キャブレター 清掃。 バイクのキャブレターオーバーホール 実際の作業とコツについて

キャブレターのオーバーホールと修理のコツ

キャブレター 清掃

キャブレターとは? キャブレターとはエンジンの燃料供給装置の一つです。 現在は電子制御のインジェクションによる精密な燃料噴射が当たり前ですが、電子インジェクションが登場するまでは、エンジンが空気を吸い込む力を利用して燃料供給するキャブレター方式が一般的でした。 キャブレターを動作を支えるのは流体力学のベンチュリー効果を応用したものです。 インテークホースを流れる空気は管を途中で絞ることにより、その流速を増加し、圧力が低下します。 その負圧で燃料を吸い上げ、空気と混ぜ合わせることによりエンジンの燃焼に必要な混合気を作り出します。 ややこしいかもしれませんが、要するに霧吹きと同じ原理でキャブレターは動作しているのです。 もはや過去の遺産? 電子インジェクションの普及で、精密で高効率なエンジン燃焼と高い汎用性を実現することが可能になり、キャブレターはその使命を終えました。 現在ではクラシックカーや農業機械、一部のバイクで搭載している程度です。 キャブレターはその構造上、気温や湿度などによる環境変化によって適切な燃料を生成できず、大きく調子を崩してしまう場合が多いのです。 その反面、ユーザーにしっかりとした調整技術があれば、インジェクションのように完全に壊れるということはないでしょう。 それにとどまらず、調整によってはエンジンの性能を限界まで引き出すことも可能なのがキャブレターの魅力です。 とはいえ、純正のキャブレターでは調整範囲が限られているので、アフター品に交換して自分好みにエンジン特性に調整して楽しむ。 いわば嗜好品としての価値が高まっているといえます。 アフター品にはレーシングカーにも使われるイタリアメーカーの「ウェーバー」。 フランスの「ソレックス」。 日本製では安定して高出力が狙える「ケーヒンFCR」が人気です。 キャブレターの仕組み キャブレターはアクセルスロットルを開ける際の負圧を利用し、ジェットと呼ばれる細いノズルで、下部に設置された燃料タンク(燃料チャンバー)から燃料を吸い上げます。 しかし走行中はエンジンの回転数は常に変動しており、走行中とアイドリング中では発生する負圧も変動するため、アイドリング用のスロージェット、走行中のニードルジェット、全開時のメインジェットと、その時々のスロットル開度でジェットを使い分ける構造をしています。 走行する上で最も重要なニードルジェットはテーパー形状をした針のような部品で、スロットル開度に応じて生じる、隙間と負圧の関係によって燃料供給量を調整する、極めてアナログかつ精密な部品です。 そして、それぞれのジェットの径を変えることで緻密な燃料供給の調整をすることを可能とします。 キャブレターセッティング バレルキャブレター キャブレターをベストなセッティングに調整するには、エンジンの状態を正確に把握する高い観察力と洞察するための知識を必要とします。 キャブレターのセッティングとは、簡単にいってしまえば、エンジンの回転数に対して、燃料が濃いか薄いかを調整することなのですが、そう簡単にはいきません。 燃調の基準となるのは、空気:燃料の比率が14. 7:1の理論空燃比というものです。 それがガソリンが完全燃焼する割合で、排気マニホールドに空燃費計を取り付けることで数値を把握することができます。 しかし、理論空燃費では加速に必要なトルクを生み出すことができないので、燃料は濃いめに調整します。 燃料が濃すぎると、プラグに燃料が付着して点火できなくなる「かぶり」が発生します。 