性器 ヘルペス 市販薬。 バルトレックスの市販薬はある?口唇ヘルペスに使える市販薬を紹介!

市販薬でヘルペスを治す飲み薬はある?薬局で買える薬や飲み薬

性器 ヘルペス 市販薬

ヘルペスの感染の殆どは性行為 ヘルペスという病気を引き起こすものにはいくつかの種類があり、水疱瘡や帯状疱疹を起こすタイプのウイルスと、性器ヘルペスや口唇ヘルペスを発症するウイルスとがあります。 どちらもヘルペスウイルスの一種なので共通している部分が多く、治療に使われる薬も同じものを使うことがあります。 水疱瘡は水疱瘡を起こすウイルスに直接触り、それが体内に入ることで感染が広がっていきますが、口唇ヘルペスや性器ヘルペスも同じように接触することで感染を起こします。 ヘルペスを発症すると赤い発疹ができ、そこにはたくさんのウイルスが存在しています。 それが粘膜に付いたり、傷の付いた皮膚に付いたりすると、そこから体の中にウイルスが入り込み増殖を始めます。 ウイルスの数が少ないうちには症状が出ないことがありますが、数が増えるにつれて症状が強くなっていきます。 つまり、ウイルスに直接触れる行為を行うと感染する危険があるということで、性器ヘルペスの感染のほとんどは性行為をした時にうつります。 性器の周りにできている発疹にはウイルスがいることと、発疹が出ていない場合でも皮膚にウイルスが存在する場合があるので、皮膚や粘膜が触れる機会のある性行為は感染を広げやすいもののひとつになります。 ヘルペスは感染力が強いために性行為をしていなくても感染することがあるようですが、それはほんの一部で、ほとんどの場合は 性行為が原因となって感染をします。 性行為は全ての行為が感染源となりセックス、オーラルセックス、アナルセックス、手淫などがあげられます。 また症状が出ていない時に行った性行為でも感染を起こすことがあるので、自分がヘルペスに感染していると知らないうちに他の人へも感染をさせてしまっている可能性があります。 ヘルペスの薬は早期に治療するのが大事 ヘルペスの症状が出るのはウイルスが増殖をして数が増えてきてからです。 ヘルペスウイルスの特徴は身体の中に潜伏をしているということで、一度身体の中に入るとその後も体の中の神経節という部分に居続けます。 そして数が少ない時にはほとんど症状が起こらず、いつも通りに過ごすことができます。 それは身体の中の免疫力がウイルスをおさえこんでいるからです。 しかし、免疫力が低下したりウイルスの増殖スピードが強い時には、身体の中で一気に増え、それに伴い水ぶくれができたり、痛みが出たりといった症状が強くなっていきます。 こういった症状を軽減させるためには抗ウイルス薬を使用すると効果がありますが、この薬はウイルスを死滅させるわけではなく増殖を防ぐという種類の薬です。 そのため数が増えてしまってから服用しても、薬の効果がしっかりと現れないことがあります。 抗ウイルス薬を使用する時のポイントは、ウイルスの数がまだ増えきっていないうちに使用することで、ウイルスの数が大きく増えることを抑制して症状ができるだけ起こらないようにすることです。 使用する時期が早ければ早いほど、ウイルスの数を少なく保つことができると考えられるので、薬での治療を希望するなら、早期に治療を開始するようにしましょう。 ヘルペスの治療は早く始めることが基本なので、症状が出はじめたらすぐに治療を開始できるように薬を準備しておくと症状を悪化させずに済みます。 またヘルペスは再発が多い病気だということも忘れてはいけないことで、一度症状が落ち着いたからといって、治ったと思っていると何かのきっかけでまた症状が出はじめることがあります。 