弐の鬼。 負けた童磨に対して強い殺意を抱きなにかと攻撃をしかける部分も見られる。 体術を使い炎柱である杏寿郎との戦いの末勝利。 強い者は喜んで鬼にならないかと勧誘することもしばしば。 強さこそがすべてと思っておりその貪欲さは計り知れない。 炭治郎、義勇と交戦し2人を追い込むが、過去自分が守ることのできなかった恋雪のことを思い出し最後は自分を攻撃し消えていった。 とても臆病で常に震えている。 自分を守る為の鬼(恨の鬼)の心臓に身を隠すなどどうしても鬼殺隊と交えたくない様子。 野ねずみ程度の体の大きさだが、首は硬く日輪刀が折れてしまうほどの強度がある。 その他自分を守る盾、そして矛として喜怒哀楽の鬼が存在する。 積怒(せきど)…怒の鬼。 錫杖で雷撃を放ちリーダー的存在。 可楽(からく)…楽の鬼。 天狗の団扇で突風を操る。 名前の通り戦いを楽しむ鬼。 空喜(うろぎ)…喜の鬼。 翼があり、口から超音波を出す。 哀絶(あいぜつ)…哀の鬼。 十文字槍を使う接近戦を得意とする。 憎珀天(ぞうはくてん)…憎の鬼。 怒が楽喜哀を取り込み生まれた鬼。 喜怒哀楽で使用した血鬼術に加え樹木を操ることも可能。 最後は炭治郎に首を切られて人間だった自分を思い出しながら消滅する。 上弦の肆(新):鳴女(なきめ) 半天狗が死亡したことにより新・上弦の肆になった。 異空間・無限城を操ることができ、自分を中心に歪んだ空間を作り出し、上弦、下弦の鬼を一瞬にして集めることができる。 上弦となり無惨の血が多くなったことで、遠距離の探知機能が備わり、その能力により産屋敷を探し当てたり、鬼殺隊の位置を把握したりすることができた。 鬼殺隊員を見つける為に「肆」と書かれた目玉と、タコのような複数本の触手のような足がついている奇妙な生き物があちこち駆け回っている。 これにより情報が筒抜けである。 上弦の伍:玉壺(ぎょっこ) 壺から壺へ瞬間的に移動することができる鬼。 目がある部分には口が、口がある部分には目があるというなんとも人間離れしている姿の鬼である。 脱皮することで「完全なる美しき姿」(顔はそのままで人魚のような出で立ち)になれるらしい。 本人曰く「至高の芸術家」と言い、人間の遺体を異様な形に作り替えるなど命を踏みにじる行為を平気で行っている。 自分の芸術が馬鹿にされると途端に激怒し襲いかかってくる。 その反面相手の力量を見誤ることが多く、それが仇となり無一郎に倒されてしまう。 参考… 上弦の陸:妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき) 普段は堕姫の中に眠る妓夫太郎。 吉原に潜伏しているということもあり、基本は堕姫が行動し、戦闘になると妓夫太郎が出てきて戦う。 堕姫は帯を使った血鬼術を使い、自分自身の首も帯のようにしなるためなかなか切ることができない。 妓夫太郎は自分の血で作った血鎌で戦う。 実力は兄である妓夫太郎の方が遙かに強く、戦闘時は堕姫を遠隔操作で操って戦うことができる。 どちらか片方の首をはねても、両方の首を同時に切らなければ消滅しない特殊な鬼である。 音柱の天元、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助と交戦し破れる。 参考… 上弦の陸(新):獪岳(かいがく) 唯一のアニメ(第一期)登場キャラ。 CV:細谷佳正 妓夫太郎が死亡したことにより入れ替わりがあり、のし上がってきた鬼。 元は善逸の兄弟子であり、行冥と共に暮らし、鬼を招き入れた子どもである。 自分を認めないものが悪、自分を認めるものが正義という自己承認欲求の塊のような性格をしている。 善逸と同じ師範から習い、彼も雷の呼吸を使うが唯一壱ノ型のみ使うことができない。 自分のせいで師範が亡くなったにも関わらず反省の色も涙すら見せなかった。 弟弟子である善逸を鬼の力も加わった雷の呼吸で追い詰めるが、最後の最後で善逸が生み出した新しい技を喰らい敗北。 善逸も道連れにしようとしたところを愈史郎の介入により邪魔されて失敗に終わる。 参考… 参考… 鬼滅の刃の小ボス・下弦の鬼 十二鬼月の下位6人。 