札幌 国際 大学 短期 大学 部。 札幌国際大学短期大学部

札幌国際大学短期大学部の資料請求・願書請求

札幌 国際 大学 短期 大学 部

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 学位:短期大学士(総合生活) 総合生活キャリア学科は自立した職業人を養成するため、現代生活を主体的に創造する知識と技術を身に付けるとともに、自ら課題を見つけ解決する、多様な場で活躍できる実務能力を持った人材を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い短期大学士の学位を授与する。 生活創造と就業に必要な基礎的知識、技能およびそれを基にした専門知識、技能を修得した学生• 広い視野と社会人としての教養を持ち、自らの職業生活・社会生活のあり方を設計できる学生• 多様な人々と協働するためのコミュニケーション能力および課題を発見し解決する能力を身に付け北海道に貢献できる学生 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 総合生活キャリア学科は、自立した職業人を養成するため、現代生活を主体的に創造する知識と技術を身に付けるとともに、自ら課題を見つけ解決する、多様な場で活躍できる実務能力を持った人材を育成しており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。 高大接続の観点から、短大教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。 建学の礎 自由・自立・自省の精神 による人間形成を重んじ、学科の教育目的に応じて自主、自律、協同の精神修得のための科目を設定する。 質保証の基礎固めのため学科スタンダードを設定し、1年次の早期に、必修教養科目で基礎知識や技能を身につける。 学科教育の2本柱を明確化するため4セメスターにわたり、生活・キャリア科目を配置し、教養教育の中心軸とする。 体験を通して学習させるアクティブラーニング(フィールドワーク、インターンシップ、教室内PBL、課題解決演習等)を通して、生活とキャリアについて学習する。 記憶して覚える学習ではなく、体験と経験を通して気づき、定着する深い学びを設定する。 教養科目群に3つのコースユニットを設定し、コースの学びの方向性を意識する。 コースの特色を明確にし、多様な学びの中に一つ芯を通す。 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。 【求める学生像】 本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。 自立した職業人を目指し、職業知識と実務能力を身につける意欲のある人• 現代生活において、自由で主体的に生きるための豊かな知識と教養を身につける意欲のある人• 国際化する社会で自己を豊かに表現し地域と積極的にかかわる意欲のある人• 本学科の体系的・実践的なカリキュラムに基づく実際的な専門教育と職業教育の下、幅広い教養、専門的知識、技能、論理的思考力、コミュニケーション能力、創造力、課題探究力・解決力を身に付け、多様な人々と協働し、自立した専門職業人として生活・文化の向上および地域社会の発展に貢献することのできる人 なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。 学科の教育に適応できる基礎学力 特に資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。 また、国際化への対応ができる人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力も要する。 働く意欲を持ち、卒業後は就職をしようという姿勢を身に付けている人• 何かに挑戦し、取り組んだ経験がある人(スポーツ、音楽、生徒会、委員、英検・情報・商業等の資格取得).

次の

札幌国際大学短期大学部

札幌 国際 大学 短期 大学 部

入学手続費用〈短期大学部〉 合格の通知を受けた者は、入学手続期間内に下記学納金及び諸会費のうち、入学当初分を納付し、入学の手続きをしてください。 学納金・諸会費等 (単位:円) 総合生活キャリア学科 幼児教育保育学科 入学時納付額 (前期分) 1年目納付額 (1年分) 2年目納付額 (1年分) 入学時納付額 (前期分) 1年目納付額 (1年分) 2年目納付額 (1年分) 学納金 入学金 230,000 230,000 0 230,000 230,000 0 授業料 382,500 765,000 795,000 417,500 835,000 845,000 施設費 25,000 50,000 70,000 25,000 50,000 70,000 教育充実費 32,500 65,000 95,000 37,500 75,000 105,000 諸会費 学友会入会金 2,000 2,000 0 2,000 2,000 0 学友会費 2,000 3,000 3,000 2,000 3,000 3,000 後援会入会金 3,000 3,000 0 3,000 3,000 0 後援会費 12,000 24,000 24,000 12,000 24,000 24,000 学生研修費 13,500 13,500 0 13,500 13,500 0 学研災保険料 1,750 1,750 0 1,750 1,750 0 実践キャリア実務士資格取得費 5,700 5,700 0 — — — 同窓会費 0 0 15,000 0 0 15,000 合 計 709,950 1,162,950 1,002,000 744,250 1,237,250 1,062,000 〔特記事項〕 (1)学納金は、希望により入学当初分の納付の際に、後期分も合わせて納付できます。 (2)学園債、寄付金等は一切徴収しておりません。 (3)諸会費については、若干の変更がある場合があります。 上記の金額は、前年度入学者に対する実績です。 申請資格 (1)スポーツ活動で顕著な成績(都道府県大会出場もしくはそれに準ずる活動実績)を収め、 本学でその活動(学連等が主催する大会への参加)を継続する意思がある者。 (2)入学時において二親等以内の血族が本学に在籍又は本学を卒業している者。 申請方法 入学手続き時に資格要件を記入の上申請してください。 入学後、審査に必要な書類を提出していただき、申請書類等に基づき審査します。 減免方法 入学当初は、一旦入学金をお支払いいただき、後期学納金納付時に相当額を減額します。 入学後の主な費用 下記の資格を取得するため、又は、選択科目を履修するためには、以下に示す費用が必要となります。 ・選択科目履修のために必要な費用 (単位:円) 種類 学年・学科 納入時期 納入金 備考 日本文化演習(茶道) 幼児教育保育学科2年次 9月 2,000~5,000 程度 上記の金額は、前年度の実績です。 金額や徴収時期は若干の変更がある場合があります。

