ファントム バイブレーション シンドローム。 実は名前がついている身の回りの不思議な現象たち

この症状が出たら要注意!スマホの使いすぎで起こる体の不調・症状まとめ

ファントム バイブレーション シンドローム

「着信に対して神経質になっている時ほど経験しやすい」と言われ、仕事で電話をよく使う人や緊急の呼び出しがある人は、特に身に覚えがあるかもしれません。 携帯電話は忙しく働く現代人の心を追い詰めているのでしょうか? 美しき休日に襲いかかる不安 連日の原稿締め切りの最後にラスボスクラスの大作を仕上げ、ようやく何も差し迫るもののない、ぽっかりと美しい空白をスケジュール帳に見つけた朝。 いみじくも晴れ渡る青空、半袖1枚で過ごせるような陽気。 BGMにおシャンなボサノヴァなどかけちゃって、このところ体に気を使っていなかったし、とスムージー用に野菜やフルーツを切り、ミキサーをオンにした途端、足元からそこはかとない不安がじわりと体を上ってくるのを感じた。 「いいのかこんなことしてて。 何か忘れていないか。 何か締め切りや置き去りにした案件はないか。 即レスすべきメールとか、本当になかったか? 誰かを待たせていないか? 怒らせてないか?」「私がこんなに安らかな気持ちや幸せな時間を享受していいはずがない……あとで何か大きなバチが当たるんじゃないか……どこかの編集さんから切羽詰まった電話がきて、全文書き直しとか食らうんじゃないか……クライアントにめっちゃ怒られたりするんじゃないか……」 そして思った。 「……貧乏性だ」。 ボサノヴァだとかスムージーだとか、不似合いなことするからいかんのだ。 ヒマならいつも通りネット見て芋焼酎飲んどけ(朝だっつうの)。 哀しき貧乏性である。 私などは大したことはしないし、できないけれど、それでもスケジュールに追われ続けるような緊張が終わった直後は、素直に緩めない。 つかの間の幸せや安らぎさえも、何か苦労や苦痛とのペイオフになってしまっている。 「まるで人生のファントム・バイブレーションだわ」そう思って、出来上がったスムージーをもしゃもしゃと飲んだ。 意外とうまいもんだ。 本当は鳴っていない自分の携帯電話が、遠くでずっと鳴っているような気がする精神現象をファントム・バイブレーションという。 携帯が鳴ったらすぐに出ろとブラックな意識付けをされている営業職の若手や、着信にすぐ出なければ人間関係にヒビが入るような学生世代、そして子供が37. 5度を超える発熱をしたらすぐに保育園から呼び出しがかかるワーママにとっては身近な現象だ。 それだけ常に携帯への注意をみなぎらせており、そして携帯の向こう側の相手や状況に縛られているのだ。