鬼の中で特に人を喰い、強くなった者たち。 しかしそれでも上弦の鬼たちにはまったくかなわないらしい。 ついには鬼舞辻の逆鱗にふれ、無限城にて組織が解体されてしまいます。 参考… 下弦の壱:魘夢(えんむ) CV:平川大輔 下弦の伍である累がやられ、無惨から下弦の鬼は解体…すなわち全員の死を宣告され最後まで残った鬼。 死ぬ間際というのに恍惚な表情を浮かべ感謝の意を述べる魘夢に対し気分が変わり、無惨の血を分け与えてもらい血に順応することができた。 「眠りの鬼」と呼ばれ目玉と口がある奇妙な生き物を分身として自分の体から切り離し行動させることができる。 炭治郎たちの「精神の核」を壊した後列車にいる全員喰らう、という計画だったが、炭次郎が自力で夢から出てきたこと、禰豆子が伊之助たちを起こしたことなど様々な偶然が重なり、失敗に終わり絶命する。 2020年公開の映画では詳しく描かれる(はず)。 しかし「なぜ私がお前の指図で血を分けてやらねばならぬのだ」と 一刀両断され殺される。 能力は不明。 下弦の参:病葉(わくらば) CV: 保志総一朗 無惨を肯定しても否定しても殺される、戦っても勝てないと判断し逃亡を図る。 が気づいた時には首を切られた状態で無惨の手の中にいた。 能力は不明だが、首を切られた後も絶命しないことから生命力が強い鬼だったのではないかと思われる。 下弦の肆:零余子(むかご) CV: 植田佳奈 女性の姿に擬態した無惨に対し謝罪を述べたが「誰がしゃべっていいと?」と逆ににらまれてしまう。 臆病な性格なようで鬼滅隊の柱に遭遇すると逃亡しようとするらしい。 無惨の問いに「いいえ!あなた様の為に戦います」と答えたが「私の言葉を否定するのか」と 理不尽なことを言われ殺される。 下弦の伍:累(るい) CV:内山昂輝 蜘蛛糸を操る鬼。 「本物の家族」「本物の絆」に強く憧れを抱き、鬼滅隊から逃れてきた鬼たちに自分の血を与え家族として迎えいれていた。 しかし実際は言いつけを守れなければ拷問を行うなど非道な行いをしている。 自分は守られる存在、家族なんだから命を賭して自分を守ることが当たり前と言った歪んだ性格をしている。 これは人間だった頃、病弱な自分に無惨から血を与えられたことで人を食べなければならなくなり、父から殺されそうになった過去を持つことが影響している。 しかしその背景には両親は息子が犯した業を一緒に背負って死のうとしたのだった。 圧倒的な力の差を見せつけるが、最後には義勇によって首を切られてしまう。 炭治郎と禰豆子の強い絆を目にし、死後の世界では両親に涙ながら謝る場面もあった。 参考… 下弦の陸:釜鵺(かまぬえ) CV: KENN 心の声が多い鬼。 無惨はすべての鬼の思考が読めるため、無理難題を言っている無惨に 「そんなことを言われても」と悪態をついたことがばれてしまう。 すぐに謝罪をするが無惨の手が触手のような蛇のような化け物に変わり1番に殺されてしまう。 能力は不明。 那田蜘蛛一家 下弦の伍・累が作り上げた疑似家族。 参考… 母蜘蛛 CV: 小清水亜美 蜘蛛の糸により人を操ることができる。 遠隔操作ができるため、自分は姿を見せずに遠くから操っている。 炭治郎、伊之助が蜘蛛の糸で操られた隊士たちと戦った際、骨が折れようがお構いなしに文字通り「操り人形」として体を無理矢理動かし攻撃をする場面も見られた。 姿は大人の妖艶な女性をしているが、 実際は幼い少女。 累の命令により「母」を演じさせられているが、まだ幼いこともあり失敗することも多くその度にいためつけられてきた。 父蜘蛛からも暴力を受けている。 「とっておき」もあっさりと倒されてしまい、炭治郎と遭遇するとはじめは逃げることも考えたが、このまま生きていても地獄のような日々が待っている… そう思ったのか最後は死を受け入れるように自分の首を差し出した。 痛みを感じないよう切ってくれた炭治郎に十二鬼月がいることを忠告し消滅する。 父蜘蛛 CV:稲田徹 顔が蜘蛛、体は人間といった奇妙な姿の鬼。 体格からも見て取れるようにパワー型の鬼で知能は低いが、驚異的な回復力、身体能力を見せつける。 