エーデル ガルト お茶 会。 9/27FEサイファ公認大会優勝は【エーデルガルト】を使用した「キラ」さんでした! / アバンティ京都店の店舗ブログ

入信せよ・・・FE風花雪月の宗教といえば・・

エーデル ガルト お茶 会

だいたいこんなかんじ 赤字はOP版、青字はED版。 それ以外はだいたい同じ。 一個目の赤までがShort Versionで流れる部分。 上から順番に話そうと思ったんですが、同じ話の繰り返しになる部分があるのでテーマ別にしました。 エーデルガルトと学校生活 エーデルガルトが震えているシーン、というと宣戦布告前くらいしか思い浮かばないが、多くは学校生活の話がそのまま歌詞にされている。 「ステンドグラス~」についてはおそらく修道院の風景を歌ったもの。 セイロス聖教会と学校の運営についてはアレだと思ってそうだが、学校生活自体は楽しんでいる模様。 「自分の居場所~」、「満たされた日々」、「いとおしいこのとき」はすべて学校生活のことを指している。 「すべてを壊す~」はエーデルガルトが持つ思想を、「扉を開けて」は学校生活を壊してでも、戦いを起こすことを示しているかのよう。 第二の紋章 「力のしるし~」に関して。 力のしるし=紋章と取る。 エーデルガルトの紋章、というか炎の紋章に関しては生まれ持ったものではなく、あとになって得たもの。 おぬし=エーデルガルトのこと。 「最高傑作」=新しい紋章を何か持たせようとして、炎の紋章を持ったことあたりだろう(リシテアを見ている限り、必ず炎の紋章を持つというわけではなさそうだし)。 最初は野望(紋章なくしてやる)にまつわることは炎帝としてかかわっていて、エーデルガルトとしては関わっていない。 炎帝の素顔「エーデルガルト」は「仮面」に隠したまま。 もしくは「エーデルガルトが持つ野望という素顔」を「炎帝の仮面」に隠しているのだろうか? 銀雪の如き想い~OP版の歌詞の話 さっきの画像の赤字部分について。 銀雪の5年後の再会、タイトルは「銀雪の如き想い」。 ここでOP版の2番の歌詞を見る。 「雪のように」「想いが伝わりますように」。 共通するキーワードが見られます。 エーデルガルト自身、教会はさておきベレス個人については、敵対したくて敵対しているわけではない。 この想いは果たして伝わったのだろうか?…残念ながら、このときは伝わらなかったようだが、決戦前に共存の道を探そうとはしていた(どちらを選んでも「彼女を討つしかない」と言われるが)。 OP版1番ラスト、ShortVersionの最後の「名もなく~」について。 エーデルガルト=花、ベレス=あなた とする(これはエーデルガルトのルートが紅花とつけられていることに由来)。 違う道を歩み、敵対することを選んだ。 一人の「少女」として、顔を見上げることは叶わなかった。 最期まで「皇帝」として動くことを望んだようにも。 世界の犠牲者 このセリフはエーデルガルトが持つ「思想と紋章」はどこから生まれたのか?についての話をしているときのもの。 