宮沢孝幸。 【宮沢孝幸&藤井聡 対談】コロナ禍は「人災」である

「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

宮沢孝幸

みなさん みなさんは「ウイルス」と聞くと何を想像するでしょうか? インフルエンザウイルス、ヒト免疫不全ウイルス、C型肝炎ウイルス、エボラウイルス。 これらのウイルスはすべて病気を起こす病原体です。 ウイルスはヒトや動物、植物に病気を起こす病原体として認識され、これまで研究されてきました。 その結果、ワクチンや治療薬が開発されて、我々はその恩恵を受けています。 しかし、ウイルス学がもたらした恩恵はそれだけではありません。 実はウイルス学が基礎生物学や基礎医学に貢献した例はたくさんあります。 例えば、DNAが遺伝物質であることは、細菌のウイルスであるバクテリオファージを用いた実験で明らかになっています。 また、ガンはガン遺伝子の活性化によって生じますが、その概念(いわゆるオンコジーン仮説)は、1960年から1970年代に見つかったネコやニワトリなどの腫瘍レトロウイルスの研究成果により確立されました。 ウイルスから生命現象を探る、特に、ウイルスを単なる病原体して捉えることなく「 地球生命全体からウイルスの存在意義を考察する」ことは、若い頃から一貫している私の研究姿勢であります。 数ある研究テーマの中で最近の私たちの研究成果を一つ紹介します。 私たちの体の中には、数億年前から数十万年前に祖先が感染したレトロウイルスのゲノム配列が、全ゲノム配列の中の8%をも占めています。 私たちは数年前に一つの研究論文を発表しました。 その論文では「数千万年前に哺乳類が感染した一つのレトロウイルスが、哺乳類の胎盤の多様化に役に立ったことを実証し、 レトロウイルスと哺乳類が共進化した過程」を明らかにしました。 哺乳類の胎盤の進化をウイルスが促したことは、ウイルスの存在意義の一つだと私たちは考えています。 しかし、ウイルスの存在意義はそれだけではないはずです。 What's New? 2018年7月10日 2018年7月6日 2018年6月 2018年1月28日 で宮沢が内在性レトロウイルスについてしました。 2017年6月29日 総合生存学ミニワークショップ で宮沢が講演しました。 2017年6月28日 第2回トランスポーザブルエレメント国際シンポジウムで宮沢が講演しました。 2017年6月23日 読売新聞ので我々の研究が紹介されました。 2017年6月17日 京都大学未来創成学国際研究ユニット主催の三重国際シンポジウムで宮沢が講演しました。 2017年5月8日 六本木SuperDeluxeにてで宮沢が講演しました。 2017年5月3日 京都大学 基礎物理学研究所・未来創成学国際研究ユニットの学術研究会「生体、人体、精神、宇宙ーつながりの深層を探る」で宮沢が講演しました。 2017年4月7日 2017年度メンバー写真をにUPしました。 2017年4月1日 宮沢がのメンバーに加わりました。 2017年3月31日 ウイルス・再生医科学研究所の見学会が開催されました。 2016年12月8日 大阪府立大手前高等学校の生徒がウイルス・再生医科学研究所に来所し、宮沢ならびに佐藤先生のセミナーを受講するとともに、研究室を見学しました。 2016年12月7日 清風南海学園高等学校の生徒がウイルス・再生医科学研究所に来所し、宮沢のセミナーを受講するとともに、ウイルス共進化分野の研究室を見学しました。 2016年11月30日~12月2日に開催された分子生物学会で、橋本、下出(神戸大学PD)が研究発表しました。 2016年11月26日 宮沢がヤンソン賞を受賞しました。 授賞式ならびに授賞者講演(レトロウイルスと哺乳類の共進化)は11月26日東京大学農学部で行われました。 (授賞式と講演の様子は) 2016年11月20日 第37回動物臨床医学会年次大会で宮沢と小出がセミナーならびに研究発表をしました。 2016年11月16日 和歌山県立桐蔭中学校の生徒さんが来所し、研究室を見学しました。 2016年9月28日 ウイルス研究所の潮流セミナーに後飯塚僚先生をお呼びしてご講演いただきました。 2016年9月26日 ウシのレンチウイルスとApobecに関する論文がScientific Reportsに掲載されました。 (小柳研との共同研究) 2016年9月19日 ワクチン製造用RD-114ウイルスのノックアウト細胞に関する研究が、に紹介されました。 2016年8月 が発足しました。 2016年3月24日 宮沢が京都大学のHP(探検!京都大学)の「」に紹介されました。 ただいま、 宮沢研で研究したい方 募集中!詳細は.