伊之助を追い詰めるが、最後は義勇によってバラバラに切られてしまう。 参考… 兄蜘蛛 CV: 森久保祥太郎 父とは逆で蜘蛛の体に人間の顔がついている。 毒を使う鬼で、それを喰らうと蜘蛛になってしまう。 自分と似た姿の蜘蛛人間を使い、善逸に毒を入れる。 弱るのを待っていたが、善逸の態度、雰囲気が急変する。 攻撃を仕掛けるものの、善逸の霹靂一閃六連により首を切られ消滅する。 参考… 姉蜘蛛 CV:白石涼子 繭玉を使う鬼。 溶解液で捕らえた人間を溶かし食べる。 母がやられたことを累に報告した際、禰豆子に興味を示す反応を見せた累に対して自分が姉だと必死でつなぎ止めようとする。 元々強い鬼ではなかったため、累に捨てられるのが怖かったのだ。 自分が生き延びる為ならば平気で嘘をつき「失敗しない」で生きてきたが、しのぶと交戦になり、藤の花の毒により死亡する。 参考… 炭治郎たちに味方する鬼 鬼舞辻によって生み出される鬼。 …にもかかわらず鬼舞辻の呪いを解き、敵対し、鬼殺隊に味方する稀有な鬼。 珠代(たまよ) CV: 坂本真綾 無惨の血の呪いを自力で解き無惨の支配を逃れた鬼。 少量の血で生きることが可能。 自分の血を使って幻術をかけることができる医者。 鬼を人間に戻す方法を見つけるべく、炭治郎に禰豆子の血を調べさせてほしいこと、そして鬼の、しかもより無惨に近しい鬼の血を採取し、自分に届けてほしいことを依頼する。 無惨に見つからないように住居を転々と変えなければならない。 愈史郎(ゆしろう) CV: 山下大輝 珠代から血を与えてもらうことで命を救ってもらった少年の鬼。 珠代が大好きで大好きで、彼女に近寄るものは片っ端から追い払っていく。 しかし彼女が悲しい思いをするのであればいくらでも自分の意見を曲げることができるほどの心酔ぶりだ。 視界に関する術が使え、目が描かれた札を用いて目隠しすることができたり、自分の視力を札を通して貸与することができる。 珠代の屋敷が無惨に見つからないのは愈史郎の力があってこそである。 その他の鬼たち 物語の序盤で戦った、個性豊かな鬼たち。 お堂の鬼 CV:緑川光 炭治郎と禰豆子が鱗滝の家に向かう途中に出会った最初の鬼。 特に突出した能力のない普通の鬼。 しかし斧で首を切ったり、禰豆子が首を蹴り飛ばし、首と胴体が離れているにも関わらずそれぞれが別々に動き出すという驚異的な生命力を見せつけた。 最後は日の光を浴びて消えてしまう。 またアニメでは声優を緑川光さんが務め 「声優の無駄遣い」と有名。 手鬼 CV:子安武人 最終選別の 藤襲山 ふじかさねやまにとじこめられている、顔全体を無数の手で覆われている異形の鬼。 江戸時代ごろに当時現役の鬼殺隊であった鱗滝に捕らえられた恨みから、かつて鬼滅隊の選抜試験に送られてきた鱗滝の弟子たちを次々に殺している。 炭治郎を鍛えてくれた謎の少年ら・・・錆兎と真菰もこの鬼に殺されている。 鬼の急所である首周りを分厚く強靱な腕で守っているが、炭治郎はこれを見事にたたき切った。 鬼になって忘れていた人間の頃の記憶を思い出し涙を流しながら消えていった。 参考… 沼の鬼 CV: 木村良平 炭治郎が鬼殺隊に入り初めての任務で遭遇した鬼。 地面を自由自在に動き回り、16になる女性を次々と沼へ引きずり込んで体を食べる。 とても悪趣味で食べた女性の簪をコレクションにしている。 壁や地面いたるところから出てくることが可能であり、さらには3体いる為苦戦したが、炭治郎は禰豆子と共に力を合わせて撃退する。 朱紗丸(すさまる) CV: 小松未可子 手鞠を使った鬼。 戦闘中もどこか遊んでいるかのような幼い言動がある。 自らを「十二鬼月」と名乗るが、実はその階級に入ってすらいない捨て駒だった。 可愛らしい道具を使った攻撃だが、その威力は家屋を壊してしまうほどの驚異的な破壊力を持つ。 矢琶羽の能力と合わせると通常ではあり得ない不規則な動きをし、攻撃を読み回避することは不可能である。 また戦闘中では6本の腕が生え、鞠も腕の分だけ増えた。 珠代の幻術により無惨の名を口にしたことにより 呪いが発動し、さらに朝日が上ったことで塵となって消える。 