いなご フライヤー。 【Discord FX】

ビットコインのいなごフライヤー連動自動売買BOT:サンプルコード+解説|higox|note

いなご フライヤー

いなごフライヤーってどんなツール? インターネットのブラウザで使用します。 各取引所のビットコインの注文量を、棒グラフのチャートで見ることができます。 このチャートを見ることによって、 どこの取引所で、何枚のBTCが、買われたのか、売られたのか、をすぐに把握できちゃうんです。 これが短期トレードにとっては物凄く大事なんですよ!! 例えば、海外で大きな買いが来たな!と気付いたら最速で買い注文を入れます。 売りが増える前に利益を確定することで短期トレードが成立するのです。 いなごフライヤー公式サイトでは下記のようにご説明しています。 『 いなごFlyer』とは、 ビットコイントレーダー向け情報Webサイトです。 世界各地 ビットコイン取引所 で発生する大きな群れ トレード を計測するイナゴ投資家向けツール 『Bitcoin Market Action Checker』をWebページ上で公開しています。 — inagoflyer inagoflyer いなごフライヤーを開いてみよう では実際にいなごフライヤーを開いてみましょう。 「」 トップページを開いたら、画面左上の、 MarketActionCheckerをクリックしてください。 すると画面中央部にこのようなチャートが表示されます。 この左に流れていく棒グラフがいなごチャートです。 次にチャートの見方についてご説明します。 いなごチャートの見方 この棒グラフが、売買の注文量を表しています。 真ん中の線(0)より 上のグラフが買いを、 下のグラフが売りを表しています。 ここの数値は各取引所のBTC価格を示しています。 いなごチャートの色と、各取引所の色は一致していますので、どの取引所でいくつ注文されたかがわかるようになっています。 いなごフライヤーで表示される取引所一覧• 特にBitfinexの影響力はとても大きいので、いなごチャートを使う上では要チェックです。 おすすめの設定 ほぼ初期設定のままで、変更点は少ないですが、おすすめの設定をご紹介させて頂きます。 いなごチャートの下にアラート設定の表があります。 理由は、上記4取引所のいなごチャートは、売買注文量にあまり影響していないかなぁと感じているからです。 Zaifやcoincheckもほとんど影響しませんが、取引所のアカウントを持っていますので一応Onにしています。 関係なければOFFで大丈夫です。 Up sound、Down sound、Alert volumeはそのままで良いと思います。 初めて使う方は、どの音がどの取引所なのか覚えていってください。 以上で設定は完了です。 その他の機能・設定について その他の機能についてはあまり変更することはありませんが、ご紹介させて頂きます。 大量売買の履歴 大きな注文が入った時の履歴です。 70BTC以上の注文が入ると更新されていきます。 右側のリンクを開くと、cryptowatchのチャートを見ることができます。 Chart Column Setting 棒グラフを作ると秒数と、棒グラフを表示する本数を設定することができます。 下の画像は初期設定のままです。 5秒おきにグラフが作られ、60本表示する設定になっています。 お好みで設定できますが、基本的にはそのままで良いと思います。 Alert Setting 何秒ごとにいなごアラートを計測するか、がAlert Settingです。 初期設定では20秒ごとにいなごアラートが発生しているかを観測し、発生しているとアラートが鳴ります。 こちらもそのままで良いと思います。 Alert Sound Setting Alert Sound Settingは文字通り、アラート音についての設定ができます。 こちらは必要に応じて音量を調節しましょう。 もちろんパソコンやスピーカーの音量調節でも大丈夫です。 View Setting View Settingは、いなごチャートの表示設定ができます。 Price Board Reverse:売り買いの棒グラフを逆さにできます。 Chart X-Direction Reverse:x軸の向きが逆になります。 左から棒グラフが作成され、右に流れて行きます。 Chart Height:棒グラフの高さを設定できます。 Y Axis Fixed:y軸の補助線を固定することができます。 Alert Log 先ほどの、大量売買の履歴の言語設定ができます。 日本語か英語を選べます。 Send Alert JSON Message POST Send Alert JSON Message POST は、アラートログを外部サーバーへ送信する機能だそうです。 Send Alert JSON Message POST この機能は、Alert Logで表示されるログデータをユーザーが指定した外部サーバーへ送信する機能です。 ユーザーが自分でサーバーとWebアプリを用意すれば、ログが送信されたタイミングでトレード自動注文プログラム等を起動することができます。 すごく便利な機能ではありますが、使いこなすのは少し難しそうですね。 Price Board SubRate Currency 各取引所BTC価格の通貨の表示を変更することができます。 初期設定ではJPYですが、USDやEURなどに変更できます。 まとめ 今回はいなごフライヤーの使い方や設定について解説致しました。 BTCの大量注文をグラフとアラート音で教えてくれるので、本当に便利なツールです。 bitFlyerのレバ規制後もスキャツール不動の王者として燦然と輝き続ける事でしょう。 DECOBOARD(デコボード) […] こんにちは。 ましゅーです。 20代のフリーランスです。 How to系の記事がメインです。 16 最近の投稿• アーカイブ•

