夜行バス 女性専用。 高速バス・夜行バス・深夜バス予約【じゃらんnet】

夜行バスに女性一人は危険?安全な席やバスの選び方と防犯対策

夜行バス 女性専用

【1】女性専用車 1-1. 女性専用車について 女性専用車 その名の通り『女性専用』です。 お客さんはどこを見ても、全員女性です。 女性専用席 車内の一部が『女性専用』の女性専用エリアです。 『バスの後方のみ女性専用』など。 車内の前方に男性グループ、男女のグループが座っていたりします。 女性安心 4列シート等で、隣は必ず女性です。 通路を挟んだ隣が男性が座る事もあります。 女性専用車を選べば、まわりは全員女子! 気兼ねなくすっぴんで乗車できるし、女性向けのうれしいサービスがあるバスも。 1-1. ちなみに女性専用車は(運転手さんをのぞき)乗客は全員女性。 似たようなカテゴリに、女性専用席や女性安心設定などありますが、乗客が全員必ず女性というのは女性専用車のみなんです。 またLimonBusはゆとりのある座席シートも特徴で、女性専用車は4列ワイドシート。 4列ワイドシートは通常よりもシート幅が約7センチ広いので隣の人とのスペースもゆったりです。 【3】Limon BUSの女性専用車に乗ってみました 今回乗車したのは、『Limon Bus 105便 女性専用車』 停車バス停 出発時刻 東京ディズニーランド 22:00 池袋 22:50 梅田 7:00 難波 7:40 天王寺 8:00 池袋から梅田までを乗車しました。 初めて行く『池袋サンシャインバスターミナル』、事前に検索しておりました。 東京メトロ東池袋駅を7番出口7番出口・・・・と目指していくと 書いてある!わかりやす!!! 夜の地上へ上がることなく、地下道ですんなりいけました。 徒歩5分とありましたが、3分かかったかな?といった感じです。 迷うことなし。 おすすめです。 池袋サンシャインシティに到着。 サンシャインシティには、ファミリーマート(7:00~23:00)があり、 イートインスペースもあります。 トイレもあるので、乗車前にお化粧も落とせそうです。 また、サンシャインバスターミナルは、屋内にあるので、雨が降っても大丈夫。 乗車前の待ち時間は快適に過ごせそうです。 サンシャインバスターミナルでは、電光掲示板にてのりばの案内があります。 しっかり確認できるので、安心ですね! この日のLimon Bus、少し到着が遅れていましたが、都度係員の方が 『遅れています~』『出発が前後します~~』とアナウンスしてくれたので、 わかりやすく安心でした。 来ました!黄色いLimon Bus この時22:50。 出発時間ちょうどにバスが到着。 早速乗り込みます! 車内も黄色。 鮮やかです。 なんだかさわやかで、清潔感を感じます。 黄色っていい。 座席には枕と腰ピロー、ブランケット。 既にカーテンは全部閉まられています。 フットレストもついていました。 USBは窓の下に。 通路側の席はひじ置きについてました。 無料Wi-Fiも完備。 でも間もなく消灯だったので使わず。。 女性専用車、乗っているのは当たり前ながら、女性のみで、週末だったのもあってか ディズニーランドの袋をもった若い女性がたくさんいました 22:56、定刻より6分遅れでの出発でした。 出発後、乗務員の方より、休憩は3か所予定してますや、USB・WiFiの説明、アナウンス後すぐに消灯となります、など、丁寧なアナウンスがありました。 夕食を食べ損ねていた筆者、買っていたパンを食べるのをあきらめる。。。 待ってる間に食べればよかった! 出発後、寝心地を探している間に割と早めに1回目の休憩。 1時間も走行してません。 こんなものなのかな。 発車時刻が掲示してあってわかりやすいです。 休憩場所の海老名では、まだ開いていたスナックコーナーに後ろ髪をひかれながら、 コンタクトを外して睡眠スイッチON。 夜行バスの休憩で 『私のバスどこ?』って経験ありませんか? わたしはあります。 しかし!今回は皆無。 暗闇に輝く黄色いバス! すごいわかりやすい!!! これ、本当に安心です。 休憩終わりで本気で睡眠に入る。 ワイドシートとありましたが、思ってたよりもワイドで、 寝心地を探しても、お隣の方と当たっちゃうなんて事もありません(個人の感想です) 2度目のトイレ休憩は『遠州森町SA』にて2:15から。 3度目のトイレ休憩は『土山SA』にて4:40。 どちらも一瞬目が覚めましたが、お手洗いもいいや~と思い、そのまま眠りました。 その後、気が付いたら6:40。 もうすぐ梅田だよ!のアナウンス。 よく寝た! 予定よりも10分程早く、梅田へと到着となりました。 マクドナルドやタリーズコーヒーなど、早朝過ごせる場所はたくさんあります。 また、駅改札内のトイレは綺麗でゆっくりお化粧できます。 座っての写真がないですが、窮屈感なく、ゆったり過ごせました。 何の気なしに使ってましたが、あるとないでは大違い。 いい位置を探して快眠を促します。 この子の仕事っぷりに朝、感心する。 降車前もしかり。 10分前にアナウンスがあった為、伸びをしてから身支度できます。 全装備使ってみたい為、使ってみましたがほどなくして窮屈!となり、そっとたたみました。 でもこちらも隣の方はずっと使っておられたので、個人の感想です。 165㎝の身長が良くないのかもしれません。。。