次の

「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

宮沢孝幸

第一部、第二部、第三部、そしてDJセットの第四部という合計5時間の内容。 全編、とても興味深い内容だったのだけれど、特に印象的だったのが「新型コロナウイルスと共生するライブミュージック」と題した第三部だった。 パネラーは 宮沢孝幸(京都大学ウイルス再生医科研究所准教授) 藤井聡(京都大学大学院工学研究科教授) 清水直樹(クリエイティブマン・プロダクション代表) 加藤梅造(LOFT PROJECT代表) 林薫(京都 CLUB METROプロデューサー という面々。 事前に告知されていたサカナクションの山口一郎さんは体調不良で急遽不参加となった。 いわゆるライブハウス事業者とコンサートプロモーター、そしてウイルス学やリスクマネジメントの専門家によるセッションで、テーマは「コロナ禍以降ライブビジネスはどんな打撃を受けたか」そして「ライブビジネスを安全に再開する方法はあるのか」。 ここ数ヶ月はずっと悲観的な話ばっかりだったので、宮沢孝幸准教授、藤井聡教授の、「ちゃんと根拠のある合理的な対策を徹底すれば、満員に近い状況でもライブハウスの営業を再開することができる」という話は、とても刺激的だった。 ポジティブで、熱い語り口で、かつ実証と知見に基づいた知性的なロジック。 とても勉強になった。 最後に、藤井先生が「こういう議論をしていると音楽業界の人間が自分たちのためにやっていると思われる。 でも、そうじゃない。 でも、音楽というものは、公共的なもの。 パブリックのためにある」と言ったのも、宮沢先生がライブ事業者に向けて「みなさん被害者です。 もっと怒ったほうがいい」と言ったのも、とても印象的だった。 以下は動画からの書き起こしまとめです。 宮沢「前々からライブハウスでも安全にやる方法があるから再開できるということを言ってきた。 国が定めた『新しい生活様式』にソーシャルディスタンスをとるということがあったが、僕らのようなウイルス研究者からするとナンセンス。 業種によってはソーシャルディスタンスを守れないところがある。 宮沢「そもそもはアメリカのCDCやWHOが前回のインフルエンザの感染拡大のときに言い出したこと。 2メートルのソーシャルディスタンシングが必要というのは、マスクなしで会話するときに飛沫がそれくらい飛び散ると言われたことからの対応。 しかし、マスクをしていれば飛沫は防げる。 欧米ではマスクを忌み嫌う文化があるので、ソーシャルディスタンスという考え方が出てきた。 宮沢「飛沫を浴びたら即危ないというのは、ウイルスの感染実験をやっていない人の発想。 感染が成立するためには、ある程度のしきい値を超えることが必要。 ウイルスごとに異なり、少量でも感染するウイルスもあるし、大量に浴びないと感染しないウイルスもある。 いずれにしても1個のウイルスでは感染しない。 しかし今行われている飛沫のシミュレーションではそのことが完全に無視されている。 ウイルスが漂う間に感染性を失うことも言っていないし、何個のウイルスを吸い込んだら感染が成立するのもわかっていない。 にも関わらず『これだけ飛沫が飛ぶから危ない』と喧伝するのは全くナンセンスな話。 宮沢「たしかにゼロではない。 ただ、基本再生産数(R0)の数字を見れば、空気感染しないというのは明白。 常識では、しないと断言していい。 特殊な条件下でエアロゾル感染するという状況はある。 けれど、それはごく稀であって、無視していい。 たとえば交通事故が起こるからと言って全ての車を動かすのを止めるのではなく、交通ルールを守ればいい。 宮沢「まったくナンセンス。 麻疹のようなR0が12〜16のような感染症、空気感染するウイルスであればやってはいけない。 警戒しないといけない。 しかし今回のウイルスの感染経路はあくまで飛沫、あるいは接触感染であるので、感染者の周囲数名しかリスクがない。 1000人だからダメ、1万人だからダメというのは理屈がおかしい。 