定速走行をするための低回転・低負荷領域では燃費をよくするために、燃料を薄めに調整します。 燃料が薄すぎると、燃焼温度が上がりすぎてオーバーヒート。 または「キンキン」と音がするノッキングの果てに、ヘビーノックによるエンジンブローの危険性もあります。 下記の表を参考にエンジンの状態を観察してみてください。 それから、実走行をしながらスムースに加速するようにニードルジェットの高さ(クリップ高さ)を調整します。 セッティング中に加速不良など異常が出た場合でも、燃調が濃い場合と薄い場合の両方があるので、非常に判断が難しいのです。 適切な判断ができるようになるには、膨大な経験値が必要です。 大きく燃調が崩れた場合は適切なジェットに交換します。 満足いくまで試行錯誤の繰り返しです。 また、それぞれの調整が微妙に影響しあうのも、セッティングが難しい理由です。 キャブレターのオーバーホール時期とその方法 長い期間使用して、「アクセルが重い」「アクセルの戻りが悪い」「どうしても燃調が取れない」という事態になったらオーバーホールを検討する時期でしょう。 オーバーホールとは機械などを分解洗浄、消耗部品を交換して新品の状態と性能に戻す作業です。 オーバーホールの方法は、キャブレターをすべて分解して、パーツクリーナー等を使って洗浄します。 長く使われたキャブレターは付着した燃料が固形化していたり、ジェットなどの真鍮部品は緑青などの錆が出ていたりするので、状態によっては強力な洗浄液に漬け込んだり、柔らかいブラシで汚れをこすり落とす必要があります。 オーバーホール時の注意点 分解時はジェットなどのセッティングデータを覚えておいた方が、組み立てたときに再調整がしやすいです。 オーバーホールキットを購入し、ガスケット、Oリング、スプリング(状態によってはジェット)など消耗品は新品の交換しましょう。 交換を忘れやすいのがエンジンとキャブレターを接続するインシュレーターと呼ばれる部品。 樹脂製のものは劣化が進んで、亀裂が入っている恐れもあるので、これも交換した方が良いでしょう。 オーバーホールの際は、引火しやすいガソリンを取り扱うので、作業には安全に十分注意しましょう。 自分でできない場合は、業者に依頼する方法もあります。 状態によりますが、20,000円~30,000円+部品代というのが相場のようです。 キャブレターのトラブルとして最も多く、重大な影響を残すのが燃料がチャンバーからあふれ出す「オーバーフロー」です。 安定した燃料供給のため、燃料チャンバーの内部には常に一定量の燃料を蓄積するようになっています。 フロートを使って、一定量になったらバルブを塞いで供給が止まるようになっているのですが、このバルブの劣化やゴミのつまりによって、しっかりとバルブを閉じることができなくなることが、オーバーフローの原因の一つです。 ちょうど、水洗トイレの水タンクと同じ構造といえば想像しやすいのではないでしょうか。 燃料チャンバーにはオーバーフローパイプという、燃料があふれた際に逃がしてやる経路もあるのですが、この経路がつまることでも、オーバーフローは起こります。 オーバーフローの影響 あふれ出したガソリンはどこへ行くかといえば、ジェットを通ってエンジンへ流れ込みます。 ガソリンはエンジンオイルを薄めてしまうため、潤滑性能を失ったオイルにより、エンジンの焼き付きにまで発展する恐れがありますので注意が必要です。 エンジン内に流れ込んだガソリンの一部は気化し、燃調を濃いめにセッティングしたような吹き上がりになるので、「急に燃調が濃くなった」「燃調が濃すぎてエンストする」といった症状が出る場合はオーバーフローを疑ってみてください。 車のエンジンに関するおすすめ記事.