参考… 矢琶羽(やはば) CV: 福山潤 矢印を使う鬼。 目は閉じられており、代わりに両手に目玉がついている。 潔癖症で戦闘中も度々激怒していることがありなかなかの神経質である。 この矢印の攻撃により思うような戦闘ができない炭治郎であったが、愈史郎の能力である視力を借りることで勝利することができた。 最後の力を振り絞り相討ちを狙うものの失敗に終わる。 響凱(きょうがい) CV: 諏訪部順一 両肩、腹、両脚から鼓を生やした鬼。 体から生えた鼓を打つことで部屋の角度を変えたり、攻撃を仕掛けることができる。 元・十二鬼月の下弦の陸だったが、望まれるほどには成績が出せず?鬼舞辻によってヒラに格下げ。 元の地位に戻るべく捕まえた「稀血」の少年・清を捕らえ食べようとしていた。 しかし、その血に誘われた他の鬼と争いになった際、鼓を一つ落としてしまう。 清にその能力を利用されたことにより彼のいる部屋までなかなかたどり着けないでいた中、炭治郎と遭遇する。 人間だった頃は文筆家だったが、低い評価をし、原稿を踏みつけにした知人を殺した過去があった。 戦闘中、床に散らばった原稿を一切踏まなかった炭治郎に涙をながしながら消滅していった。 まとめ 悲しい過去を持つ鬼がたくさんいますね…下弦の鬼だけ無惨の 理不尽なパワハラを受けていてとても可哀想に感じましたが…汗 悲しいことから立ち直れなかった、向き合えなかった、怒りがこみ上げてきた… 私たちも自分次第で善人にも悪人にもなれるということを肝に銘じなければなりませんね。

次の

鬼滅の刃キャラクターの読み方一覧!名前の漢字が難しくて読めない?

鬼 滅 の 刃 キャラクター 名前

鬼殺隊の「柱」とは? 古来より鬼の脅威から人を守ってきた鬼殺隊において、特に優れた実力を持つ9人の人間たちに与えられる称号が「 柱」です。 柱という文字が9画であることから、 9人の人間が選ばれるようになっています。 9人各自が身体能力を大幅に向上させることが出来る術「全集中の呼吸」を極めた人物となっています。 そのため、呼吸法の文字と柱を合わせて、「〇柱」と呼称されます。 ですが、 その呼吸法は以前より存在するようなものでなくても良いらしく、実際に「胡蝶しのぶ」や「甘露寺蜜璃」は自らが開発した独自の呼吸法を扱って柱の称号を名乗っています。 鬼殺隊において柱になるには、「 十二鬼月の一角を討伐する」「 鬼を五十体程倒す」といったように自らの実力を示す必要があると考えられていますが、明確な基準はあまり明らかになっていません。 尚、鬼殺隊において、どの柱の世代においても「炎柱」と「水柱」は存在し、大体は鬼殺隊最強の柱が「岩柱」で、岩柱が最年長及びリーダー格であったと言われています。 鬼殺隊の幹部クラスと言っても過言ではなく、現場の総指揮を任されたり、半年に一度柱たちの会議「柱合会議」が行われ、鬼殺隊の方針や現状報告が行われるなど、責任ある立場にあることがわかります。 また、鬼殺隊においてはかなりの特権を持っている人物たちでもあり、給与は求めるがままに与えられ、自らが住むための屋敷も用意してもらえるなど、好待遇となっています。 柱のメンバーが持つ日輪刀は刃の根元に「 惡鬼滅殺」と彫られた特別性であり、刀を見れば一目でその人物が柱であるかどうかがわかるようになっています。 中には「胡蝶しのぶ」や「甘露寺蜜璃」、「悲鳴嶼行冥」のように 日輪刀を独自形状にしているものも存在しており、ある程度武器に関しても要望を聞いてもらえると推測されます。 炭治郎が鬼殺隊に入った際に柱として存在していたのは• 風柱 です。 そのうち 最終決戦時に生き残っていたのは「水柱」と「風柱」、引退した「音柱」のみとなっています。 ちなみに、柱は鬼殺隊の隊員から自らの直属の弟子を育てることも許可されています。 この直属の弟子は「継子」と言われており、柱直々の手ほどきを受けることが出来る存在であることがわかっています。 作中では 「栗花落カナヲ」が蟲柱「胡蝶しのぶ」の継子として登場している他、かつて 恋柱「甘露寺蜜璃」が炎柱「煉獄杏寿郎」の継子であったということが判明しています。 