藤井「僕の研究はリスクマネジメントやリスクコミュニケーションで、ウイルス学の専門である宮沢先生からレクを受けて、ウイルスの感染のメカニズムをしっかり理解した上で、それを止めるためにどういう社会政策をやったらいいのかということを研究してる人間です。 京都大学のレジリエンス実践ユニットという危機管理の研究所に宮沢先生に入っていただいて、パンデミックを防ぐための研究を、経済学、心理学、都市計画、環境衛生の人間をまとめながらやっている人間です。 安倍内閣の内閣官房参与を6年つとめて、危機管理のアドバイスをずっとしてきました。 藤井「政府の専門家委員会の自粛は『とりあえず、念のため』の自粛なんです。 自粛することのコストがゼロだと思ってる人はやればいい。 世の中には『絶対やってはいけないこと』と『一応やらないほうがいい』というものがある。 『やらなくていいけど、やっておいたほうがいい』ということもある。 とにかく無駄が多い。 藤井「ウイルスの感染には3つのルートがある。 ひとつは空気感染、ひとつは直接飛沫感染、もうひとつは接触感染。 多くの医師たちは、空気感染と直接飛沫感染はほとんどないと言っている。 一番多いのは接触感染。 飛沫を触った手で目鼻口を触ること。 だからウイルスの感染を防ぐために最も効果的なのは『目鼻口を触るな』ということを徹底すること。 顔を触らないことで感染のリスクを減らすことができる。 このことが、政府や専門家会議から言われていない」 ライブハウスを安全に営業するために 藤井「ライブハウスを運営するときに一番大事なのは、観客と出演者の全員に『目鼻口を触るな』ということを徹底すること。 それで接触感染が防げる。 となりで大声で喋っていたら直接飛沫による感染が生じるが、それもマスクをしていれば大丈夫。 2メーターという距離も無駄でしかない。 藤井「そのことは、国土交通省に説明しました。 『目鼻口触るな』『換気しろ』『黙れ』。 しゃべるときにはマスクをする。 これだけ。 これを徹底する。 それがいろんな交通機関のポスターに貼っています。 この三つさえ守れば大丈夫。 ただ超満員電車だけはやめといたほうがいい」 藤井「世の中はもう変わっている。 実際に電車は動いているし、山手線では2メーターの距離をとって乗ることは不可能。 実際、なし崩し的にソーシャルディスタンスは解かれている。 藤井「観客も出演者も、とにかく目鼻口を触らない。 マスクを奨励する。 30分に1度は換気する、それを徹底すればライブハウスでの感染はない。 99%はない。 ただし、実は一番ヤバいのは、帰りに打ち上げで酒を飲んで、大騒ぎして喋ること。 イタリヤやスペインでも、チャンピオンズリーグの大一番でイタリアのチームが勝って、そこで一晩中大騒ぎしたことがきっかけになっている。 武漢でも宴会から広がった。 ライブハウスのライブそのものの安全性は非常に高い。 ただその前後の飲み会は危ない」 加藤梅造(LOFT PROJECT代表)「実際にクラスターが生じたライブハウスを調べたら、どこも終わったあとの握手会や物販で接触ビジネスをやっていたところだった。 そこを気をつければ大丈夫だったかもしれない」 藤井「宮沢先生の監修で、僕らが提言している環境下で、町田のライブハウスで、それなりにお客さんが入った満員に近い状況でやってみようと思っています。 現地も視察して、換気もできる環境で、安全に営業する。 あと大事なのは食事を出さないこと。 お菓子などであっても、口を触ってしまう。 飲み物はボトルのドリンクで注意して出す」 藤井「公共交通の状況が社会的に是認されているのは、そこで感染が拡大していない実態があるから。 つまり、宮沢先生の監修のもとでライブハウスを営業して、どういう意味で安全なのかということをちゃんと話をする。 それをメディアでしっかり報道する。 業界の関係者にも伝えて、そこと同じような形で別のライブハウスが営業する。 そこで感染が広がらないということを広めていけば、そこにあわせて厚労省のガイドラインがバージョンアップされると思います。 そこが一歩前進になる。 そうやって変えていけば、1年後には採算ラインを超えるようなライブを営業することは可能。 感染者を出さない形でライブを再開する未来は作れる。 道があるので、そこを歩むしかない」.