次の

スズキ ZZ (レッツ2)キャブレターオーバーホール

キャブレター 清掃

キャブレターの汚れはエンジンがかからないなどの症状の原因となることもあります。 キャブレターの掃除を今までしたことがないという人も多いかもしれませんが、ミスをするとガソリン漏れなどが起きるなど余計に状態が悪くなることもあります。 自信がなければショップに最初から出すのうが無難な作業の1つですが、今回はキャブレターの清掃やオーバーホールについて紹介したいと思います。 キャブクリーナーで分解せずに清掃できる? ここを見ている人の中でキャブレターの分解までできない、したくないという人も多いかと思います。 そのときにまず使うのがキャブクリーナーです。 分解をせずに外から使えるので非常に手軽ですが、後述するように頻度高く使うのはおすすめできません。 エアエレメントを外す• エンジンをかけて暖機をする• エアエレメントの箇所からキャブクリーナーをエンジンに向けて吹きつける• エンジンの回転数を上げる• エアエレメントを戻す キャブクリーナー自体は高くないのですが、頻繁に使うとゴムやプラスチックパーツが劣化してしまう成分も入っています。 個人的には分解ができないという人で、キャブレターが原因と思われるような不具合が出てきたときにだけ臨時的に使うべきものと考えています。 キャブレター清掃、オーバーホールを行うときのポイント キャブレターのオーバーホールをどうしても自分でするという人もいるかもしれません。 詳しいやり方は本などにもありますが、特にオーバーホールでポイントとなることだけ列挙していきます。 ジェットだけでなくすべての穴を清掃すること• ただし穴の清掃では硬いものを使わないようにして壊さないこと• 4つのキャブレターは基本的に分解せず4つを一体のまま清掃すること• 真鍮部品はドライバーを回すときにも壊しやすいので特に注意すること• キャブクリーナーを使うときはゴム、プラスチック製のものは外して使うこと• ガスケットは新品に交換する• 液体ガスケットはガソリン漏れの原因となるので使わないこと• スクリューも外して清掃し、エンジン始動後に再調整する キャブレターのセッティングが必要となったり、ガソリン漏れが起きることもあるのでこれらのポイントは最低でも意識しておいて欲しいと思います。 初心者向けのキャブレター清掃法 特にキャブレターについて詳しくないという人の場合にはあまり触らないほうが良い箇所が他にもあります。 アイドルスクリュー• エアスクリュー• オートチョーク これらを変に触ってしまって後述するような失敗のケースに該当し、エンジンがかからないなどの症状を出すことはしばしばあります。 キャブレター清掃やオーバーホールに失敗するとどのようになるのか? キャブレターを分解して清掃するときに失敗することもあります。 主に分解したものを元に戻すときに取付けミスするというケースが多いのですが、この後に起きることとしては• キャブレターのオーバーフロー• エンジンがかからなくなる• エンストが起きるようになる というものなどが代表的な症状となります。 キャブレター清掃、オーバーホールは実は必要ない? キャブレター清掃、オーバーホールというのは実はそう必要となるケースも多くありません。 キャブレターの詰まりなどで一定の症状が出てきたときに行えば十分なのです。 むしろあまり知識のない状態でやると上のようにゴムパーツを劣化させたり、またガソリン漏れを起こしたりと別の不具合の原因となることもあります。 キャブレター清掃は特に• エンジンがかからない原因をつぶしていっても症状が直らない• 長期放置をした というようなときにだけすれば十分です。 普通に走っていればそうキャブレターの清掃、オーバーホールをしなければいけないようなこともありません。 長期放置というのも冬眠というような数ヶ月の放置でなく数年というような放置を指します。 また数年乗っていないバイクを中古車として購入したというようなケースも該当します。 「」 キャブレター清掃、オーバーホールの工賃はどの程度? キャブレター清掃を自分でするのはどうしても自信がないという人も多いかもしれません。 そのときにはショップに出すこととなりますが、工賃は意外と高くありません。 気筒1つあたりで5000~6000円前後• オーバーホールだと8000円前後 ということで4気筒でも2万前後でキャブレター清掃はできることになります。 <スポンサード リンク>.

