ワン イシュー 意味。 【N国党のワンイシュー選挙】躍進を遂げたN国党が参議院選挙に挑戦

編集長コラム「飛耳長目」~「ワンイシュー」批判から見える逆の危うさ

ワン イシュー 意味

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年8月) 単一論点政治(たんいつろんてんせいじ、英:single issue politics、one item politics)は、1つの重要な分野または政策に基づく政治形態である。 単一争点政治・シングルイシュー政治やワンアイテム政治とも呼ばれる。 ではワンイシュー(政治)とも呼ぶが、この表現はである。 概要 [ ] 単一論点政治(単一争点政治、ワンイシュー政治)は、重要と考える一つの政策分野や政策課題に基づく政治形態であるが、実際には国や地方をこの形態で統治することは困難であり、多くはの理念として掲げるにとどまる。 者のは「一つの争点に対する賛否をめぐって政治運動を起こし,の結果に大きな影響を与えたり,政府に圧力を加えたりする政治の形態」として定義し、以後のでの革新派の活動に顕著なように、政党による均衡状態が起こり行き詰まった事態への反動として生じるものであるとしている。 単一論点政党 [ ] 単一論点政党は、単一論点政治に基づいた選挙運動を行うである。 日本ではワンイシュー政党などと呼ばれる。 日本では一つの政策課題を中心的争点として選挙が行われたことはあるが、現在までに単一論点政党が政権与党となった例はない。 また、国政において、単一論点政党がを満たしたのは、の結果として認められたのみである と考えられている [ ]。 (など、政党要件を満たさないとしては他にも存在する。 ) においては、からのを単一論点としたが、において29議席を獲得するなど一定の成果を残している。 この項目は、に関連した です。

次の

イシューとは・意味と使い方|イシューからはじめよ/ビジネス

ワン イシュー 意味

ロットとバッチの違いについては、製造業の分野や職種によっても使われ方が違う微妙な表現です。 というのも、厳密にロットとバッチを分けて管理するために用語を使い分けている分野や会社がある一方、両者の意味するものがほぼ同じで、話の文脈でロットなのかバッチなのかを使い分けるケースもあるからです。 また製造業の中にはそもそもバッチという表現を使わない場合や、反対にロットという表現を使わない分野があります。 バッチ生産とロット生産は本質的には同じもの 生産管理の分野でバッチ生産、ロット生産といった場合、両者は同じことを意味していることが多いです。 というのも、バッチ生産やロット生産といった場合、それに対置する概念、つまり反対の意味をもつ対義語は一個流し生産や平準化生産、パー割生産となるからです。 この場合のロット生産やバッチ生産というのは、ある特定のまとまりやかたまりの単位でまとめて製造する、という意味となります。 それがロット単位なのかバッチ単位なのかの違いはありますが、生産方式としては同じものを意味しています。 ロットとバッチを使い分ける業界・分野 英語ではロットはLot、バッチはBatchを表現されますが、ロットとバッチが明確に使い分けられている業界としては、医薬品の分野があげられます。 原材料、原料などの化学薬品、の製造分野でもロットとバッチを使い分けた表現がなされることがあります。 一言で言ってしまえば、 バッチ>ロット となり、バッチをさらに細かくしたものがロットというのがこの分野での一般的な解釈です。 製造工程によりますが、1ロットが1,000個単位としたら、1バッチは10ロットといったような形で、表記されます。 バッチの意味 ここでのバッチの意味とは、一つの生産サイクルで一度に生産される単位を意味しています。 規定した範囲内で同一の特性、同一の品質をもつことを意図して生産される単位となります。 ロットの意味 バッチのうち、さらに特定の条件で同一の特性・品質を持つことを意図して生産される単位です。 この特定の条件というのは、例えば医薬品の場合、特定可能な単位(製造時間や製造する量・数量など)のなかで、同一の特性・品質を持つことを意図して生産した単位ということになります。 同じバッチのなかでも、ロットがいくつも分かれているということになり、さらに細かい単位での品質管理が可能となります。 ロット処理とバッチ処理という言い方の違い また、上記とは別に、ロットとバッチの違いは区切る主体によって言い方を変えているケースもあります。 どういうことかといえば、ある設備を使って特定の単位の原材料を投入して、決められた操作単位で処理するとします。 この場合、この設備を1度に動かす単位をバッチ処理と呼び、出来上がってくる製品単位の個数の側から見た場合に、ロット処理という表現を使う場合もあります。 製造装置を動かす際にはバッチ処理やバッチでの管理を行いますが、出来上がった製品を運んだり、倉庫へ保管したり、販売したりする場合にはロットでの管理へ名称が変わるケースです。 もっとも、これはロットとバッチで単位を使い分けていないケースのみで見られる使い分けです。 前述の化学品や原料、原材料、医薬品の分野のように、そもそもバッチとロットの関係がバッチ>ロットとなっている場合は、明確に使い分けがなされます。 ロットではなくバッチという言い方をする場合 ロットを使わずにバッチという表現を使う業界としては、受託成膜など基板や光学部品の表面に薄膜をつける分野で見られます。 1バッチあたりでコスト計算や見積もりが出されることがあります。 真空蒸着の世界であれば、薄膜をつける対象品をチャンバーに入れ、真空引きして成膜を行いますが、大きな基板であれば1点のみをいれ、小さなレンズであれば数十、数百もの部品がチャンバーに一度に投入されることもあります。 このチャンバーに入れて成膜を行う単位を1バッチで呼んでいます。 スポンサーリンク 砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。 製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。 このサイトについて 研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。 「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。 わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。 砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。 toishi. info@管理人.

