アベノマスク 旭川。 アベノマスクの回収ポスト(回収箱)の場所はどこ?東京や北海道に!

アベノマスクの回収ポスト(回収箱)の場所はどこ?東京や北海道に!

アベノマスク 旭川

「マスク」の話。 前号で、百円ショップで手に入る材料で作る「山頭火おやじの かんたんマスク」を絵入りで紹介したところ、二人の方から、「作ってみました。 すごいアイデアですね」、「ゴム、使い捨てマスクのを使ったら、耳が痛くなくなりました」などと、わざわざ連絡をいただいた。 世界にラーメン店を展開する、らーめん山頭火のオーナー・畠中仁さん(68)は、「店を訪ねて来たら、丁寧にお教えしますよ」と言っていたのだが、緊急事態宣言で、飲食店はどこも、まさに緊急事態。 「今のところ六日まで閉店しています。 再開したら、いつでもどうぞ」と畠中さんは話しています。 さて、「アベノマスク」の話。 芸能界の話題に弱い。 それでも、キョンキョンこと小泉今日子あたりまでは、何とかついていける。 ネットの世界で、その小泉今日子がアベノマスクを批判していると話題になっているそうだ。 彼女は社長を務める「株式会社明後日」名義のアカウントでツイッターをしていて、結構、つぶやいている。 二十二日午後一時、「アベノマスクの不良品を政府、公表せず」というニュースをリツイートして、次のようにつぶやく。 一生懸命やった結果だったら人はいつか許してくれるかもしれない。 でも汚らしい嘘(うそ)や狡(ずる)は絶対に許されない。 カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない。 安倍首相の肝いりで、全国五千万世帯に二枚ずつ配付する布マスクに、カビや汚れ、虫や毛の混入が見つかっている。 政府は、その事実を発表していなかった。 キョンキョンは、この政権の本質がウソやズルだと見抜いている。 森友、加計、桜を見る会へと続く数々のグロテスクなスキャンダルと、アベノマスクの不良品の根源は同じだと知っている。 そして、「布マスク」の話。 安倍首相は十七日夕、記者会見を開いた。 前日、緊急事態宣言を全国に拡大すると発表している。 朝日新聞の記者が質問した。 安倍首相が、答える。 今、御質問いただいた御社のネットでも、布マスク、三千三百円で販売しておられたということを承知しておりますが、つまりそのような、この需要も十分にある中において、我々もこの二枚の配付をさせていただいたと、こういうことでございます。 首相は、朝日新聞に皮肉を言ったつもりだった。 ネットで買い物をしない私は関知しないのだが、朝日新聞社が運営する「朝日新聞ショップ」なる通販サイトがあるんだと。 そこで布マスクを販売しているという話を、ネトウヨが「朝日新聞が2枚で3300円のぼったくりマスクを販売中」などと騒ぎ立てたのだそうな。 一国の首相が、ネトウヨ情報に頼って、全国放送されている会見で、低俗な皮肉を口にする。 しかも、エセ情報だ。 あ然と言うほかない。 (工藤 稔).

次の

アベノマスクを回収、子どもたちへ 旭川の団体が準備:朝日新聞デジタル

アベノマスク 旭川

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 政府による布マスクの全戸配布が東京から始まるなか、北海道旭川市の市民グループが、マスクを不要とする人たちから回収し、学校に届けるための準備をしている。 布マスクは17日から東京で配布が始まり、北海道内でも時期は未定だが、1世帯に2枚ずつ配られる予定だ。 このマスクの回収に取り組むのは、旭川市内の主婦や自営業者、会社経営者ら約40人でつくる「旭川 All FOR ONE プロジェクト」。 配られたマスクを不要と思う人がいたら、プロジェクトに賛同する飲食店や美容室などに置く回収ボックスに、未開封のまま入れてもらう。 集まったマスクは、市教育委員会へ届け、必要とする子どもたちに使ってもらう。 協力店舗は現在、約30店舗にのぼるという。 プロジェクトのスタートは4月….

次の

北海道のアベノマスク回収箱はどこにある?設置場所まとめ!

アベノマスク 旭川

政府のマスク配布が始まっていますが、不要なマスクを集め、必要な人に再配布する取り組みが北海道の中標津町で行われています。 中標津では・・・ 政府の布製マスクを巡っては、不良品が見つかるなどのトラブルがあり、道内ではまだ配布されていませんが、サイズが小さいなど問題も指摘されています。 布製マスクを使用しない人も多いとみられることから、道東の中標津町では飲食店やスーパーが回収ポストを設置し、不要な人から回収し、必要な人に再配布する活動をはじめ、協力を呼びかけています。 呼びかけた人は:「460億円使ってマスクが届くので1円も無駄にしてはいけない」 集まったマスクは希望する福祉施設などに提供したいとしています。 UHB 北海道文化放送より 旭川市では・・・ 北海道の市民グループが、マスクを不要とする人たちから回収し、学校に届けるための準備をしている。 布マスクは17日から東京で配布が始まり、北海道内でも時期は未定だが、1世帯に2枚ずつ配られる予定だ。 このマスクの回収に取り組むのは、内の主婦や自営業者、会社経営者ら約40人でつくる「旭川 All FOR ONE プロジェクト」。 配られたマスクを不要と思う人がいたら、プロジェクトに賛同する飲食店や美容室などに置く回収ボックスに、未開封のまま入れてもらう。 集まったマスクは、市教育委員会へ届け、必要とする子どもたちに使ってもらう。 協力店舗は現在、約30店舗にのぼるという。 スポンサーリンク 世間の声は・・・ 北海道標津町で使わないアベノマスクの回収ポスト設置が広がっているとのこと。 主体は個人商店が担っている。 小さい、不衛生イメージがある、不織布製でない等の理由で使わない人も結構出て来るのではないか。 わが町でもアベノマスク回収ポストを作ってくれないだろうかと思う。 アベノマスク不要な人は回収ボックス ポスト へ! SNSの反応は! という向きも多いと思う。 そういう 未使用の 布マスクをしかるべきところで役立てていただけるように、寄付できる仕組み、例えば役場や郵便局などに回収ポストを設置するなど、いかがでしょうか。 にょか🌳 greenNyoka25 アベノマスク は、いつ届くかな? 来たら寄付しようかな〜 — y k 8Pwlo7NfKFsv6a3 不要なマスクは寄付したいという方がいっぱいいるのがわかりますね。 場所はどこ? 現在報道があるのは、旭川市と中標津で回収ポスト設置を行っているようですが、今後きっと増加してくると思います。 北海道の回収ポストで集めたマスクは以下のような団体に寄付される予定ではないでしょうか。 詳しくまとめているので、もし郵送でも大丈夫であれば、寄付したい団体へ贈ってみてはいかがでしょうか。

次の