常に再発の可能性があることを覚えておきましょう。 ヘルペスの治療薬にはどんなのある? ヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬は バルトレックスや ゾビラックス、 ファムビルといった名前の薬があります。 どれもヘルペスウイルスに効果があるので帯状疱疹の治療にも使われている種類の薬です。 これらのの違いは服用回数が違うということと、薬の値段に差があります。 最も価格が安いのがゾビラックスで、他の薬に比べてかなり安く抑えた価格設定になっていますが、ゾビラックスの問題点は1日の服用回数が多いことで1日に5回の服用が必要になります。 薬を1日に何度も飲むことが苦痛にならないような人は、値段が抑えられているゾビラックスを使用すると治療にかかる金額を抑えられます。 もうひとつのよく使われている薬がバルトレックスで、価格的にはゾビラックスよりも高くなってしまいますが、この薬にすると服用回数は1日に2回だけなので、服用の煩わしさが解消されます。 バルトレックスの特徴は服用回数は少ないのですが、錠剤の大きさがやや大きめだということです。 錠剤の大きさについては気にならないという人で、1日の服用回数が少ないほうがよいという人はバルトレックスを使用するとよいでしょう。 大きな錠剤は飲み込みにくいという人は他の種類の薬を選んだほうがよいかもしれません。 残りのひとつがファムビルで、価格はバルトレックスよりも多少高くなるので、この3つの中では最も高価なものとなり、ゾビラックスと比べるとかなり高い値段になります。 これは服用回数が1日に3回なので、食事のタイミングに合わせて服用するようにしたら、そこまで多くは感じないでしょう。 錠剤の大きさもそこまで大きくはありません。 これらの薬は全て内服するもので、症状が強くなる前に服用することで悪化を防ぐことができます。 ヘルペスに効果のある市販薬は効くの? ヘルペスの治療を始めようと思った時に、いつも市販の薬を使用している人は、このウイルスにも効くものがあるかもしれないと考えると思いますが、バルトレックスやゾビラックス、ファムビルは医師の処方箋が必要なもので、どれも市販されていません。 そのため薬局等の窓口で誰もが購入できるものではないということです。 他にヘルペスに効果があるといわれて売られている市販薬があり、それらは内服するものではなく全て塗り薬になります。 塗ってきかせるタイプのものは内服して使うものに比べて効果が弱くなり、効き目は塗った部位だけにとどまってしまうという特徴があります。 そのため、症状が軽く出ている程度ならば治療効果がありますが、症状が強い時には塗るだけでは症状を抑えられないことがあり、そういった場合には内服して全身に効果を出せるタイプのものが必要になってきます。 内服するタイプの薬は薬局では購入できませんが、個人輸入代行をしている通販では手に入れることができます。 個人輸入代行といっても通販サイトを見ると普通の国内にあるお店で商品を購入することと大きな違いはありません。 日本語で説明がきちんと書かれていますし、不安なことがあったら日本語で質問をしたり、相談をしたりできます。 もしもヘルペスの再発を繰り返していたり、急な発症に備えたいのであれば、そういった個人輸入代行の通販サイトを利用して抗ウイルス薬を購入しておくという方法もあります。 ほとんどの場合で値段が通常よりもお得になっていることが多いので、薬を購入することでの経済的負担を軽くすることができます。 ヘルペスは急に再発を起こすことがあるので、事前に治療を行えるような準備をしておくことが大切です。

