鹿児島 コロナ 最新。 コロナ県内11人目、4月20日以来確認 鹿児島市の40代男性感染 県外訪問履歴なし、同僚ら46人検査

コロナ県内11人目、4月20日以来確認 鹿児島市の40代男性感染 県外訪問履歴なし、同僚ら46人検査

鹿児島 コロナ 最新

鹿児島大学は22日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補となる薬剤を確認したと発表した。 試験管レベルでウイルスの増殖を強く阻害するもので、鹿大のヒトレトロウイルス学共同研究センター(馬場昌範センター長)は東京都の企業と共同で治療薬開発を進める。 馬場センター長は「可能ならば3年以内での開発を目指したい」としている。 確認された薬剤は「フェナンスリジノン誘導体」で、鹿大と東京大学が2008〜11年にC型肝炎の治療薬として共同研究した経緯がある。 同センターは3月初旬から研究を開始。 馬場センター長と岡本実佳准教授、外山政明特任助教はサルの細胞を利用した実験で、治療薬として国内承認された「レムデシビル」と比較して同誘導体が同等かそれ以上の有効性を持つことを確認した。 鹿大は5月に同誘導体の特許を出願し、6月19日に創薬ベンチャー・オンコリスバイオファーマ(東京都)に譲渡した。 馬場センター長は「本年度は効果を高めるための化学構造式の変更などをした上で薬剤を絞り込む」と話し、21年度以降に安全性試験などを行う考えを示した。 国内では塩野義製薬(大阪市)や信州大学(長野県)など企業や医療機関が研究を進めており、開発競争は激化しつつある。 会見に同席した佐野輝学長は「鹿児島大学発の薬剤がコロナ治療薬となることを願う」と期待した。

次の

コロナ県内11人目、4月20日以来確認 鹿児島市の40代男性感染 県外訪問履歴なし、同僚ら46人検査

鹿児島 コロナ 最新

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

鹿児島大学、新型コロナ治療薬候補を確認 ウイルス増殖抑制、3年内開発目指す(南日本新聞)

鹿児島 コロナ 最新

ON AIR• 4:17 オープニング• 4:25 テレビショッピング• 4:55 テレビショッピング• 5:25• 8:00• 9:50• 11:20 ぽよチャンネル• 11:25• 11:30• 11:55• 13:45• 14:50• 15:20 テレビショッピング• 15:50 ぽよチャンネル• 15:55 粋男流儀• 16:05 KTSドラマスペシャル• 16:50• 18:14• 19:00• 19:57• 21:00• 21:54 KTSニュース• 22:00 <木曜劇場>• 22:54 天気予報• 23:00• 23:40• 24:25• 24:55 桃色つるべ• 25:25 つりー1グランプリ 28日午後4時5分放送!• 25:30 志村友達• 26:00 ノイタミナ• 26:30 テレビショッピング• 27:00 天気予報• 27:01 ぽよチャンネル• 27:04 クロージング 「ディスカバー鹿児島キャンペーン」第2弾 鹿児島県は新型コロナウイルウイルスの経済対策の一つディスカバー鹿児島キャンペーンの第2弾の申し込み受け付けを24日から始めると発表しました。 申し込み方法は第1弾で公平ではないとの声があった先着順を抽選とし「つながりにくい」と不評だった電話での申し込みがはがきに変わります。 ディスカバー鹿児島キャンペーンは県内の宿泊・観光業を支援するもので、24日から申し込み受け付けが始まる第2弾では、県内で使える1万円分の宿泊券が2万人分用意されます。 第2弾は、前回「つながりにくい」と不評だった電話での申し込みがはがきに変更となったほか、県のホームページからの申し込みも、第1弾のようにアカウントを取る必要がなくなるなど簡素化されました。 また、選定方法も前回の先着順から抽選に変わったため、急いで応募する必要がなくなりました。 抽選結果は宿泊券の発送をもって当選通知にかえるということです。 申込期間は24日の午前9時から7月3日までで、宿泊券の利用期間は7月23日から8月31日です。 申し込みは1人1回限りとなっています。 なお、第1弾で宿泊券を取得した人の申し込みは受け付けないということです。 DV・人権相談窓口「WithYou」 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの人の在宅時間が急激に増えたことから、配偶者やパートナーへのDV被害増加が懸念されています。 そこで鹿児島県は新たにSNSによる相談窓口を設け、対応にあたっています。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、生活不安やストレスなどから、配偶者やパートナーによる暴力の増加・深刻化が懸念されています。 このような状況に緊急的に対応するため人権侵害を防止する啓発動画を配信したり、SNSでの相談窓口を設置したりして、被害者がひとりで問題を抱え込まないよう努めています。 SNSによるDVの相談は、県のホームページからQRコードを読み込んで、チャット形式で相談することができ、月、水、金、土の週4日、午後5時から午後10時まで受け付けています。 Multilingual support will be available: English, Chinese, Korean and Vietnamese. Phone number is 099-808-2680.

次の