次の

Futures Market Action Checker

いなご フライヤー

いなごフライヤーってどんなツール? インターネットのブラウザで使用します。 各取引所のビットコインの注文量を、棒グラフのチャートで見ることができます。 このチャートを見ることによって、 どこの取引所で、何枚のBTCが、買われたのか、売られたのか、をすぐに把握できちゃうんです。 これが短期トレードにとっては物凄く大事なんですよ!! 例えば、海外で大きな買いが来たな!と気付いたら最速で買い注文を入れます。 売りが増える前に利益を確定することで短期トレードが成立するのです。 いなごフライヤー公式サイトでは下記のようにご説明しています。 『 いなごFlyer』とは、 ビットコイントレーダー向け情報Webサイトです。 世界各地 ビットコイン取引所 で発生する大きな群れ トレード を計測するイナゴ投資家向けツール 『Bitcoin Market Action Checker』をWebページ上で公開しています。 — inagoflyer inagoflyer いなごフライヤーを開いてみよう では実際にいなごフライヤーを開いてみましょう。 「」 トップページを開いたら、画面左上の、 MarketActionCheckerをクリックしてください。 すると画面中央部にこのようなチャートが表示されます。 この左に流れていく棒グラフがいなごチャートです。 次にチャートの見方についてご説明します。 いなごチャートの見方 この棒グラフが、売買の注文量を表しています。 真ん中の線(0)より 上のグラフが買いを、 下のグラフが売りを表しています。 ここの数値は各取引所のBTC価格を示しています。 いなごチャートの色と、各取引所の色は一致していますので、どの取引所でいくつ注文されたかがわかるようになっています。 いなごフライヤーで表示される取引所一覧• 特にBitfinexの影響力はとても大きいので、いなごチャートを使う上では要チェックです。 おすすめの設定 ほぼ初期設定のままで、変更点は少ないですが、おすすめの設定をご紹介させて頂きます。 いなごチャートの下にアラート設定の表があります。 理由は、上記4取引所のいなごチャートは、売買注文量にあまり影響していないかなぁと感じているからです。 Zaifやcoincheckもほとんど影響しませんが、取引所のアカウントを持っていますので一応Onにしています。 関係なければOFFで大丈夫です。 Up sound、Down sound、Alert volumeはそのままで良いと思います。 初めて使う方は、どの音がどの取引所なのか覚えていってください。 以上で設定は完了です。 その他の機能・設定について その他の機能についてはあまり変更することはありませんが、ご紹介させて頂きます。 大量売買の履歴 大きな注文が入った時の履歴です。 70BTC以上の注文が入ると更新されていきます。 右側のリンクを開くと、cryptowatchのチャートを見ることができます。 Chart Column Setting 棒グラフを作ると秒数と、棒グラフを表示する本数を設定することができます。 下の画像は初期設定のままです。 5秒おきにグラフが作られ、60本表示する設定になっています。 お好みで設定できますが、基本的にはそのままで良いと思います。 Alert Setting 何秒ごとにいなごアラートを計測するか、がAlert Settingです。 初期設定では20秒ごとにいなごアラートが発生しているかを観測し、発生しているとアラートが鳴ります。 こちらもそのままで良いと思います。 Alert Sound Setting Alert Sound Settingは文字通り、アラート音についての設定ができます。 こちらは必要に応じて音量を調節しましょう。 もちろんパソコンやスピーカーの音量調節でも大丈夫です。 View Setting View Settingは、いなごチャートの表示設定ができます。 Price Board Reverse:売り買いの棒グラフを逆さにできます。 Chart X-Direction Reverse:x軸の向きが逆になります。 左から棒グラフが作成され、右に流れて行きます。 Chart Height:棒グラフの高さを設定できます。 Y Axis Fixed:y軸の補助線を固定することができます。 Alert Log 先ほどの、大量売買の履歴の言語設定ができます。 日本語か英語を選べます。 Send Alert JSON Message POST Send Alert JSON Message POST は、アラートログを外部サーバーへ送信する機能だそうです。 Send Alert JSON Message POST この機能は、Alert Logで表示されるログデータをユーザーが指定した外部サーバーへ送信する機能です。 ユーザーが自分でサーバーとWebアプリを用意すれば、ログが送信されたタイミングでトレード自動注文プログラム等を起動することができます。 すごく便利な機能ではありますが、使いこなすのは少し難しそうですね。 Price Board SubRate Currency 各取引所BTC価格の通貨の表示を変更することができます。 初期設定ではJPYですが、USDやEURなどに変更できます。 まとめ 今回はいなごフライヤーの使い方や設定について解説致しました。 BTCの大量注文をグラフとアラート音で教えてくれるので、本当に便利なツールです。 bitFlyerのレバ規制後もスキャツール不動の王者として燦然と輝き続ける事でしょう。 DECOBOARD(デコボード) […] こんにちは。 ましゅーです。 20代のフリーランスです。 How to系の記事がメインです。 16 最近の投稿• アーカイブ•