次の

【たびのすけバス・格安高速夜行バス】東京/横浜/京都/大阪/神戸エリア

夜行バス 女性専用

たとえば、 「初めて乗る夜行バスが、自分ひとり」 …なんてことになると、 もう、 不安でたまらないと思います。 ただ最近では、そんなイメージを覆すような、 こだわりの夜行バスが、増えているんです。 これくらい、高級な座席だったら、 「夜行バスも、旅行の交通手段としてアリかな?」 と、思えてきますよね~。 ここまで、高級さを求めないにせよ、 バス選びには、 失敗しない為のポイントがあります。 通路を挟んで、 左右に 二人掛けのシートが並ぶ形ですね。 確かに、料金は群を抜いて 【激安】です。 かなり気を遣いますから、 目的地に着く前に、 めちゃめちゃ気疲れします。 これは、以前わたしが乗った3列シートの席です。 こういったトラブルを避けるために、 おすすめするのが 「女性専用」バスです。 名前の通り、女性しか乗れません。 男性が間違って乗ってくることも無いので、安心です。 また、 「 一部だけ女性専用」 「 女性専用エリア有り」 というバスもあります。 ちょっと不安要素は残りますが、 「全席、男女混合」よりは、 遥かにマシですよ~。 カーテンは付いている? 独立シートにしても、隣が女性同士でも、 やはり、 プライバシーは気になるもの! たとえば、寝顔を見られるのって、 ちょっと抵抗がありますよね~。 あと、隣の席の人が、 荷物をゴソゴソし始めたりすると、 なんだか気になって、落ち着いて眠れなくなってきます。 ここで 「間仕切り用のカーテン」があると、 バス内の快適さは、グッと上がります。 夜行バスを選ぶときには、 これも、忘れないようにしましょう。 ちょっと分かり辛いですが、 実際に、間仕切り用のカーテンはこんな雰囲気です。 これは 開いた状態なんですが、 前の方のカーテンとボタンで留めて、 しっかり、視線をガード出来ます。 その時は、旅行先からの帰りが夜行バスでした。 地元とは違って、 土地勘がないので、 地図を片手に、指定の場所に辿りつくのも 一苦労。 また、着いたら着いたで、 すさまじい人混みと、何台ものバスが。 その中で、拡声器を片手に持った、 どこかの夜行バス会社のおねえさんが、 「〇〇方面をご利用の、 お客さまぁぁぁー! お急ぎ下さいぃぃー!!」 と鬼気迫る勢いで、お客をさばいています。 (それから、なんとかして、 無事に自分のバスを発見できましたが…) …という経験があったので、 「集合場所が、分かりやすいこと」を 優先して、乗るバスを選ぶようにしています。 最近では『 待合スペース』や 『 ラウンジ』があるバス会社も、増えてきましたよね。 とにかく、 迷わずに、集合場所まで行けるかどうか? 夜行バスを選ぶときには、 ここも併せてチェックすれば、 いらぬトラブルも防げます。

