さやえんどう 冷凍食品。 さやえんどう(絹さや)の賞味期限,保存方法は?冷凍は?

さやえんどうの冷凍保存方法と保存期間。冷蔵、常温で長持ちさせるコツ

さやえんどう 冷凍食品

料理の彩りに使うことの多い絹さや(さやえんどう)。 絹さやはあまり日持ちしない野菜で、冷蔵庫で保存しておくと2〜3日でしなっとしてしまいます。 そのため、保存するなら冷凍保存がおすすめです。 少量ずつ使えて便利な冷凍保存テクニックを紹介します。 【絹さやの冷凍】1分ゆでて保存! 絹さやは生のまま冷凍すると食感が悪くなるため、下ゆでしてから冷凍しましょう。 その後、冷水でしめることで食感をキープすることができます。 【保存方法】 1 筋とヘタを取る ヘタの部分をつまみ、さやの直線側(豆が入っている方)に折り、そのままゆっくりと引っ張って筋を取る。 途中で筋が切れてしまった場合は、絹さやの先端側から同じようにゆっくりと引っ張って筋を取る。 2 フライパンで1分ゆでる フライパンに1㎝くらいの水を入れ、1%の塩を加えて加熱する。 沸騰したら絹さやをフライパンに入れ、1分強ゆでる。 3 冷水で色止めをする 絹さやをざるにあげる。 すぐに冷水に入れ、冷たくなるまで浸しておく。 4 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる 絹さやが冷めたら、ペーパータオルで水けを拭き取る。 ラップを広げ、絹さやを重ならないように並べて包み、さらに冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。 この方法で約1ヵ月保存可能。 【解凍方法】 料理の彩りに使う場合:凍った状態の絹さやに熱湯をかけて解凍。 お好みの大きさにカットし、そのまま料理の彩りとして使う。 煮物などの加熱調理に使う場合:鍋で一緒に煮込む場合は、他の食材がほぼ煮えた状態で、凍ったままの絹さやを加え、1分ほど煮る。 下ゆでをしているので調理時間も短くてOK。

次の

【絹さやの冷凍保存】食感を1ヵ月キープするテク。少量ずつ使えて便利!

さやえんどう 冷凍食品

さやえんどうの下処理方法 さやえんどうの下処理といえば スジ取りです。 でもスジ取りって途中で切れてしまったり、さやえんどうがやぶれてしまったり失敗することも多いですよね~。 今回は上手なスジ取り方法を紹介していきましょう。 スジ取りについて さやえんどうのスジを取る場合は、ヘタを身の厚い方にむかって折り、 スジをつまんだまま下方向に向かって引っ張っていきます。 頭部分からお尻部へ、と覚えておくといいでしょう。 最初にヘタをポキっと折る際にどうしてもさやえんどうがやぶれてしまったり、大きく割れてしまうという場合は、包丁やキッチンバサミを使うのもおすすめです。 文章だけでは分かり辛いので詳しく知りたい方はこちらの動画を参考にしてみて下さいね。 スジ取りが終わったら、次は茹でていきましょう~。 茹で方 1. さやえんどうのスジをとりよく洗います。 鍋にお湯をたくさん入れ、塩を小さじ1入れましょう。 沸騰してきたらさやえんどうを入れましょう。 さやえんどうを入れて50秒~1分を目安に茹でていきます。 色が濃く、鮮やかになったら取り出しましょう。 茹ですぎると歯ごたえもなくなりますし色が悪くなってしまいます。 混ぜご飯や三色ご飯など彩りに使いたい場合は茹でた後水につけます。 こうすることで鮮やかな色のまま使うことができます。 茹ですぎるとクタクタになってしまいますし、彩りも悪くなってしまいます。 また、中の豆が飛び出してしまうこともあるので茹ですぎには注意ですよ! Sponsored Link 冷凍保存方法について 今日使う分は取り分けて、次に 保存方法を見ていきましょう。 さやえんどうは 冷凍保存ができます。 生の状態でも冷凍できますが、使い勝手を考えると下処理して茹でてから冷凍保存するのがおすすめです。 さやえんどうを茹でた後、水で冷やし、キッチンペーパーで水気を取ってから 密封ビニールに入れます。 そのまま冷凍庫に入れて保存しましょう。 さやえんどうは冷凍保存だと 3、4ヶ月保存できるので長期保存したい場合は冷凍がおすすめです。 下処理をして、塩茹でした後に冷凍保存しておけば凍ったまま鍋やフライパンに入れることができて便利です。 もう下茹で済みなので火を入れる必要はありませんし、必要以上に火を入れると色が悪くなるので気を付けましょう~。

次の

さやえんどうの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!栄養はレンジで少なく

さやえんどう 冷凍食品

さやえんどう、絹さやの名前が違う理由は? 気になる名称についてです。 絹さやとさやえんどうと 呼び名が違う理由です。 これは 関東では絹さや 関西ではさやえんどう と呼ばれているからです。 混乱しますが、同じ商品であることに 変わりありません。 地域や文化の違いでしょうか。 さやえんどう(絹さや)の賞味期限は? さやえんどうはサイズも小ぶりな為、 痛み始めた場合は直ぐに 広がってしまう恐れがあります。 しかし、 保存方法は難しくはありませんし、 余計な手入れもありません。 スーパーなどでは 常温に置く店もあれば、 冷蔵で置く店もあるため 融通が効くことが一つ利点と言えます。 そのままのさやえんどうを ビニール袋に入れて 冷蔵庫で保存しましょう。 茹でる必要も、干す必要もありません。 使う際にはそのまま取り出して、 直ぐに使いましょう。 賞味期限は 2、3日保存可能です。 熱湯におよそ10秒程度くぐらせば十分です。 その後は水で直ぐに冷やして、 水気を切って暫く常温に置きましょう。 ここまでは、 一連の流れでスムーズに行いましょう。 そして、そのままのやり方と 同じようにビニール袋で冷蔵保存できます。 こうすることで、 賞味期限は 3,4日保存可能です。 さやえんどう(絹さや)の保存方法は? 先ほどの流れで説明したので、おさらいです。 そのままの場合は、 ビニール袋に直接入れて冷蔵庫保存が可能です。 茹でた場合には、 固めに茹でて、冷やして水気を切った後に ビニール袋で保存しましょう。 さやえんどう(絹さや)の冷凍保存方法は? 冷凍保存は茹でて 保存する必要があります。 固めに茹でて水気を切るところまでは 冷蔵保存と同様です。 冷凍庫内では重ならないように バットに並べて冷凍庫内へいれます。 直ぐに袋に入れてしまうと くっ付いてしまうためです。 30分ほどしたらバットから外して、 袋に入れて大丈夫です。 一つ手間がかかりますが、 しっかり行いましょう。 この場合、 2か月程度は保存可能ですので 大量にある場合は面倒くさい と思わずに頑張って下さい。 茹でた際には固めに茹で、 水で冷やして、熱を抑えてから保存する。 さやえんどうは細かい作業をせずに 保存できるためとても便利です。 茹でる作業を経る場合でも短時間で可能です。 冷凍保存時にはくっ付き防止のために 一時的にバット保存を必ず行いましょうね。

次の