おれ は かまきり。 おうなつだぜ!おうあついぜ!カマキリの寿命ってそんなに短かったの?知らなかったぜ! ~『おれはかまきり』を詠む~

『おれはかまきり』の続編!? ~かまきりりゅうじ 『てれるぜ』を詠む~

おれ は かまきり

吉 永 幸 司 1.視写から始める その授業は視写から始めた。 教材は「おれはかまきり」(工藤直子) おう なつだぜ おれは げんきだぜ あまり ちかよるな おれの こころも かまも どきどきするほど ひかってるぜ の詩である。 いきなり読ませてもいいのだが、平仮名ばかりなので視写には最適。 「おう、1マスあけて、なつだぜ、行を変えて」と指示が簡単。 2.音読でつなぐ 4行目にいこうとしたところでノートに書いていない子に気づく。 「書きましょう」と指示をすれば、教室の雰囲気をこわすのでとっさに「今までの所を順番に読んでいきましょう」と1行づつよませた。 勿論、1人ずつ。 そして、書けていない子に、書くことを指示。 3行目まで書けるまで、繰り返し座席の順に読ませた。 少し時間をかけたが全員が書いたことを確認して4行目に。 3.1人は3分の1 1人の子が書けていないことに気づいて音読という方法をとっさに選んだ。 後で考えてみると、1人の子ではなく、視写という活動に慣れていないので、書けない子がかなりいたと考えた方が正しい。 1人の子ではなく、そのような傾向の子がいると見る。 この考えは、多くの授業で生かせる。 「わからない」とつぶやけばその声はクラスの3分の1はそう思っていると受け止めると、授業に謙虚さが出てくる。 4.範読は目標の具体的な姿 視写が完成したところで音読。 1人で読ませたり一斉に読ませたりした。 満足する読みではない。 「先生の真似をして、詩を読みましょう。 」 と、指示をして模範音読。 しかし、期待したようには読まないので3回読んだ。 そのうち、音読がよくなった。 模範音読は「このように読んでほしい」という気持ちを具体化したもの。 「気持ちを込めて読もう」とか「大きな声で読もう」という抽象的な指示よりよいと思っている。 それは授業の目標であるから。 読みがよくなった段階で、上手な子に指名。 その子の真似をしてまた読ませる。 上手の視点は「声が大きい」「口の開け方がいい」など示した方が分かりやすい。 5.活動は具体的な作業で 「かまきりらしいところに線を引きましょう」と指示をした。 「線を引く」という具体的な活動が授業を引き締める。