また、 継子は呼吸法の才能が無いとなれないため、岩柱「悲鳴嶼行冥」の弟子として「不死川玄弥」が登場していますが、彼は継子ではないことが明確に言われています。 鬼滅の刃最終話において、鬼が全員消えたこと、宿敵「鬼舞辻無惨」が討伐されたことで鬼殺隊自体が存在意義を失い、新たな「お館様」に就任した「産屋敷輝利哉」により 鬼殺隊ごと解散が言い渡されました。 よって、炭治郎が出会った柱のメンバーたちが鬼殺隊最後の柱であることがわかっています。 柱のメンバーと柱を束ねるリーダー それでは、炭治郎が鬼殺隊に入った際に柱であった人物たちと、その柱たちを束ねる人物たちの紹介を以下に記述していきます。 当サイトに記事が掲載されているキャラクターに関しては、記事へのリンクも併記しております。 産屋敷耀哉• 名前:産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)• 性別:男性• 年齢:23歳• CV:森川智之 主人公「竈門炭治郎」が鬼殺隊に入隊した際に、鬼殺隊の頭領「 お館様」であった人物です。 一族にかけられた呪いの影響で病にかかっており、物語開始時点で顔上部の皮膚が変質し、視力を失った余命いくばくかも無い状態で登場します。 病で体力も衰えており、刀を振る事すら出来ないため、戦闘においては一切貢献することは出来ませんが、高いカリスマ性で柱や鬼殺隊剣士たちの心の支えとして君臨しています。 最終的には病で動けなくなったところを鬼の頭領である「 鬼舞辻無惨」に襲撃され、絶体絶命の状況に陥ってしまいます。 ですが、それをむしろ無惨を倒す絶好の機会と捉えていた耀哉は、 無惨を巻き込んで妻「あまね」と娘「ひなき」「にちか」と共に屋敷で自爆します。 耀哉と妻、娘は死亡するものの、無惨に大きなダメージを与え、鬼殺隊が彼を討伐する足掛かりを作りました。 その後 お館様としての仕事は息子である「産屋敷輝利哉」が引継ぎ、鬼殺隊を見事に指揮して見せています。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 冨岡義勇• 名前:冨岡義勇(とみおか ぎゆう)• 性別:男性• 誕生日:2月8日• 身長:176cm• 体重:69kg• 出身地:東京府豊多摩郡野方村(現代に直すと「東京都中野区野方」)• 趣味:詰将棋• 好きなもの:鮭大根• CV:櫻井孝宏 主人公である炭治郎が最初に出会う柱の一角です。 水の呼吸を極めた「 水柱」と呼ばれる人物であり、炭治郎が鬼殺隊に入るための手伝いを行ってもいます。 また、 炭治郎とは同じ育手に教育された人物であり、炭治郎の兄弟子ということにもなります。 無口で冷静沈着な性格をしており、他人に対して距離を置きがちで言葉が少ななことから非常に誤解されやすい人物であり、柱のメンバーの中でも「胡蝶しのぶ」くらいしか親しい人物がいないことが作中で語られています。 その際に発した「 俺は嫌われていない」はインパクトのある迷言であり、義勇を象徴する一言でもあります。 尚、 無限城においての最終決戦で生き残った柱のメンバーの一人となりました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 胡蝶しのぶ• 名前:胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)• 性別:女性• 誕生日:2月24日• 年齢:18歳• 身長:151cm• 体重:37kg• 出身地:東京府北豊島郡滝野川村(現代に直すと「東京都北区滝野川」)• 趣味:怪談話• 好きなもの:生姜の佃煮• CV:早見沙織 主人公と同期の少女剣士「栗花落カナヲ」を継子とする柱の女性です。 独自に開発した「蟲の呼吸」を扱う「 蟲柱」であり、鬼にとって苦手なものである 「藤の花」から抽出した毒を扱うなど、非力で小柄な自らを補う戦法を取る人物であります。 鬼殺隊においては救護班のような人物でもあり、負傷した剣士の治療やリハビリを自らの屋敷である「蝶屋敷」で請け負っています。 