次の

キャブレター掃除で重要なポイント!分解しない清掃法も紹介

キャブレター 清掃

このヤマハのEF900iS、少し前まで快調に動いていたのですが、ある時からエンジンの回転数が安定し なくなりました。 いわゆるハンチングです。 そうこうしていると、動かした発電機が勝手に止まるようになり、エンジンオイルやエアフィルターを清掃したところで変わりありません。 ブーンブンブーンとエンジン音もやはり変なままです。 そこで発電機を分解して、キャブレターを清掃してみました。 そのメンテナンスの様子を備忘録として記録したページです。 同機種を所持している方の何かの参考になれば幸いです。 発電機メンテナンス作業の前に 発電機のキャブレターのオーバーホール作業では、それほど特殊な工具は必要としません。 レンチにドライバー、それにラジオペンチがあると 便利でしょう。 ただキャリブレーターの清掃のためにクリーナーは必要です。 そのクリーナーの残りを吹き飛ばすために、カメラ用のエアーダスターも 用意しておくと便利です。 キャリブレータークリーナーは、ホームセンターなどで売っていますので、前もって購入しておきましょう。 今回はKURE製のキャリブレータークリーナーを今回使用しました。 また、作業を始める前には、発電機のスイッチ各部を点検して、安全に作業できる環境にしましょう。 ガソリンもなるべくなら空の状態で作業したいところです。 それに作業中は火気厳禁です。 タバコなどを吸わないようにしましょう。 なお、ここでご紹介しているオーバーホール方法は、 あくまで私が行った一つの手法です。 自分の備忘録兼、皆様の参考になればと思って記載していますので、メンテナンスの結果については 保証できません。 悪しからずご了承ください。 発電機のカバーを取り外す オープン型の発電機と比べると、EF900iSのような発電機はケースで覆われているため、発電機の本体部分にアクセスしづらくなっています。 そのため、まずは発電機の外を覆っている防音カバーを外さなければなりません。 これが案外と面倒で、これが嫌で専門業者に依頼する人も多いと思います。 いよいよ発電機のケースを外すわけですが、キャブレターの清掃だけなら、発電機の裏側のネジだけ外せばOKです。 電源取り出し口がある側は触らなくて大丈夫です。 右上の写真で丸く印をしているところに、固定ビスがあります。 このビスをプラスドライバーで外していきます。 外したビスはなくさないように、どこかにまとめておきましょう。 あと発電機の前の下にも止めネジがあります。 また、後ろ側にはマフラーがありますが、その部分にも4つ止めネジがあります。 それも 全て外してしまいます。 すべてのネジを外すと、発電機の片側を覆っているケースを外せるようになります。 割らないように力を加減しながら、ケースを発電機から 取り外します。 右上がその片側部分を取り外した様子です。 ガソリンタンクやそこから伸びるゴムチューブ、エアーフィルターの箱が見えています。 発電機の接続を確認しておく ケースが外れたら、発電機各部の接続を確認しておきましょう。 これからチューブなどを外していきますので、もう一度組み上げるときに どれがどれと繋がるかわからなくなったら大変です。 デジカメで写真を撮っておくとよいでしょう。 いろいろな角度から写真を撮って、後でわからなくなったときに確認できるようにしましょう。 ここでこれから外すキャブレターの位置も確認しておきましょう。 右上の写真がそのキャブレターです。 何本かの黒いチューブに隠れていますが、本体は銀色の金属製です。 このキャブレター周りの接続をじっくり見て、つなぎ方を記憶しておきましょう。 邪魔なチューブを外していく 発電機のキャブレターを外すために、邪魔なチューブを外していきます。 まずはエアーフィルターのチューブからです。 どのチューブも固定フックが付いていますので、ペンチかなにかを使いながら外していきます。 古い発電機だとゴムチューブが経年劣化していることもあるので、注意しましょう。 エアーフィルターのチューブが外れたら、燃料タンクから出ているゴムチューブも外します。 今回の作業で外す必要のあったチューブは、 右上の写真に赤丸で示しています。 合計で3本のチューブを外しました。 各部品を発電機から取り外す チューブが外れたら、次にエアーフィルターのカバーを外します。 これを外さないとキャブレターが取り出せません。 フィルター自体はそのままでOKですので、カバーだけ取り外しておきます。 それからエアーフィルターからキャブレターへと伸びる、空気導入口も外しましょう。 