次の

Futures Market Action Checker

いなご フライヤー

いなご勝ち組は、リアルタイムで板を見ながら取引することによって、暴騰・急落で利益を上げるのを得意とします。 逆にいなご負け組は、いなごが群がって値段が上がりきったところの高値で掴んでしまい損失を出してしまう投資家のこと。 この点を、超単純シンプルに考えると、 買いたい人が多いと価格は上がりますし、 売りたい人が多いと価格は下がります。 タレントの人気投票みたいなものですね^^ 通貨の場合、 買いの出来高が一気に上がってきたら通貨の価格が上がりやすい傾向になりますし、 逆に 売りの出来高が一気に上がってきたら通貨の価格が下がりやすい傾向になります。 つまり、 その時の出来高が多ければ多いほど価格は大きく上下するということです。 いなごFlayerを使えば、この出来高が一気に増えてくる出だしのタイミングを狙って売り買いの勢いに乗っていけるという仕組みです。 いなごFlayerは、世界中にある取引所の出来高を超リアルタイムで表示してくれますので、 短時間で差益を抄いとる短期トレードにおススメのツールです。 使い方は超簡単で、いなごFlayerを注視して、出来高が上がり始めたタイミングで注文し 出来高が落ち着いたところで売却するということを繰り返して利益を出していきます。 価格が動かない時期に通貨を購入してしまうと、スプレッド 手数料 がかかるので 板が厚く、しっかりと価格の値動きがある時に取引を行うのがベストです。 いなごFlyerにアクセスしてみましょう いなごFlyerは、ホームページサイトですのでダウンロードなど一切不要で、アクセスするだけで簡単にご利用頂けます! いなごFlyer公式サイトは サイトにアクセスして、メイン画面左上赤枠の「 Bitcoin Market Action Checker」をクリックするとビットコインの取引量などを見れるページに移動します。 チャートの見方 少し下にスクロールするとチャートがでてきます。 このグラフは、売り注文・買い注文を表す「 いなごチャート」と呼ばれるもので ビットコインの取引量を示しています。 マイナス側が売り注文で、プラス側が買い注文で5秒ごとに更新されています。 また、いなごチャートの下にある表の文字のいろと棒グラフの色が連動していて 現在どの取引所での取引が多いのかを簡単に比較することができるのが特徴です。 その「 いなご音」と呼ばれる音が、取引のタイミングを計ってくれるものとなっています。 そのため、グラフを見ながら取引を行うよりも、音で判断するのがメインとなっているので簡単です。 いなご音は、取引所・購入された量・売却された量によってサウンドが異なり ご自身で使いやすいように設定していただくことが可能です。 いなご音の設定方法 いなごチャートを下までスクロールすると、このようなサウンド設定画面が出てきます。 Second Per Columun・・・グラフが生成される間隔時間を1-60秒で設定 Columun Count 5-180 ・・・チャートの中に、何列までグラフを表示させるかを設定 Trade Date Reset・・・初期状態 Second Per Column 5秒、Column Count 60秒 に戻す Alert Setting いなごが観測されたときの、アラートの感覚を設定できます。 Alert Sound Setting アラートの音量を調節できます。 右側のボタン可能。 View Setting いなごチャートがどのように表示されるかの設定です。 Price Board Reverse・・・売り買いの棒グラフを逆にできる Chart X-Direction Reverse・・・X軸の向きを逆にする。 左端の新しいグラフから生成されて右側に向かって流れていくようになる。 Y Axis Fixed・・・y軸のメモリを固定できる Alert Log 大量購入のロゴを日本語か英語か選択できます。 Send Alert JSON Message POST イナゴアラート情報を、外部サーバーに送信するための機能です。 これを利用することによって、ログが送信されたら自動売買プログラムなどが起動されます。 PriceBoard SubRateCurrency 各取引所のビットコインの価格を表示する通貨の単位を変更できます。 公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら 国内最大手の取引所bitFlayer ビットフライヤー 国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。 LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。 また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。 値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。 まるで夢のような話に聞こえるかもしれませんが、 これは、的確に情報を掴み素早く行動さえすれば誰でも出来たことです。 ただ、仮想通貨投資の世界は情報が錯綜しており不明確な部分が多いのが事実です。 だからこそ最新の案件にも私自身が体当たりで挑戦し、生の情報を作り配信していくことにしました。 私の情報が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。 趣味:ジョギング・読書 夢:総合病院を設立、経営すること 当局専属トレーダーの 我妻竜治(わがつまりゅうじ)です。 投資歴13年 個人トレーダー 2005年から株とFXを始め、 2016年より仮想通貨市場に参入 ビットフレンドと共に ビットコイントレード情報局開設。 趣味:愛犬との散歩・チャート分析・旅行・美味いもの探し モットー:シンプルイズベスト! 特技:フットワークが軽い(笑) 性格:人見知りしません!!

次の