無限城の最終決戦においては十二鬼月・上弦の弐である「 童磨」と交戦。 ありとあらゆる手を尽くして戦闘に臨むものの、非力なしのぶでは致命傷を与えられず、 全身の骨を抱き潰され、童磨に吸収されて死亡します。 ですが、 体内に蓄えた「藤の花の毒」を自分ごと喰わせるという捨て身の戦法を取ったおかげで童魔は一気に弱体化、童磨討伐の重要な一端を担いました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 煉獄杏寿郎• 名前:煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)• 性別:男性• 誕生日:5月10日• 年齢:20歳• 身長:177cm• 体重:72kg• 出身地:東京府荏原郡駒沢村(現代に直すと「世田谷区桜新町」)• 趣味:能や歌舞伎、相撲観戦• 好きなもの:さつまいもの味噌汁• CV:日野聡 主人公である炭治郎に大きな心の支えをもたらした「心の師匠」と呼べる人物です。 基本の呼吸の一つと言われ、作中で重要な要素でもある「日の呼吸」に近しいとされる「炎の呼吸」を扱う「 炎柱」です。 代々炎柱を輩出する「煉獄家」の出身で、彼の父もかつて炎柱であったことがわかっています。 炭治郎らと任務に当たった「無限列車」において十二鬼月・下弦の壱である「 魘夢」を討伐するものの、その直後に襲撃した上弦の参「 猗窩座」と交戦。 鬼に勧誘されますがそれを跳ね除け、人間として戦闘に臨みますが、鬼の身体能力と回復能力に追い詰められ、ついに膝をついてしまいます。 それでも食らいつかんとしましたが、猗窩座の逃亡によって討伐はならず、そのまま力尽きて死亡してしまいます。 鬼殺隊の現代柱において、最初の死亡者となりました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 宇髄天元• 名前:宇髄天元(うずい てんげん)• 性別:男性• 誕生日:10月31日• 年齢:23歳• 身長:198cm• 体重:95kg• 出身地:不明• 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し• 好きなもの:ふぐ刺し• CV:小西克幸 主人公の炭治郎らと任務に当たったこともある柱の一人です。 基本の呼吸の一つである「雷の呼吸」を独自にアレンジした「音の呼吸」を扱う「 音柱」であり、かつて受けた忍者としての体術や戦法も交えながら戦う人物です。 口癖は「派手」であり、外見から性格まで破天荒な偉丈夫ですが、その素顔は端正な美青年であることがわかっています。 遊郭において十二鬼月・上弦の陸である「 堕姫」「 妓夫太郎」と交戦、その際に左手と左目を失うという致命的な傷を負ってしまいます。 結果、 柱としての任務遂行が困難になると判断、音柱を引退しています。 そのため、無限城の最終決戦時には無限城に赴かず、鬼殺隊の本部にてお館様の輝利哉を護衛していました。 結果的に柱としてではないものの、 元柱のメンバーとして数少ない生き残りとなったようです。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 時透無一郎• 名前:時透無一郎(ときとう むいちろう)• 性別:男性• 誕生日:8月8日• 年齢:14歳• 身長:160cm• 体重:56kg• 出身地:景信山(現代の「東京都八王子市」と「神奈川県相模原市」の境にある山)• 趣味:紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる)• 好きなもの:ふろふき大根• CV:河西健吾 現鬼殺隊の柱最年少である人物です。 水の呼吸から派生した「霞の呼吸」を扱う「 霞柱」であり、剣を持ってから2ヶ月程度で柱にまで上り詰めた実力者であることがわかっています。 また、実は物語でも重要な呼吸法である「はじまりの呼吸」こと 「日の呼吸」を扱う剣士の末裔であることが語られています。 