次の

アラセナA軟膏 市販 通販 口唇・性器ヘルペスの塗り薬

性器 ヘルペス 市販薬

性器ヘルペス向けの市販薬は本当に存在しないの?その理由は? 患部に水ぶくれができたり強い痛みを感じたりするヘルペスですが、口唇ヘルペスならばともかく性器ヘルペスになってしまったという場合、場所が場所だけに何となく病院に足が向かないという方も多いのではないでしょうか。 また性器ヘルペスは口唇ヘルペスよりも再発頻度が高いため、再発するたびに病院に行かなければならないというのも厄介です。 性器ヘルペスの主な感染経路は性行為であるということもあり、やはりできることならば自宅で誰にも知られず治したい、という気持ちがありますよね。 では、性器ヘルペス向けの市販薬というものは存在するのでしょうか? 残念ながら、答えはNOです。 現在の日本では、性器ヘルペスの治療に使われている抗ウイルス薬は、医師の処方性がないと販売することができない「処方箋医薬品」に指定されており、医師の診察を受けないと購入できないようになっています。 どうして性器ヘルペスの市販薬は存在しないのか、その理由に関しては諸説ありますが、やはり性器に出ている症状が本当にヘルペスによるものかどうかの判断が難しい、という部分が大きいでしょう。 性器に水ぶくれや潰瘍ができたり痛みやかゆみが生じたりする病気は性器ヘルペス以外にもあるため、勝手な自己判断で性器ヘルペスと決めつけ市販薬で治療をするのはとても危険なのです。 また、性器ヘルペスは悪化するとかなり重い症状が現れることがあり、そういった場合には内服薬や点滴による治療が必要になってきます。 つまり性器ヘルペスは、市販薬で対処できる病気ではないというわけですね。 <参考:> 口唇ヘルペスの市販薬は性器ヘルペスにも有効なのか 性器ヘルペスの市販薬が存在しないことはわかりましたが、「それなら、口唇ヘルペスの市販薬を使えばいいんじゃないの!?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は同じヘルペスでも、口唇ヘルペスに関しては市販薬が存在するんですよね・・・。 では、口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても効果があるのでしょうか。 まず口唇ヘルペスの市販薬についてですが、現在ドラッグストア等で扱われているのは、ヘルペスウイルスに対して効果を発揮する「アシクロビル」という成分が配合されている外用薬(=塗り薬)です。 口唇ヘルペスはその原因となる単純ヘルペスウイルスが増殖することで症状があらわれる病気ですので、症状が出そうになった時に薬を塗ることによって患部におけるウイルスの増殖を抑え、症状の回復を早めることができるのです。 これに対して性器ヘルペスになった場合、病院では「ゾビラックス(軟膏またはクリーム)」という外用薬が処方されることがあり、この薬には抗ヘルペスウイルス作用がある「アシクロビル」という成分が含まれています。 ドラッグストア等で市販されている口唇ヘルペスの外用薬にも、病院で処方される性器ヘルペスの外用薬にも、全く同じ成分が配合されているのです。 そのため、 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても有効である可能性があります。 ただし 口唇ヘルペスの市販薬はあくまでも「再発」した人のために販売されているもので、初感染した場合には、市販薬に頼るのではなく必ず病院を受診する必要があります。 また、性器ヘルペスは、症状が酷くなると外用薬だけではなく内服薬(=飲み薬)による治療が必要になりますし、初感染時はかなり重い症状が出るため病院での治療が必要となります。 そのため性器ヘルペスを発症したときは、 ・性器ヘルペスの「再発」であるという確信がある ・症状が比較的軽い という条件を満たしている場合に限り口唇ヘルペスの市販薬を使ってみるというのもいいでしょう。 ただしこれはあくまでも症状の悪化を食い止めるための「応急処置」ととらえ、基本的には病院を受診して適切な治療を受けることが大切です。 まとめ 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても一定の効果を発揮する可能性があります。 しかし性器ヘルペスは病院での治療を基本とする病気ですので、疑わしい症状が出た場合は念のため病院を受診することをおすすめします。

次の

【医師監修】ヘルペスに効く市販薬はある?どうやって塗ったらいいの?

