車椅子 ラグビー ワールド チャレンジ。 車いすラグビーワールドチャレンジ2019 試合結果

車いすラグビーワールドチャレンジ2019

車椅子 ラグビー ワールド チャレンジ

日本は第1ピリオドでリードを許したが池透暢主将(39=Freedom)が攻守にわたってチーム位をけん引した。 日本は準決勝で同1位のオーストラリアと対戦する。 手に汗握るシーソーゲームの流れを引き寄せたのは池主将だった。 一つのミスが命取りになる緊迫した序盤戦。 その後も要所で池主将のターンオーバーから得点につなげ、終わってみれば6点差を付ける快勝。 池主将は「相手をコントロールできた。 走り勝てました」と胸を張った。 準決勝では世界ランク1位のオーストラリアと対戦する。 オーストラリアにはアジアオセアニア選手権で苦杯をなめているだけに、ホームでは負けられない。 池主将は「英国戦にもギアを上げたが、優勝するためにはまたギアを上げないといけない」と事実上の決勝戦を見据えた。

次の

もう1つのラグビー世界一決定戦!車椅子ラグビーワールドチャレンジ2019

車椅子 ラグビー ワールド チャレンジ

決勝戦は生中継を予定しているところがもう!金メダル有力視されているってことですよね!! これは観なきゃ損ですよ~!!! 書きながら、興奮が止まらない。 笑 今週はこれを楽しみに生きているといっても過言ではないくらい! というわけで、私一人が興奮していても仕方ないので、一人でも多くの方に、2020年を迎える前に世界トップクラスの戦いを目の前で見るチャンスを逃してほしくないので、簡単に車いすラグビーのオススメポイントをご紹介させていただきたいと思います。 車いすラグビーって何?? 日本が強い強いって言ったって、まだまだ知らない人がいるのは知っています。 車いすラグビーって何?って思う方がほとんどでしょう! そんな車いすラグビー、当時はまだ「ウィルチェアーラグビー」と呼ばれていたのですが、その競技を私は追っかけしておりました。 笑 競技のルールのことは、この時にこれでもか!ってくらいに細かく解説しております。 そのうち、転載しようかとも思うのですが、相方もいますのでリンクにしておきます。 こちらのリンクに記事一覧ありますので、競技ルールにを細かく知りたい!と思う方はこちらをご参照ください。 三菱商事さんが作られたこの動画、めっちゃ可愛いしわかりやすい! 私の言葉で、ごくごく簡単に車いすラグビーを説明すると 車いすラグビー専用の競技用車いすを使用し、 四肢に麻痺のある選手が 4対4で戦う 男女混合の室内競技。 パラリンピック競技の中で唯一 車いす同士のタックルが認められており、別名「Murder Ball(殺人球技・格闘球技)」ともいわれる見た目激しいスポーツです。 (まえゆか的解釈) こんな感じ?どんな競技かはイメージできないと思いますが、会場に行くと「交通事故?!」って思うような衝撃音が聞こえます。 びっくりしないように要注意! 競技用の車いすは オフェンス用と ディフェス用の2タイプ。 タックルされても簡単には壊れないように頑丈に作られています。 ちなみに1台150万円ほど。 代表選手だと1,2年で壊れます。 (うー、高い!) オフェンス用は2. 0~3. 5クラス、ディフェンス用は0. 5~1. 5の選手が使うことが多く、障がいの重さによってある程度コート内での役割が決まります。 ベンチ入りは 12名。 交代は何度もできますが、コート上にいる4選手のクラスの合計が 8. 0点以下になるように編成する必要がありますが、 女子選手が1名加わるごとに0. 5点追加していいルールになっているため、1名追加されると8. 5点でチームを編成できるというルールになっています。 どこが強いの? もちろん日本!!!!と全力で言いたい。 2012年の ロンドンパラリンピックで4位、2016年のリオパラリンピックで悲願の 銅メダル、そして2018年の世界選手権で初の 金メダルを獲得し、着実に実力を伸ばしている日本チーム。 世界選手権以降にも様々な試合が開催されているため、2019年10月14日現在でIWRFのランキングでは日本が2位。 世界選手権やWWRC、パラリンピックは、8チーム出場し予選プールが2組。 上位2チームがクロスオーバーで準決勝対決、その後決勝。 下位2チームは予選リーグ後、5・6位決定戦、7・8位決定戦にそれぞれ回ります。 今回のWWRCも予選プールが2組あり、以下のように分かれています。 見どころは? タイムスケジュールが出ている通り、予選リーグの日本戦は以下の日程。 16日(水)10:15~ 対ブラジル 17日(木)10:15~ 対フランス 18日(金)19:15~ 対イギリス 観るのをおススメするのは、断然 【18日(金)19:15~対イギリス】! イギリス戦は時間帯が夜であることを見ても、オススメなのは一目瞭然ですよね。 というのも、車いすラグビーの世界では、TOP3のオーストラリア・日本・アメリカの実力がかなり拮抗しています。 日本はオーストラリアには何度も勝っていますが、アメリカにはなかなか勝てない…アメリカはオーストラリアにはなかな勝てず…と三つ巴状態。 戦術の相性もあると思うのですが、一戦一戦その場の雰囲気や流れで試合展開が大きく変わるので、本当にどこが勝つかわからない!最後の一秒まで手に汗握る展開になるのです。 ではイギリスはどうかというと。 ロンドンパラリンピック以降、イギリスがどんどんと力を伸ばしていて、先日アメリカで開催された大会では日本の宿敵アメリカを倒す力もつけてきており、イギリスの成長は目を見張るものがあります。 うっかりしていると負けてしまうかもしれない…というくらい猛追してきているので、日本対イギリス戦は絶対負けられないけど迫力ある試合になること間違いなしなんです! だからね、 予選リーグは18日(金)です。 東京体育館に行きましょう。 ちなにみ、 1階席はぜんぶ無料です。 正直、TOP5のどこが決勝にいってもおかしくない状況。 6位以下のチームと5位以上のチームの力差は歴然。 大会運営をしてくださっている方々がいる前では非常に言いにくいのですが、ブラジル戦とフランス戦は、あんまりおもしろくない、と思います。 日本が圧勝過ぎて、見どころがあんまりないかも!絶対勝つから勝ち試合を観たい、という人にはいいと思いますが、平日日中なので金曜日が絶対いいです。 初めて観るなら絶対面白い試合を見てほしい。 だからこそ、オススメするのは イギリス戦! もちろん、 準決勝、決勝は面白いですよ。 なんでそんなに推すの? 車いすラグビーの見どころの一つである タックルは、相手からボールを奪うため、つまり ターンオーバーさせるために繰り出す技の一つ。 力差が歴然だと、迫力あるタックルの場面がなあんまりない…ということもしばしば。 これまでの実力で言うとオーストラリア、アメリカが順当と思われますが、カナダがどんな動きも注目ですね。 番外編:ニュージーランドWheel Blacksのハカ 競技そのものではありませんが、ラグビーのW杯でもニュージーランド代表All Blacksのハカが話題ですよね。 実は、車いすラグビーのニュージーランド代表は Wheel Blacks と呼ばれていて、車いすの側面をたたきながら行うハカがこれまたカッコいい!!! 多種多様なイケメンそろってます。 笑 個人的には、日本選手は 全員(忖度w)。 といいつつ、王道はキャプテンの 池選手。 最近の若手メンバーとしては、0. 5クラスの 長谷川勇基選手や2. 非公開アカウントは紹介していません~。 他にもオススメ選手いるけど、とりあえず今大会出場選手としてまとめておきますね^^ 長谷川 勇基選手.