次の

「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

宮沢孝幸

コロナの感染拡大を止める方法 言葉が汚くて申し訳ありませんが、Facebookでの文章を貼っておきます。 かなり長い連続ツイートとなります。 これはわたくし個人の意見で、京都大学とはなんの関係もありません。 なおわたくしは1988年から一貫してウイルスを研究しております。 論文も英語で200報以上書いております。 叫び届きますように — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 まず、よく考えて! 今、感染拡大を止めるのが大切。 今回のウイルス、感染しても多くの人は気がつかない。 無症状なんだよ!でも、それが危うい。 他人に知らないうちに移しちゃう。 そして、中には発症して、死んでしまう人がでる。 まずは、意識改革だ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 「自分は今、感染している!(無症状で!)」 「誰にも移しちゃいけない!」 そう考えるとこから始まる。 コペルニクス的転回。 パラダイムシフト。 考えをひっくり返せ! 移らんようにするより、「移さんこと」に意識を集中する。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 それをみんなでやれば、たとえ今自分が感染していなくても、他から移されないということだ。 みんなでやれば、みんなが助かる。 このパラドクス、この理論、わからんやつは帰れ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 ウイルスが出てくるのは、咳とか唾とか呼気とか。 普通の呼気だけではうつらん。 (激しい運動は知らんが) 咳とか唾とかが相手に飛べばその人に移る。 でも、それは感染者のマスクでほぼ防げる。 マスクは今は高いけど、普段は一枚20円ぞ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 すごい効力なのに、たったの20円。 一枚あれば、洗って2週間は使える。 アルコールあれば、しゅっしゅで終わり。 なるべく鼻で息を吸え! 口呼吸で思い切りウイルスを肺の奥に吸い込むとかはやめとけ。 (肺の奥でウイルスが増殖しだしたら終わり。 ) — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 花粉症なら鼻つまってるだろ!口呼吸だろ!だったら、なおさらマスクだ! 次にどこかについたウイルスからの感染。 実はこっちが重要! たいていは手から移る。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわるな、ましてや鼻くそはほじらない。 (かくれてやってもダメ!) 唇触るのもだめ。 口に入れるのは論外。 意外と難しいが、気にしていれば大丈夫! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 気になったら(どうしても鼻くそほじりたくなったら)、手を先に洗えば済むことだ。 洗って思う存分ほじるがよい。 人前で鼻が気になったら、上腕でなんとかしろ。 外出してて手が洗えないならアルコールスプレー。 それがないなら、ウエットティッシュー。 それもないなら、ぬれハンカチだ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 物理的にハンカチにウイルスちゃんを押しつけろ。 人が集まっているところ、怖いかも知れないけど、よほどやかましいところに行かなければ大丈夫だ。 人と集まって話をする時は、マスクしろ。 他人と食事する時は、黙れ。 食事に集中しろ! — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 味わえ!友達との会話は食事後でマスクして話せ。 それで十分だ! 家に帰ったら、速攻手を洗え。 アルコールあるなら、玄関ですぐに吹きかけろ。 ドアノブも拭いとけ。 酒?やめとけ。 そもそも体に悪い。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 酒を飲んだら、会話するだろ。 大声になるだろ。 それが危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ。 一ヶ月会社休んで回復したら、みんなの代わりに仕事しろ。 ただ、爺ちゃんばあちゃんの前には治るまで絶対でるな。 風呂はなるべく早く入れ!帰宅後すぐがベストだ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 たった、これだけ!これだけで感染爆発は防げる。 都市封鎖、サラリーマンのお前は何も困らなくても、飲食店は確実に潰れる。 他にもたくさん潰れるところは出てくる。 関係ないと思っていても、恐慌になったら、お前のところもやばくなるぞ。 他人事じゃない。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 いつかはお前もかかる。 かかった時助かるように、いまからなるべく栄養つけろ。 よく寝ろ。 タバコはこれを機にやめろ。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 あとで、大学教員にふさわしい文章に変換します。 こちらの方が、届きやすいとの意見もあり、ツィートさせていただきました。 — Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸) takavet1 この投稿に関するコメント めっちゃわかりやすいです。 ほんとにありがとうございます。 なのですが、絶対テレビでもこういうの流して欲しい。 若者はテレビ見ない?かもですけどおじいおばあちゃんは見ますよね、こういうの1番知って欲しいのおじいちゃんおばあちゃんです。 私は薬局で働いてます。

次の