対リシテアのセリフにも同じフレーズが。 「私たちのような犠牲者を生まない世界に」 ここでの「私たち」は紋章によって長生きできなくなったリシテア、エーデルガルト二人のこと。 「世界の犠牲になった少女たち」は「悲しい少女」と呼べるのではないだろうか。 五年前の口約束 「叶うはずのない約束」は何だろう?という話。 「たとえ祭りがなくても5年後に会いに来る」と言ったのはエーデルガルト。 紅花はさておき銀雪だと、エーデルガルトとは敵対している。 そもそも生きているかもわからないし、自分に味方してくれている人ではない。 敵である自分にわざわざ会いに来てくれるのだろうか? 叶わない約束と取れるものはおそらくこれだろう。 そのフレーズを少し書き換えるとこんな感じ。 もし皇帝であることを優先するなら、さほど重要視していない修道院にわざわざ出向かないはず。 ) 紅花と蒼月 「蒼い月」のあたりはディミトリを思い出させるが、エーデルガルト自身ディミトリのことはどうやらきちんと覚えていないよう(あくまで短剣くれた昔王国で会った子、という認識で名前は知らない)。 ただ、そこのワンフレーズだけ紅花の話をしているようにも聞こえて エルと呼ばれたことで昔親しかった人だと思い出したのだろうか(対ベレス支援Aを参照)。 蒼い月、はディミトリ。 頬の火照り、は泣いていたエーデルガルト、と取れなくもない。 夜、テラス、風と聞いて思い浮かべられるものはもうひとつあります。 エーデルガルトが炎の紋章持ちであることが明らかになる話なんですが、「星のテラスでエーデルガルトが夜風に当たっている」というシーンから始まります。 眠れないエーデルガルトそのものを歌っている、と取ることもできそうか。 あなたのいる朝焼け 紅花でエンディングなんで歌なしなんだよって話。 まず、曲名の「あなたのいる朝焼け」ですが 「あなた(ベレス)のいる朝焼け(夜明け)」 と取れる。 紅花でない限りエーデルガルトが夜明けを迎えることはないので、紅花限定曲にこのタイトルは合っているかなと。 逆に主題歌(特にOP版)、歌詞と内容がほとんど合っていない。 この歌詞が内容に合っていない、がEDで歌が流れない理由じゃないかなと。 (特にOP版は銀雪をベースにしていると思われる。 ED版は蒼月、翠風とも合う歌詞。 ) (銀雪でOP版のフルEDで流してほしかったな…と思っていたりする管理人であった 感想 エーデルガルトは(人気投票のコメントでもたびたび見られるように)二面性が強いキャラ。 「皇帝」エーデルガルトと「少女」エーデルガルト。 第一部を例にするなら、ベレスのことを師と慕っているのは「少女」、世界をあるべき姿に還すものとして動いているのは「皇帝(炎帝)」。 「皇帝」としては敵対する道を選ぶ。 「少女」としては一緒に歩みたい。 主題歌は「皇帝(炎帝)」として野望のために動いているエーデルガルトの内に秘めた「少女」としての気持ちを歌っているように感じます。 (特にOP版は「少女」エーデルガルトの一面が強く出ているように思います。