次の

車いすラグビーワールドチャレンジカップ2019の放送日程と試合結果!

車椅子 ラグビー ワールド チャレンジ

日本ラグビーフットボール協会は、昨年のラグビーワールドカップ2019についてのオンラインセミナーで大会分析を披露。 大会成功に「にわかファン」と呼ばれる新たなファンや訪日客の存在が大きかったことが提示され、大会関係者はアジアや日本のファンとともに、国内の若年層競技者の増加を大会レガシーの一つとして歓迎した。 MEDIA RELEASES Japan 2019は、EYが本日発表したThe economic impact of Rugby World Cup 2019 report(ラグビーワールドカップ2019の経済的影響に関する報告書)によると、本大会はおよそ43億ポンドの経済効果を生み、ラグビーワールドカップ史上、経済的に最も成功した大会となった。 新型コロナウィルス感染症と闘う医療従事者へ医療物資を届けるための支援活動、ラグビーエイドによるクラウドファンディングが6月20日に終了。 合計1000万円の支援金を集め、元日本代表の大野均氏と菊谷崇氏が医療機関に支援物資を届けた。 クラシックマッチ 勇敢な桜の戦士たちが、世界最速で番狂わせのスペシャリストに。 しかも、ラグビーワールドカップという最高峰の舞台で実現した。 MEDIA RELEASES ワールドラグビー は本日、第三者率いるガバナンスレビューを開始し、KCMG PC DLのサー・ヒュー・ロバートソン氏がその議長を務めます。 ラグビーワールドカップ2019で日本代表として活躍したWTB福岡堅樹選手(パナソニック)が6月14日、オンラインで開催した記者会見でセブンズ日本代表からの引退を表明。 医師を目指して「後悔のない人生を生きたい」と決断の思いを打ち明けた。 パナソニックで来季ジャパントップリーグには参戦する。

次の