次の

ファントムバイブレーションシンドローム(幻想振動症候群)とは │ 日本人が知らない心理学ブログ

ファントム バイブレーション シンドローム

著者:( Research Assistant Professor) 鳴ってもいない携帯電話の着信音が聞こえた経験はないだろうか。 実際には電話もメールも来ていないのに、ポケットに入れた携帯の振動を感じた、もしくは着信音が聞こえた気がするといったことだ。 そのとき頭をよぎるのは「携帯が壊れているのか?それとも自分の勘違いか?」という疑問だ。 この場合、原因は人間のほうにあるかもしれない。 日ごろから携帯への依存度が高い人は要注意だ。 いずれにせよ、こういった経験があるという人は少なくない。 調査の結果、大学生の80%以上が「」と答えている。 しかし、その頻度が1日に2回以上になると、携帯電話依存症の恐れがある。 今や世界のあらゆる場所で携帯電話が社会構造に欠かせない存在となり、一日数時間も携帯電話に費やしている人もいる。 先日、私が在籍するミシガン大学の研究チームが行った調査によれば、過ごすという人がほとんどだ。 誰かと会話しながら、携帯を操作する人もいるという。 また、コーヒーショップで注文を待つ客や停留所でバス待ちをする人を観察した結果、大半の人が携帯を取り出した。 携帯電話をはじめとする最新電子機器に依存性があるかどうか、いまだに臨床医や研究者の間で議論が続いている。 精神障害の分類と診断において最も信頼性の高い「」の最新版にも。 しかし、携帯電話の依存性が中、着信音やバイブの幻聴が聞こえる現象、いわゆる「ファントム・バイブ・シンドローム(幻想振動症候群)」が問題解決の糸口となり得ると考えた我々は独自の調査を開始した。 携帯電話も使い方によってはに悪影響を与え、またを妨げるということは周知のとおりだ。 依存症には、自分が渇望しているものに関する「合図」に過敏になる、という特徴がある。 その対象が何であれ、あらゆる場所にそれが幻覚として現れてしまうようになる(私の大学時代のルームメイトが「たばこの先で作ったハチの巣が天井からぶら下がっている」と言っていたことがあった)。 まずはのうち、依存性に関連するものを抜き出した。 そしてファントム・バイブ・シンドロームによると思われる着信音、バイブ、通知音の発生頻度に関する質問を作成した後、750人以上の大学生を対象にオンライン調査を実施した。 調査の結果、携帯電話への依存度が高い人(気晴らしのために携帯電話を利用する頻度が高く、携帯が使えない状況下では精神不安定になり、どんなときも携帯電話のことが頭から離れない人)ほど、。 携帯電話のメーカーやプロバイダによると、ファントム・バイブ・シンドロームに技術的な問題が関与していることは。 (映画「2001年宇宙の旅」などに登場する人工知能)の言葉を借りるなら、それらは「人間のミス」が生み出したもの、ということになる。 それなら、我々はいったい、いつどこでミスを犯したのか?我々が生きる仮想社会化という素晴らしき新世界では、社会心理学が技術の進歩についていけず置き去りにされている。 インターネットとつながることが当たり前の現代では、電話の幻聴体験などさして大きな問題ではないと思われるかもしれない。 しかしこれは我々がいかに電話に依存しているか、そして電話がどれほど我々の社会生活に影響を及ぼしているか、ということが垣間見える現象なのだ。 携帯電話が人のメンタルヘルスを改善するにせよ、生きるためのソーシャルスキルを磨いてくれるにせよ、その恩恵を最大限享受し、危険を最小限に抑えるために、我々は携帯電話とどのように付き合っていけばよいのだろうか。 そしてどんなまだ見ぬ新技術が人同士のかかわり方に変革を起こすのだろうか。 他者とのつながりを求める我々の思いが、鳴り止むことはない。 This article was originally published on. Read the. Translated by isshi via Conyac photo via.

次の

自律神経失調症にも繋がるファントム・バイブレーション・シンドロームとは?

ファントム バイブレーション シンドローム

振動していない携帯電話が、振動しているように思える錯覚のこと。 携帯電話をポケットなど体に触れる場所に入れて持ち歩いていると、携帯電話が振動したように感じる。 ところが実際に手にとってみると、どこからも着信が無い。 この現象が、ファントム・・である。 これは携帯電話のバイブレーション機能に慣れたユーザーであれば、誰でも起こりえる現象で、電話機の着信に対して神経質になっている時ほど経験しやすいと言われている。 ファントム・バイブレーション・シンドロームに初めて言及したのはカナダのスティーブン・ギャリティ氏で、その後、行動心理学、認知学などの方面から研究が行われた。 その結果、この現象は、人間の脳が携帯電話の着信と振動を学習することで、振動に対して敏感になり、ありもしない振動にも反応するというメカニズムであることが説明づけられた。 最近は電車などの公共交通機関内では、着信音を鳴らさないマナーモードが推奨されており、バイブレーター機能に頼る人が増加している。 そのため、バイブレーションに慣れた人々の中には、潜在的なファントム・バイブレーション・シンドロームはかなり多いと予想される。 佐橋慶信 ライター / 2011年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の