これは黒いプラスチック製の部品で、キャブレターに 覆い被さるようにとりついています。 ここのネジがキャブレターの固定ネジも兼ねていますので、レンチを使って慎重に外します。 右上の写真の赤丸がそのネジになります。 次に発電機の表から伸びているワイヤーを外さなければなりません。 右の写真の赤丸部分です。 このワイヤーは固く締め付けられているので、気をつけて外していきます。 元通りに取り付けられるよう、外す前に位置などを覚えておきましょう。 そして最後にキャブレターの上に乗っている黒いプラスチックを外しましょう。 これは2本の金色のビスで止められています。 この機器は、エコノミーモードと通常モードを切り替える役目をしているので、外すとキャブレターのスロットルが初期値に戻ります。 取り外す前によく見ておいて、取り付けるときにはスロットルが同じ位置にくるように取り付けましょう。 右上の写真では既に取り外しています キャブレターを分解する ここまで来たら、後は引き抜くだけでキャブレターをエンジンから外すことができます。 右は手に取ったキャブレター本体です。 チューブを外していないので、人工心臓のようにも見えます。 キャブレターを外したら、下部にあるボルトをレンチでゆるめて銀色のチャンバー部分を取り外します。 チャンバーを外すと、中からプラスチック製のフロートと金色のメインジェットが見えてきます。 今回は、このメインジェットにゴミがつまって、発電機の調子が悪くなっていました。 ところで、チャンバーが外れたら中の様子を見てみましょう。 ガソリンを入れたままにして、長い間放置していた発電機ですと、ガソリンが 硬化してチャンバー内にこびり付いているはずです。 こうなるとエンジンをいくら始動しようとしても動きません。 エンジンにガソリンと空気の混合空気が、エンジンへと流れないためです。 このチャンバーの汚れをキャブレタークリーナーで落として、空気の流れを 作る必要があります。 幸いチャンバー内は、右上のようにとても綺麗でした。 しかし小さなカスが転がっており、これがメインジェットに詰まってエンジンのふけが悪く なっていたようです。 ほんの小さなゴミでしたが、これだけでも発電機の調子が悪くなるのですね。 さて、メインジェットをキャブレターから取り外します。 メインジェットは右上の写真で赤丸を付けた小さな部品です。 ここには直径1ミリ以下の小さな穴が空いていて、ガソリンを霧状に噴射する役目を担っています。 傷つけないように気をつけながら、ドライバーで外していきます。 外したら穴が詰まって否かどうか確認しておきましょう。 発電機の調子が悪いときは、たいていこのメインジェットが詰まっているようです。 キャブレターを洗浄 キャブレタークリーナーを使って、キャブレター内を洗浄します。 キャブレター内には、たくさんの小さな穴が空いていますので、 全ての穴にクリーナーのノズルを差し込んで噴射洗浄します。 なお、キャブレタークリーナーには、ゴムやプラスチックを劣化させる成分が含まれていますので、その点は注意しましょう。 どうしても気になるようでしたら、そのようなパーツを外してから洗浄します。 キャブレターは細かい部品が多いので、なくしたりしないように注意しましょう。 経年劣化が酷いキャブレターの場合には、汚れがこびり付いて落ちにくいときがあります。 その時には、クリーナーを噴射後何分か置いてから 数回噴射洗浄します。 メインジェットももちろんクリーナーで洗浄します。 クリーナーで洗浄後数分おいてから、エアーダスターを使って各部を掃除します。 小さな穴にも忘れず噴射して、空気の通りを確かめます。 特にメインジェット部分は、空気がしっかりと通るかよく確認しましょう。 パーツを元通りにくみ上げる 外した部品を元通りにくみ上げて行きます。 まずはキャブレターをエンジンに取り付けます。 この時、キャリブレーターから外した ホースも接続します。 キャブレターとエンジン、エアクリーナーの間にはパッキンがあるので忘れず取り付けます。 キャブレターが取り付けられたら、その他の外したパーツをくみ上げていきます。 慎重にゆっくりと取り付けていきましょう。 手順や取り付け方を忘れたら、撮影しておいたデジカメが役に立ちます。 外す前の状態に戻していきます。 チューブの接続も終わって、各部の接続を確かめたら、最後にカバーを取り付けます。 燃料注ぎ口のプラスチック部分に差し込み口が ありますから、それを押し込んでからはめていきます。 最後に各部のネジを接続して終了です。 お疲れ様でした。 このメンテナンス作業には、写真を撮りながら行ったので2時間ほどかかりました。 慣れていれば、1時間弱ほどで終わる作業です。

次の