次の

おれはかまきり〜ぼくはにんげん〜│学校の勉強をネタにする会

おれ は かまきり

以前僕が『おれはかまきり』について書いた記事です。 かまきりりゅうじについて かまきりりゅうじというのは、詩を書く時のペンネームであり、本名は工藤直子(くどうなおこ)といいます。 また、彼女は台湾嘉義に生まれた日本の詩人であり童話作家でもあります。 かまきりりゅうじの前作には、上記にも述べたように『おれはかまきり』という詩も存在します。 そして今回考察するのは『おれはかまきり』の続編かとも思われる 『てれるぜ』という詩です。 『てれるぜ』の詩はこちらです。 てれるぜ かまきりりゅうじ もちろん おれは のはらの たいしょうだぜ そうとも おれは くさむらの えいゆうだぜ しかしな おれだって あまったれたいときも あるんだぜ そんなときはなあ おんぶしてほしそうな かっこになっちまってなあ ・・・・・・・・ てれるぜ 『おれはかまきり』と同様に、語尾に「だぜ」がついていることや、「もちろん」「たいしょう」「えいゆう」などといった自信満々な言葉などから、『おれはかまきり』の主人公と同じ人物だと感じます。 そう考えるとやはり『てれるぜ』は『おれはかまきり』の続編なのではないかと考えられます。 しかし 『てれるぜ』の第2節目では『おれはかまきり』での盛んでイキった様子とは程遠く、嘆いている様子が描かれています。 これは一体どういうことなのか。 そこで前回同様かまきりの生態を調べ、それを用いることで『てれるぜ』の更なる考察を進めていこうと思います。 やっぱりカマキリの生態から詩を考える 第1節 まず、第1節の内容についてです。 第1節では、自分のことを「のはらのたいしょう」「くさむらのえいゆう」と述べています。 これは、 成虫になったカマキリはセミやチョウ、バッタやハエなどの野原や草むらにいる昆虫を捕食することに基づいていると思います。 またカマキリは 大きさによっては、自分よりも大きいヘビやクモ、カエルやトカゲなど昆虫以外の小動物を捕食することもあるといいます。 まさに野原の大将ですね。 前回の調査でかまきりは夏に成虫になるということが分かりました。 『おれはかまきり』の時点で時期は夏だったので、続編である『てれるぜ』でももちろん成虫になっていると考えられます。 だとすると狩りのシーズン中で「のはらのたいしょう」「くさむらのえいゆう」といった表現にも納得がいきますね。 第2節 そして問題の第2節。 なぜ『おれはかまきり』の中であんなにイキっていたかまきりの意気が消沈し始めているのか。 僕が考えたのは、 このかまきりに寿命が近づいているからではないか、ということです。 前回の考察で、かまきりの寿命は約7か月で、その時期は4月から11月だということが判明しました。 つまり 秋には亡くなってしまうということです。 それを踏まえて考えると、『おれはかまきり』の時期は夏真っ只中、7~8月あたりだと思います。 それならば 続編である『てれるぜ』は秋に差し掛かっているのではないでしょうか。 人生の盛んな時期もそろそろ終わり、人生を謳歌するため結婚のことは考えていなかったかまきりも そろそろ結婚を考える時期になってきたのです。 そのため人肌(この場合はカマ肌?笑)恋しくなってきて「あまったれたいときもあるんだぜ」と嘆いていたのではないでしょうか。 そう考えると、うまくまとまりがつきそうです。 トガってた時期が終わり、丸くなって将来のことを真剣に考えるようになってきたのですね。 まるで人間みたいですね。 かまきりの将来について考える 2作に渡って主役を務めたかまきりくん。 彼の将来は今後どうなってしまうのでしょうか。 僕なりに考えてみました。 まず、かまきりくんは 生き生きとして明るい性格に加え、 狩りもおそらく得意ということから、いずれいい奥さんが見つかり 結婚できると思います。 しかし忘れてはいけないのは、 カマキリのメスは産卵期になるとオスを食べてしまうということです。 これについてさらに詳しく調べていると、 「健康な体のオスほど、メスが途中で自分を食べるのに飽きて自由になれると信じている」ということが分かりました。 『おれはかまきり』で生き生きとしていたかまきりくんはおそらく健康的。 だとするのならば、奥さんを心から信じ続け、食べられ続けるのではないかと考えられます。 とても切ない結末ですね。 その分、メスには栄養が蓄えられるため、普通のメスよりも約2倍の卵を産む と言われています。 妻のために身を捧げたかまきりくんのためにも、彼の子どもがたくさん生まれることを望みます。 たくさんの子どもたちから 「僕たちはかまきりだじぇ!!」 と聞きたいですね。 おわりに 2作に渡るかまきりりゅうじの作品。 考察してみるとやはりとても良い作品だということを改めて実感しました。 工藤直子の他の作品も引き続き考察していきたいと思います! では今日はこの辺で!.

次の

『おれはかまきり』という詩がありますが○語○詩になりますか?○語とは文語か口語...

おれ は かまきり

1時間目 おれはかまきり おれはかまきりという詩の内容は、 おう なつだぜ おれは げんきだぜ あまり ちかよるな おれの こころも かまも どきどきするほど ひかってるぜ おう あついぜ おれは がんばるぜ もえる ひをあびて かまを ふりかざす すがた わくわくするほど きまってるぜ という内容だ。 2時間目 おう 解説するぜ 謎である。 謎が謎を呼び謎のまま終わる。 そんな詩だ。 なにを言ってるんだお前はという内容なのが、この「おれはかまきり」だ。 ただ、一つ言えることは、ナルシストということだ。 かまきりりゅうじ先輩ナルシスト過ぎませんかねぇということだけは言える。 だがそこが良いっていうかな! 清々しいくらいナルシストなのが面白い。 りゅうじ先輩マジ最高のカマキリ! 3時間目 りゅうじ先輩から学ぶこと このかまきりりゅうじ先輩から学べることは、 清々しいくらいに自分を愛せ。 ということだ。 ここまで自分のことが好きだと、もはや怖いものがなくなる。 友達がいなくても自分のことを鏡で見ていれば5時間は過ごせるのがりゅうじ先輩だ。 自己肯定感が強いので何があっても自分のことを許せるタイプだ。 僕たちもりゅうじ先輩を見習ってもっと自分を愛そう! ポイント 今回のポイントと致しましては、 ・おう 謎すぎる詩だぜ ・おう ナルシストだぜ ・おう りゅうじ先輩カッケェぜ です。 帰りの会 いまいちよく分からない詩だが、心で感じて読もう。 学校でりゅうじ先輩みたいなことを言うとドン引きされるのでやめた方が良いと思うが、 ドン引きされても大丈夫なレベルまできたら、君もりゅうじ先輩と同じレベルに至ったと言うことだ。 さらに突き進んでいこう。 これで今回の授業は以上です。 ありがとうございました。

次の