次の

授業料(短期大学部)

札幌 国際 大学 短期 大学 部

新校舎『2号館』は、より充実した学びの環境づくりを目指し、平成25(2013)年に竣工した。 2号館は、地下1階、地上11階に31の教室、演習室、実験・実習室や研究室等を備え、全館に冷暖房システムを導入し、二酸化炭素の排出を最小限に抑える最新の設備を設置している。 また、屋上に太陽光パネルを設置した太陽光発電システムやLED照明も全面的に導入し、環境に配慮した建物となっている。 総合生活キャリア学科の「調理実習」で利用する調理実習室や幼児教育保育学科の「ピアノ実技」で利用するピアノ室など、実習室も充実している。 また、充実した運動場、体育施設を整備している。 運動場は、大学、短期大学部共有で33,496㎡の運動場用地を有し、野球場、グランド、テニスコート、弓道場として整備している。 また、体育館は、科学的なトレーニングを行える最新のエクササイズマシンを導入したトレーニングルームを擁する第1体育館に加え、第2体育館とアリーナを整備し、体育系の授業やクラブの活動場所として有効に活用されている。 昭和61年11月1日より、学生の学びの空間として、総合情報館を開館する。 総面積7,714. 31㎡を擁する。 地下に508人を収容する劇場、1階に身体エクササイズができるプラザ、2階に書籍の貸し出し、閲覧目的の第一ライブラリーと各種メディアの閲覧と貸し出し視聴が可能なラボラトリー、それに付随するネットワークコンピュータ端末コーナーと円卓テーブルでの談話スペース、音楽試聴ブースおよび、付属幼稚園の園児を対象とした絵本ブースを持った第二ライブラリー、三階には、二階と螺旋階段で結んだ和風の談話座席を持ったライブラリーと学生レストラン、4階は、カフェテリアと、DVD・ビデオを視聴できる視聴覚コーナーを配置した。 この地下一階地上4階の総合情報館では、日常的に、学生の情報へのアプローチ、ミーティング、自学自習、地域へ向けて学習成果の発表を行っている。 利用時間は、平日 9:00-20:00時 土日祝日 9:00-17:00時 複数の学生が集まって、様々な情報を用いて議論を進めていくと同時に、幼児教育保育学科の特色を生かした表現活動などの学習スタイルを可能にする「場」を提供するに十分なスペースが準備されている。 また、学生レストラン、カフェテリアが併設されており、学生が集いやすくまた、交流しやすい環境にある。 このような「場」を利用して、学生がレポートや論文の書き方を実践的に学んだり、ライティングセンターの講義や演習を実施することも考えられる。 また、各種検索ツールや大学図書館の使い方のガイダンス、教員による研究会の実施にも対応することで、学生や教職員の知的交流活動の活性化を図っている。 一方で、学生の自学自習を支援する教員や図書館職員だけではなく併設の札幌国際大学大学院生や同大学の学部3、4年生などが本短期大学部生をサポートする体制は組織化されていない。 各学科で、総合情報館を自主学習や発展学習の場として利用する機会は確実に増えている。 特に、幼児教育保育学科「総合表現」科目の取り組みは顕著なものがある。 例年10月末の1日目全学部学科への、2日目地域社会へ向けたオペレッタの発表は、7月末からほぼ毎日、地階「シアター」・1階「プラザ」および2階「絵本コーナー」を中心に、遅くは午後9時半まで、自主学習を進めている。 その結果、2日間を通じて例年1000人以上の来館があり、地域に高く評価されている。 制作、企画、演出、大道具、小道具、音響、調光、シナリオ、作曲、演技と役割を分担して学科全体の取り組みとして、成功している。 一方、学生の成績評価に直結する組織的な学部学科の取り組みに陰りも見られる。 施設設備および自主学習の空間は、一部WIFI設備を除外して、十分に揃っている。 しかし、ラーニングコモンズを推進する組織が、年次を経るごとに脆弱化してきた。 特に、継続的にうまく使われ、学習支援系サービスが全学的なものになるための継続的な評価活動・改善活動が設立当初から見ると停滞している。 今年度から、改めて、ラーニングコモンズ再興を計画中である。 施設トピックス.

次の