次の

YDC

ワン イシュー 意味

Contents• イシューの意味と定義を解説 さっそくイシューの意味と定義をご紹介します。 どのような言葉も、まずは本質を知らねば先に進めません。 順番に見ていきましょう。 主に「問題・論点・争点・問題点」といった意味で、日本においてはこの訳が定着しています。 語源の本質を理解することは運用上とても重要ですので、しっかり押さえておきましょう。 イシューとプロブレムの違いとは?使い方と例文 イシューとよく似た言葉として「プロブレム」が挙げられます。 はたして違いはあるのでしょうか。 イシューと同様に「問題・課題」の意味がありますが、他にも「障害」や「困難な状況・事態」というものがあります。 実際の運用上は英語、カタカナ用語ともに後者の意味合いで使われることが多い言葉です。 扱いとしてはいわゆる「トラブル」のような性質の言葉に近いのです。 イシューは確かに問題という意味合いでも使われますが、それ以上に「課題」や「テーマ・題材」といったニュアンスが強い言葉といえます。 また先述の通り未来志向の性質も含まれるため、総合的にプロブレムよりもイシューの方がビジネス用語として汎用性が高いということができます。 タスク ビジネス用語として「タスク」という言葉があります。 経営者やリーダーなどが新たに創造するような大きな仕事ではなく、スタッフたちが請け負うような作業レベルにまで細分化された小さな仕事を指すと理解しておけばOKでしょう。 押さえておきたいイシューを使ったビジネス用語 イシューの性質や類語との相違点から応用編へ移行しましょう。 イシューの派生語、応用語ともいうべきコンビフレーズ群です。 いずれも必須というわけではありませんが、適切に運用できれば言葉としても概念としても便利なものばかりです。 重要度を示す言葉「クリティカルイシュー」 「クリティカルイシュー」とは直訳すればなイシュー、「極めて重要な課題」「致命的な案件」という意味です。 ただし文字通りの致命的な内容である必要はなく、ビジネスシーンにおける実際の運用上は「最重要課題」「最優先事項」のような意味合いで用いられることが多いフレーズです。 仮説を検証する場合の手法「イシューツリー」 「イシューツリー」とは仮説に対して何層もの論考を追記していく思考方法で、最初の仮説が妥当なものであるか否かを検証する際に有効な手法です。 仮説を主題として、いくつものイシューが分岐・枝分かれしていく様からイシューツリーの呼称が付きました。 論理の一貫性および矛盾の有無に関するチェックや、複数の視点でものを考える際に重宝する方法論です。 イシューを細かく突き詰めて分析「イシューアナリシス」 イシューに対する分析手法の一つに「イシューアナリシス」があります。 イシューアナリシスとは、当該のイシューが最終的に正しいかどうかを判断できるまで突き詰めて分析を続ける手法のことです。 このため必要に応じてイシューを細かく分解し、個別に各論の分析まで徹底的に行う場合もあります。 ちなみに、先述のイシューツリーもイシューアナリシスの一種とされています。 リスク回避マネジメントの一つ「イシューマネジメント」 経営者や管理職層にとって有用なリスク回避マネジメントの手法の一つとして「イシューマネジメント」があります。 これは経営に大きな影響を与える可能性の高い環境要因を予め把握し、影響の度合いを予測して事態の悪化を防ぐ手法です。 経理会計の場合であれば引当金の見積もり計上などが代表的といえるでしょう。 イシューと一緒に使われるクリティカルシンキングとは? 思考法の一つに「クリティカルシンキング」という手法があります。 これもクリティカルイシューと同様に、「致命的な~」という意味ではなく「最重要の思考法」「最も大切な考え方」というニュアンスです。 本質から外れた議論や見解を排除し最も的確で妥当性の高い方策を選択するための思考プロセスです。 クリティカルシンキングの特徴は論理的思考に加えて妥当性や本質を追求するものであることがわかります。 ビジネス以外にも目にする!?イシューに関する用語チェック イシューはビジネスシーン以外でも浸透が進んでいます。 カジュアルとはいかないまでも、今ではちょっとしたニュースのレベルで扱われる用語になっているのです。 STOCK用語「ホットイシュー」 株式市場における用語、いわゆるSTOCK用語として扱われる「ホットイシュー」は超人気銘柄を指します。 新規公開銘柄などで注目を集めているものが多いでしょう。 政治用語「ワンイシュー」 政治用語における「ワンイシュー」とは、一つの論点や政策課題に絞って主張・注力する姿勢をいいます。 派生語としてワンイシュー政党、ワンイシュー議員といった使われ方をする場合もあります。 注目を集めるイシューマーケティングとは? イシューマーケティングとは顧客や消費者といったターゲットに向けて直接的に何かを提供するのではなく、社会的に課題となっている事象を広く認知させ、課題の解決手法を提供するというマーケティング戦略です。 ちなみにイシューブランディングはイシューマーケティングの類語で、イシューマーケティングの一環として社会的な課題解決に役立つ商品ブランドを提供するというブランド戦略のことです。 特に近年、健康やダイエットをテーマにした商品が多く見られるようになったのは偶然ではないということがいえるでしょう。 まとめ カタカナでたった3文字の言葉がこれほど広い意味や影響力を持っているというのは驚きといえるでしょう。 特に興味深いのはイシューとは主に経営者や戦略担当など、何かを動かす力のある層が用いる言葉であるという点です。

次の