次の

夜行バスの女性安心とは?1人旅で気をつけること 3列4列シートの違い

夜行バス 女性専用

【1】女性専用車 1-1. 女性専用車について 女性専用車 その名の通り『女性専用』です。 お客さんはどこを見ても、全員女性です。 女性専用席 車内の一部が『女性専用』の女性専用エリアです。 『バスの後方のみ女性専用』など。 車内の前方に男性グループ、男女のグループが座っていたりします。 女性安心 4列シート等で、隣は必ず女性です。 通路を挟んだ隣が男性が座る事もあります。 女性専用車を選べば、まわりは全員女子! 気兼ねなくすっぴんで乗車できるし、女性向けのうれしいサービスがあるバスも。 1-1. ちなみに女性専用車は(運転手さんをのぞき)乗客は全員女性。 似たようなカテゴリに、女性専用席や女性安心設定などありますが、乗客が全員必ず女性というのは女性専用車のみなんです。 またLimonBusはゆとりのある座席シートも特徴で、女性専用車は4列ワイドシート。 4列ワイドシートは通常よりもシート幅が約7センチ広いので隣の人とのスペースもゆったりです。 【3】Limon BUSの女性専用車に乗ってみました 今回乗車したのは、『Limon Bus 105便 女性専用車』 停車バス停 出発時刻 東京ディズニーランド 22:00 池袋 22:50 梅田 7:00 難波 7:40 天王寺 8:00 池袋から梅田までを乗車しました。 初めて行く『池袋サンシャインバスターミナル』、事前に検索しておりました。 東京メトロ東池袋駅を7番出口7番出口・・・・と目指していくと 書いてある!わかりやす!!! 夜の地上へ上がることなく、地下道ですんなりいけました。 徒歩5分とありましたが、3分かかったかな?といった感じです。 迷うことなし。 おすすめです。 池袋サンシャインシティに到着。 サンシャインシティには、ファミリーマート(7:00~23:00)があり、 イートインスペースもあります。 トイレもあるので、乗車前にお化粧も落とせそうです。 また、サンシャインバスターミナルは、屋内にあるので、雨が降っても大丈夫。 乗車前の待ち時間は快適に過ごせそうです。 サンシャインバスターミナルでは、電光掲示板にてのりばの案内があります。 しっかり確認できるので、安心ですね! この日のLimon Bus、少し到着が遅れていましたが、都度係員の方が 『遅れています~』『出発が前後します~~』とアナウンスしてくれたので、 わかりやすく安心でした。 来ました!黄色いLimon Bus この時22:50。 出発時間ちょうどにバスが到着。 早速乗り込みます! 車内も黄色。 鮮やかです。 なんだかさわやかで、清潔感を感じます。 黄色っていい。 座席には枕と腰ピロー、ブランケット。 既にカーテンは全部閉まられています。 フットレストもついていました。 USBは窓の下に。 通路側の席はひじ置きについてました。 無料Wi-Fiも完備。 でも間もなく消灯だったので使わず。。 女性専用車、乗っているのは当たり前ながら、女性のみで、週末だったのもあってか ディズニーランドの袋をもった若い女性がたくさんいました 22:56、定刻より6分遅れでの出発でした。 出発後、乗務員の方より、休憩は3か所予定してますや、USB・WiFiの説明、アナウンス後すぐに消灯となります、など、丁寧なアナウンスがありました。 夕食を食べ損ねていた筆者、買っていたパンを食べるのをあきらめる。。。 待ってる間に食べればよかった! 出発後、寝心地を探している間に割と早めに1回目の休憩。 1時間も走行してません。 こんなものなのかな。 発車時刻が掲示してあってわかりやすいです。 休憩場所の海老名では、まだ開いていたスナックコーナーに後ろ髪をひかれながら、 コンタクトを外して睡眠スイッチON。 夜行バスの休憩で 『私のバスどこ?』って経験ありませんか? わたしはあります。 しかし!今回は皆無。 暗闇に輝く黄色いバス! すごいわかりやすい!!! これ、本当に安心です。 休憩終わりで本気で睡眠に入る。 ワイドシートとありましたが、思ってたよりもワイドで、 寝心地を探しても、お隣の方と当たっちゃうなんて事もありません(個人の感想です) 2度目のトイレ休憩は『遠州森町SA』にて2:15から。 3度目のトイレ休憩は『土山SA』にて4:40。 どちらも一瞬目が覚めましたが、お手洗いもいいや~と思い、そのまま眠りました。 その後、気が付いたら6:40。 もうすぐ梅田だよ!のアナウンス。 よく寝た! 予定よりも10分程早く、梅田へと到着となりました。 マクドナルドやタリーズコーヒーなど、早朝過ごせる場所はたくさんあります。 また、駅改札内のトイレは綺麗でゆっくりお化粧できます。 座っての写真がないですが、窮屈感なく、ゆったり過ごせました。 何の気なしに使ってましたが、あるとないでは大違い。 いい位置を探して快眠を促します。 この子の仕事っぷりに朝、感心する。 降車前もしかり。 10分前にアナウンスがあった為、伸びをしてから身支度できます。 全装備使ってみたい為、使ってみましたがほどなくして窮屈!となり、そっとたたみました。 でもこちらも隣の方はずっと使っておられたので、個人の感想です。 165㎝の身長が良くないのかもしれません。。。

次の