無限城の最終決戦において、自らの祖先でもあった十二鬼月・上弦の壱である「 黒死牟」と交戦。 天才的な剣の才をもってしても敵うことはなく、助からぬ致命傷を負います。 ですが、 彼のつけた傷が黒死牟の死の要因の一つとなっており、共闘した「不死川実弥」や「悲鳴嶼行冥」、「不死川玄弥」の勝利に貢献しています。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 甘露寺蜜璃• 名前:甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)• 性別:女性• 誕生日:6月1日• 年齢:19歳• 身長:167cm• 体重:56kg• 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現代に直すと「港区 麻布台」)• 趣味:料理、メンコ(メンコは負け知らずらしい)• 好きなもの:桜餅• CV:花澤香菜 現鬼殺隊柱において、二人しかいない女性の一人です。 炎の呼吸から独自に派生させた「恋の呼吸」を扱う「 恋柱」であり、 常人の8倍もの筋繊維密度があるという特異体質を持っている女性となっています。 グラマラスなボディに特徴的で煽情的な隊服も相まって、鬼滅の刃のお色気担当キャラクターとして扱われています。 無限城の最終決戦において、炭治郎や蛇柱「伊黒小芭内」と共に鬼舞辻無惨と対峙。 怪力を活かして無惨の触手を素手で引きちぎるなどして道筋を作るものの、直後に致命傷を負い戦線離脱。 共に致命傷を負った小芭内とその想いを伝えあい、死亡しました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 悲鳴嶼行冥• 名前:悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)• 性別:男性• 誕生日:8月23日• 年齢:27歳• 身長:220cm• 体重:130kg• 出身地:東京府 靑梅 日の出山(現代に直すと「東京都 青梅市 日の出山」)• 趣味:尺八• 好きなもの:炊き込みご飯• CV:杉田智和 現鬼殺隊柱の最年長剣士であり、 鬼殺隊最強とも名高い男です。 基本の呼吸の一つと言われる「岩の呼吸」を扱う「 岩柱」であり、手斧と棘付き鉄球を組み合わせた独自の日輪刀を扱う盲目の剣士として扱われています。 作中において片手で足りる人物しか習得することが出来なかった「 透き通る世界」を習得した実力者でもあります。 無限城の最終決戦において、炭治郎らと共に無惨と対峙し、戦闘に臨みます。 逃げようとする無惨の足止めをしたり、無惨討伐の条件を見抜いたりなどの貢献をしますが、 最終的には致命傷を負って戦線離脱。 守れなかったと後悔していた子供たちと再会し、その真意を知って安らかに眠りにつきました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 伊黒小芭内• 名前:伊黒小芭内(いぐろ おばない)• 性別:男性• 誕生日:9月15日• 年齢:21歳• 身長:162cm• 体重:53kg• 出身地:東京府 八丈島 八丈富士(現在に直すと「東京都 八丈町 三根 西山」)• 趣味:川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める• 好きなもの:とろろ昆布• CV:鈴村健一 鬼殺隊隊員の中でも大きな特徴を持った外見の人物です。 水の呼吸から派生した「蛇の呼吸」を扱う「 蛇柱」であり、弱視というハンディキャップを相棒の白蛇「 鏑丸」のサポートで補い戦います。 口元を隠したオッドアイであり、小柄で細身な人物であることから、 その正体が「女性」「鬼」など様々推測されていました。 無限城の最終決戦において、炭治郎や蜜璃と共に無惨との戦闘に臨みます。 炭治郎と息の合った連携攻撃を繰り広げるものの、無惨の攻撃で致命傷を負い、戦線離脱します。 