次の

9/27FEサイファ公認大会優勝は【エーデルガルト】を使用した「キラ」さんでした! / アバンティ京都店の店舗ブログ

エーデル ガルト お茶 会

だいたいこんなかんじ 赤字はOP版、青字はED版。 それ以外はだいたい同じ。 一個目の赤までがShort Versionで流れる部分。 上から順番に話そうと思ったんですが、同じ話の繰り返しになる部分があるのでテーマ別にしました。 エーデルガルトと学校生活 エーデルガルトが震えているシーン、というと宣戦布告前くらいしか思い浮かばないが、多くは学校生活の話がそのまま歌詞にされている。 「ステンドグラス~」についてはおそらく修道院の風景を歌ったもの。 セイロス聖教会と学校の運営についてはアレだと思ってそうだが、学校生活自体は楽しんでいる模様。 「自分の居場所~」、「満たされた日々」、「いとおしいこのとき」はすべて学校生活のことを指している。 「すべてを壊す~」はエーデルガルトが持つ思想を、「扉を開けて」は学校生活を壊してでも、戦いを起こすことを示しているかのよう。 第二の紋章 「力のしるし~」に関して。 力のしるし=紋章と取る。 エーデルガルトの紋章、というか炎の紋章に関しては生まれ持ったものではなく、あとになって得たもの。 おぬし=エーデルガルトのこと。 「最高傑作」=新しい紋章を何か持たせようとして、炎の紋章を持ったことあたりだろう(リシテアを見ている限り、必ず炎の紋章を持つというわけではなさそうだし)。 最初は野望(紋章なくしてやる)にまつわることは炎帝としてかかわっていて、エーデルガルトとしては関わっていない。 炎帝の素顔「エーデルガルト」は「仮面」に隠したまま。 もしくは「エーデルガルトが持つ野望という素顔」を「炎帝の仮面」に隠しているのだろうか? 銀雪の如き想い~OP版の歌詞の話 さっきの画像の赤字部分について。 銀雪の5年後の再会、タイトルは「銀雪の如き想い」。 ここでOP版の2番の歌詞を見る。 「雪のように」「想いが伝わりますように」。 共通するキーワードが見られます。 エーデルガルト自身、教会はさておきベレス個人については、敵対したくて敵対しているわけではない。 この想いは果たして伝わったのだろうか?…残念ながら、このときは伝わらなかったようだが、決戦前に共存の道を探そうとはしていた(どちらを選んでも「彼女を討つしかない」と言われるが)。 OP版1番ラスト、ShortVersionの最後の「名もなく~」について。 エーデルガルト=花、ベレス=あなた とする(これはエーデルガルトのルートが紅花とつけられていることに由来)。 違う道を歩み、敵対することを選んだ。 一人の「少女」として、顔を見上げることは叶わなかった。 最期まで「皇帝」として動くことを望んだようにも。 世界の犠牲者 このセリフはエーデルガルトが持つ「思想と紋章」はどこから生まれたのか?についての話をしているときのもの。 対リシテアのセリフにも同じフレーズが。 「私たちのような犠牲者を生まない世界に」 ここでの「私たち」は紋章によって長生きできなくなったリシテア、エーデルガルト二人のこと。 「世界の犠牲になった少女たち」は「悲しい少女」と呼べるのではないだろうか。 五年前の口約束 「叶うはずのない約束」は何だろう?という話。 「たとえ祭りがなくても5年後に会いに来る」と言ったのはエーデルガルト。 紅花はさておき銀雪だと、エーデルガルトとは敵対している。 そもそも生きているかもわからないし、自分に味方してくれている人ではない。 敵である自分にわざわざ会いに来てくれるのだろうか? 叶わない約束と取れるものはおそらくこれだろう。 そのフレーズを少し書き換えるとこんな感じ。 もし皇帝であることを優先するなら、さほど重要視していない修道院にわざわざ出向かないはず。 ) 紅花と蒼月 「蒼い月」のあたりはディミトリを思い出させるが、エーデルガルト自身ディミトリのことはどうやらきちんと覚えていないよう(あくまで短剣くれた昔王国で会った子、という認識で名前は知らない)。 ただ、そこのワンフレーズだけ紅花の話をしているようにも聞こえて エルと呼ばれたことで昔親しかった人だと思い出したのだろうか(対ベレス支援Aを参照)。 蒼い月、はディミトリ。 頬の火照り、は泣いていたエーデルガルト、と取れなくもない。 夜、テラス、風と聞いて思い浮かべられるものはもうひとつあります。 エーデルガルトが炎の紋章持ちであることが明らかになる話なんですが、「星のテラスでエーデルガルトが夜風に当たっている」というシーンから始まります。 眠れないエーデルガルトそのものを歌っている、と取ることもできそうか。 あなたのいる朝焼け 紅花でエンディングなんで歌なしなんだよって話。 まず、曲名の「あなたのいる朝焼け」ですが 「あなた(ベレス)のいる朝焼け(夜明け)」 と取れる。 紅花でない限りエーデルガルトが夜明けを迎えることはないので、紅花限定曲にこのタイトルは合っているかなと。 逆に主題歌(特にOP版)、歌詞と内容がほとんど合っていない。 この歌詞が内容に合っていない、がEDで歌が流れない理由じゃないかなと。 (特にOP版は銀雪をベースにしていると思われる。 ED版は蒼月、翠風とも合う歌詞。 ) (銀雪でOP版のフルEDで流してほしかったな…と思っていたりする管理人であった 感想 エーデルガルトは(人気投票のコメントでもたびたび見られるように)二面性が強いキャラ。 「皇帝」エーデルガルトと「少女」エーデルガルト。 第一部を例にするなら、ベレスのことを師と慕っているのは「少女」、世界をあるべき姿に還すものとして動いているのは「皇帝(炎帝)」。 「皇帝」としては敵対する道を選ぶ。 「少女」としては一緒に歩みたい。 主題歌は「皇帝(炎帝)」として野望のために動いているエーデルガルトの内に秘めた「少女」としての気持ちを歌っているように感じます。 (特にOP版は「少女」エーデルガルトの一面が強く出ているように思います。