性器 ヘルペス 市販薬

ページコンテンツ• 性器ヘルペスの女性は外用薬と内服薬で治療することになります。 有効成分のバラシクロビルは内服薬のバルトレックス グラクソ・スミスクライン社 しかありませんが、アシクロビルとビダラビンは塗り薬のゾビラックスクリームとアラセナAがあります。 どちらの外用薬も1日に4回ほど患部に塗布し、1週間ぐらい塗り続ける必要があります。 もし妊娠中にヘルペスが再発した場合や初めて感染し発症した場合には内服薬ではなく塗り薬で治療するよう提案されるはずです。 確かに塗り薬は皮膚の表面に浸透させるので、内服薬ほど影響は少ないと考えられています。 けれど外用薬は抗ウイルス薬と言っても症状を治す力がとても弱く、発症直後に使わないと効きません。 症状がでて48時間以内が鍵 病院でも説明されますが、外用薬は水疱や腫れができて48時間以内に塗布しないとほとんど効果がありません。 もし発症してすぐに塗布しても、炎症をこじらせない効果ぐらいしかありません。 治療の決定打にはならないので、外用薬より抗生物質やステロイドの方が処方されやすいかも知れません。 そもそも塗り薬も内服薬と同じように再発を防ぐ効果はありません。 とにかくヘルペスを再発させてはいけないカポジ水痘様発疹症などの病気もあり、予防のために外用薬は頼れません。 妊娠中の女性など絶対にヘルペスを再発させてはいけない状況の方は少なくありませんが、塗り薬は発症してから塗るものなので発症自体を防ぎたい目的には向いていません。 問題が多い治療法です。 塗るほどに性病感染率が上がる? 性器ヘルペスの塗り薬を「あまり効かないな」と思いながらも気休めで塗っている方も多いでしょう。 けれど塗り薬はできるだけ塗らないようご注意下さい。 塗り薬も内服薬と同じように耐性の問題を抱えています。 性器ヘルペスを何度も再発させていると、免疫機能が働きにくくなり他の性感染症にかかりやすくなります。 塗れば塗るほど他の病気の抵抗力が弱まってしまいます。 カンジダやクラミジア、尖圭コンジローマ、淋病、梅毒などの性病にも用心して下さい。 また、同じ単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気にかかった時、抗ウイルス薬に耐性がついていると使う治療薬の種類が制限されてしまいます。 発疹や痒みなど副作用も多く、外用薬なのに塗ったあと頭痛や吐き気を感じることもあります。 塗るだけで頭が痛くなり、気持ち悪くなることがあることからも、薬の作用が強いことがお分かり頂けるでしょう。 性器ヘルペスで病院に行きたくなくても 患部が陰部なので男性も女性もできれば病院に行きたくないと思いますよね。 病院に行かずに済むようアクチビア軟膏やヘルペシアクリームなど口唇ヘルペスの市販薬を買いに行こうと考えている方もいらっしゃるかも知れません。 そうだとしても口唇ヘルペスの市販薬を性器ヘルペスで使うのは絶対にやめて下さい。 第一類医薬品なので市販薬を購入する時には薬剤師さんからもあれこれ質問されます。 回答が怪しいと警戒されます。 口唇ヘルペスの市販薬自体FDAから警告がだされているぐらい微妙な存在です。 軟膏もクリームタイプもたいして効かないのに耐性がすぐにできます。 FDAも「使うべきではない」とはっきり否定しています。 特に初めて感染した時は他の性感染症にかかっている恐れもあります。 自己判断で治療するのは禁物です。 病院で検査を受けて医師に正確な病名を診断してもらう必要があります。 間違った治療法では治らないどころかもっと悪化させてしまいます。 個人輸入は薬が届く時間が問題 ジェネリックのバルシビルなどを個人輸入ルートで手に入れるのも気をつけて下さい。 本当にヘルペスウィルスの増殖が原因なのかどうかを最初に確かめてから服用しましょう。 個人輸入を使って自力で治すと病院ほど治療費がかかりませんが、似ている違う病気だったら大変なことになります。 症状も感染経路も似ている性感染症はかなりたくさんあるので思い込みは危険です。 内服薬も発症してすぐに服用しウイルスの増殖を食い止めるのが理想的ですが、海外から薬が到着するまでに1週間はかかります。 できるだけ早く治すためには病院で処方してもらった方が早いでしょう。 1週間も放置していると、下手するとパートナーにも感染させてしまいます。 製造工場が怪しいものや安全性が確立されていない薬も混ざっているところも個人輸入サイトで購入する時に心配になります。 リジンなら再発を防ぐことが可能なので、専用サプリを家庭に常備して家族の健康を守りましょう。 効果がなければ90日間以内に全額返金とあるので安心です。

次の