最期は蜜璃と互いの想いを通わせながら、死亡しました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 不死川実弥• 名前:不死川実弥(しなずがわ さねみ)• 性別:男性• 誕生日:11月29日• 年齢:21歳• 身長:179cm• 体重:75kg• 出身地:東京府 京橋區(現代に直すと「東京都 中央区 京橋」)• 趣味:カブトムシを育てる• 好きなもの:おはぎ• CV:関智一 主人公である炭治郎の同期剣士である 「不死川玄弥」の兄である男性です。 基本の呼吸の一つである「風の呼吸」を扱う「 風柱」であり、 鬼にとってはご馳走の血である「稀血」をその身に持つ人物でもあります。 鬼への憎しみや怒りは他の柱以上にあり、竈門兄弟に特に反発した感情を持っていたことが描写されています。 性格は粗暴で狂暴な様子が見て取れますが、実はその性格はポーズであり、実際は真面目で理性的な人間であると言われています。 また、弟である玄弥にも辛く当たっているものの、 実はその心根には「玄弥に幸せになってほしかった」という考えがあったことが語られています。 無限城の決戦においては弟の玄弥を失うものの、自らは生還し、 生き残った柱の一人となりました。 より詳しいことは当サイト「」にて記載しています。 名前:煉獄槇寿郎(れんごく しんじゅろう)• 性別:男性• CV:未定 作中では炭治郎が煉獄杏寿郎の死後に煉獄家を訪れた際に登場しています。 煉獄杏寿郎の父であり、 代々炎柱を輩出する名門「煉獄家」の人間であると描写されています。 自身もその例に違わず炎の呼吸を極めた「 炎柱」として活躍していたものの、 「日の呼吸」の存在を知って己の無力を痛感、柱を突然引退してしまっています。 登場当初は頑なであったものの、炭治郎の心と息子である杏寿郎の心に触れて反省、無惨との最終決戦時には輝利哉の護衛として駆けつけている描写が見られます。 まとめ 漫画作品「鬼滅の刃」に登場する 鬼殺隊の中枢を担う存在が「柱」であり、その 柱を束ねているのが「お館様」と呼ばれる「産屋敷耀哉」です。 個性的なメンバーたちが揃う柱でしたが、 「冨岡義勇」「不死川実弥」「宇髄天元」を除くメンバーは例外なく死亡してしまったことが描写されています。 ですが、全キャラクターが鬼滅の刃最終話にて転生した、及び彼らの直系の子孫が登場しており、幸せに暮らしていることが伺えます。

次の

鬼滅の刃の柱の名前や年齢一覧!強さと能力と技を画像付きで解説!

鬼 滅 の 刃 キャラクター 名前

スポンサーリンク 大人気のアニメ【鬼滅の刃・きめつのやいば】ですが、登場するキャラクターの名前が読めなくて困っている人が続出? とにかく名前の漢字の読み方が難しすぎですよね。 そこで、鬼滅の刃に登場するキャラクターの読み方をまとめてみました。 】 『鬼滅の刃』最新第18巻が本日発売!!! 】 本日は、冷静に判断を下し鬼殺の任務に臨む、 鬼殺隊水柱・冨岡義勇の誕生日です。 】 本日2月24日は、毒を用いて鬼を滅する 鬼殺隊蟲柱・胡蝶しのぶの誕生日です!! この日を祝して、 しのぶの特別なヘッダーをプレゼント! 負傷した隊士の治療も行い、蝶の如く舞い闘う しのぶのヘッダー、是非ご活用下さい。 今週は、昨日2020年公開と発表された 劇場版「無限列車編」の ティザービジュアル&特報第二弾映像にて、 その威風を堂々と見せつけた 鬼殺隊炎柱・煉獄のアイコンをプレゼント!!! 】 本日10月31日は元忍の剣士・ 宇髄天元の誕生日! この特別な日を祝して ヘッダーをプレゼント!! 「祭りの神」を自称するほど ド派手を好む宇髄のヘッダー、 ぜひド派手にご活用ください!! 】 『鬼滅の刃』コミックス19巻が本日発売!! 鋭い眼光でにらみをきかす蛇柱・伊黒小芭内が目印です! そして、応援してくださる皆様のおかげで シリーズ累計4000万部&初版150万部を突破いたしました!! 】 本日11月29日は風柱・不死川実弥の誕生日! この日を祝して、実弥の特別なヘッダーをプレゼント!! 「殺」の文字を背にお館様へ忠義を尽くす、 実弥のヘッダーを是非ご活用ください。

次の