次の

ファイアーエムブレム風花雪月 お茶会でキャラクターが喜ぶ選択肢

エーデル ガルト お茶 会

表のキャラクター名をクリックすると下2つの表に有効な選択肢が表示されます。 有効な選択肢は「選択1」「選択2」「選択3」のどこで出てきても選べば相手が喜びます。 1つ目の表は五十音順で並べてあります。 時間制限がありますが「ホームボタン」でホームメニューを表示している間は時間が進まないので利用しましょう。 エーデルガルト ヒューベルト フェルディナント リンハルト カスパル ベルナデッタ ドロテア ペトラ ディミトリ ドゥドゥー フェリクス アッシュ シルヴァン メルセデス アネット イングリット クロード ローレンツ ラファエル イグナーツ リシテア マリアンヌ ヒルダ レオニー ハンネマン マヌエラ セテス フレン カトリーヌ アロイス ツィリル ギルベルト シャミア レア アンナ イエリッツァ ユーリス コンスタンツェ バルタザール ハピ 好きなお茶と有効な選択肢 好きなお茶 ベルガモットティー フレスベルグブレンド 有効な選択肢 新しい計略の提案 いつもありがとう お気に入りの場所 歌劇を見たことは? 学校生活の思い出 学校の制服の話 危機一髪で助かった話 愚痴をこぼす これからのフォドラ ごろごろしたい 最近雰囲気が変わった 最近読んだ本の話 自分の秘密を教える 修道院の規則の話 修道院の警備について 修道院の謎について 将来の夢 好きなお菓子 好きな人に求めるもの 精強な騎士団の噂 前回の戦闘の反省 頼りにしている 調子が良さそうだ 出会った頃の話 道具の手入れについて 図書室の蔵書について 何でも相談してくれ 似合いそうな兵種 苦手を克服するには 猫の話 橋からの眺めについて 二人で笑い合った話 二人の将来について 他の仲間の評価 味方につけたい人 目指す兵種について もっと仲良くなりたい 最も優秀だと思う仲間 貰うと嬉しい贈り物 紋章の有無について 理想の教師像を語る — 最後の質問と有効な選択肢 最後の質問 貴方と二人きりになると、ヒューベルトがうるさいの。 内緒にしておくわ。 うなずく 笑う — 私がフレスベルグ家に連なる者でなければ、もっと気楽でいられるのだけれどね。 笑う 応援する — 貴方の部屋、いつ見ても綺麗よね。 意外とマメなのかしら。 うなずく そんなことはない 照れる 久々にゆっくりとした時間を過ごせたわ。 貴方は無口だけれど、それが逆に心地よい。 お茶を飲む 照れる — 私たちが出会った日のことを覚えている?貴方は、私を盗賊から守ってくれたわね。 うなずく 照れる — いつも冷静よね、貴方。 頬を赤らめたり、胸を高鳴らせたりしている姿が見てみたい。 そんなことはない 落ち込む お茶を飲む 今度、時間のある時にアンヴァルの宮城を案内してあげるわ。 素敵な庭園があるの。 うなずく — — この部屋では、私は皇帝でなくていられる。 だから居心地がいいのかもしれないわね。 うなずく 笑う 照れる 私は、自分の子に皇位を継がせるつもりはないの。 優秀な赤の他人に譲るのが理想ね。 感心する 考えを言う 応援する 喜ぶ贈り物.

次の